仮想通貨で億り人になれるチャンスがある銘柄おすすめ10選【2024年】

Hiro.O
Hiro.O | 監修: Shunsuke.S
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

チャートが映るiMacの前に散らばる仮想通貨と金の紙吹雪

米国のビットコイン上場投資信託(ETF)の初承認やビットコインの半減期を背景に、2024年は暗号資産(仮想通貨)に注目が集まっています。「仮想通貨投資で億り人になりたい」「ビットコイン長者になりたい」という投資家も日増しに増えてきています。

今後、多くの仮想通貨が爆上げとなる可能性があり、その波に乗れたら、あなたも億り人になれるチャンスがあります。本記事では、暗号資産(仮想通貨)投資で億り人になるためのおすすめコイン、具体的な投資方針、税金対策などの注意点をまとめていきます。

さらに、数ある仮想通貨の中から億り人になれるチャンスを秘めているコインも厳選してレビューします。2024年の仮想通貨トレンドに乗り遅れないため、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

  • 最大500%のステーキングAPY
  • 革新的なPredict to Earn(予測して稼ぐ)モデル
  • ゲーム化されたグリーンステーキング
Project Launched
2023
Meta
Predict to Earn
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 24時間で1300%上昇
  • ソラナ最大のエアドロップ報酬
  • 人気のJupiter DEXで開始
Project Launched
2024年2月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • AIで仮想通貨市場を守護するユニークなプロジェクト
  • ステーキングAPY、1万4900%超
  • 革新的なAIチャットボット&取引プラットフォーム
Project Launched
2023年12月
Meta
AI
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USTD
    USTD
  • 銀行カード
    銀行カード
  • P2Eゲームとステーキング報酬を備えた最新ミームコイン
  • 過去1ヶ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場の噂も
  • トークン保有者1万3000人超
Project Launched
2023
Meta
ミームコイン, P2E
Purchase Methods
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USTD
    USTD
  • ETH
    ETH
  • BSCネットワークを採用
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • トークン保有者には長期的なリワードを提供
Project Launched
2023
Meta
AI
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • USTD
    USTD
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨になる可能性を秘めた最注目のERC-20規格ミームコイン
  • ロードマップ第2段階で有力ブロックチェーン「ソラナ(Solana)」ブリッジ予定
  • 公正なフェアローンチでFWIFトークン総供給量の100%(10億枚)を販売
Project Launched
2024年2月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • プレセール売上850万ドル突破
  • 170%以上のAPYでステーキング報酬を獲得
  • ミームキャラクターによる対戦型P2Eゲーム
Project Launched
2023
Meta
ミームコイン, P2E
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USTD
    USTD
  • BNB
    BNB
  • BTCを手軽にマイニングできる革新的なプロジェクト
  • プレセール売上650万ドル達成
  • プレセール期間中、ステーキングAPYは90%超
Project Launched
2023
Meta
仮想通貨マイニング
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USTD
    USTD
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 more

今から億り人になりたい方におすすめの仮想通貨10選


はじめに、今から億り人になりたい方におすすめできる仮想通貨一覧をランキング形式でまとめます。本ランキングは、日々仮想通貨(暗号資産)のニュースを扱う当サイトCryptoNews Japanが、おすすめの仮想通貨ランキングや上場予定の仮想通貨の中から厳選しました。

