Web3.0とは?Web3.0おすすめ仮想通貨リスト14選【2024年最新】

Ichi Kawanaka
| 2 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

PCの上に置かれたビットコインとアルトコイン

インターネットの未来を担う次世代技術として「Web3.0(ウェブ3.0)」と「暗号資産(仮想通貨)」が注目を集めています。Web3.0とは、ブロックチェーン技術を基盤とした次世代の分散型インターネット。そのWeb3.0プロジェクトの上で利用される仮想通貨が、Web3.0仮想通貨です。

個人のプライバシーを保護し、データの透明性とセキュリティを向上させることを目指した概念とも言われています。Web3.0は暗号資産(仮想通貨)と密接に関わっており「金融、ゲーム、メタバース」など様々な分野に大きな影響をもたらすとされています。

本記事では、Web3.0の意味や定義、Web3.0仮想通貨のおすすめ銘柄について解説します。この記事を読むことで、Web3.0仮想通貨とは何か、その特徴や従来のインターネット(Web2.0)との違いについて理解できるはずです。Web3.0や仮想通貨に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 以上
  • SOL送金でエアドロップ!新しいプレセール方式
  • 開始数分で売上50万ドル、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングで報酬を獲得可能
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
AI
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップ
  • 期間限定!10%割引で購入可能
プロジェクトローンチ
2024年2月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • プレセール資金調達額1200万ドルを達成
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
プロジェクトローンチ
2023年9月
メタ
ビットコインマイニング
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 数量限定プレセール、売上1000万ドル突破
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値で販売
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ステーキング、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード

Web3.0時代のおすすめ仮想通貨14選【2024年】

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– Web3.0の進化において重要な役割を果たす仮想通貨。マルチチェーンアクセスと高度なブリッジング機能により、新たな価値を生み出す可能性が高く、価格上昇も期待できる。
  2. Slothana(SLOTH)– 3月26日に事前PRナシで登場した、ソラナ(Solana)チェーン発の最新Web3.o仮想通貨。運営チームウォレットにSOLトークンを送金し、エアドロップを待つプレセール方式が評判を呼んでいる。
  3. 99Bitcoins(99BTC)-仮想通貨教育と報酬を組み合わせた革新的なプラットフォーム。トークンの総供給量は9億9000万枚。
  4. 5thScape(5SCAPE)メタバース投資/Web3.0投資の界隈で話題を読んでいる仮想通貨。AR/VRゲーム開発の市場拡大の影響を受け、プレセール売上は早くも260万ドルを達成。
  5. Sponge V2(SPONGEV2)– Sponge V2は、人気ミームコインSpongeのアップグレード版。革新的な「Stake-to-Bridge」メカニズムで、V1保有者はV2への移行とステーキングで収益を得られるWeb3.0仮想通貨
  6. Smog Token(SMOG)-2024年に登場した新しいソラナ系ミーム。エアドロップ枚数は総供給量の35%と、ソラナ最大規模を誇る
  7. eTuktuk(TUK)– EVトゥクトゥク(電動三輪自動車)で発展途上国の環境問題と交通問題を一挙に解決する、注目のWeb3.0仮想通貨。同プロジェクトのTUKトークンを大量購入する投資家が続出している銘柄
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– ビットコインマイニングに特化した次世代プラットフォーム。誰でも簡単にビットコインマイニングに参加できるのが特徴
  9. Dogecoin20(DOGE20)ドージコイン(DOGE)の成功を上回るのでは、と期待が集まるWeb3.0仮想通貨。現在、プレセールの資金調達が260万ドルまで達しており、市場の話題をさらっている。
  10. ビットコイン(BTC)– ビットコインは、世界初の分散型デジタル通貨で、中央管理者を介さずに送受信でき、発行量が2100万枚と制限されているなどの特徴がある
  11. イーサリアム(ETH)– イーサリアムは、スマートコントラクト機能を搭載した分散型プラットフォーム。DApps開発の基盤として広く利用されており、時価総額はビットコインに次ぐ第2位のWeb3.0仮想通貨銘柄
  12. リップル(XRP)– リップルは、国際送金を迅速かつ低コストで実現する仮想通貨。銀行や金融機関向けに設計されており、低コストでの取引を可能にするプロジェクト
  13. ソラナ(SOL)– ソラナは、高速処理を実現した次世代型ブロックチェーン。高いトランザクション処理能力を持ち、開発者に優れたツールを提供している
  14. ポルカドット(DOT)– 異なるチェーン間の相互運用性を高め、ブロックチェーン全体のスケーラビリティとセキュリティを向上させるためのWeb3.0仮想通貨銘柄

