仮想通貨の上場予定一覧は?期待の銘柄BEST11を紹介【2024年最新】

Hiroshi.O
Hiroshi.O | 監修: Shunsuke.S
| 2 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

仮想通貨の取り扱いリスト、ローソク線、スマホが2台

2024年は、ビットコイン(BTC)半減期や米国のビットコインETF承認など、暗号資産(仮想通貨)市場が盛り上がっています。なかでも、仮想通貨上場予定一覧のトップ銘柄に注目が集まっています。

有力プロジェクトはバイナンスなどの有名取引所に上場すると、爆上がりの仮想通貨となるケースも。上場が期待されるおすすめ仮想通貨に投資しておけば、大きなリターンを得られる可能性は十分にあるでしょう。

本記事では、暗号資産(仮想通貨)ニュースをお届けする当サイトCryptoNews Japanが、仮想通貨上場予定コインを厳選し、ランキング形式で紹介します。上場予定の仮想通貨注目プロジェクトを見逃さないよう、ぜひ最後までご覧ください。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 以上
  • SOL送金でエアドロップ!新しいプレセール方式
  • 開始数分で売上50万ドル、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングで報酬を獲得可能
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
AI
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップ
  • 期間限定!10%割引で購入可能
プロジェクトローンチ
2024年2月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • プレセール資金調達額1200万ドルを達成
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
プロジェクトローンチ
2023年9月
メタ
ビットコインマイニング
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 数量限定プレセール、売上1000万ドル突破
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値で販売
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ステーキング、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード

上場予定の仮想通貨プロジェクト一覧【2024年】


仮想通貨上場予定一覧は以下の通りです。今回紹介する仮想通貨はいずれも上場する可能性が高く、仮想通貨の今後に期待感が高まっている2024年、投資しておくべき銘柄といえるでしょう。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– ドージミームのトレンドに乗った新しい仮想通貨。マルチチェーンネットワーク対応やDEXの上場予定により、価値が大幅に上昇する可能性あり。
  2. Slothana(SLOTH)– ナマケモノのミームが愛らしい、有力L1ネットワークSolana(ソラナ)発の新しい仮想通貨。プレセール開始数分で売上50万ドル超を記録し、さっそく仮想通貨上場予定一覧リストに入る。
  3. 99Bitcoins(99BTC)– 70万人超の古参コミュニティ「99Bitcoins」から生まれた新しい仮想通貨。プレセール売上は既に50万ドル目前で、仮想通貨上場予定の噂も出ています。
  4. 5thScape(5SCAPE)– 独自のAR/VRコンテンツ開発を目指す、注目のWeb3.0仮想通貨。メタバース投資家を巻き込み、プレセール売上1500万ドルを目指す、仮想通貨上場予定コインです。
  5. Sponge V2(SPONGEV2)– スポンジ・ボブをモチーフにした新たなWeb3.0仮想通貨。前身であるSponge V1の成功がベースとなっています。今後、取引所への上場が期待される最新のプレセール仮想通貨です。
  6. Smog Token(SMOG)– ソラナネットワークの Jupiter DEX で発表された最注目の仮想通貨新規上場プロジェクト。人気ミームコインBONKやMYRに続く仮想通貨上場予定一覧の期待株。ソラナ上の史上最大規模のエアドロップも噂されています。
  7. eTukTuk(TUK)– EVトゥクトゥク(電気駆動の三輪自動車)で発展途上国の交通インフラ向上を目指すプロジェクト。TUKトークンは仮想通貨上場予定一覧リストに入っています。
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– ビットコインのクラウドマイニングに特化した仮想通貨。安全性と透明性に優れており、クラウドマイニング分野での注目度も高く、取引所上場の可能性があります。
  9. Dogecoin20(DOGE20)– ドージコイン(DOGE)インスパイアの最新犬系ミーム。プレセール開始直後からステーキング機能を提供したことで話題を集めつつあり、仮想通貨上場予定も視野に入っています。
  10. Scorpion Casino(SCORP)ビットコインカジノやスポーツベッティングを提供する新しい仮想通貨プロジェクト。SCORPトークンの大手取引所上場が予定されているとの噂もあります。
  11. Lido(LIDO)イーサリアムのステーキング問題に対処するための仮想通貨。イーサリアムの需要拡大に伴い、上場の可能性に高い期待が寄せられています。

