【現役の投資家が厳選】おすすめのDeFi系仮想通貨12選

Naoki Saito
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

革命的な金融となるDeFi

今、暗号資産(仮想通貨)市場には、さまざまな分野が存在します。中でも、DeFi(Decentralized Finance)は、金融の未来形として投資家から注目を集める分野の1つです。

従来の仮想通貨業界では、購入した仮想通貨の価格が高騰してリターンを得る、いわゆる「爆上げ仮想通貨」が注目されていました。しかし、情報収集のスピードや質や時間が必須となります。

一方DeFiの登場で、仮想通貨を預けるだけでコンスタントな利回り収入、いわば不労所得を得ることができるようになりました。

本記事では、注目のDeFiの仕組みはもちろん、おすすめのDeFi系仮想通貨を11個ご紹介してます。DeFi系仮想通貨とはなにがあるのだろうという方は、ぜひ参考にしていってください。

おすすめのDeFi系仮想通貨12選


おすすめのDeFi系仮想通貨プロジェクトは、以下の通りとなります。時価総額や実用性はもちろんのこと、プレセール仮想通貨なども含めた11銘柄を選抜しました。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– ドージミームのDeFi系仮想通貨。絶賛プレセール実施中であり、早期参入による多大なリターンやステーキング報酬が期待できる。
  2. Slothana(SLOTH)-Solanaチェーンで誕生したナマケモノをモチーフとした仮想通貨。現在、事前購入希望者を集めており、指定ウォレットにSOLトークンを送金しするスタイルで、100万ドル以上の仮想通貨ICOに成功している。
  3. 99Bitcoins(99BTC)– Learn-to-Earnと呼ばれる革新的な報酬モデルを採用した教育プラットフォーム。仮想通貨について学びながら報酬を得ることができる。
  4. 5thScape(5SCAPE)-AR/VRコンテンツを楽しむことができ、メタバース投資家から注目されるプロジェクト。5SCAPEトークンのステーキングも可能で、DeFi系仮想通貨としても注目される。
  5. Sponge V2(SPONGEV2)-過去ローンチから強烈的な熱狂を生んだSponge  V1の後継プロジェクト。ステーク&ブリッジ額は2600万ドルを超える期待のDeFi系仮想通貨。
  6. Smog Token(SMOG)-火を吹くドラゴンがモチーフの仮想通貨。SMOGトークンを購入やステーキングすることでエアドロップ報酬がもらえることで、大きなリターンが欲しい投資家の注目を集める最新のDeFi系仮想通貨。
  7. eTuktuk(TUK)-発展途上国の交通インフラをAIとブロックチェーンを使って持続可能なものにすることを目的としたプロジェクト。今後、TUKステーキングの機能も追加予定であり、DeFi系仮想通貨としても注目。
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)-BTCのクラウドマイニングに参加できる仮想通貨。ステーキングとマイニングを組み合わせた「ステーク・トゥ・マイン(STM)」というシステムを採用。BTCマイニングに気軽に参加できるようにするDeFi系仮想通貨。
  9. Dogecoin20(DOGE20)ドージコイン(DOGE)をもとに作られた最新のDeFi系仮想通貨プロジェクト。DOGE20をステーキングすることで利回りを得る機能がある。
  10. Uniswap(UNI)-DeFi系仮想通貨として、超有名なプロジェクト。取引量や入金額はトップクラスを誇り、仮想通貨同士の交換や流動性の提供ができる。
  11. Aave(AAVE)-仮想通貨のレンディング(貸借)ができるプラットホーム。2023年から2024年にかけトークン価格も+70%以上伸びる人気のDeFi系仮想通貨。
  12. Lido Finance(LDO)-「リキッド・ステーキング」という運用を提供し、個人投資家の仮想通貨ステーキングの参加を促すプラットホーム。入金額がもっとも高く、期待を集めるDeFi系仮想通貨。

上記ランキングは、仮想通貨おすすめランキングにもランクインする銘柄も含んでいます。そのため今後、大手取引所に仮想通貨が新規上場にもする可能性も秘めています。

以下では、各おすすめのDeFi系仮想通貨の詳細を見ていきます。どれも、今後伸びる可能性の高い仮想通貨プロジェクトになります。将来性ある仮想通貨を掴んでみたい方は、参考にしてみてください。

