爆上げ仮想通貨ランキング9選|2024年の1000倍コイン銘柄

Ichi Kawanaka
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

爆上げの仮想通貨予想ランキング

2024年、暗号資産(仮想通貨)が投資対象として注目を集めています。米国のビットコイン上場投資信託(ETF)初承認やビットコイン半減期も相まり、仮想通貨の爆上がりが進んでいます。

当サイトCryptoNews Japanでは、2024年注目の爆上げ暗号資産(仮想通貨)ランキングと、爆上がりする仮想通貨に乗り遅れないための対策3つを紹介します。1000倍仮想通貨の予想に名を連ねるコインはいずれも注目度が高く、有望な投資先と見なされています。

アルトコイン爆上げブームに波乗りしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 以上
  • SOL送金でエアドロップ!新しいプレセール方式
  • 開始数分で売上50万ドル、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングで報酬を獲得可能
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
AI
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップ
  • 期間限定!10%割引で購入可能
プロジェクトローンチ
2024年2月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • プレセール資金調達額1200万ドルを達成
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
プロジェクトローンチ
2023年9月
メタ
ビットコインマイニング
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 数量限定プレセール、売上1000万ドル突破
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値で販売
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ステーキング、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード

仮想通貨爆上げランキングTOP9【2024年】

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– ドージミームを基にしたマルチチェーンネットワークの仮想通貨。ドージミームのトレンドの後押しを受けて爆上げの可能性あり。
  2. Slothana(SLOTH)– ソラナチェーン発の最新ミーム通貨として、仮想通貨1000倍銘柄の仲間入りを狙う。アイコンのナマケモノが話題を呼び、プレセール開始数分で50万ドル超の資金調達に成功。
  3. 99Bitcoins(99BTC)– 日常生活の中で仮想通貨を獲得できる「Learn to Earn」の爆上げ仮想通貨。ビットコインの名前を冠して上昇機運が高まっている。
  4. 5thScape(5SCAPE)– AR/VR系コンテンツ提供に焦点を当てたプラットホーム。今後メタバース投資の加熱とともに爆上げする仮想通貨の上位候補として注目され、プレセール売上で150万ドル突破
  5. Dogecoin20(DOGE20)– ドージコイン超えを目指す犬系ミームコインとして、プレセール売上1000万ドルを超える。2024年の仮想通貨爆上げブームに乗ることが期待される。
  6. Sponge V2(SPONGEV2)– 2023年5月に登場したミームコインSponge V1の第2弾。強固なSNSコミュニティを基盤とし、仮想通貨爆上がりに期待が集まる注目コイン。V1は過去に1000倍になった銘柄。
  7. Smog Token(SMOG)– 「どんなミームコインも、Smogの燃え盛る炎から生き残ることはできないだろう」と訴求するアルトコイン爆上げプロジェクト。2024年の仮想通貨将来性ランキングのトップ候補。
  8. eTuktuk(TUK)– 環境にやさしい交通インフラの構築を目指した仮想通貨プロジェクト。今後の環境意識の高まりとともに、ネイティブトークンTUKは爆上げする仮想通貨として注目。
  9. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– 「ステーク・トゥ・マイン(STM)」システムを採用しているクラウド・マイニングの爆上がり仮想通貨。これから伸びると話題。

2024年に仮想通貨が爆上がりする可能性は?


仮想通貨のコイン

2024年、仮想通貨の今後に注目が集まり市場全体で爆上げする可能性は、非常に高いと言えます。理由は、下記の2つです。

仮想通貨が爆上がりする理由①:ビットコイン半減期

ビットコインの半減期は、ビットコインのマイニング報酬が半分になるイベント。半減期とは、通貨の新規発行量を抑え、価格の安定を保つために設計されたシステムです。

ビットコイン半減期と値動きの因果関係は証明されていませんが、過去3回の半減期(2012年、2016年、2020年)ではいずれも価格の高騰を経験したことから、投資家心理にポジティブな影響を与える重要イベントと見なされています。

前回の半減期(2020年)から翌2021年にかけて高騰し、ビットコイン長者が続出しています。ビットコインの次に来る投資も話題となっており、その波及効果は計り知れません。