上記のプロジェクト一覧は、各プロジェクトの目的・用途・信頼性・出資企業数・今後の上昇可能性など、様々な要因を総合的に加味して作成しました。どの銘柄もこの先上場が期待される有力候補です。これから仮想通貨に投資するなら、この中から選ぶのが最良の選択でしょう。以下では、上記で取り上げた中からバイナンスに上場する可能性が高い仮想通貨TOP8を個別にレビューしていきます。

バイナンス(Binance)新規上場予定銘柄ランキング


以下では、一覧で紹介したコインの中から、バイナンス(Binance)の新規上場予定の可能性が高い銘柄をランキング順で個別レビューしていきます。各プロジェクトの詳細な情報を知ることで、仮想通貨投資で懸念されるリスクを軽減しましょう。

ランキングで紹介したおすすめ銘柄は、他の取引所への上場予定がある仮想通貨も多く含んでいます。

バイナンス上場予定の仮想通貨1位:Dogeverse

2024年4月、ミームコインの市場に新たなる星「Dogeverse(DOGEVERSE)」がリリースされました。世界初の完全マルチチェーン対応のDogeトークンとして注目を集め、熱狂的なコミュニティ支持を得ています。

Dogeverseは、イーサリアム(ETH)、ポリゴン(Polygon)、バイナンスチェーン(BNB Chain)を含む6つのブロックチェーンに対応。トークノミクスは総発行枚数2000億枚のうち15%をプレセール、10%をステーキング報酬に割り当て。早期参加者には、保有トークンによるインカム収入も期待できる仕組みです。

現在、Dogeverseのプレセールが開催中で、特定の仮想通貨ウォレットからETH、BNB、MATIC、USDTを使用して購入可能。詳しい買い方は、Dogeverseの購入方法をご覧ください。

Dogeverseはプレセール終了後、分散型取引所(DEX)への上場を予定しており、複数のブロックチェーンを繋ぐ架け橋としての役割が期待されています。将来的には、バイナンスなどの大手取引所への上場も可能性があり、仮想通貨市場での活躍が楽しみなプロジェクトです。

Dogeverseの価格予想を確認して、仮想通貨のブル相場に乗り遅れないようにしましょう。プレセールは期間限定。下記の公式サイトから気軽にプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 0.0003ドル

バイナンス上場予定の仮想通貨2位:Slothana

Slothana(SLOTH)は、現在大きな注目を浴びるソラナで購入できるミームコインです。高速で低コストに取引できるソラナチェーンを活用しています。公式ページの情報は非常にシンプルで、その革新性から多くの投資家が注目しているのです。

仮想通貨全体でミームコインが盛り上がる中、独自のスタイルで資金調達を進めていると言えます。

誰でも参加できるプレセール方式が魅力の1つで、プレセール開始から数時間で50万ドル以上の資金調達を成功させています。Slothanaの購入方法もシンプルに設計されており、指定のウォレットアドレスにSOLを送ることで簡単にプレセールに参加できます。

現在公開されている情報によると、1SOLを送ることで、10000SLOTHがエアドロップされるようです。資金調達額は増え続け、短期間で61万ドルまで増加しているとのことで、Slothanaの価格予想にも期待が集まっています。

Slothanaはコミュニティ運営にも力を入れており、X(旧Twitter)に2回投稿しただけでトレンド入りするなど、強い結束力が伺えます。

Slothanaのマーケティング戦略は主にSNSを活用しており、投資家がSlothanaの情報を拡散して世間の関心を呼び起こす動きが出ています。ミームコインのトレンドにうまくマッチしているSlothana、要注目の銘柄です。

Slothanaを手に入れてみたい方は、以下の公式サイトから確認してみてください。

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 1ドル

 

バイナンス上場予定の仮想通貨3位:99Bitcoins

99Bitcoinsは、今までにない新しいモデルで注目を集めるバイナンス上場予定の仮想通貨です。Learn-to-Ean/L2Eモデルを採用し、ユーザーは学びながら報酬を得ることができます。今までにもPlay-to-Earn/P2E、Move-to-Earn/M2Eなどが登場してきましたが、99Bitcoinsは「教育」という新しい視点を提供します。