おすすめのDeFi系仮想通貨①:Dogeverse

マルチチェーン展開を目論むDOGEVERSE
DeFiの世界は、常に進化し続けています。そんな中、Dogeverse(DOGEVERSE)はマルチチェーン対応という革新的な機能を備え、2024年4月8日にローンチされたばかりにもかかわらず、数分で25万ドル以上集めました。

Dogeverseは、イーサリアム、BNBスマートチェーン、ポリゴン、Solana、Base、Avalancheなど、複数のブロックチェーン上で利用可能なマルチチェーンユーティリティです。この革新的な機能により、Dogeverseは他のミームコインとは一線を画し、DeFiと仮想通貨の未来を形作る可能性を秘めています。

Dogeverseのマルチチェーン対応は、以下のようなメリットがあります。

  • 複数のブロックチェーン間でDogecoinを簡単に移動
  • さまざまなDAppsとDeFiプラットフォームへのアクセス
  • より高い流動性と取引量
  • ユーザーにとって使いやすく、便利なDogecoin体験

そして、DogeverseはDeFiと仮想通貨の未来を形作る可能性を秘めたプロジェクトです。その理由は以下の通りです。

  • マルチチェーン対応による利便性の向上
  • 独自のエコシステムの構築
  • イーロン・マスク氏をはじめ、多くの著名人からの支持
  • Doge Dayに向けて盛り上がりを見せるDogecoinコミュニティ

Dogeverseは、まだ開発段階ですが、今後さらなる発展が期待されています。

Dogeverseの価格予想からは、2024年の年末にはプレセール価格の10倍である0.003ドルになるということです。購入したい方は、Dogeverseの買い方を参考にしながら進めましょう。

プレセール開始日 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 0.0003ドル

おすすめのDeFi系仮想通貨②:Slothana

DeFi系仮想通貨の醍醐味の1つとして、トークン保有やプロジェクト貢献が大きなエアドロップにつながることがあります。Slothana(SLOTH)も今、大きなエアドロップにつながることが期待されているプロジェクトです。

SLOTHは、Solanaチェーンで誕生したナマケモノがモチーフの仮想通貨。現在プレセールを開催しており、SLOTHの買い方はまるでナマケモノを連想させるような仕組みとなっています。

公式サイトに記載されたウォレットアドレス宛にSOLトークン(最低1SOL)を送るだけで参加でき、その後はエアドロップを待つのみ。

いわゆるこの「ナマケモノ方式」が話題を呼び、執筆時点で100万ドル以上の資金調達を終えています。

2024年に入り、ミームコイントレンドが発生中。特に、DogWifHat(WIF)やBome(BOME)などSolanaチェーンで誕生したトークンは、著しい暴騰を見せています。

SLOTHの今後も、このトレンドに乗ることや、DEXをはじめとする各取引所に上場することができれば、大きなリターンを期待できる可能性も高いです。

お金を送ってゆったりエアドロップを待つ新しい方式を採用したSLOTHトークン購入は、以下公式サイトから進めてみてください。

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 1ドル

おすすめのDeFi系仮想通貨③:99Bitcoins

2013年から仮想通貨の情報発信を続けてきた99Bitcoinsが、この度、DeFi分野において革新的なプラットフォームを立ち上げました。その名も99Bitcoins(99BTC)。従来のLearn-to-Earn(学ぶと稼げる)モデルをさらに進化させたこのプラットフォームでは、ユーザーは仮想通貨に関する知識を深めながら、報酬として99BTCトークンを獲得することができます。

99Bitcoinsの特徴は、以下のとおりです。

  • 双方向型の学習コンテンツ:クイズやチュートリアルなど、楽しみながら学べるコンテンツが充実。
  • レベルアップシステム:学習を進めることでレベルが上がり、より多くの報酬を獲得できる。
  • BRC-20トークンへの移行予定:将来的には、より高度な機能を持つBRC-20トークンに移行予定。
  • ステーキング報酬:99BTCトークンを保有することで、金利収入を得られる。
  • コミュニティ報酬:コミュニティ活動に参加することで、報酬を獲得できる。
  • エアドロップ:9万9999ドル相当のBTCエアドロップを実施中。