  1. Smog Token(SMOG)-ソラナ史上最大のエアドロップ報酬として、高い注目性を兼ね備えた仮想通貨プロジェクト。購入者ファーストの公正なローンチ方法を採用しており、価格上昇に波乗りできれば、億り人になれる可能性もある仮想通貨
  2. Scotty the AISCOTTY)– 取引の安全性を飛躍的に向上させる仮想通貨。従来のミームコインとは異なる層をターゲットとすることで、独自の市場ポジションを構築し、仮想通貨の億り人になれる可能性もある
  3. Sponge V2(SPONGEV2)– 2023年に100倍の成長を遂げたSPONGEの第2弾。バイナンスなど大手取引所への上場を目指す、仮想通貨の億り人になりたい投資家へおすすめのコイン。
  4. Meme Kombat(MK)NFTゲームとミームを融合させた革新的なプロジェクト。プレセールで6.5万ドル以上を調達した期待大のプロジェクトで、億り人になりたい方におすすめです
  5. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– プレセールで1200万ドル以上を調達。バイナンスへの上場も検討されており、ビットコイン長者も注目している仮想通貨億り人候補の銘柄
  6. エンジンコイン(ENJ) – NFTゲームに特化した仮想通貨。有名企業との提携や取引所への新規上場で、価格が爆上げすになり、億り人になれる可能性があります。
  7. ベーシックアテンショントークン(BAT) – ブラウザ「Brave」で使用される仮想通貨。Brave Rewardsの利用者数が増えることで、BATの価格が上昇する可能性があります。
  8. ステラルーメン(XLM) – 国際送金やマイクロペイメントなどに利用されていますプロジェクト。世界中の金融機関と提携し、利用されるようになれば、価格上昇が見込めます。
  9. アイオーエスティー(IOST) – 高速かつ安全なトランザクションを実現するブロックチェーンプラットフォーム。IOSTが世界中の企業と提携し利用されれば、億り人になれるチャンスがあります。。
  10. トロン(TRX) – 音楽や動画などのエンターテインメントコンテンツを提供することが目的の仮想通貨。世界中のエンターテインメント業界と提携状況により価格が上昇するチャンスがあります。

これから億り人になるためには、アルトコインやミームコインへの投資が必須と考えられます。ランキング内には、日本で取り扱いが少ないコインも含まれていますが、海外では注目を集めているものばかりです。日本の情報だけに囚われずに、ぜひ世界で注目されているコインにも目を向け、投資判断をしてください。

億り人になるチャンスがある仮想通貨ランキング


続いて、ランキングで紹介した億り人になるチャンスが眠っている仮想通貨1000倍銘柄のトップ候補を個別レビューします。各コインの特徴や仮想通貨プレセール情報などを網羅的にまとめます。プロジェクトの詳しい情報を知るだけでも、仮貨投資リスクを大きく軽減できます。ぜひ各レビューを確認してみてください。

億り人のチャンスがある仮想通貨①: Smog Token

Smog Token(SMOG)は、ソラナ史上最大のエアドロップ報酬が特徴のソラナ上のミームコイン。取引開始後36時間で4700%以上の上昇を記録し、2024年注目の爆上げ仮想通貨に。現在、仮想通貨の億り人になる上で外せないコインともいえるでしょう。

現在、3つのフェーズに分かれたロードマップを持っており、ミームコイン市場の頂点を目指す野心的なプロジェクトとして仮想通貨の億り人からも大きな期待を集めています。そんなSMOGトークンは以下3つの特徴を備えています。

  • 高い注目度:取引開始後36時間で4,700%以上の上昇を記録
  • エアドロップ:すべてのSMOG保有者が対象のソラナ史上最大のエアドロップ
  • フェアローンチ:購入者に常に一定の機会を提供する公正なローンチ方法

SMOGトークンの認知度向上とコミュニティ形成に重点が置きつつ、全体目標として1万人のトークンホルダーの獲得を目指しています。購入者ファーストの公正なローンチ方法を採用しているため、今後もユーザー目線に立ち、コミュニティを優先していく優良プロジェクトだと言えるでしょう。

2024年、仮想通貨ブームに乗りつつ、億り人並みの資産を構築したい方は、ぜひSMOGトークンを購入し、エアドロップ報酬を受け取ることをオススメします。SMOGは将来価格においても高い注目性を兼ね備えた仮想通貨プロジェクトで、億り人を狙える可能性もあります。

プレセール参加を検討している方は、SMOGの購入方法を参考にしつつ、以下の公式サイトからチェックしてみてください。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最小購入金額 なし
最大購入金額 なし