次回の半減期は2024年4月に予定されており、ビットコインの今後に影響を与えるとともに、暗号資産の爆上がりが観測される可能性が高いです。

仮想通貨が爆上がりする理由②:現物ビットコインETFの初承認

2024年1月、米国証券取引委員会(SEC)による現物ビットコインETFが初承認され、ビットコインが爆上がりを見せています。同ETFは、米国の主要な証券市場所に上場するビットコインETFを購入し、間接的にビットコインを保有できる優れもの。

現在、伝統的金融の投資家が流入し、ビットコインは100倍になるとの予測もあります。これに伴い、2024年の仮想通貨爆上がり予想は現実のものとなりつつあります。なお、同ETFの承認に向けた期待から、ビットコイン価格は2023年に160%以上の高騰を記録しています。

以上の要素を考慮すると、2024年、仮想通貨爆上げが市場全体で見られる可能性が十分あります。ビットコインだけでなく、アルトコインやプレセール銘柄も、これから伸びる仮想通貨と言えるでしょう。

仮想通貨爆上げ候補①:Dogeverse


2024年4月に世界初の完全マルチチェーン対応ドージミームとして登場したDogeverse(DOGEVERSE)は、イーサリアム、ポリゴン、バイナンスチェーンを通じてプレセールに参加可能できるミームコインです。そのコンセプトとコミュニティの強い支持により、価格の爆上げが期待されています。Dogeverseのプレセールは、すぐに大きな関心を集め、開始数分で約3300万円以上の資金を調達しました。

Dogeverseの最大の特徴は、6つのブロックチェーンに対応している点。イーサリアムやポリゴン、バイナンスチェーンは対応済みで、ソラナ、アバランチ、ベースチェーンにも展開予定です。イーロン・マスク氏によるDogecoin推しも全体の活力を高め、仮想通貨の爆上げに寄与するでしょう。詳しい将来性はDogeverseの価格予想で確かめてください。

Dogeverseのトークノミクスは、2000億枚の総発行枚数のうち15%をプレセール、10%をステーキング報酬に割り当てる設計。早期のプレセール参加者にはステーキングへの参加資格が与えられ、トークンを保有しながら不労所得を得ることができます。

Dogeverseは、複数のブロックチェーンをつなぐ架け橋としての需要が高まることから、さらなる爆上げが期待されています。プレセールトークンは「数量限定」であるため、早めの参加がおすすめです。Dogeverseの購入方法を参考に、ぜひ下記からプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 0.0003ドル

仮想通貨爆上げ候補②:Slothana


仮想通貨市場に、新たなミームコイン旋風を巻き起こすプロジェクト「Slothana(SLOTH)」が登場しました。従来のミームコインとは一線を画す革新的なプレセール方式と、ソラナベースの技術を駆使した高速・低コストな取引を実現。コミュニティ主導のマーケティング戦略によって、瞬く間に注目を集めています。

Slothanaは、ソラナプラットフォーム上で発行された最新のミームコインです。Slothanaは、ソラナベースのミームコインブームという追い風を受けています。さらに、ビットコインの半減期とDoge Dayが重なる4月は、仮想通貨市場全体が活発化する時期です。これらのトレンドを味方につけ、Slothanaは爆上げへの道を歩み始めました。

また、Slothanaのマーケティング戦略はコミュニティの力に大きく依存しています。X(旧Twitter)でわずか2回の投稿でトレンド入りを果たすなど、その成果は明らかです。さらに、仮想通貨SMOGのチームが背後にいるという噂もあり、コミュニティの熱狂と期待感はさらに高まっています。

Slothanaは、仮想通貨市場に新たな可能性をもたらす革新的なミームコインです。爆上げへの期待が高まる中、投資家の注目を集め続けることは間違いありません。Slothanaの今後も期待できそうです。

爆上げへのカウントダウンが始まったSlothana。このチャンスを逃さないように、Slothanaの買い方を参考にして、今すぐ行動に移しましょう!

