BTC 1.18%
$67,949.10
ETH 0.24%
$3,521.32
SOL 4.62%
$181.69
BNB 1.14%
$602.17
XRP -0.29%
$0.59
DOGE 7.05%
$0.14
SHIB 0.60%
$0.000018
PEPE 1.23%
$0.000012
WienerAI(WAI)
限定セール中

メタバース銘柄の仮想通貨10選とおすすめ取引所を解説

| 14 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
VRをつけてメタバース世界にアクセスしている男性

インターネットの未来を形作る技術として注目を集めるメタバース。そのメタバース空間で利用される暗号資産(仮想通貨)は、今後爆発的な成長が見込まれています。しかし、数多くのメタバース通貨が存在する中、どの通貨に投資すれば良いのか迷う方も多いでしょう。

そこで本記事では、メタバースの将来性、そしてメタバース銘柄の暗号資産(仮想通貨)10選とおすすめ取引所について解説します。本記事で紹介する仮想通貨は、メタバース投資が盛り上がりつつある2024年現在、市場の注目を集めており、将来的に大きなリターンをもたらす可能性が高いです。

メタバース関連コインの仮想通貨への投資に興味がある人はぜひ最後までご覧ください。

メタバース仮想通貨の銘柄一覧【2024年】

  1. Sandbox(SAND)-ボクセルアート状のメタバースプラットフォーム。メタバース内の土地を購入したり、自分だけのメタバース空間を作り上げることができ、アイテムは全て「NFT」になっている
  2. Decentraland(MANA)-90,000区画のLAND(ランド)と呼ばれる仮想空間上の土地を購入し、そこに自分だけの空間を作り上げることができるメタバース。クリエイター機能が充実しており、簡単にコンテンツ作成が可能
  3. Axie Infinity(AXS)-Axieと呼ばれるNFTキャラクターを育成・繁殖・対戦させて、トークンを獲得することができるメタバースゲーム
  4. Everdome(DOME)-火星をテーマにしたメタバースプラットフォームで「最も現実的なメタバース」として注目を集めている。ドーム型都市施設が舞台となり、2024年2月現在、Everdome の アルファスペース体験が始まっている
  5. Otherside(APE)-Yuga Labsが開発中のメタバースプロジェクトで、多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)とWeb3.0を融合させた革新的なメタバース
  6. Enjin Coin(ENJ)-ゲーム開発者がブロックチェーン技術を活用してデジタルアセットを発行し、取引するためのプラットフォーム。ENJトークンは、ゲーム内のアイテムの所有権を示し、取引のための価値転送手段として使用される
  7. Illuvium(ILV)-ブロックチェーン上で動作する戦略的なバトルと探検を組み合わせたゲームです。ILVトークンは、プレイヤーがゲーム内でアセットを所有し、取引するための通貨として機能する
  8. Bloktopia(BLOK)-Bloktopiaは、プレイヤーが仮想世界で土地を所有し、建物を構築し、他のプレイヤーとの交流を楽しむことができる分散型メタバース。BLOKトークンは、土地の取引や仮想アセットの取引に使用される
  9. XANA(XETA)-AI、メタバース、Web3.0を統合した次世代のバーチャルインフラとして、世界中の主要な機関、IP、ブランドに使用されている国内最大規模のメタバースプラットフォーム

メタバースとは?仮想通貨時代の新しいSNS


VRをつけてメタバース世界にアクセスしてる女性

メタバースとは、インターネット上に構築された3次元仮想空間と、その空間上で提供される様々なサービスの総称。この概念は、ブロックチェーン技術が台頭し始めた2020年台に入り、普及し始めています。メタバースでは、ユーザーはアバターを通じて、他のユーザーや環境と交流します。

ソーシャルメディアやオンラインゲームの進化版とも言えますが、Web3.0要素が加わったのがメタバースであると定義できるでしょう。例えば、仮想空間内での土地やデジタルアセットの所有権がブロックチェーン上で確認可能であり、NFTや仮想通貨で取引されることもあります。

日本アイドルトークンのように仮想通貨を活用しつつ、メタバース空間内で「ビジネス、教育、エンターテイメント」などのさまざまな分野で新たなビジネスが展開されています。