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄14選を一挙レビュー


それでは、Web3.0のおすすめ仮想通貨銘を個別レビュー形式で解説します。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄①:Dogeverse

Web3.0時代における仮想通貨市場は、日々進化し続けています。そんな中、注目を集めているのが、Dogecoinを基盤としたメタバースプロジェクト「Dogeverse(DOGEVERSE)」です。

Dogeverseは2024年4月8日にローンチされたばかりの新プロジェクトですが、ローンチ後わずか数分で25万ドル以上を集め、その後も価格上昇を続けています。

Dogeverseの最大の特徴は、マルチチェーン対応です。イーサリアム、アバランチ、ソラナ、BNBチェーンなどのレイヤー1チェーンと、ポリゴンやベースなどのレイヤー2チェーンに対応することで、あらゆるユーザー層にアプローチし、高い利便性を実現しています。

さらに、Dogeverseは独自のユーティリティも備えており、マルチブリッジ、DEX、NFTマーケットプレイスなどを提供することで、Dogecoinエコシステムを構築しています。

Dogeverseの爆発的な成長を支えている要因として、以下の点が挙げられます。

  • マルチチェーン対応による利便性の向上
  • 独自のユーティリティによるDogecoinエコシステムの構築
  • イーロン・マスク氏のDogecoinへの関与
  • 活発なコミュニティ

Dogeverseは、Web3.0時代の到来を象徴するミームコインです。Dogeverseの価格予想では、2025年の年末にはプレセール価格の100倍になる可能性もあるとのこと。

Dogeverseはまだ開発段階ですが、今すぐ購入したい方は、Dogeverseの買い方を参考にしてみてください。

プレセール開始日 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 0.0003ドル

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄②:Slothana

Slothana(SLOTH)がプレセール開始直後に50万ドルを超える資金調達を成功させ、話題になっています。

SLOTHの購入方法はシンプルで、公式ページのウォレットアドレス宛にソラナ(SOL)を送るだけ。完了すればプレセールへの参加となり、エアドロップを獲得できる予定です。このシンプルな設計ゆえに注目を集めており、現在の資金調達額は61万ドルを超えるということです。

SLOTHのアプローチは、先行者であるSLERFやBOMEに代表されるミームコインの成功例を踏襲していると言えます。資金調達金額の上限は設定されておらず、プレセールへの参加は先着順となっているので、誰でも平等なチャンスを得られるのです。

革新的なプレセール方式はSLOTHの価格予測においても、大きな期待を集めています。ミームコインのトレンドにうまく乗ることで、予想以上の利益を得られる可能性もあるのです。

SLOTHが押さえているのは、ミームコインのトレンドだけではありません。ローンチのタイミングは4月下旬に予定されているビットコインの半減期、さらに4月20日のドージデイとも重なっています。

世の中の流れをとらえた絶妙なタイミングのローンチとなり、世間の注目も集まりそうです。さらに今後の資金調達状況や、公開される情報によっては更なる注目を集める可能性もあります。大きな期待を集めるミームコインSLOTH、気になる方は以下の公式ページからチェックしてみてください。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄③:99Bitcoins

Web3.0時代を牽引する革新的なプラットフォーム、99Bitcoins(99BTC)が登場しました。99Bitcoinsは、ユーザーが仮想通貨について学びながら報酬を獲得できる「Learn-to-Earn」モデルを採用しており、従来の教育プラットフォームとは一線を画す存在です。