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 1ドル

仮想通貨爆上げ候補④:5thScape


5thScape (5SCAPE)は、AR/VRコンテンツの体験に焦点を当てたWeb3.0仮想通貨プロジェクト。現在、VRゲーム開発に注力。今後は、VRゲーム開発ができるハブを目指し開発を進めています。

また、利用手数料が安く、取引スピードの速いレイヤー2ブロックチェーンへの展開も目論んでいます。AR/VR市場が今後伸びるにつれ、爆上げする仮想通貨としても期待を集めています。

絶賛開催中の5SCAPEトークンプレセールの売上は、150万ドル(約2億2000万円)を超える熱狂具合。

プレセール参加者には、トークンの割引購入はもちろん、今後提供されるゲームや映画などのコンテンツをお得に利用できる権利があります。仮想通貨投資で利益を狙いたい投資家はもちろん、ゲームなどの日常体験をアップデートしたい方の注目も集めています。

5thScapeの価格予測では、新しいゲームの追加や大手取引所に上場イベント、今後AR/VR市場が加速度的に成長することを考慮し、仮想通貨5SCAPEの価格は100〜1000倍まで爆上げすると予測されています。

プレセールは全12段階用意されており、現在が最安値でトークン購入が可能。これからのAR/VR市場の成長とともに、メタバース系仮想通貨の成長に投資できるおすすめの仮想通貨です。

各市場の爆上げブームに乗っかる可能性の高い5SCAPEプレセール参加は、5thScapeの買い方を参考にしながら進めてください。

プレセール開始日 2024年1月
購入方法 ETH、BNB、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

仮想通貨爆上げ候補⑤:Sponge V2


2023年5月に登場したミームコイン「Sponge V1」の第2弾である「Sponge V2」が、仮想通貨の爆上げコインとして注目を集めています。SpongeはUniswapでの上場直後から注目を集め、わずか1週間で340%高騰するという驚異的なパフォーマンスを記録。

ピーク時には時価総額が1億ドルを超え、Gate.ioやOKXなどの主要な取引所で上場。SPONGEトークンはコミュニティから大きな支持を得ており、ブロックチェーン・エクスプローラーEtherscan.io(イーサスキャン)によると、本稿執筆時点のトークン保有者は約1万2000人超。

過去の1000倍仮想通貨銘柄「Spongeトークン」から誕生したのが、Sponge V2です。Sponge V2の価格予想によると、同トークンは2024年、爆上がりする仮想通貨として期待されています。SPONGEトークンを保有し、ステーキングすれば、報酬としてSPONGEV2トークンを受け取ることが可能。

Sponge V2は、Sponge V1をステーキングすることで受け取れるだけでなく、独自のプレイ・トゥ・アーン(P2E)ゲーム開発や、時価総額1億ドルを目標に掲げ、仮想通貨上場予定一覧の中でも注目プロジェクトに成長しています。

今後数年で、仮想通貨爆上げ予想を上回るリターンを叩き出すことが期待されています。2024年、仮想通貨投資で一儲けしたい方は、Sponge V2トークンの買い方を参考にしつつ、下記公式サイトからSponge V2に参加しましょう。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

仮想通貨爆上げ候補⑥:Smog Token


Smog Token(SMOG)は「すべてを支配するミームコイン」として、2024年2月に誕生したばかりの爆上げ仮想通貨です。知名度は低いながら、次に来る仮想通貨1000倍銘柄として注目を集めています。

最新情報によると、運営チームがエアドロップ・キャンペーンの実施に向けて積極的に動いており、今後は大規模なマーケティング展開が示唆されています。トークン総供給量の35%をエアドロップ報酬に割り当てていることも、仮想通貨爆上げ予想の根拠となっています。

この強力なトークノミクスにより流通中の供給量が減少するため、SMOGトークンは、BONK(ボンク)を始めとするソラナ基盤の爆上がり仮想通貨以上に盛り上がる可能性があります。

加えて、SMOGトークンの保有者限定のクローズドのコミュニティ「ドラゴンの宮廷」への招待状が送られ、ガバナンス運営にして加わることも可能。

SMOGはアルトコイン爆上げ銘柄として注目度が高く、SMOGの価格予想に期待できるでしょう。ビットコインが100倍を目指すなか、SMOGは有力銘柄と同程度の価格成長が見込めます。

SMOGへの投資を検討している方は、2024年の仮想通貨の強気相場に向けて、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

気になる方は、SMOGの買い方を参考にしたうえで、下記リンク先から購入してみてください。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最低購入額 1ドル

仮想通貨爆上げ候補⑦:eTukTuk


昨今、「SDGs」というスローガンをもとに持続可能な社会を目指した取り組みがなされています。eTukTuk(TUK)は、持続可能な社会つくりに沿った運営を目指す爆上げ期待の集まる仮想通貨プロジェクト。

本プロジェクトは、独自でEVトゥクトゥク(電動三輪車)やEV充電ステーションを開発しており、スリランカで使用実験もスタートしています。これに加えて、eTukTukインフラを支えるドライバーアプリの開発も予定しています。