99Bitcoinsのプレセールに参加することで、投資家は仮想通貨について学ぶコミュニティに参加できます。同じ価値観を共有できる人々が、様々なカリキュラムを通して仮想通貨やブロックチェーン技術について学習できるのです。

教育方法にはゲーミフィケーションを取り入れ、クイズやゲームをする感覚で楽しみながら学ぶことができます。個人にカスタマイズされた勉強方法で学べるので、幅広いユーザーからの活用が見込まれるでしょう。

99Bitcoinsのプレセールは2024年4月10日に開始されましたが、1週間ほどで45万ドル以上の資金を集めています。ステーキング報酬やトークン保有者への特典も準備されており、ローンチ後の価格上昇が期待されています。

99Bitcoinsの購入方法は、公式サイトにイーサリアムチェーンウォレットを接続するだけです。投資する金額を入力し、購入ボタンを押せば完了です。学びながら稼ぐ、というまったく新しい体験ができる仮想通貨に興味がある方は、ぜひプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

バイナンス上場予定の仮想通貨4位:5thScape

5thScape(5SCAPE)は、AR/VRゲーム開発に注力するメタバース投資におすすめの仮想通貨。プレセール売上目標を達成した場合、バイナンスへの上場も予定されています。

VRといえばゲームを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、可能性はゲームだけにとどまらず「教育・医療・企業研修」など、様々な分野での活用が期待されています。学校や大学の授業や、 医師のトレーニングや手術のシミュレーション活用など、幅広い分野で、生活を豊かにするVR技術を提供する予定。

そんなVR機器を軸にしたエコシステムの基盤となるのが、5SCAPEトークンです。

上場価格よりも安くトークンを入手できるプレセールに参加した場合、将来的な投資リターンは約束されたと言えるでしょう。早期投資家向けの特別なプログラムにも参加できるため、投資元本はすぐに回収できることうけあいです。

VR市場は今後、数年のうちに爆発的な成長が起こると見込まれています。5thScape はこの成長市場に参入し、大きな収益を上げることが期待されているため、将来性抜群の投資先と言えます。

興味が湧いた方は5thScapeの買い方を参照しつつ、ぜひ期間限定のプレセールに参加してみてください。5thScape価格予想では、大手取引所に上場後、数十倍の投資リターンが得られるとの試算が出ています。

リスクは低いため、サクッと投資してみるのがオススメです。ぜひ以下サイトからチェックしてみてください。

プレセール開始日 2024年1月10日
購入方法 ETH、BNB、USDT、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

ババイナンス上場予定の仮想通貨5位:Sponge V2

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年に100倍の成長率、市場価値1億ドル、バイナンス新規上場を達成したミームコインSponge V1(SPONGE)の後継プロジェクト。

Sponge V2最大の特徴は、ステーク・トゥ・ブリッジモデルです。Sponge V1トークン保有者は、既存のトークンをステークすることで、新しいSponge V2トークンに移行できます。

さらにSponge V2は、4年間でAPY(年間収益率)最低40%のステーキング報酬を提供し、Sponge V2価格予想では、今後1年間で100倍の投資リターンになるという予測もあります。

Sponge V2は、バイナンス上場コインSponge V1の成功を踏襲し、Twitterで2万4000人以上のフォロワー、Telegramで約8000人のコミュニティを構築。仮想通貨上場予定一覧のなかでも特にバイナンスへ上場する可能性が高いと専らの評判です。バイナンス新規上場が実現すればSponge V2の価値はさらに高まるでしょう。

SPONGEV2トークンの総供給量は1500億で、大部分がステーキング報酬とプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のNFTゲームに充てられています。

今後、3万人以上のコミュニティ基盤を活用し、バイナンス上場予定の仮想通貨としてさらなる成長を遂げるでしょう。Sponge V2に投資するなら今がチャンスです。バイナンス上場スケジュールを見越して、Sponge V2トークンの買い方を見ながらプレセールでさくっと購入にしてみましょう。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

バイナンス上場予定の仮想通貨6位:Smog Token

Smog Token(SMOG)は有力L1ブロックチェーンSolana(ソラナ)基盤の最新ミームコイン。すでに大幅な値上がりを記録しており、SMOG価格予想によると大型エアドロップへの期待からさらに高騰し、バイナンス上場スケジュール確定の可能性も。そんなSMOGトークノミクスは、以下の通りです。