そして、99Bitcoinsのメリットは以下になります。

  • 楽しみながら仮想通貨を学べる:ゲーム感覚で学習できるので、初心者でも気軽に始められる。
  • 仮想通貨を稼げる:学習することで報酬を獲得できるので、モチベーションアップにつながる。
  • 将来的に価値上昇の可能性:DeFi市場の成長とともに、99BTCトークンの価値も上昇していく可能性がある。

99Bitcoinsは、仮想通貨初心者から経験者まで、幅広いユーザーにおすすめのプラットフォームです。DeFiを学びながら将来有望な99BTCトークンを獲得したい方は、今すぐ99Bitcoinsの買い方を参考にしながらプレセールに参加して、お得に99BTCトークンをゲットしましょう!

プレセール開始日 2024年4月10日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

おすすめのDeFi系仮想通貨④:5thScape

5thScape(5SCAPE)は、AR/VR体験に焦点を当てた仮想通貨プロジェクトです。現在、VRゲーム開発に力を入れているメタバース系仮想通貨であり、今後ステーキング機能なども追加する予定もあるDeFi系仮想通貨でもあります。

5thScapeのミッションは、「次の10年の大きな変化への入り口を作る」ことであり、今後伸びるであろうAR/VR市場とWeb3.0(仮想通貨など)社会を支えるブロックチェーン技術との融合を試みています。

5SCAPEは現在先行購入が可能で、230万ドル(約3億4000万円)以上の資金を調達しています。参加者は、今後5thScape上のコンテンツをお得に利用できる権利も付与。トークン保有者には今後、5SCAPEステーキングの機能も展開予定です。

また、ブロックチェーン技術を組み合わせたNFTゲームの登場なども予想されます。

総トークン供給量の80%の完売という強気な目標を立て、今後のプロジェクト成長に強気な姿勢を見せています。

5thScapeの価格予測では、今後のAR/VR市場成長や大手取引所への上場も考慮すると、トークン価格は数百倍まで伸びると予測しています。

メタバース系としてはもちろん、DeFi系としての側面を持つ5SCAPEトークンの事前購入は、5thScapeの買い方を参考にしながら進めましょう。

プレセール開始日 2024年1月
購入方法 ETH、BNB、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

おすすめのDeFi系仮想通貨⑤:SPONGE V2

仮想通貨を購入する上で、信頼できる実績や運営のあるか否かを基準としている投資家も少なくはありません。

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年5月に誕生し大成功を収めたSponge V1の第2世代となる仮想通貨。

Sponge V1は、人気キャラクター「スポンジ・ボブ」をモチーフとしたコイン。仮想通貨のローンチからわずか数日で時価総額100万ドルから1億ドルへと成長。価格においても、100倍以上に成長しています。

そんな信頼と実績のあるSponge V1の後継プロジェクトが、2023年12月から購入希望者を募集スタート。V1から V2への移行する人や新規購入者が集まっており、ブリッジ&ステーク額は2500万ドルを超えています。ステーキング利回りも170%を超えており、DeFi系仮想通貨を狙う投資家にとって魅力的な投資先となっています。

Sponge V2の価格予想では、大成功したSponge V1の後継プロジェクトであることや、今後独自ゲームを発表してくることから、再び熱狂を生むDeFi系仮想通貨と予想されています。

Sponge V2トークンの買い方を参考にしながら、ぜひSponge V2をゲットしましょう。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

おすすめのDeFi系仮想通貨⑥:Smog Token

Smog Token(SMOG)は、ドラゴンがメインキャラクターの仮想通貨。カエル(PEPE)や柴犬(DOGE)を連想させる動物を燃やす姿から、既存の有名ミームコイン超えを目指す様が描かれています。

SMOGは、ホルダーを対象としたエアドロップを予定。総トークン供給量の35%がエアドロップに割り当てられており、一定量のトークン保有でエアドロップ獲得ができます。大きなリターンを狙いたい投資家がSMOGを購入しており、価格はローンチ後1週間で約5倍の上昇を記録しています。

