仮想通貨のICOとは?2024年最新ICOコイン9選|新規仮想通貨を公開

Hiroshi.O
Hiroshi.O | 監修: Shunsuke.S
| 2 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

ICOのアルファベット文字

暗号資産(仮想通貨)市場でよく耳にする言葉が、「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」です。ICOとは、仮想通貨プロジェクトによる新たな資産調達方法のこと。ICO仮想通貨は少額投資が可能かつ大きな伸びしろを秘めているため、多くの投資家が注目しています。

仮想通貨の億り人になれる可能性が期待できる一方で、リスクも伴います。ICO仮想通貨に関する知識を増やし、適切な投資判断をすることが重要です。本記事では、暗号資産(仮想通貨)のICOについて、仕組み、投資するメリット・デメリット、具体的な買い方、ICO仮想通貨のおすすめ銘柄を紹介します。

ICOのメリット・デメリットを知り、今後の投資判断に役立ててください。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 以上
  • SOL送金でエアドロップ!新しいプレセール方式
  • 開始数分で売上50万ドル、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングで報酬を獲得可能
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
AI
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップ
  • 期間限定!10%割引で購入可能
プロジェクトローンチ
2024年2月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • プレセール資金調達額1200万ドルを達成
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
プロジェクトローンチ
2023年9月
メタ
ビットコインマイニング
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 数量限定プレセール、売上1000万ドル突破
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値で販売
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ステーキング、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード

【2024年最新】ICO仮想通貨のおすすめランキング9選


以下では、投資家が利用できるICO仮想通貨ランキングを紹介します。仮想通貨(暗号資産)ニュースを日々取り扱う当サイトCryptoNews Japanが、最新情報に基づいて選出しました。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– 2024年4月に開始した最新ICO仮想通貨。世界発のマルチチェーン対応のドージミームコインやステーキング報酬による不労所得が注目の的に。
  2. Slothana(SLOTH)– ソラナチェーン発の最新ICOコイン。ナマケモノをデザインモチーフとしたミーム通貨として、プレセール開始1時間で54万ドルの売上を記録。
  3. 99Bitcoins(99BTC)– 強固な仮想通貨コミュニティ99Bitcoinsを基盤にローンチした「学びながら稼ぐ(Learn to Earn)」最新ICOコイン。
  4. 5thScape(5SCAPE)– VR/AR技術とゲームの未来を変える可能性のあるAI仮想通貨のICO案件。メタバース投資をしてみたい方にうってつけ。
  5. Sponge V2(SPONGEV2) – ミームコインSponge V1(SPONGE)の第2弾。新たなステーキングシステムStake-to-Bridgeとプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のメタバース仮想通貨ゲームを開発中。1年間で100倍のリターンに期待大
  6. Smog Token (SMOG)– ETHとSOLのマルチチェーンで展開するファンタジー世界をイメージしたICO仮想通貨。すでに大きな成功を収めたBONKやペペ(PEPE)などのICOコインに匹敵する仮想通貨と言われており、近日中に大型エアドロップ予定
  7. eTukTuk (TUK)– 発展途上国のTukTukドライバーのためにEV充電ステーションを設置することを目的とした、ICO仮想通貨。
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– イーサリアムベースのクラウドマイニングを簡素化するプロジェクト。トークン保有者は、ステーキングでマイニングクレジットを獲得できます。仮想通貨ICOで3200万ドルの資金調達を目指している
  9. Dogecoin20(DOGE20)– ドージコイン(DOGE)をモチーフに開発された、犬系ミームコインの最注目ICOコイン。プレセール後は仮想通貨ICOを狙う。

日本の仮想通貨(暗号資産)メディアでは取り扱いが少ないアルトコインが多く見られます。日本は国内企業との結びつきが強く、メディアが同一の銘柄を紹介する傾向があるためです。上記ランキングで紹介したICOコインは、日本での知名度は低いですが、将来性のある仮想通貨として海外での注目度は高いものばかり。ぜひ新たな投資先として検討をおすすめします。

ICOとは


仮想通貨の有名コイン

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は、新たな暗号資産(仮想通貨)を公開し、資金調達を行うための方法で、大きな投資リターンを上げられる仮想通貨の買い方として定着しています。以下では、ICOの具体的な用語解説および歴史・事例の紹介をします。

ICOの用語解説

ICOは、企業や団体が独自の仮想通貨(暗号資産)トークンを発行し、資金調達するプロセスです。特定のプロジェクトが自らの開発目的や方針をインターネット上で公開し、プロジェクトの将来性や仮想通貨の爆上げを期待した投資家がトークンを購入することで行われます。