仮想通貨TUKは、エコシステムを支えるトークンとして活用。EVトゥクトゥクやEV充電ステーションを使った際の利用料としてTUKトークンを使用します。eTukTuk価格予想によると、今後はTUKトークンの需要が増加するとともに爆上がりする見込み。

同プロジェクトは利用手数料が安く、取引スピードの速いレイヤー1ブロックチェーン「BSC(バイナンス・スマート・チェーン)」を活用していることから、省エネルギーで地球環境に負担のない運営を目指します。

今後の「SDGs」社会への意識の高まりとともに、爆上げする仮想通貨として期待もあり、TUKプレセールで220万ドル(約3億2000万円)の資金調達を終えています。TUKトークンのプレセール参加希望の方は、eTukTukの買い方を参考に進めましょう。

プレセール開始日 2023年11月
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 1ドル

仮想通貨爆上げ候補⑧:Bitcoin Minetrix


Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、革命的な「ステーク・トゥ・マイン(STM)」システムを採用している爆上がり仮想通貨候補。ユーザーに安定した収益源を提供することを目指しており、多くの投資家がビットコインの次に来る投資予想においてBTCMTXトークンを挙げています。

同プロジェクトは、仮想通貨ステーキングとマイニングを組み合わせた新コンセプトSTM(ステーク・トゥ・マイン)が特徴。ユーザーはBTCMTXトークンをステーキングすることでマイニングに安全に参加し、「マイニング・クレジット」を得ることができます。

このマイニング・クレジットは、ビットコインをマイニングするためのパワーとしてのみ利用され、ユーザーは自身が保有する爆上げ仮想通貨BTCMTXをいつでも売却できます。透明性にある運営方式と高い柔軟性によって投資家から信頼を得ており、他のプロジェクトとの差別化にも成功しています。

ホワイトペーパーによれば、総トークン供給量は40億と定められており、その中の42.5%がマイニング報酬に割り当てられています。Bitcoin Minetrix価格予想によると、同通貨はビットコイン同様100倍になる可能性を秘めています。目指す投資家にとって垂涎の的となっています。

開催中のプレセールも話題を呼び、本稿執筆時点の売上は700万ドル(約10億円)超え。アルトコイン爆上げ銘柄BTCMTXに興味のある方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にした上で、下記公式サイトからプレセールにご参加ください。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 10ドル

仮想通貨爆上げ候補⑨:Dogecoin20


たびたび爆上げを見せているミームコイン市場のトップ銘柄といえば、ドージコイン(DOGE)柴犬コイン(SHIB)が有名です。Dogecoin20(DOGE20)は、そんなドージコインに影響を受け柴犬をモチーフに作られた仮想通貨。

2024年爆上げする仮想通貨として注目され、プレセールでは1日で約100万ドルのペースで売上を伸ばしています。現在の累計売上は260万ドル(約3億8000万円)に達しています。

そんなDogecoin20が持つ最大の特徴は、DOGE20トークンのステーキング機能です。ドージコインとは違い、コンスタントな利回り収入が得られることで、より多くの収入を得たい投資家から注目を集めています。

今後は、大手DEX(分散型取引所)ユニスワップへの上場も予定しており、多くの投資家の参加により取引量増加も期待できます。DOGE20の価格予測によると、 プレセールの行方や取引量によっては大手取引所への上場も視野に入り、仮想通貨DOGE20の爆上げが期待できると言われています。

2024年、仮想通貨市場はさらなる盛り上がりを見せていくでしょう。そんな中、次なるDOGEトークンとして期待のDOGE20をいち早くゲットできるプレセールに興味のある方は、DOGE20の買い方を参考に、以下リンクからご参加ください。

プレセール開始日 2024年3月14日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

過去に1000倍となった仮想通貨5選を紹介


2024年以降、本当に1000倍になる仮想通貨が出てくるのか不安に思う方もいるはず。しかし歴史を遡ると、これまでに1000倍以上の爆上げを経験し、仮想通貨取引所へも上場した仮想通貨は、少なからず存在します。以下、過去1000倍になった仮想通貨コインを5つ紹介します。