99Bitcoinsの特徴は、以下の3つが挙げられます。

  • 楽しみながら学べる「Learn-to-Earn」モデル:ゲーミフィケーションを取り入れた双方向型講座、クイズ、チュートリアルなどを提供することで、ユーザーが楽しみながら仮想通貨について学ぶことができます。そして、学習を進めることで報酬として99BTCトークンを獲得できる仕組みになっています。
  • 幅広いユーザーに対応する包括的なカリキュラム:初心者から上級者まであらゆるレベルのユーザーに対応できるよう、包括的なカリキュラムを用意しています。ウォレットの基本知識や初心者ガイドから、取引シグナル、戦略、トレンド、技術知識まで、幅広いトピックを学ぶことができます。
  • 強力なコミュニティと豊富な特典:70万人以上のYouTube登録者を持つ大規模なコミュニティを擁しており、ユーザー同士が交流し、学びを深めることができます。また、99BTCトークンを保有することで、プレミアムコンテンツへのアクセス、取引チャンネル、割引などの特典を受けることができます。

99Bitcoinsは、仮想通貨教育に新たな風を吹き込む存在です。Web3.0時代における知識の習得と報酬獲得の両立を目指している方は、ぜひ99Bitcoinsの買い方をチェックしてみてください。

プレセール開始日 2024年4月10日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄④:5thScape

5thScape(5SCAPE)は、独自のVRヘッドセットと没入感あふれるゲームの開発に力を入れている、Web3.0時代のおすすめ仮想通貨。現在、5SCAPEトークンのプレセールが開催中で、低単価でトークンを購入できます。

5thScapeはWeb3.0の核心をなすプロジェクトで、トークンである5SCAPEは、ゲーム内での決済手段やAR・VRコンテンツ市場での主要通貨として注目されています。Web3.0の概念と融合することで、仮想通貨とAR・VRによる技術革新を目指しています。

5thScapeの最大の特徴は、高解像度と精密なモーション追跡を可能にする「VRウルトラヘッドセット」の開発です。このヘッドセットは、ゲームだけでなく、教育や医療など幅広い分野での利用が見込まれています。開発者向けには、AR/VRコンテンツのマーケットプレイスも提供される予定です。

5SCAPEトークンのプレセールが、現在開催中です。ビットコインのような成功を収める可能性を秘めており、早期参加者は大きなリターンを期待できます。5thScapeの買い方にあるとおり、仮想通貨ウォレットの準備からETHやUSDTでの購入方法まで、簡単な手順で参加できます。

Web3.0やAR・VR市場に興味のある方は、5thScapeの価格予想を確認したうえで、今すぐプレセールに参加してみましょう。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑤:Sponge V2

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年に登場し、多くの仮想通貨投資家の注目を集めたSponge V1の第2弾となるWeb3.0仮想通貨。Sponge V1に多くの実用的機能を備えた新たな仮想通貨として復活しました。Sponge V1は、2023年5月にベアマーケット(弱気相場)の中でローンチされ、初期投資家に100倍のリターンをもたらし、最も注目されたWeb3.0仮想通貨の1つとなりました。

また、ステーキング機能では「 Stake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)」モデルを採用し、供給量を制限してトークンの価値を高め、コミュニティメンバーに報酬を提供しており、そのような観点からも信頼性におけるプロジェクトです。

加えて、Sponge V2は、X(Twitter)やテレグラム、Discord(ディスコード)などに活発なコミュニティを持っており、価格上昇につながる要素を持ち合わせています。Sponge V1の成功に続き、Sponge V2も大きな成果が期待されており、将来的なSponge V2の価格予想としては、100倍リータンの可能性もあるでしょう。

Sponge V2は2024年以降、仮想通貨のブルランに伴い、大きな価格上昇が期待できます。Sponge Vが少しでも気になる方は、ぜひ下記からチェックしてみてください。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑥: Smog Token

Smog Token(SMOG)は、2024年に登場した新しいソラナ系のweb3.0仮想通貨で、1円から購入できる手軽さと、高額エアドロップが話題を呼び、初心者から上級者まで注目を集めています。SMOGは、仮想通貨プレセールを行わないフェアローンチを採用。