  • 供給量の50%:マーケティング活動
  • 供給量の35%:エアドロップ報酬
  • 供給量の10%:CEXローンチの確保
  • 供給量の5%:DEXのローンチのための流動性追加

バイナンス上場予定コインSMOGでは公平性のある仮想通貨ローンチを行っています。仮想通貨プレセールなしの公平な販売形態が採用されており、公式サイト以外でも購入可能。仮想通貨初心者の方でも、安心して購入することができます。

SMOGでは、ソラナ史上最大のエアドロップが期待されており、総供給量の35%が割り当てられています。バイナンス上場スケジュールなど具体的な情報はまだ公開されていませんが、一躍、仮想通貨上場予定一覧バイナンス版のトップ銘柄に名乗りを挙げています。

エアドロップ獲得の手順も明確であるため、ぜひ公式サイトからトークンを購入し、資産を増やしてみてください。SMOGトークンが気になる方は、SMOGの購入方法<を参考にしつつ、下記、公式サイトからチェックしてみましょう。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最低購入額 なし

バイナンス上場予定の仮想通貨7位:eTukTuk

eTukTuk(TUK)は、開発途上国で環境問題を引き起こしているガソリン車トゥクトゥクを、電気自動車に置き換えることを目指したバイナンス上場間近のプロジェクトです。ブロックチェーン技術を活用した独自のエコシステムを使い、電気自動車の普及を目指しています。

東南アジアでは、大気汚染が深刻な問題となっており、人々の健康に悪影響を及ぼしています。eTukTukは、ガソリン車トゥクトゥクが排出するCO2を削減し、環境負荷を低減するために、電気自動車への転換を促進しています。

eTukTukは、独自のTUKトークンと低コストなブロックチェーン技術を活用することで、従来のEV充電システムよりも手頃な価格で利用できる充電ステーションを開発途上国に提供しており、話題を呼んでいます。

従来の支払い方法にアクセスできないドライバーでも、eTukTukモバイルアプリを使ってTUKトークンで燃料を支払うことができるため、社会的な意義もある仮想通貨プロジェクトと言えるでしょう。

eTukTuk価格予想によると、プレセール売上が順調に伸び、この速度でプロジェクト開発が進むと、2024年のバイナンス上場の可能性もあるはずです。バイナンスに上場された場合、大きな買い圧力が入るため一気に価格上昇するでしょう。

eTukTukは、電気自動車普及と環境問題解決に貢献するだけでなく、開発途上国の経済発展にも関与しています。お得にトークンを購入したい方は、eTukTukの買い方を参照しながら、下記のプレセールサイトで仮想通貨を購入してみましょう。

プレセール開始日 2023年11月
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 1ドル

バイナンス上場予定の仮想通貨8位:Bitcoin Minetrix

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、クラウドマイニングをトークン化し、個人がビットコインマイニングで収益を得る仮想通貨プラットフォーム。プレセール開始後、バイナンス上場予定銘柄としてビットコイン長者のコミュニティからも熱い視線を浴びています。

Bitcoin Minetrixの目的は、クラウドマイニングの参入障壁を排除すること。トークン保有者は、ステーキングによりクラウドマイニングのクレジットを獲得できます。マイニングリグなど高額な機器購入などのコスト・手間なしに、手軽に仮想通貨マイニングに参加できる点が最大の魅力です。

Bitcoin Minetrixは、高いセキュリティ、ブロックチェーンによるマイニングプロセスの分散化により、バイナンス(Binance)上場予定が確定済みとも噂されています。仮想通貨プレセール売上は既に1100万ドルに達しており、仮想通貨上場予定一覧バイナンス版でもトップの売上を記録しています。

Bitcoin Minetrixは、最大130%のステーキングAPY(年間収益率)を提供します。ビットコインの価格予測にも連動するため、2024年は特に価格上昇が期待できるでしょう。バイナンス上場を期待する方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にし、下記からプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDTなど
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 10ドル

バイナンス上場予定の仮想通貨9位:Dogecoin20

Dogecoin20(DOGE20)は、有名ミームコインDogecoinの進化系として誕生した、バイナンス上場予定の仮想通貨です。ミームコインに留まらず、遊び心と収益性を兼ね備えた先進的な仕組みで、世界中の投資家から注目を集めています。

