仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)の今後【2024年、2025年、2030年価格予想】

Hiroshi.O
Hiroshi.O | 監修: Shunsuke.S
| 0 min read

暗号通貨に関連したデジタル多面体とやり取りしているスーツを着た男性

暗号資産(仮想通貨)ポリゴン(Polygon/MATIC)は、イーサリアムの取引速度やガス代などの問題点を解決するために2017年に誕生しました。

ポリゴンは、その技術的な実績と業界内での信頼により、多数の大手企業からの支持を集めています。環境に配慮したブロックチェーンとしても注目を集めており、イーサリアムからポリゴンに移植を行うプロジェクトも増えています。

本記事では、仮想通貨ポリゴンの将来価格や今後の将来性、買い方について解説します。2024年に入ってからイーサリアム(ETH)価格も上昇しており、仮想通貨市場が再びバブルになろうとしています。仮想通貨の爆上げに波乗りするためにも、仮想通貨ポリゴンに注目してみましょう。

仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)価格予想まとめ


暗号通貨の分析を示唆する波打つグラフが表示されたモニター

おすすめ仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)の価格予想をまとめます。ポリゴンの初期価格は、0.004418ドルでしたが、2021年12月には史上最高値2.92ドルを記録しています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)価格予想まとめ

  • 2024年|ビットコインの半減期、大手企業のポリゴンネットワーク利用、そして開発支援AIツール「Polygon Copilot」のリリースなどを背景に強気相場を期待。SEC(米国証券取引委員会)からの訴訟には要注意です。
  • 2025年|PolygonzkEVMのリリースによるトランザクション速度の改善やイーサリアムのガス代高騰時の代替手段として需要が高まると予想。企業の採用実績や技術革新などの影響で、最高値到達も期待されます。
  • 2030年|PolygonzkEVMのアップグレードによるブロックチェーンのスピードとセキュリティの向上、大企業の採用による長期的な信頼性の高まりにより、最高値を更新する可能性があります。

仮想通貨ポリゴンの予測最高値・最安値は以下のとおりです。(ドル換算)

最高値

最安値

平均価格

2024

1.97

0.95

1.46

2025

3.2

1.5

2.35

2030

6

3

4.5

ポリゴン価格予想:2024年

2024年におけるポリゴンの価格予想は、高値1.97ドル、安値0.95ドル、平均1.46ドルです。予想した背景を下記にまとめます。

  • ビットコインの半減期ビットコインの価格予想によると、半減期が2024年4月頃に予定されており、強気相場になる可能性がある。
  • 実用性の高さ:ガス代の支払いなど、ミームコインにはない実用性がある。
  • 大手企業での導入:スターバックス、ナイキ、Reddit、フェイスブックなどの大企業がポリゴンネットワークを使用している。
  • Polygon Copilotのリリース:ポリゴンの開発チームは、DApps開発を支援するAIツール「Polygon Copilot」がリリース予定である。

ポリゴンはSEC(米国証券取引委員会)の訴訟次第で、期待通りに成長しない可能性もあります。過去にSECの訴訟を受けたリップルも、強気相場の最高価格まで回復できていません。しかし、2024年はビットコインの影響や企業での導入実績により仮想通貨ブルランが期待できるでしょう。

ポリゴン価格予想:2025年

2025年末におけるポリゴンの価格予想は、高値3.2ドル、安値1.5ドル、平均2.35ドルです。予想の背景は以下のとおり。

  • 安価なトランザクション処理の実現:ポリゴンのPoSチェーンは理論上、他のチェーンよりも安価にトランザクションを処理できる。
  • PolygonzkEVMのリリース:ZKロールアップと呼ばれる技術を用いて、スケーラビリティとトランザクション速度の向上に取り組んでいる。
  • ガス代高騰時の代替手段:強気相場になるとイーサリアムのガス代が高騰するため、代替手段として注目される。

仮想通貨ポリゴンは、SEC訴訟の問題やアービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、Starknetといった新たな競合による下振れの可能性もあります。その一方で、企業の採用、技術革新、イーサリアムの進歩などの要因から2025年に最高値の到達も期待できます。