  1. ビットコイン(BTC)–  仮想通貨1000倍になった銘柄の代表格であり、仮想通貨で億り人になった投資家が続出した世界初&時価総額最大のコイン。
  2. イーサリアム(ETH)– 時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインの次に来る投資銘柄として世界中の仮想通貨ユーザーから期待を集める
  3. リップル(XRP)仮想通貨がこれから伸びる2024年現在、根強い人気を誇る仮想通貨1000倍銘柄
  4. バイナンスコイン(BNB)– 最大手取引所バイナンスから発行される人気の仮想通貨1000倍銘柄
  5. カルダノ(ADA)– 仮想通1000倍上昇を過去に達成。エイダコインとも呼ばれ、特に古参の仮想通貨投資家から人気。

今回紹介する仮想通貨の1000倍銘柄は、いずれも過去に100倍、1000倍の上昇率を達成した有名コインです。

①:ビットコイン(BTC)

世界で初めての仮想通貨ビットコイン(BTC)は、2008年に「サトシ・ナカモト」が論文を発表したことで生まれたデジタル通貨の先駆者です。ビットコインは100倍の上昇を短期間で達成。わずか数セントから始まり、その後数万ドルへと価値を増やし、1000倍の仮想通貨に。

仮想通貨の1000倍になった銘柄として有名なビットコインですが、初期の投資家は、文字通りの大金持ち(ビットコイン成功者)になるチャンスをゲット。ビットコインは時価総額最大の銘柄として成長し、仮想通貨の可能性と将来性を世界に示した先駆者となります。

中南米の国家エルサルバドルが法定通貨に設定したり、アメリカで現物ビットコインETFが承認されるなど、「ビットコインは何倍になるのか」と多くの投資家が注目し、ビットコインの今後にも期待大です。

ビットコインが使えるECサイトなども増え、さらなるマスアダプションが期待されています。仮想通貨1000倍銘柄の代表格であるビットコインに興味のある方は、下記ボタンから購入しましょう。

現在価格(24年2月10日) 707万3584円
時価総額 約138兆円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(Coincheck、bitFlyerなど)

②:イーサリアム(ETH)

仮想通貨イーサリアム(ETH)のロゴが宇宙の彼方に浮かび上がる
イーサ(ETH、イーサリアム)は、ビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。仮想通貨イーサは元々、ブロックチェーン(分散型台帳)として開発されたイーサリアム(Ethereum)の基軸通貨として発行が開始されました。

イーサリアムのブロックチェーンはスマートコントラクトという仕組みを実装し、中央集権機関を通さない取引やアプリ構築を実現したことで、仮想通貨イーサの人気に火が付きました。

イーサリアム・ブロックチェーンを基盤とし、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)と呼ばれる仮想通貨セールイベントや、NFT(Non-Fungible Token)と呼ばれるデジタル証明技術なども作られました。その他、DeFi(分散型金融)やメタバース仮想通貨の開発も進んでいます。

このように、イーサリアムはビットコインにはなかったブロックチェーンの応用範囲を大幅に広げたことで、初期価格から100倍、1000倍、1万倍、10万倍と爆上がりを立て続けに達成。1000倍仮想通貨イーサリアムに興味のある方は、下記の仮想通貨取引所から購入しましょう。

現在価格(24年2月10日) 37万4356円
時価総額 約45兆円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(Coincheck, bitFlyerなど)

③:リップル(XRP)

水面に浮かび上がるリップル(XRP)のロゴ
リップル(XRP)は、2004年にアメリカの「Ripple Inc.」という企業によって開発された仮想通貨。国際送金に焦点を当てた通貨であり、銀行間取引のスピードとコストを大幅に削減しました。

300以上の金融機関がリップルネットワークを利用し、パラオなどの一部国家がCBDC(中央銀行デジタル通貨)の開発基盤としても活用するなど、十分な有効性と信頼性を持っています。

仮想通貨の1000倍になった銘柄として人気のリップルですが、革命的な送金ネットワーク技術への期待によって、今後もさらに100倍の上昇が期待されています。仮想通貨リップルに興味のある方は、下記リンク先の仮想通貨取引所ビットフライヤーで購入できます。

現在価格(24年2月10日) 78.49円
時価総額 約4兆2700億円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(Coincheck, bitFlyerなど)

④:バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコインのロゴ
バイナンスコイン(現ビルドアンドビルド、BNB)は、2017年に最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)のユーティリティートークンとして発行されました。トランザクション手数料の割引やトークンセールへの参加資格などの特典を提供し、バイナンスエコシステムの基盤を支える仮想通貨コインとなっています。