またSmog Tokenは、ステーキング機能を提供しており、年間利回りは42%を叩き出しています。ステーキングに参加することで追加のエアドロップを獲得でき、DeFi系仮想通貨を探す投資家にとっても魅力的な投資先となっています。

SMOGの価格予想では、このエアドロップ戦略とDeFi戦略が成功すれば、2030年には100倍以上の価格まで伸びることが予測されています。

現在SMOGがローンチしているSolanaチェーンでは、ミームトレンドにより仮想通貨ブルランが発生中です。トレンドの追い風も受ける可能性も高いSMOGトークン購入は、SMOGの買い方を参考に進めましょう。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最低購入額 なし

おすすめのDeFi系仮想通貨⑦:eTukTuk

仮想通貨では、収益性や革新性が目立つ中、持続可能性や実用性も求められるようになってきています。eTukTuk(TUK)は、持続可能性や実用性も備えた期待の仮想通貨プロジェクトです。

発展途上国の交通に革命をもたらすことをミッションにしており、独自開発したEVトゥクトゥク(電動三輪車)やEV充電ステーションなどを活用した持続可能な交通インフラを構築中。2024年、スリランカで実用実験も実施予定。今後も、独自のドライバーアプリや充電ステーションの設置も行なっていきます。

仮想通貨TUKは、eTukTukエコシステムにおける基軸通貨として機能します。

eTukTukサービス利用料の支払い、地域への利益還元はもちろん、TUKステーキング(パワーステーキング)も導入していく予定です。つまり、サービス利用者にとっても、DeFi系仮想通貨の投資家にとっても、魅力的なプロジェクトとなります。

実用性や持続可能性のあるプロジェクトとして期待を集め、バイナンス上場予定の有力候補としても名を連ねています。

現在開催中のプレセールでは、240万ドルの売上高を達成。好調なスタートを切っていることから、eTukTukの価格予測で数十倍の価格上昇も期待されています。

収益性が期待できるDeFi系仮想通貨としても、実用性が期待できる仮想通貨としても期待できるTUK購入は、eTukTukの買い方を参考に進めていきましょう。

プレセール開始日 2023年11月
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 1ドル

おすすめのDeFi系仮想通貨⑧:Bitcoin Minetrix

仮想通貨の元祖であり、トップであるビットコイン(BTC)。2100万枚と決められ希少であるBTCをマイニング(採掘)することは、マイナー(採掘者)の増加や高性能なコンピューターが必要であることから、日々むずかしくなっています。

そこでBitcoin Minetrix(BTCMTX)は、だれでも簡単にビットコインマイニングに参加できるようになるクラウドマイニングプラットフォーム。

「Stake to Mine(ステーク・トゥ・マイン)」という仕組みを採用。BTCMTXをステーキングするだけでマイニングに参加でき、収益が得られるようになりました。DeFi的な機能を備えた仮想通貨として期待されています。

また、透明性や信頼性が高いことも特徴としてあります。

通常のクライドマイニングの場合、第三者に資金を預けたのち、収益が分配される仕組みでした。しかし、預け入れ先や仕組みが不透明であることから、詐欺なども横行してしまっていました。

Bitcoin Minetrixの場合は、第三者に資金を渡すことありませんし、ブロックチェーン上で預け入れ先も見える化します。よって、安心したマイニング参加を可能にします。

BTCMTXトークンを事前購入できるプレセールが、現在開催中。ビットコインが今後さらに伸びていく期待も背景に、すでに1200万ドル以上の売り上げを叩き出しています。Bitcoin Minetrixの価格予想では、革新的な仕組みで数十倍まで高騰する予想もされています。

BTCMTXの事前購入は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考に進めましょう。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 10ドル

おすすめのDeFi系仮想通貨⑨:Dogecoin20

Dogecoin20(DOGE20)は、ミームコインの代表格ドージコイン(DOGE)を元に作られた仮想通貨です。従来のDOGEとは違い、DOGE20は「ステーキング機能」を採用。投資家に利回り収入を与えることで、DeFi系仮想通貨としても注目されています。

DEGO20のプレセールでは、スタートから1ヶ月未満で売上高が850万ドル(約12億8000万円)を突破。トークン購入するとDOGE20のステーキングにも参加することができ、今後2年間にわたって総トークン供給量の15%の割り当てをもらうことも約束されています。