従来のDogecoinは、大量の電力消費が問題視されるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれるアルゴリズムを採用していました。一方、Dogecoin20は、環境負荷を抑えたPoS(プルーフ・オブ・ステーク)アルゴリズムを採用し、より持続可能なエコシステムを実現しているのが特徴。

Dogecoin20は、トークン保有者向けのステーキング機能を提供しており、DOGE20をステーキングすることで、最大410%という高い年間収益率を得ることができます。トークンを保有するインセンティブが働くため、長期的な価格形成にもプラスの影響が出ます。

加えてDogecoin20の総発行量は1400億枚に固定されているため、無限に発行されるDogecoinとは異なり、希少価値を生み出しやすくなる設計です。そんなDogecoin20は現在プレセールが開催されており、お得にトークンを購入できるチャンスとなっています。

Dogecoin20価格予想でも、プレセール価格比の上昇幅が1000倍以上と算出されており、非常に期待値が高いプロジェクトであることが分かります。Dogecoin20の買い方を見ながら購入し、資産形成を一気に加速させましょう。

プレセール開始日 2024年3月14日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

バイナンス(Binance)上場の頻度や条件は?


都会的な雰囲気の場所にある電光掲示板。ローソク足などのデータが表示されており、人々が歩いている

バイナンス(Binance)は、歴史の浅いアルトコインを新規上場する取引所としてもよく知られています。仮想通貨カジノに対する法規制が厳しくなるなどの煽りを受け、現在は審査条件も厳しくなり、上場の頻度も少なくなりました。過去6カ月でバイナンスに新規上場した仮想通貨は、わずか6プロジェクトです。

言い換えると、仮想通貨の億り人になれるレベルの高品質なプロジェクトのみを取り扱っていると言えるでしょう。

バイナンスのチャンポン・ジャオ前CEOによると、バイナンスは時価総額や知名度の低い通貨(いわゆる草コイン)を、たとえ400BTCあるいは4000BTCを支払われても上場させないとのことです。また、ETH、NEO、XRP、EOS、XMR、LTCなど多くの通貨は無料で上場されたと述べています。

重要なのは、上場にかかる費用ではなく、そのコインが上場するに足る質の高いプロジェクトであるかどうかということです。仮想通貨上場予定一覧のなかでも「バイナンスに上場するかどうか」という点は、仮想通貨の価値を図る指標の一つになるでしょう。

最近上場した仮想通貨プロジェクト一覧


色々な仮想通貨のロゴが刻印された硬貨が並んでいる

参考までに、最近取引所に上場した仮想通貨プロジェクトを一覧で紹介します。

  • トロン(TRON/TRX)– 動画や音楽などのエンターテインメント向けのプラットフォームが特徴の一つです。2021年にビットポイントに上場したことで注目されました。
  • エンジンコイン(ENJ)– eスポーツやメタバース仮想通貨向けのプラットフォーム。2021年にCoincheckとGMOコインに立て続けに上場し、今後も大手取引所への上場が期待されています。
  • ポルカドット(DOT)– 「ブリッジ機能」という技術が注目を集めています。日本の取引所では、ビットフライヤーやGMOコインなどで上場されており、次に来る仮想通貨1000倍銘柄と言われています。

ここで取り上げた仮想通貨は、いずれも今後成長が見込まれるアルトコインです。上場予定の仮想通貨とともに、チェックしておきましょう。

上場予定の仮想通貨一覧に投資するメリット


オフィス街の広場に佇む電光掲示板。何らかのデータと地球を模したと思われる金色の球体が表示されている。

上場予定の仮想通貨一覧を紹介してきましたが、本当に投資してよいのか気になる人もいるでしょう。そこで、上場予定の仮想通貨に投資するメリットを紹介していきます。

  • 上場に価格高騰が期待できる
  • 少額投資ができる
  • 成長するコミュニティに参加できる

3つのメリットをそれぞれ詳しく見ていきます。

上場による価格高騰が期待できる

一番のメリットは、仮想通貨のローンチによる価格高騰が期待できることです。なぜなら、仮想通貨が取引所に上場すると、コインの注目度が上がり、多くの投資家が参入するからです。投資が活発になれば、流動性が高まり、価格の上昇につながります。