段階的な価格上昇がないため、誰でも平等に購入チャンスがあり、乗り遅れた人でもリターンを得られる可能性があります。公式サイト以外でも購入可能なので、仮想通貨初心者の方でも気軽に始めることができるweb3.0仮想通貨といえるでしょう。

くわえてSMOGは、保有するだけでエアドロップポイントを獲得可能。さらに、SMOGをステーキングすれば、ポイント獲得に加え、イーサリアムなら高い年利リターンも期待できるため、その可能性からSMOGの価格予測においても期待が高まっています。

SMOGは、保有ポイントに応じて高額なエアドロップを受け取ることができます。その資金量は、総供給量の35%と、ソラナ系最大級の規模を誇ります。SMOGは仮想通貨1000倍銘柄へ成長するのではと大きな期待が寄せられている注目のweb3.0仮想通貨。

SMOGへの投資を検討している方は、SMOGの購入方法を参考にしつつ、ぜひ下記の公式サイトからチェックしてみてください。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑦:eTukTuk

eTukTuk(TUK)は、2023年11月に市場に登場した省エネ型のWeb3.0仮想通貨です。目的は、発展途上国でのEVトゥクトゥクの普及を通じて、地球環境に貢献すること。ブロックチェーン技術を駆使して、決済と取引の安全性を確保しており、注目のWeb3.0仮想通貨といえます。

eTukTukは、スイスのダボスで行われた環境フォーラムで紹介されたり、スリランカ最大の企業グループと提携したりと、プロジェクトへの期待が高まっています。また、EV自動車産業の年平均35%以上の成長という追い風を受けて、TUKは今後価格が高騰する可能性もあります。

eTukTukは、独自開発のアプリを通じて、EVの利用者にトークンを還元する仕組みを構築。カーボンフットプリントの削減に貢献するだけでなく、ブロックチェーン上でステーキング報酬を得られます。

eTukTukは、Web3.0の仮想通貨としてだけでなく、地球環境への貢献という社会的な価値も兼ね備えています。現在、eTukTukはプレセール段階にあり、投資家には大きなチャンス。Web3.0や環境保護に興味のある方は、eTukTukの買い方をご確認のうえ、下記の公式サイトからプレセールに参加してみましょう。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑧:Bitcoin Minetrix

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、「Proof-of-Stake(PoS)」と「クラウドマイニング」を組み合わせたWeb3.0仮想通貨プラットフォームです。Bitcoin Minetrixは、従来のビットコインマイニングとは異なり、高額なマイニング機器や専門知識がなくても、誰でも簡単にビットコインを獲得できることを目指している仮想通貨プロジェクト。

マイニングは、ブロックチェーンネットワークのセキュリティを維持し、新しいビットコインを発行するために行われるプロセスであり、Bitcoin Minetrixはこれらのプロセスを効率化し、収益を最大化するためのサービスを提供しています。

Bitcoin Minetrixの特徴の1つは、高度なマイニングプールの機能です。これにより、複数のマイナーがリソースを結集し、ブロックの解決を共同で行うことが可能になります。これにより、単独でマイニングを行う場合よりも収益性が向上し、リスクが分散されるため、非常に画期的な仮想通貨プロジェクトであるといえます。

Bitcoin Minetrixは、2024年の注目Web3.0仮想通貨としてオススメです。Bitcoin Minetrixの将来性に期待できる方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にしつつ、下記からチェックしてみてください。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑨:Dogecoin20

Dogecoin20(DOGE20)は、時価総額最大ミームコインとして知られるドージコイン(DOGE)をリスペクトしつつ、さらに進化させたWeb3.0仮想通貨です。愛らしい柴犬をモチーフに、より優れた機能を盛り込むコインとして注目を集めています。

仮想通貨やブロックチェーン技術がその基盤を成すWeb3.0の世界では、Dogecoin20のように革新的な機能を提供する仮想通貨が注目されます。Dogecoin20は、イーサリアムのスマートコントラクトを活用し、オンチェーンステーキングを可能にしています。トークンを保有しているだけで、すぐに報酬を獲得することが可能です。

