ビットコインの成功者になった日本人は?世界の仮想通貨長者も紹介

Hiro.O
Hiro.O | 監修: Shunsuke.S
| 0 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

大きなモニターと3次元空間のグラフでコンピュータを見つめる男

2009年に誕生したビットコインは単なるトレンドではなく、金融界においてなくてはならないものになりました。かつてはビットコインの安全性などが理解されていませんでしたが、一部の先見の明を持つ人々は、その価値を見抜き、大きな富を築き上げました。

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)で成功者となった彼らは、どのようにして成功を掴んだのでしょうか?また、今から将来性のある仮想通貨を見抜き、成功者になれるチャンスはあるのでしょうか?

本記事では、ビットコインなどの仮想通貨によって成功者となった人々を取り上げ、成功の要因を分析し、2024年からビットコイン長者になる方法と気をつけるべき税金知識について解説していきます。2024年からビットコインで成功者になりたい方は、必見の内容です。

ビットコイン長者とは?


ビットコイン長者とは、ビットコインやその他の仮想通貨、NFTゲームの価格上昇によって莫大な富を築いた人々のことを指します。ビットコイン長者は、2010年代にビットコインが1000倍超の仮想通貨へと劇的に上昇したことで出現しました。

初期の段階では、1BTCあたり1円未満であったビットコインは、2017年に220万円以上に達し、多くの投資家に大きなリターンをもたらしました。日本でも、2017年の価格上昇に伴い、多くの「億り人」が誕生しました。仮想通貨の億り人とは、仮想通貨取引によって1億円以上の資産を築いた人々を指します。

ビットコイン長者の存在によって、多くの人々が仮想通貨投資への関心を高め、仮想通貨(暗号資産)市場の拡大に貢献しました。今後もビットコインの価格予想で示されているように、引き続き仮想通貨市場は成長を遂げるでしょう。

一方で、その急激な富の形成は、経済格差や投機的な市場行動への懸念も引き起こしています。

世界のビットコイン成功者リストTOP10


黄色いグラフと触る男

ビットコインによって成功者となった人は、どんな人がいるのでしょうか。世界の著名なビットコイン長者は以下の10人です。

  1. サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)
  2. イーロン・マスク(Elon Musk)
  3. ウィンクルボス兄弟(The Winklevoss Twins)
  4. ティム・ドレーパー(Tim Draper)
  5. マイケル・セイラー(Michael Saylor)
  6. ブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)
  7. チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)
  8. ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)
  9. ジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)
  10. バリー・シルバート(Barry Silbert)

彼らがビットコインなどの仮想通貨投資で成功を収めた背景とともに、紹介していきます。

世界のビットコイン成功者①:サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)

最もビットコインで成功者となったのは、ビットコインの創始者であるサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)です。推定で約110万BTCを保有していると考えられており、流通しているビットコインの5%以上をコントロールしていると言われています。

しかし、サトシ・ナカモトが単一の人物なのか、グループなのか、また生存しているかどうかは誰にも分かっていません。サトシ・ナカモトはプロトコルが立ち上がった直後に100万BTC以上をマイニングしたとされています。

現在の市場価格で、100万ビットコインは約600億ドル以上の価値があります。仮想通貨市場のピーク時に売却していたら、その資産は約700億ドルに達していたでしょう。

特筆すべきは、サトシ・ナカモトが保持しているビットコインは一度も使われていないことです。これらのコインは、約2万2千の異なるウォレットアドレスに分散して休眠状態となっています。

世界のビットコイン成功者②:イーロン・マスク(Elon Musk)

2人目は、米起業家イーロン・マスクです。テスラのCEOであり、著名な成功者の一人として知られています。特にビットコインやドージコイン(DOGE)の投資家として有名で、彼の会社であるテスラも数百万ドル相当のビットコインを保有しています。

イーロン・マスクの推定純資産は2300億ドルにのぼります。資産源は様々なビジネスが関係しますが、ビットコインなどの仮想通貨投資も大きな要素の1つ。特にマスクは頻繁にドージコイン(DOGE)に関するツイートを行い、同コミュニティにおける中心的存在となっています。