ICOで発行されるトークンには、価格下落や詐欺などのリスクが含まれることを十分に考慮した上で、投資判断することが重要です。

ICOの歴史・事例

参考としてICOの歴史と事例を振り返ります。これまでICOに関して以下のような出来事がありました。

  • 2013年:Mastercoinによって初めてのICOが実施
  • 2014年:イーサリアムが約1,800万ドルの資金調達
  • 2017年:ICO市場が拡大し、世界全体で約62億ドルを調達
  • 2018年:2018年以降、詐欺などが横行し市場が縮小
  • 現在:新たな資金調達方法としてSTO、IEO、IDOなどが開発中

現在は、詐欺や不透明なプロジェクトの対策として、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)、IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)、IDO(イニシャル・デックス・オファリング)など、安全な方法が開発されています。

ICOの参加方法・買い方


ここでは、一般的なICO仮想通貨の参加方法・買い方について解説します。ステップごとに詳細な解説を載せているため、ぜひ参考にし、実際に本記事で紹介したICO仮想通貨を購入してみてください。

STEP1:安全なICO仮想通貨を選ぶ

はじめに、投資したいICO仮想通貨を選びます。選定の際は以下の3点に注目しましょう。

  • 将来性があるか
  • 安全性があるか
  • 信頼性があるか

上記のポイントを探るためにも、プロジェクトの概要、チームの経歴、事業計画の信憑性など、プロジェクトの詳細を慎重に分析しましょう。今回紹介したおすすめのICO仮想通貨一覧やICOカレンダー、専門サイトを参照し、評価やレビューを確認してください。

STEP2:信頼できる取引所で仮想通貨を購入する

ICO仮想通貨へ投資するには、適切な仮想通貨を用意しておきます。ICO仮想通貨の多くは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などが利用されます。また、信頼性が高く、安全な取引所を利用しましょう。

STEP3:ウォレットを開設する

トークンを受け取るために、個人のウォレットも用意します。仮想通貨を保管するための財布となります。一般的には、MetaMaskやWallet Connectがおすすめです。使いやすさとセキュリティの高さを兼ね備えており、ユーザー数も多いです。なお、ウォレットの開設時に付与される秘密鍵を安全に保管しておきましょう。

STEP4:プレセールに参加する

ウォレットが準備できたら、仮想通貨のプレセールに参加します。事前にICOの公式サイトを訪れ、参加方法、必要な通貨の種類、送金アドレスなどの情報を確認してください。購入する通貨の量を決め、指定アドレスに仮想通貨を送金します。この際、送金先のアドレスを間違えないように細心の注意を払ってください。

STEP5:トークンを受け取る

プレセールが完了すると、あなたのウォレットにトークンが配布されます。その後、プロジェクトで利用したり、トークンの価値が高騰した後に売却したりすることができます。仮想通貨の今後に期待を寄せる投資家が増えている2024年現在、仮想通貨プレセールを行うプロジェクトも増えているため要注目です。

ICOの仕組み


ガッツポーズとラップトップPC

ICOの仕組みを解説します。まず、企業や団体が自らの仮想通貨を発行します。投資家は、活動内容や将来性を分析し、価値を感じた場合、コインやトークンを購入・保有します。その後に企業や団体が成長すれば、コインやトークンの価値も上昇し、投資家の資産価値も増加するという仕組みです。

ICOによって企業側は資金を調達でき、投資側は資産価値によるリターンを享受でき、双方にメリットがある仕組みとなっています。投資家が仮想通貨ICOに参加するには、一般的に以下のプロセスを踏みます。

  • プロジェクトの公式サイトへアクセスし、ICOに参加する
  • 公式サイトに表示されるトークン価格と交換に必要な通貨を確認する
  • プロジェクトチームからウォレットアドレスを提供される
  • 投資家側はトークン取得のために、必要な通貨を送金をする
  • 購入後のICOトークン受取のために、自分のウォレットアドレスを提供する