Web3.0時代に向けて、Dogecoin20は複数の点で優位性を持っています。それは、愛らしいミームとしての認知度の高さ、ステーキングによる定期的な報酬、そして将来的にNFTやメタバースへの展開も視野に入れている点です。他のWeb3.0とは違う特徴を持っているため、今後も価値は大きく上昇するでしょう。

Dogecoin20は絶賛プレセール中です。Dogecoin20の価格予想にあるとおり、初期段階で参加しておけば、将来的に大きなリターンを期待できる可能性があるWeb3.0仮想通貨銘柄です。Dogecoin20は、2024年以降のWeb3.0仮想通貨としてオススメです。Dogecoin20の買い方を参考にしつつ、下記からチェックしてみてください。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑩:ビットコイン

ビットコイン(BTC)は、2008年10月にサトシ・ナカモトが提唱した最初のWeb3.0仮想通貨。ブロックチェーン技術を使用し、中央機関なしで取引を処理することが可能。

ビットコインは発行枚数が2100万枚と供給量に上限があり、インフレーションリスクを軽減させる設計になっています。際限なく発行される法定通貨とは性質が異なるため、安全資産として機能しており、金と比較されて「デジタルゴールド」とも呼ばれています。

現在ではビットコインをクレジットカードで購入することも可能。ビットコインカジノの普及が進むなど、オンラインギャンブルの分野でも広く活用されています。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑪:イーサリアム

仮想通貨イーサリアム(ETH)のロゴが宇宙の彼方に浮かび上がる

イーサリアム(Ehtereum)は、スマートコントラクトと呼ばれる自己実行可能なコードを実行するWeb3.0仮想通貨プラットフォーム。2015年に発表され、イーサリアムのブロックチェーン上で動作する同プラットフォームの仮想通貨ETHはとても有名です。

イーサリアムは、DApps(分散型アプリケーション)やDAO(分散型自治組織)を構築するための基盤として広く使用されており、時価総額もビットコインに次ぐ第2位。

イーサリアム仮想マシン(EVM)と呼ばれる仮想環境上で、スマートコントラクトを実行し、自動的に契約内容を実行できるため、中央機関に依存しない「Web3.0社会」の基盤となる信頼性の高い取引を実現できるのが特徴です。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑫:リップル

水面に浮かび上がるリップル(XRP)のロゴ

リップル(XRP)は、銀行間送金やグローバル決済ネットワーク向けのブロックチェーン技術を提供しているWeb3,0仮想通貨企業。リップルのネイティブトークンであるXRPは、リップルネットワーク上の価値交換を容易にするために設計されており、高速で安価な国際送金の実現を目指しています。

現在、金融機関との連携強化が行われており、将来的にはBDC(中央銀行デジタル通貨)と接続される可能性もあるWeb3.0仮想通貨です。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑬:ソラナ

solana

ソラナ(SOL)は、従来のブロックチェーン課題であるスケーラビリティ問題を解決を目指しているWeb3,0仮想通貨プロジェクト。独自開発の「Proof of History(PoH)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを用いて、高速な取引処理を実現。

将来的には、1秒間に数万回の取引処理も可能になるとされており、現在でもゲーム、DeFi、NFTゲームなどの分野で広く活用されているWeb3.0仮想通貨銘柄です。

Web3.0のおすすめ仮想通貨銘柄⑭:ポルカドット

Polkadotロゴ

ポルカドット(DOT)は、異なるブロックチェーン同士を接続することを目指したWeb3.0仮想通貨プロジェクト。

「シャードチェーン」と呼ばれる複数の独立したチェーンを、「リレーチェーン」と呼ばれる中核チェーンで繋ぎ、異なるチェーン間の相互運用を実現し、異なるブロックチェーン間での情報や価値の交換を可能にしています。

ブロックチェーンの壁を超えた協力や応用が進んでおり、Web 3.0の実現に一役買っている新しい仮想通貨と言えます。

Web3.0(ウェブ3.0)とは?


web3.0社会とブロックチェーンネットワーク

Web3.0は、ブロックチェーン技術に基づいて構築された次世代の「分散型インターネット」を指します。Web3.0は、個人のプライバシーを保護し、データの透明性とセキュリティを向上させることを目指しており、インターネットの次の段階とされる概念。