特に、大手取引所への上場は、仮想通貨の信頼性や知名度を高め、価格高騰に直結しやすいです。

少額投資ができる

少額投資ができる点も、メリットの一つになるでしょう。上場予定の仮想通貨は、既に市場に出回っている通貨と比べて価格が低めです。資金に余裕がなくても、少額から投資でき、リスクを抑えながら市場の動向を学べます。仮想通貨投資の初心者にとっては、特に大きなメリットといえるでしょう。

成長するコミュニティに参加できる

上場時に早期投資することで、そのプロジェクトの一員になることができ、仮想通貨の億り人の可能性も高まります。特にローンチされたばかりのプロジェクトは、新しい技術や革新的なアイデアを持った人が多く、コミュニティに参加できれば、以下のメリットを得られます。

  • 最新情報を得られる
  • 感度の高い人々と交流できる

特に仮想通貨市場は情報の交換が重要です。上場予定のプロジェクトに参加する価値は十分にあります。

上場予定の仮想通貨一覧に投資するデメリット


2024年にバイナンス(Binance)に上場が期待されるコイン一覧

上場予定の仮想通貨に投資するメリットを紹介してきましたが、少なからずリスクも伴います。考えられるデメリット及び注意点は以下の3つです。

  • 価格変動が大きい
  • 取引量が少なく、取引が難しい
  • 売却のタイミングが難しい

それぞれ詳細に見ていきます。

価格変動が大きい

デメリットの一つは、価格変動が大きいことです。価格変動が大きいと、常にニュースや市場の動きに警戒する必要があります。特に上場予定の仮想通貨は、多くの投資家で話題になることが多く、期待により価格が高騰します。しかし、この高騰は不安定な場合が多く、ニュースや市場の動きで簡単に価格が変動します。長期投資を考えている場合は、注意点として頭に入れておくべきでしょう。

取引量が少なく、取引が難しい

次のデメリットは、取引が難しいことです。取引量が少ないと、理想のタイミングで売買できない可能性があるためです。例えば、緊急で利確したい場合や市場の変動に応じて迅速に対応したい場合は、問題の一つとなるでしょう。

売却のタイミングが難しい

上場予定の仮想通貨に投資する際、最も難しいのが売却のタイミングを見極めることです。仮想通貨の価格は、上場直後に大きく変動することが多いです。上場後の高騰を見逃さないようにするためには、市場の動向を分析し、迅速な判断が必要になります。このタイミングを誤ると、大きな損失につながる可能性が増えるでしょう。

上場予定の仮想通貨一覧から稼ぐコツ3選


仮想通貨の取引板

上場予定の仮想通貨に投資して稼ぐために、知っておくべきコツがあります。今回は、仮想通貨で損しないためのポイントを3つ厳選しました。上場予定の仮想通貨で堅実に利益を得るために、必ず確認してください。

プレセールを活用する

まずは、仮想通貨プレセールに注目しましょう。上場前の仮想通貨は通常、プレセールやICO(新規仮想通貨公開)で獲得できるためです。仮想通貨のプレセールでは、一般公開前に低価格で銘柄を手に入れるチャンスでもあります。

プレセールがあるおすすめのプロジェクトとして、以下があります。

プレセールには高いリスクも伴うため、プロジェクトの背景や動向、技術的な側面を分析し、堅実な投資をすることが重要です。今回紹介したのは、上場予定が期待されている安全なプロジェクトのみです。ぜひ参考にしてください。

将来性が期待できる銘柄を選ぶ

上場予定の仮想通貨を選定するには、「どの仮想通貨取引所で取り扱うのか」といった点にも注目しましょう。将来性が期待できないプロジェクトは、上場後に暴落する可能性も高まるからです。仮想通貨を選定する際は、以下のポイントを確認しましょう。

  • 仮想通貨の使用用途や目的はなにか
  • どのような技術が使われているのか
  • 開発状況はどうなっているのか
  • どんなチームが運営しているのか
  • コミュニティのサポートは充実しているか

長期的なビジョンと実行可能性を持つプロジェクトに注目すれば、将来性は期待できるでしょう。リスクを抑えつつ、将来的に大きなリターンを得るためにも、プロジェクトの分析は欠かさないことが大切です。

少額投資から始める

最後のポイントが、少額投資から始めることです。少額で始めることで、大きな損失を避けることができるためです。特に、上場予定のプロジェクトは低価格であることが多いため、少額投資に向いています。

少額投資であれば、多様な仮想通貨に投資することも可能です。ポートフォリオが多様化すれば、リスクも分散できます。特に投資初心者の方は、リスク軽減と市場の把握のために、少額投資から始めることがおすすめです。

上場予定の仮想通貨一覧に関してよくある質問

Q1:仮想通貨のプレセールって何?