億り人のチャンスがある仮想通貨②:Scotty the AI

活気を取り戻しつつある暗号資産市場。1000倍銘柄の出現も期待される中、革新的なプロジェクトとして仮想通貨の億り人たちから注目を集めているのがScotty the AI(SCOTTY/スコッティ)です。

AI(人工知能)技術を駆使した高度なセキュリティソリューションを提供することで、取引の安全性を飛躍的に向上させるScotty the AI。従来のミームコインとは異なる層をターゲットとし、独自のポジションを確立。

仮想通貨市場の回復傾向もあり、 今後は仮想通貨ICOも期待されています。ステーキング機能やスワップ機能も追加される予定で、SCOTTYの価格予測でも安定した成長が見込まれています。

仮想通貨ブルラン(強気市場)の本格的な到来に伴い、2024年、仮想通貨億り人へのチャンスは拡大していくでしょう。仮想通貨ローンチ時から早期投資を行うことで、その可能性は大きくあがります。

有力プロジェクトのプレセールに参加し仮想通貨億り人になる可能性を少しでも上げたい方は、Scotty the AIの買い方を見つつ、以下公式サイトから購入してみてください。

プレセール開始日 2024年1月
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム
投資可能最少額 1ドル
投資可能最大額 なし

億り人のチャンスがある仮想通貨③:Sponge V2

Sponge V2トークンは、億り人になるチャンスを秘めた仮想通貨です。以前のヒット作であるSponge(SPONGE)の後継として登場したコインで、開発チームはさらなる機能と実用性を実装し、リリースしました。従来のミームコインの枠を超え、コミュニティ経済とゲームの融合を目指しています。

Sponge V2の主要な特徴は以下の通りです。

  • プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)の導入:ゲームを通じてトークンを獲得できるモデルを採用
  • ステーキング報酬:、4年間で最低40%APY(年間収益率)という高いステーキング報酬を提供
  • トークノミクス:1,500億の総供給量のうち、ステーキング報酬が43.0%、マーケティングが7.5%、ゲーム開発が4.5%、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)に8%

多くの専門家から高い将来性を評価されています。V1の大手取引所への上場実績があるため、V2でも同様の期待ができるでしょう。Sponge V2価格予想でも、今後1年間で100倍の投資リターンになる予測があり、億り人になるチャンスがあります。

Sponge V2は、独特な特徴と新しいシステムにより、注目を集めています。プレセールで早期獲得しておけば、高いリターンを期待できます。億り人になるチャンスを掴みたい方は、Sponge V2トークンの買い方を参考にし、プレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム
最小購入金額 なし
最大購入金額 なし

億り人のチャンスがある仮想通貨④:Meme Kombat

Meme Kombat(MK)は、AIで強化された対戦型メタバースゲームとミームを融合した仮想通貨プロジェクト。ドージコインや柴犬コインなど人気ミームコインのキャラクターを使用したプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームとなっています。

MKトークンの総供給量は、合計で1200万枚です。トークンの50%がプレセール販売に割り当てられており、すでに累計売上850万ドルに達するなど、すこぶる好調。一躍、仮想通貨上場予定一覧のトップ銘柄に名乗りを上げています。

Meme Kombatは、2024年の正式ローンチを控えており、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)およびメタバース仮想通貨市場において重要な銘柄になると期待されています。特にステーキング機能は112%のAPY(年間収益率)を提供し、プレセール中から運用が可能です。

また、ゲーム内でベッティングを行うことで、賞金や他の報酬を獲得でき、億り人になるチャンスがあります。

ミームコインは過去に何倍もの価値上昇を見せており、Meme Kombatもその流れを受け継いでいます。独自のベッティングシステムやステーキングにより、多くのリターンを提供する点も注目です。

億り人を目指す投資家の選択肢の一つといえるでしょう。億り人を目指す方は、仮想通通の買い方を参考に下記からプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2023年10月3日
購入方法 USDT、ETH、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
投資可能最少額 10ドル
投資可能最大額 なし

