正体不明の大口投資家、Blast L2プロジェクトに2,000万ドル相当の10,000ETHを預金

Yamada
| 1 min read

正体不明の大口投資家、Blast L2プロジ

画像引用先:Adobe/2ragon

Ethereumベースの新しく立ち上げられたレイヤー2ネットワークであるBlastは、正体不明の大口投資家が10,000ETHもの大金をネットワークに預金したことで、市場での注目を集めています。

この預金は今週の水曜日に行われ、Blastが「アーリーアクセス」モードで稼働を開始してからわずか2日後のことでした。

今日の価格で、フィアットベースで2,000万ドル以上の価値があるこの大規模なオンチェーン取引のニュースは、人気コミュニティメンバーのFarokh氏によって、ソーシャルメディアプラットフォームX上で共有されました。

「何人かのdegen(ディジェン)が10,000ETHをBLASTに入金した」とFarokh氏は書き、新しく立ち上げられたブロックチェーンプロジェクトにこれほどの多額を預ける人がいることに、明らかな驚きを示しました。

Blast、今週に稼働を開始


今週の月曜日に、非代替トークン(NFT)マーケットプレイスBlurの創設者であるTieshun “Pacman” Roquerre氏によってBlastがローンチされました。

このネットワークの背後にいるチームからのX上の投稿によると、Blastは内蔵された利回りモデルを導入する、最初のEthereumレイヤー2プラットフォームになることを計画しています。

プロジェクトは2,000万ドルの初期資金を調達し、ローンチ後数時間で、5,500万ドルを超えるオンチェーン投資を続けて見せました。

BlastのようなEthereumベースのレイヤー2ネットワークは、Ethereumのベースレイヤーでの取引手数料の増加や取引速度の低下のおかげもあり、近年人気が高まっています。

ブロックチェーンインテリジェンス会社Messariの先月のレポートによると、レイヤー2ネットワークは現在、Ethereum取引のほぼ3分の2を占めているとのことです。

また、MessariのリサーチアナリストであるKunal Goel氏によると、今年第3四半期におけるレイヤー2ネットワークの採用増加は、Coinbaseのレイヤー2ネットワークBaseの採用増加によるところが大きいといいます。

Baseが8月に立ち上げられて以来、予想に応えて取引と使用事例が増加し、一時的にEthereumのメインネットワークよりも多くのアクティビティを記録しました。