彼のドージコインに対する期待は、ミームコインが将来的にX(Twitter)の金融サービス化にも関与すると考えられています。

世界のビットコイン成功者③:ウィンクルボス兄弟(The Winklevoss Twins)

3人目は、アメリカの起業家であり投資家であるウィンクルボス兄弟、キャメロン・ウィンクルボスとタイラー・ウィンクルボスです。Facebookの初期段階での関与や、2015年の仮想通貨取引所Geminiの開設でビットコイン成功者となりました。

また、ブロックチェーンや仮想通貨セクターを含む様々な企業に投資するベンチャーキャピタル会社を設立しています。Fool.comのレポートによると、ウィンクルボス兄弟は、ビットコイン(BTC)が1BTC=10ドルだった2012年に投資を始め、現在約7万BTCを保有しているとされています。

彼らはFacebook(現Meta)のマーク・ザッカーバーグをアイデアの盗用で訴え、6500万ドルの和解金を受け取りました。この資金をビットコイン等の仮想通貨に充てたことが、成功者になった要因の1つと考えられています。

世界のビットコイン成功者④:ティム・ドレーパー(Tim Draper)

ビットコイン成功者の4人目は、ティム・ドレーパーです。アメリカのベンチャーキャピタリスト兼起業家で、ブロックチェーンに焦点を当てたベンチャー企業に積極的に投資しています。

2014年、ティム・ドレーパーはアメリカ合衆国連邦保安官サービスが主催するオークションで、約3万BTCを購入しました。このビットコインは、有名なシルクロードというダークウェブから押収されたものでした。

彼がビットコインで成功できた理由は、先見の明とリスクをとる勇気、そして新しい技術への深い洞察力にあります。ビットコインや仮想通貨市場における彼の投資戦略とビジョンは、多くの人々に影響を与え続けています。

世界のビットコイン成功者⑤:マイケル・セイラー(Michael Saylor)

ビットコイン成功者の5人目は、マイケル・セイラー(Michael Saylor)という人物です。米ビジネス・インテリジェンス企業MicroStrategyの共同創設者兼CEOで、ビットコインの熱烈な支持者として知られています。

セイラーは2021年、少なくとも約1万7000BTCを保有していることを明かしました。また、彼の率いるMicroStrategyは約13万2000BTCを保有していると報じられています。2020年8月、法定通貨に比べて優れた価値の保存手段であるとして、バランスシートの大部分をビットコインに割り当てるという決定を発表し、注目を集めました。

世界のビットコイン成功者⑥:ブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)

6人目は、米大手仮想通貨取引所コインベースのCEOであるブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)です。米コインベースは、世界最大級の仮想通貨取引所の一つであり、アームストロングはそのトップとして知られています。

アームストロングのビットコイン資産の詳細は公開されていませんが、現在のポジションやビットコインに対する強い支持を考えると、莫大なビットコインを保有しているビットコイン成功者である可能性が高いと考えられます。

世界のビットコイン成功者⑦:チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)

7人目は、チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)です。世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスのCEO兼創設者です。2017年にバイナンスを設立し、2018年にはビットコイン成功者の仲間入りを果たし、一時期の純資産は約600億ドルに達していたと言われています。

チャンポン・ジャオは、ビットコインと有力Web3.0仮想通貨バイナンスコイン(BNB、現ビルドアンドビルド)を保有していることを公表しています。しかし、具体的な保有量は明かしていません。

バイナンスを設立した際、彼はこの分野の新たな可能性を見出し、世界中の多くの投資家と共に仮想通貨の普及を促進しました。その結果、バイナンスは短期間で世界最大の仮想通貨取引所に成長し、彼自身もその富を築くことができました。

世界のビットコイン成功者⑧:ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)

8人目は、Twitter(現X)の共同創設者であるジャック・ドーシーです。ビットコインに対する強い信念を公に表明しています。ドーシーはビットコインを「インターネットのネイティブ通貨」と称賛し、その成長を信じています。

ドーシーがどれだけのビットコインを所有しているかは公にはされていませんが、2022年12月には、Nostrプロジェクトに14BTCを寄付したり、彼の会社Blockはビットコインを購入し、バランスシートに記載したりなどしています。ビットコイン成功者である可能性は十分に高いでしょう。

世界のビットコイン成功者⑨:ジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)