その後は、ユニスワップ(DeFi)にDOGE20が上場。仮想通貨が今後、価格上昇など見られるようになるにつれ、DeFi上で仮想通貨DOGE20のような「犬系コイン」のローンチや取引が盛り上がってくることも予想されます。

DOGE20の価格予測によれば、強気相場や「犬系コイン」の注目度の高まりもあり、2025年までにトークン価格が100倍まで伸びるともいわれています。

これまでの経緯を見ると、投資家によるDogecoin20への注目度の高さが見て取れます。次世代型DOGEとして期待のDOGE20を事前購入をご希望の方は、DOGE20の買い方も参考に以下リンクから参加しましょう。

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

DeFiとは?仕組みや稼ぎ方


利回り収入を生み出すDeFi

DeFi(ディーファイ)とは、直訳すると「分散型金融」の略です。中央集権的な仲介役いらずで動く金融システムを指します。

暗号資産(仮想通貨)を支えるブロックチェーンを使うことで、スマートコントラクトという契約の自動実行ができるようになります。このブロックチェーン上に、金融システムを動かすプログラムを乗せたことで、人や組織など中央役がいらない銀行を作ることができるようになりました。

そのため、DeFi誕生で仮想通貨の投資家は、以下のようなことができるようになりました。

  • スワップ:トークン同士を交換する
  • レンディングやファーミング:トークンを預入して手数料収入もらう
  • ステーキング:金融システムに投資したお礼として利回りもらう

以前は中央役が必要だった行為が、DeFi誕生によって自由化されています。その革新性や収益性から、DeFiバブルも発生し、大きく資産を増やし仮想通貨億り人も生んでいます。

DeFiの始め方【3ステップ】


ここでは、実際のDeFi利用方法を3ステップで解説します。おすすめのDeFi系仮想通貨の購入に向けた重要な手順となりますので、必ずチェックしておきましょう。

【ステップ1】仮想通貨を購入する

仮想通貨の購入ができるビットフライヤー

まず、仮想通貨の取引所を開設しコインを購入していきます。おすすめは、売買や送金にかかる各種手数料の安い仮想通貨の取引所を選ぶこと。以下3つの取引所サービスであれば、各種操作にかかる手数料を安く抑えていくことができます。

たとえばbitFlyerであれば、リップル(XRP)の送金手数料が無料となり、送金にかかるコストを抑えていけます。

まだ開いていないものがあれば、今のうちに無料開設を済ませ、仮想通貨の買い方を参考にしながら購入を進めましょう。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)
  2. OKX
  3. MEXC

【ステップ2】ウォレット用意・入金

仮想通貨を保管するメタマスクウォレット

続いて、仮想通貨ウォレットを用意し、購入した仮想通貨を入金しておきましょう。ウォレットサービスは、MetaMask(メタマスク)がもっとも有名で使われています。

イーサリアム(ETH)などを購入し、ウォレットへ入金していきましょう。

【ステップ3】DeFiとウォレットを接続

ユニスワップへ流動性提供する

最後、ウォレットと利用したいDeFiサービスを接続することで、DeFiが使えるようになります。入金までできていれば、アルトコインとステーブルコインの交換などの操作ができるようになります。

以上3ステップが、DeFiの始め方となります。必ずチェックしておきましょう。

まとめ


本記事では、DeFiの概要と始め方、おすすめのDeFi系仮想通貨を10個ご紹介してきました。仮想通貨では主に、トークン売買によって利益を得る方法がピックアップされることが多いです。しかし、情報収集の時間やコストを割く必要があるのも事実です。

コンスタントな収入が期待できるDeFiを抑えておくことで、あなたの仮想通貨投資にバリエーションが生まれます。過去仮想通貨で、ビットコイン成功者を数多く輩出したように、DeFi成功者も誕生していくことでしょう。

本記事を参考にしながら、正しく賢く仮想通貨投資を進めていきましょう。DeFi投資を始める上で、各種手数料が安い取引所の準備も必須となります。以下3のうちまだ開いていないものがあれば、今のうちに無料開設を済ませておきましょう。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)
  2. OKX
  3. MEXC