仮想通貨のウォレットと交換に必要な仮想通貨さえあれば、仮想通貨ICOは参加は可能です。

ICO・IPO・STO・IEOの違い


ICOに近しい用語として、IPO、STO、IEOがあります。ここでは、各用語を解説し、ICOとの違いを解説していきます。

IPOとは

IPO(イニシャル・パブリック・オファリング)は、企業が初めて株式を公開市場に売り出すことです。投資家から資金調達し、証券取引所に上場することができます。

ICOとIPOは、資金調達の方法において類似していますが、根本的な違いがあります。ICOは仮想通貨(暗号資産)トークンを発行して資金を集める方法で、国境を越えて迅速に資金調達できます。一方、IPOは証券取引所で株式を発行し、一般投資家に売り出す形式で、より厳格な規制と審査が伴います。

IPOでは株主に対する権利(株主優待、議決権など)が付与されますが、ICOでは通常これらの権利はありません。

STOとは

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)は、証券として扱われるセキュリティトークンを発行し、資金調達する仕組みです。政府の規制と法的枠組みの中で行われ、投資家にとっては一定の保護が提供されます。STOは、従来の金融市場の信頼性とブロックチェーン技術の透明性を組み合わせた仕組みと言えるでしょう。

STOはICOに比べて規制が厳しく、証券法の枠組みの中で運営されます。セキュリティトークンに基づいており、トークンは資産や収益の権利を表すことが一般的です。一方、ICOは規制が緩いものの、投資家保護が薄いという側面があります。

IEOとは

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)は、仮想通貨取引所を通じてトークンを販売する方法です。取引所は、発行するトークンやそのプロジェクトの審査を行い、一定の信頼性を担保します。

ICOとIEOの違いは、仮想通貨取引所が介在するか否かです。ICOはプロジェクト自体がトークンを直接発行し販売するため、投資家には高いリスクが伴います。一方で、IEOでは、取引所がトークンの信頼性を検証し、投資家への販売をサポートするため、リスクを軽減できます。

企業が仮想通貨ICOを行うメリット・デメリット


ビットコインと積み上げられた硬貨

企業側が仮想通貨ICOを行うメリット・デメリットを解説していきます。投資家の方でも、企業側のメリット・デメリットを理解しておくことは、非常に重要です。ぜひ目を通してみてください。

企業側のメリット

企業側の仮想通貨ICOのメリットは、主に3つあります。

  • 資金調達の自由度と柔軟性が高い
  • グローバルな資金調達ができる
  • 手続きを簡素化できる

ICOは、銀行からの借入や従来の資金調達方法と比較して、自由度が高い傾向があります。返済義務がないため、調達した資金をビジネスの成長や開発に自由に使える点が大きなメリットです。

また、インターネットを通じて、国境を越えた資金調達が可能な点も大きなメリットです。特に新興企業や小規模なベンチャーにとって、広範な資金源を開拓するチャンスとなります。

従来の資金調達方法と比較して、ICOは手続きが簡単です。IPOなどに見られる複雑な審査や手続きが必要なく、迅速な資金調達が可能になります。

企業側のデメリット

企業側における仮想通貨ICOのデメリットは、以下の2つです。

  • 法律や規制に不確実性がある
  • 市場競争が激しい

現在、各国の法律や規制が未成熟なため、ICOに関する法的なリスクや不確実性が高くなっています。国によってはICOを禁止している場合もあり、国際的な事業展開を考える際には法的な注意が必要です。

また、資金調達のハードルが下がったことで、多くの企業がICO市場に参入しています。投資家の注目を引くための競争が激しくなっており、差別化と魅力的なトークンの提供が成功の鍵となるでしょう。

投資家がICO仮想通貨に投資するメリット・デメリット


串刺しになったビットコインとトレー

投資家がICO仮想通貨に投資するメリット・デメリットを解説していきます。投資家の方は、メリットだけでなくデメリット(リスク)を必ず頭に入れるようにしましょう。

投資家側のメリット

投資家側におけるICO仮想通貨のメリットは、以下の通りです。

  • 少額投資ができる
  • 高いリターンが見込める
  • 取引や手続きが簡単である

ICOは、株式投資などと比較して、少額からの投資が可能です。ハイリスク・ハイリターンの性質も持っており、価格が高騰することで大きな利益を得る可能性もあります。この柔軟性と投機性は、仮想通貨投資の初心者にとって魅力の一つになるでしょう。しかし、トークンの価値は市場の変動に大きく左右されるため、リスク管理が重要となります。

投資家側のデメリット

投資家側におけるICO仮想通貨のデメリットは、以下の通りです。

  • 資金を失うリスクがある
  • 詐欺被害に遭うリスクがある
  • 法的・規制的なリスクがある

ICOは、トークン価格の不安定性やプロジェクトの失敗により、資金を失うリスクがあります。また、ICO市場には、明確な規制がなく、詐欺などに巻き込まれるリスクも孕んでいます。各国でも法的な枠組みが確立していないため、投資家は法的保護が受けにくい状況です。