9人目は、ジェド・マケーレブです。彼はゴックスの創設者であり、リップル(XRP)の共同創設者としても知られています。

正確なビットコインの保有量は公表されていませんが、仮想通貨業界へ早期から関与しており、相当量のビットコインを保有しているビットコイン成功者と考えられています。

マケーレブの成功したのは、仮想通貨業界の初期段階からの関与にあります。Rippleを立ち上げた後、間もなく同社を去り、自身のブロックチェーンプロジェクトであるステラ(XLM)を設立しました。このような先見の明と、業界に対する深い理解により、ビットコイン長者へと押し上げたと考えられます。

世界のビットコイン成功者⑩:バリー・シルバート(Barry Silbert)

10人目は、バリー・シルバートです。Digital Currency Group の創設者兼 CEO であり、デジタル通貨分野への投資に重きをおいた会社を設立しました。その1つであるGalaxy Digitalは現在1万6000BTC以上を所有しています。

シルバートがビットコイン成功者となった要因は、仮想通貨の将来性を早期に見極め、その分野への投資に重点を置いたことにあります。

日本でビットコインの成功者はいる?


テーブル上の通貨と、外部にある場合の通貨

続いて、ビットコインと日本人の関係について見ていきます。海外の著名な仮想通貨投資家のように、日本でビットコインの成功者となった人はいるのでしょうか。

日本のビットコイン成功者リスト

残念ながら日本のビットコイン成功者は明らかにされていません。

2018年5月に国税庁から発表された2017年の確定申告の総括レポートによると、雑所得の収入が1億円超あった人のうち、仮想通貨取引で収入を申告したのは、331人だったことがわかりました。

しかし、集計の対象は仮想通貨を売却し、利益を確定させた人のみです。ウォレットで資産管理している人や取引所で資産を分けている人もいるため、億り人となった人はもっと多いと言われています。

日本におけるビットコイン保有者数

日本におけるビットコイン保有者数は、何人に至るのでしょうか。今回は、仮想通貨(暗号資産)決済企業TripleAの2023年最新レポートを参考にします。

現在、日本の総人口の4.0%にあたる500万人以上が仮想通貨(暗号資産)を所有していると推定されています。

日本は仮想通貨(暗号資産)の所有率や利用率が世界と比較して高い傾向にあります。その背景には、リクルートやビックカメラなどの大手小売りチェーンが決済手段として導入している点やbitFlyerやCoincheckなど多数の仮想通貨取引所が運営されている点からも伺えます。

計測された年代は違いますが、ビットコイン保有者数の500万人のうち300人強しか億り人になっていないことを考えると、億り人になるハードルは非常に高いことがわかります。

アルトコインで成功した長者リスト


黄色い大きなグラフの前でコンピュータに触れる男

参考として、ビットコインだけでなくアルトコインで成功した人も紹介していきます。著名なのは、下記の2人です。

  • イーサリアム共同創業者:ジョセフ・ルービン
  • リップル共同創業者:クリス・ラーセン

イーサリアム共同創業者:ジョセフ・ルービン

ジョセフ・ルービンはイーサリアム(ETH)の共同創業者で、ブロックチェーン企業であるコンセンシスの創業者としても知られています。イーサリアムの最大の保有者の一人とされ、仮想通貨業界で成功者の一人です。イーサリアムは最も成功した仮想通貨ICOとしても有名です。

ルービン氏の仮想通貨における資産は、推定で10億ドルから50億ドルにものぼります。仮想通貨長者番付の上位にも度々ランクインしています。

リップル共同創業者:クリス・ラーセン

クリス・ラーセンは、リップル(XRP)の共同創業者です。2012年にジェド・マケーレブ氏と共にリップル社を立ち上げ、その影響力は仮想通貨業界全体に及んでいます。

ラーセンは、約52億XRPを所有しているとされ、この資産は2018年には75〜80億ドル(約8,000億〜9,000億円)にも上ったと推定されています。フォーブス誌が発表するアメリカで最も裕福な400人「Forbes 400」の中で383位にランクインするほどです。仮想通貨の成功者の1人と言って差し支えないでしょう。

2024年から仮想通貨で成功者になるには?