メタバース銘柄の仮想通貨に期待できる理由


メタバース世界にログインした後に見える世界

近年、メタバース技術の発展と普及により、仮想通貨メタバース、メタバース関連トークンのローンチなどの注目が高まっています。ここでは、メタバース銘柄の仮想通貨に期待できる3つの理由と詳細について解説します。

  • メタバース市場規模の拡大
  • Z世代の「コミュニティの場」になっている
  • ARやVR技術と相性がいい

メタバース仮想通貨に期待できる理由①:メタバース市場規模が拡大していく

現在のメタバース市場は急速に成長しており、その規模は著しく拡大しています。実際に2024年2月、ディズニーがフォートナイト運営のEpicに2200億円の投資を行い、ディズニーやピクサー、マーベルといった世界的IPをフォートナイト上で展開していくと予想されます。

またビットコインの今後についても、2024年以降大きく上昇すると予測されています。仮想通貨のバブル突入、そしてメタバース市場が拡大することで、メタバース関連の仮想通貨の需要が増加し、価格上昇にもつながるでしょう。

メタバース仮想通貨に期待できる理由②:Z世代の「コミュニティの場」になっている

メタバースは、Z世代(主にデジタルネイティブと呼ばれる世代)にとって重要なコミュニティの場として機能しています。

例えば、フォートナイトやロブロックスなどのゲームがその一例です。フォートナイトやロブロックスなどのゲームは、メタバース空間の先駆けとして、Z世代から支持を得ています。

これらのプラットフォームでは、自分のアバターやデジタルアイテムをカスタマイズしたり、ユーザーと交流することができ、すでにメタバースの機能を果たしていると言えるでしょう。

すでにフォートナイトのメタバースクリエイターはメタバース収益で仮想通貨の億り人になっている事例もあります。デジタルネイティブと呼ばれるZ世代が「社会の中心」になることを考慮すれば、メタバース市場の拡大はほぼ確実言えるでしょう。メタバース関連銘柄に投資することで、1000倍仮想通貨を掴む可能性もあります。

メタバース仮想通貨に期待できる理由③:ARやVR技術と相性がいい

メタバースは、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術と密接に関連しています。ARやVR技術は、メタバースの没入感や体験を向上させるために活用され、仮想通貨は、これらの技術と相性が良く、仮想空間内での取引や交流のハードルを下げることが期待されています。

また、ARやVR技術の普及により、メタバース関連の仮想通貨の需要や、メタバース市場が拡大する可能性があります。

メタバース仮想通貨銘柄のおすすめ一覧TOP10


黒いVRグラスをつけている女性と虹色のメタバース世界

メタバース関連の仮想通貨には、数多くの種類が存在します。その中から、特に注目度の高いプロジェクト4選を解説します。

  • Sandbox(SAND)
  • Decentraland(MANA)
  • Axie Infinity(AXS)
  • Everdome(DOME)

メタバース銘柄のおすすめ仮想通貨①:Sandbox(SAND)

The Sandboxは、Animoca Brandsが開発する、ボクセルアート状のメタバースプラットフォーム。

プレイヤーは、メタバース内の土地を購入して、そこにアバターや建物などを配置し、自分だけのメタバース空間を作り上げることができます。ゲーム内で流通しているアイテムは全て「NFT」になっており、アイテム売買で稼ぐことができます。

SANDは、The Sandbox内で利用されるトークンで、土地やアイテムの購入・ゲームの運営への投票などに利用可能。

The Sandboxは、すでに多くの世界的企業やアーティストとパートナーシップを締結しており、今後ますます注目度が高まっていくことが予想されるメタバースプロジェクト。

業界の最先端を走っているメタバースであるため、SANDトークンは、The Sandboxの成長とともに価値が上がっていく可能性が高いと言えるでしょう。

トークン名 SAND
公式HP https://www.sandbox.game/ja/
国内取引所の取り扱い あり

メタバース銘柄のおすすめ仮想通貨②:Decentraland(MANA)

Decentraland(MANA)は、Ethereumブロックチェーン上に構築されたメタバースプラットフォームです。プレイヤーは、約90,000区画のLAND(ランド)と呼ばれる仮想空間上の土地を購入し、そこに建物やアバターなどを配置して、自分だけの空間を作り上げることが可能。