ICO仮想通貨に投資する場合は、適切なリサーチと検証をした上で、市場の変動性とプロジェクトの信頼性を理解することが重要となります。

おすすめのICO仮想通貨プロジェクトをレビュー


優れたICOは将来的に大きなリターンを生み出す可能性が高いですが、リスクもあります。そのリスクを軽減するためにも、おすすめ仮想通貨について詳細な情報を集め、適切な投資判断を下しましょう。ここからは、今回紹介するおすすめのICO仮想通貨ランキングを個別にレビューしていきます。

ICO仮想通貨ランキング1位:Dogeverse

2024年、ICO仮想通貨として特に注目を集めるのがミームコインの一種であるDogeverse(DOGEVERSE)です。世界初の完全マルチチェーン対応ドージミームとして位置付けられています。

Dogeverseの最大の特徴は、6つの主要ブロックチェーン(イーサリアム、ポリゴン、バイナンスチェーン、ソラナ、アバランチ、ベースチェーン)に対応している点です。多岐にわたるブロックチェーンエコシステムへのアクセスが可能になり、トークンの流動性やアクセシビリティが飛躍的に向上します。

DOGEVERSEの総発行枚数は2000億枚で、そのうち15%がプレセール、10%がステーキング報酬に割り当てられています。早期プレセール参加者は、保有トークンによるインカム収入の機会も得られます。

プレセールは、既に開始数分で25万ドルを超える資金を集めるなど、大きな注目を集めています。Dogeverseの価格予想にあるとおり、その将来性は非常に高いと言えるでしょう。

プレセールは期間限定で、Dogeverseトークンを最安値で購入できる貴重なチャンスです。Dogeverseに興味を持った方は、Dogeverseの買い方を参考に、下記からプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 0.0003ドル

ICO仮想通貨ランキング2位:Slothana

仮想通貨市場に、新たなソラナベースのミームコイン「Slothana(SLOTH)」が誕生し、大きな注目を集めています。

従来のICOとは異なり、Slothanaは価格変動のないシンプルな仕組みを採用しています。投資家は、SlothanaのウォレットアドレスにSOLを送金するだけで、SLOTHトークンを獲得できます。この先着順形式は、新たなFOMO(Fear of Missing Out:取り残される恐怖)を生み出し、投資家たちの熱狂を加速させています。

Slothanaの特徴は、以下になります。

  • ソラナベースの技術: 高速かつ低コストの取引を実現
  • 革新的なプレセール方式: 先着順で誰でも参加可能
  • コミュニティ主導のマーケティング: 投資家同士の情報共有で盛り上がりを創出
  • 仮想通貨市場トレンドとの合致: ソラナベースのミームコインブーム、ビットコイン半減期、Doge Day

まだICOと呼ばれる資金調達段階ですが、すでに多くの投資家から注目されており、さらに市場トレンドにもマッチしているため、これらの要素が合わさることで今後爆発的な成長を遂げる可能性を秘めたミームコインと言えるでしょう。

ICOで大きな利益を得たい投資家は、Slothanaに注目してみてはいかがでしょうか。

Slothanaの価格予想によると、1,000倍コインになる可能性も高いとのことです。気になる方は、上記の情報とSlothanaの買い方を参考に、確認することをおすすめします。

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 1ドル

ICO仮想通貨ランキング4位:5thScape

VRで遊びながら稼ぐという夢のような世界を実現しようとしているのが、5thScape(5SCAPE)です。5thScapeは、VRヘッドセット、高精細なグラフィック、そして革新的なブロックチェーン技術を融合させた、ICO仮想通貨。

5thScapeは、細部まで作り込まれた美しいVR世界を構築しすることで、ま現実世界にいるような感覚をつくりだしており、またゲームをプレイすることで報酬を獲得できるため、楽しみながら稼げきる新しいメタバースプロジェクトです。

5thScapeでは、格闘技やスポーツ、射撃など様々なVRゲームを楽しむことが可能。その5thScapeプラットフォーム上で利用されるトークンが、5SCAPEです。ICOコイン5SCAPEは、ゲーム内アイテムの購入、報酬の受け取り、プラットフォームの運営などに使用され、ユーザー数が増えるほど、価格も上昇していく仕組みです。