ポリゴン価格予想:2030年

2030年末におけるポリゴンの価格予想は、高値6ドル、安値3ドル、平均4.50ドルです。2030年の価格予想の背景を以下にまとめます。

  • PolygonzkEVMのアップグレード:ブロックチェーンのスピードとセキュリティ性が向上する。
  • 大企業の採用実績:大企業がWeb3へ参入する際に利用するチェーンとして、長期的な信頼性が高まる可能性がある。
  • 実用性:異なるタスクに対して対応できる実用性が向上する。

唯一の懸念点は、開発の遅延。ポリゴンは2019年のPoSチェーンのリリースからPolygonzkEVMを発表までに4年間を要しています。なお、大企業による採用実績を考えると、需要の高まりから最高値を更新し、仮想通貨億り人を生み出す可能性は十分あるでしょう。

仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)とは


幾何学的なデジタル背景の中に暗号通貨のシンボルが表示されている画面

2017年に登場したポリゴン(Polygon/MATIC)とは、イーサリアムネットワークを補強するレイヤー2スケーリングソリューションとして設計されたアルトコイン。イーサリアムが持つ取引速度の遅さや高額なガス代の問題に対処するために開発されました。

ポリゴンの特徴は以下の通り。

  • レイヤー2の採用:イーサリアムが持つ拡張性の問題を解決。
  • Proof of Stake (PoS)の採用:セキュリティと効率性を保ちながら、環境への負荷も軽減。
  • 取引効率:トランザクション処理速度が速く、取引コストも手数料が安価。

仮想通貨ポリゴン(MATIC)の情報は、以下をご覧ください。

通貨名

ポリゴン

通貨単位

MATIC

時価総額

1,311,494,267,033.30円

時価総額ランキング

12位

発行上限枚数

100億枚

現在の価格

¥141.29

取り扱いがある取引所

bitFlyerMEXCOKXなど

仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)の将来性と今後の見通し


暗号通貨のデータを表している可能性があるデジタルネットワークを観察する人物

仮想通貨ポリゴンの価格変動や将来性に影響する要素を3つご紹介します。

  • イーサリアムの進化と市場シェアの拡大
  • ポリゴンを使ったDAppsやプロジェクトの増加
  • NFTやウォレットにおけるポリゴンの採用

ポリゴンの今後の見通しをさらにクリアにするために、下記をご覧ください。

イーサリアムの進化と市場シェアの拡大

イーサリアムのアップデートと市場シェアの拡大は、ポリゴンの価値と将来性に影響を与えるでしょう。ポリゴンはイーサリアムのレイヤー2として位置づけられており、イーサリアムの需要に連動します。

イーサリアムは今後、トランザクションの処理速度が大幅に向上し、1秒間に10万件のトランザクションが処理できるようになると予想されています。一方で、イーサリアム自体の処理能力が大幅に向上すると、ポリゴンの「低コストかつ高速なトランザクション処理」という特徴が弱まる可能性があります。ポリゴンは新たな市場ポジションを確立する必要が出てくるでしょう。

ポリゴンを使ったDAppsやプロジェクトの増加

ポリゴン(MATIC)の将来性は、企業やプロジェクトとの提携が大きく関係します。提携先が増えるほど、業界内での認知が高まり、ポリゴン自体の価値が上昇するためです。

実際にポリゴンを使っているDAppsやプロジェクトの一例をご紹介します。

  • AdidasとPradaのコラボ:デジタルアートプロジェクト「adidas for Prada re-source」に使用
  • スターバックス:会員と従業員限定の「スターバックスオデッセイ」に使用
  • ベントレー:ポリゴンのブロックチェーンを使用したNFTドロップを発表
  • メイプルストーリー:世界的人気を誇るオンラインゲームに使用
  • The Sandbox:人気のメタバース・ゲームで、ポリゴンの技術を使用
  • Decentraland:人気のWeb3.0ゲームで、ポリゴンの技術を使用

ポリゴンを基盤としたDApps(分散型アプリケーション)は日々増加中。ポリゴン(MATIC)は、メタバース投資が盛り上がったり、大企業との連携や新規プロジェクトに採用されたりすれば、価格が高騰する可能性があります。