本来であれば、3Dモデリングやゲームプログラミングの知識が必要ですが、Decentralandではクリエイター機能が充実しており、初心者でも比較的簡単にメタバース内のコンテンツ作成することができるのが特徴です。

Decentralandもすでに大企業や有名アーティストと連携を進めており、今後メタバース市場の拡大と共、さらにその数が増えていくことが予想されます。メタバース業界ではトップの知名度を誇っており、その先行者優位に乗じて「MANAトークン」の価格も上がっていくでしょう。

トークン名 MANA
公式HP https://decentraland.org/
国内取引所の取り扱い あり

メタバース銘柄のおすすめ仮想通貨③:Axie Infinity(AXS)

Axie Infinity(AXS)は、ベトナムのSky Mavisが開発する、ブロックチェーン技術を活用したメタバースゲーム。プレイヤーは、Axieと呼ばれるNFTキャラクターを育成・繁殖・対戦させて、SLPトークンを獲得することができ、Axieは、2匹のAxieを交配することで繁殖させることができます。

Axieは、3匹のAxieでチームを組んで対戦することができ、対戦に勝つことで、SLPトークンを獲得することができます。稼げるメタバースゲーム、NFTゲームとして、大きな話題呼び、この業界の火付け役になったメタバースゲームでもあり、業界を作った立役者として、今後も大きな進展が期待されるメタバースプロジェクトです。

トークン名 AXS
公式HP https://axieinfinity.com/
国内取引所の取り扱い あり

メタバース銘柄のおすすめ仮想通貨④:Everdome(DOME)

Everdome(DOME)は火星をテーマにしたメタバースプラットフォームで「最も現実的なメタバース」として注目を集めています。

メタバース内では、火星をモチーフにしたドーム型都市施設が舞台となり、2024年2月現在、Everdome の アルファスペース体験が始まっています。将来的にメタバース内では「スポーツ・エンターテイメント・金融・教育」などといった分野での活用を想定されており、多くの企業が参入予定です。

Everdomeは、まだ開発初期段階ですが、火星というユニークなテーマと、高品質なグラフィックで注目を集めている期待値が高いメタバース。Everdomeは、超リアルなメタバースでの体験を楽しみたい方にとっておすすめのメタバースです。

トークン名 DOME
公式HP https://everdome.io/
国内取引所の取り扱い なし

メタバース仮想通貨銘柄の購入におすすめの取引所3選


ビットコインとアルトコンとチャート価格

メタバース仮想通貨を購入するには、まずはイーサリアム(ETH)が必要です。もしくは、送金手数料が安いリップル(XRP)でも問題ないでしょう。以下より、メタバース仮想通貨の購入におすすめの取引所3選を解説します。

  • bitFlyer
  • MEXC
  • OKX

メタバース仮想通貨に購入のおすすめ取引所①:bitFlyer

日本国内で最も利用されている仮想通貨取引所の1つ。2014年に創業され、徹底されたセキュリティ対策や、信頼性の高い取引所として有名。もっとも安全な通貨であるビットコインの取引量が日本一という実績もあります。

販売所の売買手数料やビットコイン FX の取引手数料が無料、業界最長 7 年以上ハッキング0という実績があり、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめです。

そして、bitFlyerは仮想通貨の買い方として定番の積立投資昨日「かんたん積立」も提供しています。最小1円単位で積立金額の設定ができたり、積立頻度も「毎日1回、毎週1回、毎月2回、毎月1回」から自由に選択できるのが特徴。

一部の有名ミームコインやメタバース仮想通貨銘柄も数多く扱っているため、迷った方は、bitFlyerを選んでおくと間違いないでしょう。無料で口座開設ができるため、口座だけでも作っておくのがオススメです。気になる方は、ぜひ以下からチェックしてみてください。

bitFlyerを見てみる

メタバース仮想通貨に購入のおすすめ取引所②:MEXC

MEXCは、2018年に設立された、海外の仮想通貨取引所です。豊富な取引通貨と高いレバレッジ取引を提供しており、上級者におすすめです。ポリゴン(MATIC)などの2,000種類以上の仮想通貨を取り扱っており、マイナーなメタバースコインも取引できます。世界最高水準のセキュリティ機能を持っており、また業界最低水準の手数料率となっています。