現在プレセール段階にあり、初期に投資をすると、大幅な割引価格でトークンを購入できます。プレセールは好調そのもので資金調達額は150万ドルを達成。少しでも気になった方はすぐに行動することをオススメします。

5thScapeのプレセールは、まもなく終了するため、5thScapeの買い方を参考にして、購入してみてください。将来価格は、5thScapeの価格予想をチェックしてみてください。今すぐの購入可能な方は、下記からサクッとどうぞ。

プレセール開始日 2024年1月10日
購入方法 ETH、BNB、USDT、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

ICO仮想通貨ランキング5位:Sponge V2

Sponge V2は、2023年に大きな注目を集めたミームコインSponge(SPONGE)の第2弾。Sponge V1では、ピーク時に時価総額1億ドルを達成しました。マーケティングやコミュニティ作りにも力を入れており、しばしば主要メディアで大きく取り上げられます。

そのSpongeが、新しいロードマップを発表。これには、V1からV2への移行を容易にする「Stake-to-Bridge」という新たなステーキングシステム、早期移行者への特別ボーナスなどが含まれています。また、新たなプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームの導入も予告されています。

Sponge V2は、V1を超えるICO仮想通貨として注目が集まっています。Sponge V2価格予想では、今後1年間で100倍の投資リターンになるという予測もあります。ステーキングのAPY(年間収益率)も最低40%を4年間も提供し、長期保有を奨励しています。

格安で購入できるチャンスは今しかありません。気になる方は、Sponge V2トークンの買い方を参考にして、下記の公式サイトから購入してみてください。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

ICO仮想通貨ランキング6位:SMOG

Smog Token(SMOG)は、有名ブロックチェーンのイーサリアムとソラナ(SOL)で展開する新しい仮想通貨として、ICOコイン一覧のなかでも最注目の案件です。すでに成功しているICOコインBONKやペペコイン(PEPE)などに匹敵するICO仮想通貨と言われています。

SMOGでは近日中、ソラナチェーン史上最大規模のエアドロップを予定しており、ICO投資家が続々と参加を表明しています。

そんなICO仮想通貨SMOGでは、誰もが平等に購入できる仕組み「フェアローンチ」や、総供給量の35%をエアドロップに割り当てるトークノミクス、DEXとCEXにおける高い流動性などを強みとしています。こうした特徴は、ICOトークンとしても魅力的なポイントといえます。

さらに同ICOコインでは、SNS投稿などを通じてコミュニティを活性化させており、このコミュニティ重視のプロジェクトサイドの姿勢が、SMOGの将来価格に反映されるはずです。

SMOGのエアドロップ・キャンペーンに参加するには、ソラナ互換性のあるウォレット(Phantomなど)を使用する必要があります。SOL、USDT、BONKトークンを使用し、Jupiter DEXを介してSMOGとスワップ(交換)することで参加が可能です。

2024年はビットコインETFの承認、また半減期の到来によってさらなる仮想通貨ICOの盛り上がりが期待されます。ICOコインはビットコインなど時価総額最上位の銘柄と異なり、価格上昇率も高くなる傾向があります。

SMOGも新規仮想通貨として注目度が高いため、価格上昇が期待されるでしょう。SMOGの買い方を読んだ上で、ぜひ以下の公式サイトから割引価格で購入しましょう。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最低購入額 なし

ICO仮想通貨ランキング7位:eTukTuk

eTukTuk(TUK)は、東南アジアを中心に利用されている三輪タクシー「TukTuk」を電気自動車に置き換え、環境汚染の軽減とEVの普及促進を目指すICO仮想通貨プロジェクトです。

多くの開発途上国では、トゥクトゥクが主要な交通手段として利用されていまが、従来のガソリンエンジン車は、環境汚染や騒音問題を引き起こしています。さらに、近年燃料価格の高騰により、トゥクトゥクドライバーの生活も圧迫されている状況です。

eTukTukはこれらの課題を解決するために、電気自動車用充電ステーションのネットワーク構築、ドライバーへの経済支援をメインに行っており、社会課題としても意義深いブロジェクト。

そしてeTukTukの革新性は、ブロックチェーン技術を活用した透明性の高い運営・継続的に収益を得られる仕組みにあります。eTukTukを利用することで、ドライバーは最大400%もの経費を節約できる見込みで、また、TUKの所有者は電力ノードに賭けることで最大175%のAPYを得ることが可能。その将来性は非常に高いと言えるでしょう。