モニターと通貨のある机をモチーフにしたオブジェ

2024年から仮想通貨で成功者になるためには、草コインに注目しましょう。草コインとは、知名度が低く価格も安いアルトコインのこと。これらのコインは突然価格が上昇することがあります。

例えば、柴犬コイン(SHIB)やドージコインなどは過去に大きく価値が上がりました。将来性のある仮想通貨を初期段階で見抜くのが、ポイントです。

もう一つの戦略として、有名なアルトコインへの投資もいいでしょう。これにはイーサリアム、リップル、エイダコイン(ADA)などがあります。これらのアルトコインには時折、価格が急騰するものがあります。大きな元本が必要になる場合もありますが、億万長者を目指す上で考えるべき選択肢です。

ビットコイン長者になるためには、仮想通貨のローンチなど市場の動向を注視し、知識を深め、適切な投資判断を行うことが重要です。草コインを含めたアルトコイン、Web3.0仮想通貨、メタバース仮想通貨など、トレンド分野への投資は検討する価値が充分にあります。

ビットコインで成功者になる道は簡単ではありません。しかし、正しい知識と戦略があれば、2024年の今からでも十分に叶う可能性があります。当サイトCryptonewsのおすすめ仮想通貨も参考にして、ビットコインの次に来る投資先も検討してみてください。

仮想通貨投資をする際は税金に気をつけよう


黄色いグラフとコンピューターのあるホワイトボードのあるオフィス

仮想通貨投資を行う際、税金の知識は非常に重要です。特にビットコインなどの仮想通貨は大きな利益をもたらしますが、それに伴う税金に注意する必要があります。特に日本人は日本の税制について深く知っておくべきでしょう。

仮想通貨の税金の仕組み

仮想通貨で得た利益は、所得税法上「雑所得」に分類されます。株やFXのような申告分離課税の所得とは異なり、他の所得と合算して総合課税の対象となります。累進課税が適用されており、所得が多いほど高い税率が適用されます。

仮想通貨の利益が多ければ税率も高くなり、最大で所得税45%に住民税10%を加えた55%の税率が適用される可能性があります。また、仮想通貨取引で利益が20万円を超える場合、確定申告が必要です。

申告を怠ると重いペナルティが課せられる可能性があります。仮想通貨の取引はマイナンバーなどを通じて容易に追跡可能であるため、申告を怠ると税務調査のリスクが高まります。

仮想通貨投資で節税をする方法

節税対策としては、主に以下の方法が考えられます。

  • 経費の計上:取引手数料や関連するセミナー・書籍代などが経費になります。
  • 利益の抑制:年間の利益を20万円以下に抑えることで、税金の負担を軽減できます。
  • 損益通算の活用:損失がある場合、その年内であれば利益から差し引くことができます。
  • 青色申告の適用:最大65万円の税控除が受けられます。
  • 法人成り:法人税の方が税率が低い場合が多いので、法人成りすることで節税が可能です。

節税対策を適切に行うことで、手元に残る利益を最大化することが可能です。ただし、税法は複雑であるため、詳しくはお近くの税務署や税理士に相談することをお勧めします。

まとめ:2024年もビットコインで成功者が生まれるかも


本記事では、ビットコインをはじめとする仮想通貨で成功者になった人々、その背景、そしてこれから仮想通貨で成功者になる方法を紹介しました。先日は現物ビットコインETFの承認というビッグニュースが届き、2024年は仮想通貨業界が盛り上がることが予想されます。

「現物ビットコインETF」の承認やクレジットカードによるビットコインの購入などにより、機関投資家が仮想通貨に投資しやすくなったため、今後ビットコインの価格がさらに上昇する可能性があります。その上昇と連動して、多数の爆上げの仮想通貨が生まれるでしょう。

2024年、本格的に到来すると予測されている仮想通貨の強気相場では、ビットコインに始まり、その後は時価総額上位の有名コイン、時価総額下位のアルトコイン、未上場の仮想通貨プレセールに投資マネーが流入する可能性も。

なお、仮想通貨は価格変動が激しいため、投資には十分に注意してください。特に今回解説した税金面の知識は覚えておきましょう。ぜひ本記事と仮想通貨の買い方を参考にし、リスクも考慮した適切な投資行動をしてください。