初期価格は、約10円で発行されました。その後、バイナンスが業界最大手の取引所へと成長するに伴い、取引価格も100倍へと急上昇。2021年には約7万円超えを記録し、見事1000倍に成長した仮想通貨となりました。バイナンスコインを購入したい方は、下記のボタンから取引所を確認してみましょう。

現在価格(24年2月10日) 4万8468円
時価総額 約7兆2400億円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(バイナンスジャパン、OKXなど)

⑤:カルダノ(ADA)

積み重なったコイン

カルダノ(ADA)は、より持続可能でスケーラブルな環境を目指すブロックチェーンです。その革新的な技術は、多くの投資家の注目を集めました。ローンチ後の価格は、最低値の約0.2円から最高値の約325円まで跳ね、1000倍の上昇を達成した仮想通貨となります。

これらの例からわかるように、仮想通貨は劇的な成長を遂げる可能性があります。もちろん、高いリターンには高いリスクが伴いますが、適切な知識と戦略を持てば、夢のようなリターンを目指すことが可能です。

エイダコインに興味のある方は、下記にある仮想通貨取引所OKXにて手軽に購入可能です。

現在価格(24年2月10日) 80.53円
時価総額 約2兆8000億円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(OKX、SBI VCトレードなど)

仮想通貨の爆上げに乗り遅れないための3つの対策


仮想通貨の爆上げに乗り遅れない3つの対策について、詳しく解説していきます。

  1. 日頃から情報収集する
  2. コツコツ積み立て投資をしておく
  3. タイミングを見計らい、投資をする

仮想通貨の爆上げに乗り遅れない対策①:日頃から情報収集する

仮想通貨の爆上げ市場に乗り遅れないためには、日頃から情報収集をすることが重要です。仮想通貨の価格変動には、さまざまな要因が影響するため、日常的に情報収集を行い、適切な投資判断を行うことをオススメします。

情報収集をする際には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 信頼できる仮想通貨メディアやニュースから収集する
  • 仮想通貨関連のSNSを、日々チェックしておく
  • 一次情報の取得を意識しておく

上記イメージで、情報収集を行っておくと、仮想通貨の爆上げに乗り遅れる可能性は低くなるはずです。また、過去に1000倍となった仮想通貨を調べ上げるのもおすすめです。

仮想通貨の爆上げに乗り遅れない対策②:コツコツ積み立て投資をしておく

仮想通貨市場は、短期間で大きな価格上昇が起こる可能性があるため、一気にまとまった投資をするのではなく「少額ずつ積み立てていく」ようにするのがオススメです。

時間分散によるリスクを抑えた投資ができる積立投資は、仮想通貨の買い方としては定番中の定番。リスクを避けたい初心者に向いています。

  • 時間分散によるリスクを抑えた投資ができる
  • 設定をすれば、一定のタイミングと金額で「自動買付」ができる
  • 平均取得単価を下げることができる

長期的に一定のタイミングで購入するため、価格変動のブレに影響されにくく、機会損失を考えずに最小限のリスクで投資をすることができるのがメリットです。

積み立て投資であれば、たとえ価格が下落しても、損失を抑えながら投資を続けることができ、また、価格が下落したタイミングで追加購入することで、平均取得単価を下げることもできます。

大きなリターンを得る可能性も低くなりますが、仮想通貨の爆上げ市場に合わせて、コツコツ安定にリターンを得ることができます。積み立て投資をおこなうことで、比較的ローリスク・ミドルリターンな投資戦略を取ることができます。おすすめの仮想通貨を積み立てていきましょう。

仮想通貨の爆上げに乗り遅れない対策③:タイミングを見計らい、投資をする

仮想通貨が1000倍になることが事前に分かると、比較的低いリスクでリターンを得ることができます。短期間で大きな価格上昇が起こるため、タイミングを見計らって投資することができれば、波乗りに生じてリターンを得られます。

以下の点を意識しておくと、タイミングを判断する際の参考になるはずです。

  • 機関投資家が仮想通貨市場に参入してきたか
  • 大手ベンチャーキャピタルの投資が増えてきているか
  • SNSなどで、仮想通貨関連のポストが増えてきているか

上記を参考にすることで、仮想通貨の爆上げが始めるまえに、タイミングよく投資できます。今後はメタバース仮想通貨のブームが来ると言われており、投資先としてもおすすめです。

