イーサリアムニュース

イーサリアムは、2015年にヴィタリック・ブテリン氏によって開発された、世界2位の暗号資産(仮想通貨)。ビットコインと同様に、中央集権的なサーバーを介さずに、個人間の電子端末で相互に通信できるピア・ツー・ピア(P2P)ネットワークを使用しています。イーサリアムは、ビットコインとは異なり、単なる決済手段としてだけでなく「スマートコントラクト」と呼ばれるプログラムを実行するためのプラットフォームとしても機能しており、従来のインターネットでは実現できなかった、新たな分散型アプリケーション(DApps)を開発することが可能になりました。クリプトニュース(CryptoNews)のイーサリアムカテゴリーでは、イーサリアムの基本情報から最新動向、技術解説、DAppsの紹介など、幅広い情報を提供しています。イーサリアムに興味のある方は、ぜひチェックしてください。

イーサリアムニュース
正体不明の大口投資家、Blast L2プロジェクトに2,000万ドル相当の10,000ETHを預金
仮想通貨は高リスクな資産クラスです。この記事は情報提供の目的であり、投資助言を行うものではありません。このウェブサイトを利用することにより、あなたは当社の利用規約に同意したことになります。また、当社はコンテンツ内でアフィリエイトリンクを使用することがあり、その結果として手数料を受け取ることがあります。
イーサリアムニュース
イーサリアム開発者がオンチェーンで監査報告を表現するERC-7512標準を発表
出典:Adobe イーサリアム(ETH)の開発者は、分散型金融(DeFi)プロトコルのスマートコントラクト監査の透明性とアクセシビリティを強化することを目的とした新しいスマートコントラクト標準ERC-7512を導入しました。 この提案は今月初め、Safeの共同創設者であるRichard Meissner氏によってEthereum Magiciansフォーラムに投稿され、開発者の間で活発な議論が巻き起こっています。 この提案には、OtterSec、ChainSecurity、OpenZeppelin、Ackee Blockchain、Hats...
イーサリアムニュース
グレイスケールがイーサ先物ETFを申請したことによるイーサリアム価格予測
ETHチャート / 出典:Adobe 暗号資産運用大手のグレイスケールは、Wall Street Journalの報道によると、イーサ(ETH)先物上場投資信託(ETF)を新設するための書類を米証券取引委員会(SEC)に提出しました。 グレイスケールは証券法に基づいてETFを申請し、投資会社法に基づいてイーサ先物ETFも申請したことがあります。 同等のビットコイン先物ETFは両方の法律の下でSECによって承認されていますが、ほとんどのETFは投資会社法の下で提出されています。 8月下旬の仮想通貨報道では、SECが早ければ10月にも多数のイーサ先物ETFを承認する可能性が高いことが示唆されました。 機関投資家がイーサ先物ETFを購入し始めると仮定すると、このニュースは、イーサ先物ETFがより広く利用可能になることで、仮想通貨の需要が間接的に増加する可能性があるため、トレーダーによるフロントランニングが発生する中、当時イーサの価格を急騰させました。 イーサが最後に取引されたの�...

新着ニュース一覧


1 2 3 4