億り人のチャンスがある仮想通貨⑤:Bitcoin Minetrix

Bitcoin Minetrixはブロックチェーン上での最先端の「Stake-to-Mine」プロトコルを採用するWeb3.0仮想通貨。従来のBitcoinマイニングは高いコストによってアクセスが困難でしたが、Bitcoin Minetrixのトークンにより、お客様はマイニングの権利を得ることができます。ビットコインを稼ぐことができ、億り人になるきっかけの一つになるでしょう。

Bitcoin Minetrixの主な特徴は、以下のとおりです。

  • Stake-to-Mine:トークンをステーキングしてマイニング権利を生成するシステムを導入
  • マイニングへの手軽な参入:高価なマイニングリグの設置や運用コストが不要
  • 高いリターン:APY(年間収益率)が650%を超えるという驚異的な数値を提供

Bitcoin Minetrixは、今後も各取引所へ上場予定で、大きな成長が期待されています。トークンの購入方法は簡単で、プレセール売上は1200万ドル超え目前。仮想通貨市場で「億り人」になるチャンスを提供するでしょう。

少額からの投資でも高いリターンが期待でき、ビットコインの価格予想にも連動するため価格上昇が期待できるからです。億り人になりたい方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にし、プレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDTなど
ブロックチェーン イーサリアム他
投資可能最少額 10ドル
投資可能最大額 なし

仮想通貨の億り人とは


チャートと仮想通貨取引で儲けている人

仮想通貨における億り人とは、一体どんな人たちなのでしょうか。この章では、仮想通貨の億り人について基本的な情報をまとめます。

仮想通貨における「億り人」の意味

「億り人」とは、投資や投機で資産1億円を達成した人を指します。

2017年の仮想通貨(暗号資産)の値上がりを背景に「億り人」という言葉が流行りましたが、元々は株式投資やFXなどの投資・投機分野で生まれた言葉です。また、映画「おくり人」が言葉の由来となっています。

2017年に仮想通貨の価格が高騰し、仮想通貨投資の成功者が多く現れました。メディアも「億り人」の特集をしたり、仮想通貨投資で資産を築いた人たちが「億り人」と名乗ったりすることで、仮想通貨市場で一般的に使われる言葉となりました。

仮想通貨で億り人になった人は何人?

では、その仮想通貨投資で億り人になった人は、何人いたのか。

2018年5月の国税庁の発表によると、331人を上回るそうです。こちらは2017年の確定申告の総括として出されたデータで、雑所得の収入が1億円あった納税者のうち、収入源が仮想通貨(暗号資産)の売却益だった納税者の数を表しています。

しかし、仮想通貨(暗号資産)取引をしている人の中には、ウォレット内で資産を管理している人や複数の仮想通貨取引所で資産を分散保有している人もおり、一概に正しいデータとは言えません。実際の数は、国税庁が発表しているよりも多い可能性もあります。

仮想通貨の億り人たちの現在


大量に積み重なった仮想通貨とそれを眺める男性

仮想通貨で億り人になった人たちは、現在どうなっているのでしょうか。億り人のその後について、調査してみました。

2018年に仮想通貨バブルが弾ける

前提として押さえておきたいのは、2018年の仮想通貨(暗号資産)の大暴落です。2017年に仮想通貨市場はバブルを迎えましたが、2018年にビットコインを含む多くの仮想通貨が値下がりをしました。

2018年1月26日には、日本の仮想通貨取引所「コインチェック」への不正アクセスにより、580億円相当のネム(NEM)が流出する事件も発生。このような背景から仮想通貨市場のバブルが弾けました。結果、億り人の中には利確できずに資産が激減した人もいたはずです。

成功例:億り人ブログを運営している「中村」さん

億り人の成功例の一つが、仮想通貨ブログを運営している「中村」さん。彼は、320万円の元手から仮想通貨取引を始め、8カ月で4億円超えを達成した億り人です。

中村さんも自身のブログで2018年の大暴落で、ピーク時の4億4千万円から、1億4千万円まで目減りしたと語っています。その後は回復し、現在では200億円を目指して運用しているそうです。