Web3.0の明確な定義はまだ確立されていませんが、その特徴や背景について解説します。

  1. Web1.0(1990年〜):情報の流れが一方通行で、ユーザーはWebサイトを閲覧するだけでした。メールなどのコミュニケーション手段が主流
  2. Web2.0(2000年〜2020年):双方向のコミュニケーションが可能になり、SNSや動画サイトが普及。しかし、中央集権型の課題があった
  3. Web3.0(2021年〜):非中央集権的な「分散型」を特徴としており、ブロックチェーン技術を活用。ユーザーがデータの所有権を持ち、プラットフォームに依存しない新しいインターネットの形。Web3.0社会で流通するお金は「仮想通貨」である事が基本

Web3.0は「スマートコントラクト」などの革新的な技術を通じて、仮想通貨などを活用した新しいデジタル経済を促進するとして、今大きな注目を集めている最新テクノロジーです。

Web3.0仮想通貨が持つ3つの特徴


ビットコインとアルトコイン仮想通貨

Web3.0仮想通貨の特徴について詳しく解説します。

  • 中央集権的な管理者を必要としない
  • インセンティブと報酬設計
  • DeFiやDApps等に利用できる

Web3.0仮想通貨の特徴①:中央集権的な管理者を必要としない

Web3.0おすすめ仮想通貨は、ブロックチェーン技術に基づいて構築されており、中央集権的な管理者を必要としないのが特徴。従来の金融システムとは対照的な特徴といえます。

従来の金融システムでは、銀行や政府などの「中央機関」が通貨の発行、管理、取引を担っていますが、Web3.0サービスで使用される仮想通貨は、分散的に管理されているため、国家や企業、プラットフォームに依存しない通貨として機能しています。

Web3.0仮想通貨の特徴②:インセンティブと報酬設計

Web3.0では、ユーザーがネットワークに参加することで報酬を得る仕組みがあります。例えば、仮想通貨を買うことで、プラットフォームの運営に貢献したり、コンテンツを提供したりするユーザーに報酬が支払われ「ガバナンストークン」としても機能しています。

Web3.0の仮想通貨トークン設計によって、ユーザーが主導的になり、プロジェクト参加を促進でき、インセンティブ設計として活用されます。インセンティブと報酬設計の具体例としては、以下のような仕組みがあります。

  • マイニング:マイニングと呼ばれる作業を行うことで、新しいWeb3.0仮想通貨を獲得することができる
  • ステーキング:保有している仮想通貨をステーキングすることで、報酬を得ることができる
  • 流動性提供:取引所に仮想通貨を預けることで、取引手数料の一部を報酬として受け取ることができる

上記の仕組みによって、ユーザーはWeb3.0の仮想通貨エコシステムに参加し、実際に貢献することが可能。インセンティブと報酬設計を上手く活用したWeb3.0独自の設計になっています。

Web3.0仮想通貨の特徴③:DeFiやDApps等に利用できる

Web3.0は、DApps(分散型アプリケーション)やDeFi(分散型金融)プロトコルの基盤となっており、ユーザーは中央集権的なサービスを利用せずに、自由に取引やサービスを利用することが可能です。

Web3.0サービスで使用される基軸通貨は、基本的に仮想通貨であることが多い為、DeFiやDApps等に利用できるといった特徴を備えています。先に紹介したWeb3.0サービスの説明は、以下です。

  • DeFi:中央機関を介さずに金融サービスを利用することができるWeb3.0サービス。具体的には、Web3.0仮想通貨の貸し借り、金利の支払い、取引などが行うことができ、UniSwapやPancakeSwapなどが有名
  • DApps:中央集権的なサーバーではなく、ブロックチェーン上に構築されたWeb3.0型のアプリケーションのこと。ゲーム、ソーシャルメディア、マーケットプレイスなどで展開される