NFTやウォレットにおけるポリゴンの採用

ポリゴンは、NFTマーケットプレイスや仮想通貨ウォレットの基盤での採用が急速に拡大しています。イーサリアムの互換性を保ちつつ、トランザクションのコストと速度の問題を解決するためです。

例えば、Coincheck NFTは2022年10月からポリゴンチェーンの対応を開始しました。また、世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaもポリゴンに対応しています。

大手プラットフォームの採用は、ポリゴンがNFTゲームの領域において重要な役割を果たしている証拠。ポリゴンの採用が増えれば、ネットワーク通貨であるMATICの価値にも影響するでしょう。

ポリゴン(Polygon/MATIC)購入におすすめの仮想通貨取引所


仮想通貨ポリゴンが表示されているモニターの画像

仮想通貨ポリゴンはどこで買うのか分からない方も多いはず。そこで、ポリゴンを取り扱うおすすめの仮想通貨取引所3社をご紹介します。

  1. bitFlyer
  2. MEXC
  3. OKX

それぞれの取引所の特徴やメリットを解説します。

①:bitFlyer

bitFlyerは、2014年にサービスを開始した日本の仮想通貨取引所。約30社ある国内の取引所の中でもビットコイン成功者に人気で、ビットコインの取引量では国内No.1の実績を誇ります。7年以上ハッキング事故がない安全な取引環境も特徴の一つです。

bitFlyerを使うべき理由は以下の通り。

  • 1円から積立投資可能:bitFlyerの積立投資は1円からできます。初心者でもフレキシブルに利用できます。
  • 高い流動性:取引量が多く、スムーズな取引が可能です。
  • 多様なサービス:Tポイント交換やステーキングリワードサービスなどのサービスもあります。

bitFlyerは、ポリゴンを含む33種類の仮想通貨を取り扱っており、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨はもちろん、多様なアルトコインもサポートしています。

bitFlyerでの口座開設は非常に簡単で、手数料は無料。口座開設をお済みでない方は、ぜひ下記リンク先からご登録ください。

②:MEXC

MEXCは、2018年に設立されたシンガポール拠点の仮想通貨取引所。世界200カ国以上で600万人以上のユーザーを抱えるMEXCは、国内外のユーザーから高い評価を受けています。

MEXCを使うメリットは以下の通り。

  • 多種多様な取り扱い銘柄:約1,500種類以上の仮想通貨を取り扱っています。
  • 高度なセキュリティ対策:ログイン通知、メール認証、Google認証など、複数のセキュリティ対策があります。
  • 日本語でのサポート:日本人ユーザーも安心して利用できます。

MEXCは、ポリゴンを含む多様な仮想通貨を取り扱っており、仮想通貨の新規上場もスピーディー。仮想通貨ICOの取る扱いでも有名です。日本円で直接取引できない点はデメリットですが、クレジットカードで取引できるため大きな問題にはなりません。

口座開設はWebまたはアプリから約5分で完了します。口座開設をしたい方は、ぜひ下記リンク先からご登録ください。

③:OKX

OKXは、仮想通貨取引所として、世界で有数の取引量を誇ります。以前はOKExという名前でしたが、2022年にOKXにリブランディングしました。

OKXを使うメリットは以下の通りです。

  • 取引量の多さと流動性の高さ:豊富な取引量により、ユーザーに高い流動性を提供します。
  • 多様な取引ペアの提供:550種類以上の通貨ペアを提供し、多様な選択肢があります。
  • 強固なセキュリティ:二段階認証やFundPassword設定など、セキュリティ対策が充実しています。
  • レバレッジ取引可能:最大125倍のレバレッジを利用できます。

OKXは、レバレッジ取引や先物取引、パーペチュアルスワップ、オプション取引など、多様な取引スタイルを提供。トレーダーは自分の取引スタイルに合わせて最適な方法を選択できます。

イーロン・マスク氏も応援しているOKX。ポリゴンを効率的に取引したい方は、ぜひ下記リンク先から口座開設してみてください。


仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)の買い方・投資方法


暗号通貨の取引を示すビットコインのロゴと財務チャートが表示されたモニター

以下から、仮想通貨ポリゴンの買い方を解説します。基本的には、ビットコインの買い方と流れは同じです。仮想通貨の買い方や先述したおすすめの仮想通貨取引所も合わせて参考にしてご覧ください。