現在、eTukTukは期間限定のプレセールを開催中。eTukTukの今後については、東南アジアだけでなく、世界中の都市で展開される可能性が示唆されています。eTukTukの早期プレセールに参加して、爆上げリターンを得たい方は、eTukTukの買い方を見ながら、プレセールに参加してみましょう。

プレセール開始日 2023年11月
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 1ドル

ICO仮想通貨ランキング8位:Bitcoin Minetrix

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、イーサリアムベースのスマートコントラクトによって、クラウドマイニングを簡素化・効率化するICO仮想通貨です。Stake-to-Mineという仕組みを採用しており、個人投資家もビットコインマイニングに参加できるWeb3.0仮想通貨です。

BTCMTXトークンの保有者は、トークンをステーキングすることでマイニングに必要なクレジットを獲得できます。クレジットは取引不可ですが、エコシステム上で使えるBitcoinのクラウドマイニングパワーの購入に使用されます。

このICO仮想通貨プロジェクトの魅力は、主に以下の3点です。

  • ICOが好調:BTCMTXのICOは初日に10万5000ドル以上を集め、現在は約220万ドルを資金調達している
  • クラウドマイニングへの参加:仮想通貨やマイニングに詳しくなくても、クラウドマイニングに参加できる
  • 高い将来性:ビットコイン価格予想に連動しやすいトークンで、大手取引所への上場も期待されている

Bitcoin Minetrixは、トークンは、公式サイトにアクセスして、最低10ドルから購入できます。プレセールでのトークン価格は段階的に上昇し、最初のプレセールでの価格は0.011です。

Bitcoin Minetrixは、クラウドマイニングの安全性を高め、不正利用のリスクを軽減しています。ICO仮想通貨のため、少額投資が可能です。ビットコインの成功者が増えると言われている2024年、同マイニングで利益を得たい方にはチャンスとなるでしょう。気になる方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にして、下記の公式サイトから購入してみましょう。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 10ドル

ICO仮想通貨ランキング9位:Dogecoin20

Dogecoin20 (DOGE20) は、ドージコインの精神を受け継ぎつつも、革新的なステーキング機能を融合させたICOミームコイン。イーサリアムネットワーク上でERC-20トークンとして誕生し、独自のステーキングシステムによって不労所得を得ることを可能にした仮想通貨プロジェクト。

Dogecoin20は、ドージコインのユーモアを受け継ぎながら、 保有するだけで報酬を獲得できるステーキング、エネルギー効率の高いプルーフオブステーク(PoS)の採用、インフレを防ぐために固定供給量を維持するといった設計が特徴です。

なお、DOGE20の総供給量の15%はステーキング報酬に充てられており、投資家は保有するトークンに応じて報酬を獲得できます。プレセールに参後にステーキングを利用することで、高いリターンを期待できるため、プレセールに多くの投資家が殺到中。

DOGE20は現在でもプレセールを継続しており、資金調達額も伸びています。多くの仮想通貨ユーザーが資金を投入しているいため、今すぐ購入すれば、将来的な値上がりを期待できるでしょう。

Dogecoin20プロジェクトでの利益は慈善活動やコミュニティプロジェクトにも還元され、強固なコミュニティになることも招待的には予想されます。大きなコミュニティが形成されることで、価格の上昇につながるため、ぜひ今からプレセールに参加することをオススメします。

詳細が気になる方は、Dogecoin20の買い方を見ておくのがベスト。Dogecoin20価格予想では、2030年に1.50ドルまで伸びる可能性もあるとのこと。ぜひ、以下の公式プレセールから参加し、お得に購入してみてください。

プレセール開始日 2024年3月14日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

まとめ:ICO仮想通貨も投資先の候補に


本記事では、2024年に投資すべきおすすめのICO仮想通貨からICOの基礎、メリット・デメリット、詳しい買い方までを解説してきました。ICO仮想通貨はスタートアップに投資するチャンスとなりますが、投資を進める前に、リストに掲載されている様々なプロジェクトをじっくりと研究することが大切です。

今回紹介したICO仮想通貨一覧から、将来価値が1000倍になるコインや将来話題になるコインが出てくるかもしれません。特にメタバースやNFT、NFTゲームに関心がある人は、ICO仮想通貨をチェックしておくと良いでしょう。

2024年は仮想通貨(暗号資産)市場が大いに盛り上がる年と言われています。仮想通貨ICOによる資金調達や仮想通貨のローンチもより活発になると予想されるため、ぜひこの記事をブックマークした上で、ICOの基礎とおすすめのICO仮想通貨を参考にしてください。