Web3.0仮想通貨への投資をオススメする理由


積み上げられた複数種類のアルトコイン

Web3.0仮想通貨への投資をオススメする理由について詳しく解説していきます。

  • 投資的なリターンを得られる可能性がある
  • DeFiなどのWeb3.0サービスにアクセスできる
  • 資産のリスク分散になる

Web3.0仮想通貨投資がオススメな理由①:大きな投資リターンを得られる可能性も

Web3.0仮想通貨は、まだ発展途上の段階であり、今後急速に成長することが期待されています。現在の仮想通貨市場の段階は、インターネットが世界的に普及する前の「黎明期」に類似しており、これから更なる成長が見込まれる分野です。

また、大手機関投資家の参入にも注目です。 2024年1月、米国で現物ビットコインETFが初承認されました。これはビットコインが信頼性のある資産クラスとして認められたことを意味しており、ビットコインの今後にますます期待が集まっています。

実際に米投資家ロバート・キヨサキ氏も 「銀行の破綻や世界経済の崩壊により、経済的弱者は自分のお金をどう使えばいいのか分からず、お金を失うことになるだろう。 私は長年、 金、銀、ビットコインを買えと警告してきた」と自身のX(旧ツイッター)で述べています。

これらの理由から、Web3.0仮想通貨の市場は、今後数年間で爆上がりの仮想通貨が多数出現する可能性が指摘されています。結果、Web3.0仮想通貨で大きな投資リターンを得られることになるでしょう。

Web3.0仮想通貨投資がオススメな理由②:DeFiなどのWeb3.0サービスにアクセス可能

Web3.0仮想通貨は、DeFi(分散型金融)やDApps(分散型アプリケーション)、メタバース仮想通貨などのサービスに利用することができ、ブロックチェーンなどを活用したWeb3.0サービスにもアクセスすることが可能になります。

Web3.0仮想通貨を購入し、DeFiで資産運用することで高い利回りが期待でき、資産を効率的に増やすことも可能。また、早期からWeb3.0仮想通貨を使って、最新Web3.0サービスを利用しておくことで、エアドロップや仮想通貨ICOなどのチャンスを掴める可能性もあります。そういった点からも、今からWeb3.0仮想通貨銘柄に投資しておくのがオススメといえるでしょう。

Web3.0仮想通貨投資がオススメな理由③:リスク分散になる

Web3.0仮想通貨は、従来の金融商品とは異なる資産クラスであるため、投資ポートフォリオにおいては「分散効果」をもたらします。Web3.0仮想通貨は、株式や債券などの従来の金融商品と相関関係が低いため、ポートフォリオ全体のリスクを軽減することができ、資産のバランスを整えるという意味でも効果的。

Web3.0仮想通貨には、多様な種類が存在しますが、比較的、時価総額の高いビットコインやアルトコインであれば、株式と同様に安定しているため、初心者の方でも安心です。株式や債券、現金とあわせてWeb3.0仮想通貨銘柄にも投資しておくのもオススメです。

Web3.0仮想通貨の買い方


チャート画面と画面を見ている男性の手

Web3.0仮想通貨を安全に買う方法について、詳しく解説します。

  • 仮想通貨取引所で口座開設をする
  • 仮想通貨取引所に日本円を入金する
  • 仮想通貨を購入する

Web3.0仮想通貨の購入方法①:仮想通貨取引所で口座開設をする

仮想通貨を購入するには、まず取引所で口座を開設する必要があります。口座開設には身分証明書などの提出が必要であるため、必要情報を入力し、開設を進めましょう。

  1. 公式サイトから口座開設申し込み
  2. 本人確認書類の提出:免許証やパスポートなど
  3. 二段階認証の設定:セキュリティ強化
  4. 口座開設完了

Web3.0仮想通貨の購入方法②:仮想通貨取引所に日本円を入金する

口座開設後、取引所に日本円を入金する必要があります。入金方法は、各取引所によって違いますが一般的には「銀行振込、クレジットカード、コンビニ入金」などがあります。取引所の手順に従って、日本円入金まで進めていきましょう。