ポリゴン買い方①:仮想通貨取引所で口座開設

はじめに、ポリゴン(Polygon/MATIC)を取り扱う仮想通貨取引所で口座開設しましょう。ポリゴンを購入できる取引所は多数ありますが、おすすめは先ほど紹介した「bitFlyer」「MEXC」「OKX」の3社です。

一般的な口座開設は以下の手順を踏めば、問題なく開設できます。

  1. メールアドレスの登録
  2. 電話番号の登録および認証
  3. 基本情報の入力
  4. 本人確認書類の提出
  5. 仮想通貨取引所の審査待機

一般的に、本人確認書類にはパスポートや運転免許証が使用されます。準備しておきましょう。

ポリゴン買い方②:日本円の入金

口座開設が完了したら、日本円を入金しましょう。一般的な入金方法は、銀行振込、コンビニ入金、クレジットカード入金、Pay-easy入金などから選べます。取引所によって入金方法や手数料が異なるため、必ず各仮想通貨取引所の公式サイトを確認してください。

ポリゴン買い方③:仮想通貨MATICを取引

入金が完了したら、仮想通貨MATICを購入します。一例としてビットフライヤーの注文方法を以下にまとめます。

  • 成行注文:価格指定なしで、すぐに売買する方法
  • 指値注文:指定価格でのみ売買を実行する方法
  • ストップ注文:価格が一定の点を超えたら、すぐに売買する方法
  • ストップ・リミット注文:価格が一定の点を超えたら、指定価格でのみ売買を実行する方法。

注文方法は、各仮想通貨取引所によって異なります。詳細は公式サイトをご確認ください。

仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)に関するよくある質問


Q1:2024年、ポリゴンの価格はいくらになりますか?

当サイトCryptoNews Japanは、2024年のポリゴンの将来価格を高値1.97ドルから安値0.95ドルの間で推移すると予想しています。

Q2:2025年、ポリゴンの値段や相場は予想されますか?

当サイトCryptoNews Japanは、2025年のポリゴンの値段や相場は最高値で3.2ドル、最低値で1.5ドルになると予想しています。SECの訴訟問題や新しい競合の出現などの下落リスクもありますが、過去最高値を更新する可能性も期待できます。

Q3:2030年、ポリゴンの相場はどうなりますか?

当サイトCryptoNews Japanでは、2030年のポリゴンの価格相場に関して、高値6ドルから安値3ドルの間で推移すると予想。実用性が高まり、大企業の採用実績が増えると、最高値を更新する可能性は高いです。

Q4:ポリゴンの初期価格と最高価格はいくらですか?

2019年4月に仮想通貨ローンチしたポリゴンの初期価格は、0.004418ドルでした。その後、2021年12月に最高価格2.92ドルを記録しました。

Q5:仮想通貨ポリゴンがディズニーと協業しているのは本当ですか?

ポリゴン(MATIC)はウォルト・ディズニー・カンパニーとの協業を通じて、ディズニーの従業員を表彰するためのデジタルコレクタブルの開発を発表しています。しかし、事業の詳細はまだ公開されていません。

まとめ:2024年以降も仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)に期待


暗号通貨をテーマにしたアートワークの中でデジタル宝石に触れているタキシードを着た男性

仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)の価格予想は、2024年には最高1.97ドル、2025年には最高3.2ドル、2030年には最高6ドルに達すると予想しました。これは、ポリゴンの信頼と実績から、今後も多くの大手企業から需要が高まると考えられるためです。その他にもビットコインの半減期やPolygon Copilotのリリースなど、様々なトレンド要素に応じて、価格は大きく変動するでしょう。

SEC(米国証券取引委員会)の訴訟などのリスクも指摘されていますが、イーサリアムの市場シェア拡大やポリゴンを使ったDAppsの増加、NFTやデジタルウォレットへの採用拡大など、ポリゴンの将来性には期待できます。仮想通貨の今後についても目を離せません。当サイトCryptoNews Japanで紹介している仮想通貨プレセール情報も、合わせてチェックしてください。