また、NFTゲームも注目です。ビットコインの次に来る投資とも言われており、将来性の高さが魅力でうs。

仮想通貨ICO(イニシャル・コイン・オファリング)に投資するのも◎。明確なタイミングを掴めれば、低リスクで高いリターンを得ることができるはずです。

仮想通貨1000倍銘柄へ投資する際の注意点


メモリーチップ上に乗るビットコイン

ここまでは、ビットコイン100倍に合わせて爆上げの可能性がある仮想通貨をまとめてきました。しかし、リターン1000倍以上の仮想通貨を探す際には、非常に高いリスクもあります。

こちらでは、アルトコイン投資を行うときの注意点を3つ紹介します。

変動性と流動性のリスク

仮想通貨市場の特徴の1つに、価格のボラティリティ(変動性)の高さがあります。特にビットコイン(BTC)などの主要な仮想通貨と比較し、アルトコインは危険です。アルトコインは、市場規模が小さいので、少量の取引でも価格が大きく変動します。

変動性が大きいと、大きなリターンを狙えますが、大きな損失につながるリスクもあります。爆上がり仮想通貨でリターン1000倍以上を狙う場合は、変動性が高いことに注意が必要です。

また、流動性の低さも問題としてあります。流動性は、コインの利確や損切のしやすさにつながります。流動性が低いと、持ってるコインを現金化することが難しくなります。せっかく値上がりしても、流動性の低いコインの場合は、利益が確定できません。

これから伸びる仮想通貨を探す場合、流動性が低く不利な価格での取引を余儀なくされるリスクがあるということを覚えておきましょう。

プロジェクトの透明性と実用性

1000倍の仮想通貨銘柄を選ぶときには、そのプロジェクトの透明性と実用性を評価することも重要です。なぜなら、詐欺プロジェクトである可能性もあるからです。

健全なプロジェクトを見分けるには、プロジェクトの背景にある、開発チームの信頼性、プロジェクトの展望やロードマップ、実際サービスへの実用性などを見る必要があります。

不透明な運営体制、不可能なロードマップ、サービスの実用性の低さ、などが見られるプロジェクトには、しばしば過大な期待を煽るマーケティングを行い、投資家を誤誘導する可能性があります。

爆上げ仮想通貨で1000倍以上のリターン狙う際には、投資先に十分注意しながら進めていきましょう。

法規制とセキュリティのリスク

仮想通貨市場は、まだまだ新しい技術です。そのために、多くの国々で法規制が追いついていない現状があります。今こうしてる中でも、詐欺やマネーロンダリングの問題が横行しており、各国の政府は、問題に対処すべく様々な規制を強化しています。

これらの規制の変化に伴い、市場に大きな影響を与えることも予測され、投資家は常に最新情報をチェックしておく必要があります。また、セキュリティ面の問題もあります。ビットコインが何倍になるかという話題が絶えないのは、このためです。

暗号資産は、デジタル上の資産であるため、日々ハッキングや攻撃のリスクに晒されています。仮想通貨を保管するウォレットや取引所のセキュリティ対策、個人のセキュリティ管理習慣など、投資家はセキュリティを強化していく必要があります。

1000倍が狙える仮想通貨を選ぶというのは、高いリターンを求める裏に、大きなリスクも伴います。ボラティリティと流動性、プロジェクトの透明性と実用性、法規制とセキュリティのリスクに注意を払い、慎重に投資を行いましょう。

結論:2024年は、仮想通貨が爆上げする見込み


本記事では、仮想通貨の爆上がり予想やプレセール仮想通貨、ビットコインの次に来る投資に乗り遅れない3つの対策について詳しく解説しました。2024年は、ビットコイン半減期・現物ビットコインETF承認というビッグイベントを迎えます。

最も有名な爆上げ仮想通貨であるビットコインは、過去3回の半減期でいずれも大きく価格が上昇しています。また現物ビットコインETFが米国で初承認され、機関投資家の流入が増加し、暗号資産市場の爆上がりが続いています。

これらの要素を考慮すると、2024年、特定の仮想通貨銘柄が1000倍になる可能性は高いと言えるでしょう。しかし、暗号資産は価格変動が激しいため、投資には十分な注意が必要です。リスクを考慮しつつ投資を行うようにしましょう。

2024年、ビットコイン100倍に波乗りしたい方は、仮想通貨の買い方完全ガイドもチェックした上で、ぜひ本記事を参考に投資をしてみてください。