失敗例:含み損や多くの税金を背負う人も

一方で、含み損や多くの税金を背負う人も多くいました。特に暴落する前に利益を確定できなかった人々は、大きな損失を被りました。市場の下落とともに、「億り人」の地位を失う人も多かったはずです。

さらに、仮想通貨で得た利益には、他の資産同様に税金が課されます。1億円以上の利益を上げた人々は、その約半分を税金として納めなければなりません。一部では、支払うべき税金が膨大で、納税が困難になった投資家もいたそうです。

仮想通貨で億り人になる人が押さえておくべき税金知識


チャートが表示されているiMacの前に散らばっている仮想通貨

仮想通貨で億り人を目指すなら税金について知っておきましょう。仮想通貨には税金がかかります。税金の区分や税金がかかるタイミング、確定申告の有無についてまとめましたので、ぜひ目を通してください。

※税金の詳しい内容については、管轄の税務署や税理士に相談することを推奨します。

仮想通貨投資の税金分類


仮想通貨からの利益は、日本の税制下で「雑所得」として分類されます。これは、株やFXなどの分離課税とは異なり、他の所得と合算して課税されます。仮想通貨を低価格で購入し、高価格で売却した場合、その差額が利益となり、所得税が適用されます。

仮想通貨で商品を購入したり、他の仮想通貨と交換したりした場合も、その取引が利益を生んだとみなされ、税金が課されます。税率は累進課税が適用されるため、所得が高いほど税率も高くなります。

課税のタイミングと確定申告の必要性


仮想通貨に関連する課税のタイミングは主に3つです。

  • 仮想通貨を売却して日本円など他の通貨に換金したとき
  • 仮想通貨で商品やサービスを購入したとき
  • 仮想通貨を他の仮想通貨に交換したとき

その交換によって生じた利益も課税対象となります。年間で20万円以上の利益があった場合は、確定申告が必要となります。この申告を通じて、適切な税金を計算し、納税する必要があります。

暗号資産取引における税金対策


暗号資産の取引においては、適切な税金対策が重要です。まず、頻繁に取引を行わずに、長期保有することで、利益を確定させずに税金の支払いを遅らせることができます。次に、累進課税を考慮して、年間の利益を分散させることも有効です。

一度に大きな利益を得るよりも、複数年にわたって少しずつ利益を確定させることで、税率を低く抑えることができます。最後に、損失を出している仮想通貨があれば、それを売却して損失を計上することで、課税される利益を相殺できます。

個々の投資スタイルや市場の状況によって最適な方法が異なるため、慎重な計画のもと投資をしましょう。税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等に相談するようにしてください。

今から仮想通貨で億り人になる方法


黄色のチャートが映っているデスクトップと積み重なっているコイン

今から仮想通貨で億り人になるためには、どのような投資方針を打ち出せばいいのでしょうか。当サイトCryptonewsの知見をもとに、具体的な方法論を解説します。

草コインに投資する

最初に紹介する方法は、草コインに投資することです。草コインはアルトコインの中でも、知名度が低いコインのこと。知名度が低いため、価格も安くなります。しかし、草コインが爆上がりすることがあります。例えば、以下のコインは過去に1000倍以上も値上がりをしました。

  • 柴犬コイン(SHIB)
  • ドージコイン(DOGE)

現在、仮想通貨は2万種類以上あると言われています。その中からおすすめ仮想通貨を探すのは、非常に困難です。しかし、今回紹介したプレセールは評判がいいコインばかりなので、ぜひ検討材料としてください。ビットコインカジノで億を狙うよりも再現性が高くなります。

有名なアルトコインに投資する

もう一つの方法は、有名なアルトコインに投資することです。アルトコインとはビットコインの後に登場した暗号資産(仮想通貨)の総称です。有名なアルトコインには、以下の種類があります。

アルトコインの中にはしばしば価格が急騰する銘柄があります。有名アルトコインで億り人になるには、大きな元本が必要となりますが、選択肢の一つとして検討したほうがよいでしょう。