MEXCで新規上場する仮想通貨も多いため、上場後すぐの購入したい方は、大手海外取引所であるMEXCを使ってみるのもオススメ。アルトコインや新規上場コインにも積極的に投資したい方は、ぜひ以下の公式リンクからチェックしてみてください。

MEXCを見てみる

メタバース仮想通貨に購入のおすすめ取引所③:OKX

OKXは、中国に拠点を置く仮想通貨取引所。以前は OKEx の名称で取引されていましたが、2022年に名称を現在の OKX に変更しました。180か国以上の対象地域で、2000万人を超えるユーザーと取引を行っている世界最大規模の取引所となっています。

OKXは、スポット取引、レバレッジ取引、仮想通貨プレセールなど、さまざまな取引サービスを提供しているため、初心者から上級者まで、幅広いニーズに対応しています。また、エイダコイン(ADA)のような数多くアルトコインが上場している点もメリットです。

iOSやAndroid向けのモバイルアプリケーションが用意されており、どこでも気軽に取引することが可能。高度なセキュリティ対策や、二段階認証、コールドウォレット保管など、ユーザー資産を守るための機能も充実しているため、安心して利用できます。

OKXが気になる方は、以下の公式リンクから無料口座開設をしてみてください。

OKXを見てみる

メタバース仮想通貨で稼ぐおすすめの方法


仮想通貨で億り人になった男性

メタバース仮想通貨は、ゲームや投資など様々な方法で仮想通貨による利益を出すことができます。ここでは、メタバース仮想通貨で稼ぐおすすめの方法として、以下の2つを解説します。

  • メタバースをプレイして仮想通貨を稼ぐ
  • メタバース仮想通貨の取引で稼ぐ

メタバース仮想通貨で稼ぐ方法①:メタバースをプレイして仮想通貨を稼ぐ

メタバース上でプレイできるゲームの中には、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)と呼ばれる、ゲームをプレイすることで仮想通貨を獲得できるものがあります。P2Eゲームは、楽しみながら稼げる可能性があるため、メタバースで稼ぐ仮想通貨として注目されています。

P2Eゲームの特徴

  • ゲームをプレイすることで、仮想通貨を獲得できる
  • アイテムやキャラクターをNFTとして所有・売買できる
  • ゲーム内で経済活動が行われる

P2Eゲームで稼ぐ方法

  • ゲーム内でアイテムやキャラクターを獲得し、売却する
  • ゲーム内で土地を購入し、レンタルする
  • ゲーム内でギルドを結成し、他のプレイヤーから報酬を得る

メタバース仮想通貨で稼ぐ方法②:メタバース仮想通貨の取引で稼ぐ

メタバース仮想通貨は将来性が高く、今後の爆上げも見込まれるため、取引で利益を得られる可能性があります。短期トレードと長期投資、それぞれで稼ぐことができるでしょう。基本的に短期トレードはオススメしませんが、大きく稼げる可能性もあります。

メタバース仮想通貨のICOで稼ぐことも可能。長期投資は、将来性のあるメタバース仮想通貨に投資して、長期的な値上がり益を狙う方法です。

短期トレード

  • 短期間の値動きを利用して、利益を得る
  • テクニカル分析やチャート分析などを駆使して、売買タイミングを判断する
  • 利益率が高い一方で、リスクも高い
  • 短期で稼ぐ場合は、仮想通貨カジノを活用することも有効

長期投資

  • 将来性のあるメタバース仮想通貨を長期的に保有する
  • 短期的な値動きに惑わされず、長期的な視点で投資する
  • リスクは比較的低い一方で、利益が出るまでは時間がかかる

メタバース仮想通貨のおすすめの選び方


最先端テクノロジーを使いこなすVRをつけた男性

メタバース仮想通貨のおすすめの選び方について解説します。

  • メタバース仮想通貨の時価総額
  • 有名企業とのコラボ
  • アクティブユーザー数

メタバース仮想通貨のおすすめの選び方①:メタバース仮想通貨の時価総額

メタバース仮想通貨を選ぶ際には、「プロジェクト時価総額」を外すことはできません。時価総額は、その仮想通貨の市場での総取引額を示す指標であり、プロジェクト規模や市場での影響力を示す指標です。

