ビットコイン、急騰から急落へ|CPIとFOMCが影響か
ビットコイン(BTC)価格は、12日夜に約7万ドルまで急騰したのち、13日昼に約6万7000ドルまで急落した。この変動により、各仮想通貨取引所でのポシションの精算も発生している。これは、米国でCPI(消費者物価指数)とFOMC(連邦公開市場委員会)の発表によってもたらされたと考えられている。

最も読まれた記事

バイナンスコインBNB、史上最高値を記録|オンチェーン活動も増加
バイナンスが発行のBNBトークンは、史上最高値である720ドルを記録。BNBチェーンの預かり資産は、執筆時点で58億ドルを超えており、2024年初めから60%以上増加した。これは、トークンの需要と供給が増減をしていることが大きな要因と考えられている。