億り人になりたい方におすすめの仮想通貨取引所


おすすめの仮想通貨取引所は、以下の通りです。

  • bitFlyer(ビットフライヤー) – 日本国内では特に人気が高い大手取引所。ビットコインを中心とした多様な仮想通貨の取引が可能です。
  • MEXC – 取り扱う仮想通貨銘柄が多い、海外大手の仮想通貨取引所。高度な取引ツールと格安の取引手数料が特徴です。
  • OKX – 多種多様な仮想通貨の取引が可能な国際的な取引所。スポット取引、先物取引、永久契約など多様な取引オプションがあります。
  • Coincheck(コインチェック) – 日本国内で広く利用されている仮想通貨取引所。簡単な操作性と設計で初心者に優しいです。
  • DMM Bitcoin – DMMグループが運営する仮想通貨取引所。ビットコインを含む主要な仮想通貨の取引が可能です。

特に億り人になるためのアルトコインや草コインに投資するのであれば、上記で挙げたような取引所は必須です。ビットコインをクレジットカードで買う方法も出てきているため、今後も利便性は向上するでしょう。

ビットコインで買えるものも市場の成熟に伴い多様化してくると予想されます。それぞれの特徴と強みを比較して、使いやすい仮想通貨取引所を選びましょう。

仮想通貨で億り人になる際の注意点


上場しているチャートが映るデスクトップと積み重なっているコインおよび散らばっているコイン

仮想通貨で億り人になりたい方は、以下の3点に注意しましょう。

  • 将来性のあるコインに投資する
  • 仮想通貨投資には税金がかかる
  • 投資の元手は余剰資金で行う

それぞれポイントを解説します。

将来性のあるコインに投資する

億り人になる方法として、草コインや有名アルトコインへの投資をおすすめしましたが、必ずプロジェクトの将来性にも注目しましょう。プロジェクトによっては、途中で開発が止まってしまったり、資金を持ち逃げしてしまう詐欺もあるからです。

特に草コインには注意しましょう。当サイトCryptonewsがまとめた「将来性の高い仮想通貨」は安心して取引できます。各プロジェクトのミニレビューもあるため、詳細を確認してみてください。

仮想通貨投資には確定申告が必要となる

仮想通貨投資で得た利益には、確定申告が必要となります。条件の一つが、20万円を超える利益が生まれた場合です。特に2024年の仮想通貨市場は大いに盛り上がると予想されているため、この条件に当てはまる人も多くなるはずです。

詳しくは、お近くの管轄税務署や税理士等に相談しましょう。

投資の元手は余剰資金で行う

仮想通貨や株取引に限らず、投資の元手は余剰資金で行いましょう。1つ目の理由は、リスク管理が必要だからです。生活費や緊急時のための資金を投資に回すと、生活に悪影響を及ぼす可能性があるため、気をつけましょう。

2つ目の理由は、投資には長期的な視点が重要だからです。仮想通貨市場は短期的に見ると、非常に不安定ですが、長期的に見ると、成長する傾向にあります。余剰資金を使っていれば、短期的な市場変動に惑わされなくなり、心理的にも安定します。

まとめ:2024年は仮想通貨で億り人になるチャンス


本記事では、仮想通貨投資のおける億り人について紹介しました。今回ランキングで紹介した銘柄は、2024年に成長が期待されるコインばかりです。現時点でコインを準備しておけば、2024年に億り人になれる可能性が上がります。

2024年は仮想通貨で億り人になるチャンスです。ブロックチェーン技術の進化や仮想通貨の世間の浸透により、新しくローンチされる仮想通貨や仮想通貨ICO(イニシャル・コイン・オファリング)による資金調達が活発になるでしょう。

早期に資金を投じておけば、大きなリターンを見込めます。今回のランキングを参考にして、自身の余剰資金や投資目的をもとに投資判断をしてください。本記事をブックマークしておけば、いつでもおすすめの仮想通貨プロジェクトを見返すことができます。

しかし、仮想通貨投資にはリスクが伴う上に、得た利益には税金がかかります。ぜひ本記事を参考にして、仮想通貨投資の基礎知識を学習してみてください。