  1. 取引所のマイページから入金方法を選択
  2. 入金金額を入力
  3. 金融機関情報を入力
  4. 確認画面で内容を確認
  5. 入金手続き完了

手続き後は、入金されているかを、確認しましょう。

Web3.0仮想通貨の購入方法③:仮想通貨を購入する

日本円を入金したら、Web3.0仮想通貨を購入できます。仮想通貨取引所によって、購入方法や手数料が異なるため、事前に確認しておきましょう。

  1. 取引所の取引画面で、購入したいWeb3.0仮想通貨を選択
  2. 購入したい金額を入力
  3. 確認画面で内容を確認し、注文確定

仮想通貨の購入が完了したのち、取引所のウォレットに購入した仮想通貨が反映されているかを確認します。確認ができたら、購入が完了です。

Web3.0仮想通貨を選ぶ際の注意点


リスクマークがついた黒い箱とドル紙幣

Web3.0仮想通貨を選ぶ際の注意点を解説します。

  • 大手の仮想通貨取引所に上場しているか
  • SNSやコミュニティが活発に活動しているか

Web3.0仮想通貨を選ぶ際の注意点①:大手取引所に上場しているか

大手取引所で仮想通貨をローンチしているかどうかは、Web3.0仮想通貨を選ぶ際の重要な指標の一つです。たとえば最大手取引所バイナンスに上場する仮想通貨は流動性が高く、信頼性もあるため、詐欺プロジェクトの可能性は低くなります。

したがって、大手仮想通貨取引所に上場しているかどうかを判断指標にすると良いでしょう。しかし、取引所に上場している仮想通貨は全て安全という意味ではないため、その点には注意してください。

Web3.0仮想通貨を選ぶ際の注意点②:SNSやコミュニティが活発に活動しているか

SNSやコミュニティが活発に活動しているWeb3.0仮想通貨は、情報収集がしやすく、価格変動に関する最新情報を得ることができます。コミュニティが活発であることも、Web3.0仮想通貨が将来的に成長する可能性が高いことを示す指標の1つとなるでしょう。

しかし、なかには、SNS等のフォロワーやインプレッションを購入し、信頼性を偽装している仮想通貨プロジェクトもあります。表面上の数字を見るのではなく、本当に信憑性があるのかを注意深く観察し、投資するかを判断しましょう。

Web3.0仮想通貨に関するよくある質問


Q1:Web3.0仮想通貨を保有する際に注意すべきリスクは何ですか?

Web3.0仮想通貨を保有する際は「価格変動の激しさ、規制変更、ハッキングや不正アクセス」などのリスクがあります。仮想通貨の成功者になるためには、徹底したリスク管理が必要です。まだ市場が成熟していないため、リスクも高い分野であることに留意してください。

Q2:Web3.0仮想通貨は、将来的にどのような分野で活用されるのでしょうか?

DeFiやNFT市場などのWeb3.0サービスに利用されることが期待されています。今後、ブロックチェーン技術を活用した、中央集権的な管理者を必要としないWeb3.0サービスが誕生することも考えられます。Web3.0サービスでは、仮想通貨が一般的に使われる可能性が高いです。

Q3:Web3.0仮想通貨の保管には、どのような方法がありますか?

仮想通貨の保管には「Web3.0ウォレット」と呼ばれる保管専用のアプリケーションを使用することが一般的です。ウォレットは、取引所をかけ離された専用アプリケーションであるため、セキュリティ機能に特化しているのが特徴です。

まとめ:Web3.0仮想通貨に投資して、リターンを得よう


パソコンで株取引する人

本記事では、Web3.0の概要やおすすめのWeb3.0仮想通貨銘柄について詳しく解説しました。Web3.0は、分散型のデータ管理システムを実現する次世代のインターネットとして注目されています。

従来の金融システムとは異なる仕組み、DeFiやDAppsなどの新たなWeb3.0サービスなどの登場によって、仮想通貨は「資産アセットとしての地位」が高まっていくことが予想されます。仮想通貨の今後は非常に明るいと言えるでしょう。

なかでもWeb3.0仮想通貨は、長期的な投資対象として非常に魅力的な資産であり、本記事で紹介した銘柄を購入することで仮想通貨の億り人になる可能性もゼロではありません。Web3.0仮想通貨に興味がある方は、ぜひ本記事を参考にWeb3.0投資を始めてみてください。