時価総額が大きいプロジェクトは市場での信頼性が高く、安定性があると見なされます。ただし、時価総額が大きいからといって必ずしも将来的な成長が保証されるわけではないため、見極めが必要です。

メタバース仮想通貨のおすすめの選び方②:有名企業とのコラボ

有名企業とのコラボレーションは、メタバース仮想通貨の選択において重要な要素の1つです。有名企業とのコラボレーションにより、プロジェクトは企業の知名度を活用し、メタバース市場での認知度を高めることができます。

例えば、The Sandboxは、ソフトバンクグループから20億円の投資を受けており、またスクウェア・エニックスは同プラットフォーム上でLANDを購入しています。

これらの連携は、そのメタバースプロジェクトの信頼性を示す好材料になり、実際に情報が解禁された際は、価格が上昇しました。コラボ内容や企業規模などを考慮して、おすすめの仮想通貨を選びましょう。

メタバース仮想通貨のおすすめの選び方②:アクティブユーザー数

メタバースの成功は、アクティブユーザー数にも依存します。コミュニティが活発で、SNSなどで継続的に発信されているプロジェクトは、成長の可能性が高いと言えます。ユーザー数に関しては、メタバースプラットフォームの公式発表や、DAppsの利用状況などを参考に確認しましょう。エルフトークンなどは特におすすめです。

ただし、アクティブユーザー数が多いだけで必ずしも良いというわけではなく、ユーザーの属性やエンゲージメントなども考慮する必要があるので、その点には注意が必要です。

メタバース銘柄の仮想通貨に関するよくある質問


Q1: メタバース仮想通貨で稼いだ利益は、どのような税金がかかりますか?

メタバース仮想通貨で稼いだ利益は、所得税と住民税の課税対象となます。メタバース仮想通貨で得た利益は、雑所得に区分されます。雑所得とは、給与所得や事業所得以外の所得のことで、税率は、所得金額に応じて5%~45%。住民税は、市町村が課税する税金となります。詳しくはビットコインなどの仮想通貨で稼いだ場合の税金に関する記事をご覧ください。

Q2:メタバースで稼いだ仮想通貨は、確定申告が必要ですか?

メタバースゲームで稼いだ仮想通貨も、20万円以上の利益があれば、確定申告が必要です。

ゲームで稼いだ仮想通貨は、雑所得に分類されるため、他の雑所得と合算して、20万円を超えるかどうかを判断する必要があります。ビットコインの合計購入金額を把握しておきたい方は、クレジットカードでビットコインを購入するのがオススメです。

Q3:メタバース仮想通貨の盗難や不正アクセスを防ぐにはどうすればよいですか?

盗難や不正アクセスを防ぐためには、二段階認証の設定やハードウェアウォレットの利用がおすすめです。パスワードに加えて、SMS認証や二段階認証を設定することで、セキュリティを強化できます。これは仮想通貨投資だけでなく、DeFi(分散型金融)の運用等でも同様です。

また、Ledgerなどのハードウェアウォレットを利用することで、オフライン環境で仮想通貨を安全に保管できます。

まとめ:メタバース仮想通貨の波に乗って稼ごう


メタバース関連の仮想通貨とビットコイン

本記事では、メタバース市場の拡大と将来性、そしてメタバース銘柄の仮想通貨10選とおすすめ取引所について解説しました。メタバース市場の成長に伴い、これらの仮想通貨は注目を集めており、個人投資家にとって魅力的な選択肢となっています。Web3.0やブロックチェーンの浸透に伴い、仮想通貨の将来性は明るくなるでしょう。

仮想通貨の次に流行るものとして注目のメタバース市場は今後規模が拡大していき、デジタルネイティブであるZ世代の参入も控えています。今からメタバース仮想通貨に投資し、早期に参入することで、ビットコイン成功者のような資産を作れる可能性もあります。メタバースの成長に伴い、将来的に大きなリターンを得られる可能性が高いです。

しかし、メタバース仮想通貨への投資は大きな可能性を秘めている一方で、リスクも存在します。DEXToolsなどで情報収集したり、リスクをしっかりと理解した上で投資したり注意するようにしましょう。