仮想通貨のプレセールとは、新規トークンが市場で販売される前に、割引価格で購入できることです。一般的には、ICOや取引所への上場前に実施されます。早期投資による大きなリターンを見込めるのがメリットです。

リスクとしては、プロジェクト失敗による資産の無価値化やコイン価値の急落などが挙げられます。リスクを最小限に抑えるためにも、各プロジェクトの公式サイトで情報収集することが重要です。今回の一覧には、各プロジェクトへの公式サイトを載せています。仮想通貨の購入方法と合わせて、必ずチェックしておきましょう。

Q2:仮想通貨は取引所に上場すると、どうなるの?

仮想通貨が取引所に上場すると、以下の変化が生じます。

  • 流動性が向上する – 多くの投資家がアクセス可能となり、取引が容易になるため
  • 価格変動が起きる – 期待が高まり、投機的な取引が増えるため
  • 信頼と認知が拡大する – 取引所の基準や規制を満たしている証拠となるため

変動が非常に激しくなるため、リスクも伴いますが、多大なリターンを得られる可能性もあります。情報収集を怠らず、慎重な判断が求められます。

Q3:バイナンスやバイビットに上場予定の仮想通貨一覧はどこで確認できる?

バイナンスやバイビットの仮想通貨上場予定の一覧情報を得るには、各取引所のWebサイトを確認しましょう。例えばバイビットでは、ByVotesというイベントにて上場する可能性がある銘柄を確認できます。

Q4:バイナンス上場前にお目当ての仮想通貨を入手する方法は?

バイナンスや他の取引所に上場する前に仮想通貨を手に入れる方法は、プロジェクトのプレセールに参加することです。

プレセールでの仮想通貨の購入方法を簡単にまとめると、以下の手順になります。

  1. ウォレットの準備 – MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットを開設します。
  2. プレセール参加に必要なコインを購入 – イーサリアムなどのトークンを事前準備します。各プロジェクトで必要となる仮想通貨は異なるため、事前に調べておきましょう。各コインの買い方は、「ビットコインの買い方」「リップル(XRP)の買い方」などを参考にしてください。
  3. ウォレットをプレセールに接続 – プレセールの公式サイトにアクセスし、画面の指示に従って仮想通貨ウォレットを接続します。
  4. 仮想通貨を購入 – 交換したいトークンを選択し、取引金額を入力し、取引を完了します。

投資家は、プレセールが終了した後、トークンを受け取ることができます。

Q5:仮想通貨上場予定一覧の中でもバイナンスに上場しそうなミームコインは?

バイナンス新規上場が噂されるミームコインとして、Dogecoin20、Slothana、Sponge V2、Smog Token、eTukTuk、Bitcoin Minetrixなどがあります。その他にもおすすめのICO仮想通貨など今後注目するべき仮想通貨があります。全てチェックし、総合的な投資判断を下しましょう。

まとめ:バイナンス(Binance)上場予定の仮想通貨一覧に要注目!


本記事では、2024年に上場予定が期待される仮想通貨(暗号資産)を一覧で紹介しました。今回紹介したプロジェクトは、いずれも投資家の期待が高まっており、さらなる仮想通貨取引所への上場が期待されているものばかりです。中でも、バイナンスへの上場は特に注目です。

ビットコイン長者が激増すると言われている2024年、仮想通貨の上場予定一覧ランキングにも注目が集まるでしょう。上場予定の通貨に目星をつけるためにも、まずはプレセールに注目しましょう。

プレセールでは、一般公開前に低価格で投資するチャンスです。プレセールに参加される方は、ぜひ本記事を後から見返せるようにブックマークした上で参考にしてみてください。