ビットコインの買い方とおすすめ取引所を完全解説|2024年最新

Ichi Kawanaka
| 21 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

ビットコインのシンボルが強調されたカウンター上で、BTC決済を行う男女

ビットコイン(BTC)は、匿名の人物サトシ・ナカモトが2008年10月に発表した論文を元に開発された、世界初の暗号資産(仮想通貨)です。現物ビットコインETFが米国で初承認され、ビットコインの半減期も目前に迫っていることから、2024年現在、投資対象として大きな注目を集めています。

そこで本記事では、ビットコインの買い方とおすすめの仮想通貨取引所を完全解説します。本記事を読むことで、ビットコインのおすすめの買い方や、信頼性の高い暗号資産(仮想通貨)取引所について理解できます。ビットコイン投資が気になる方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

ビットコインとは?3つの特徴


ビットコインは、2009年に誕生した世界初の仮想通貨です。サトシ・ナカモトによって開発されたビットコインは、暗号化されたブロックチェーン技術を利用しており、これにより、中央銀行や金融機関の管理や規制を受けずに、世界中の誰でも取引ができるようになりました。

ビットコインの特徴①:分散型である

ビットコインは、中央集権的な管理者を必要としない「分散型の暗号資産」です。ビットコインの取引は、世界中のコンピューター(ノード)がネットワークを介して行うため、中央集権的な管理者が不正行為を働くことができないのが特徴です。

ビットコインの特徴②:データの改ざんができない

ビットコインの取引は、暗号化技術によって安全に行われるようになっており、ビットコインの取引記録は、ブロックチェーンと呼ばれる技術によって記録されています。ブロックチェーンは、各ブロックに取引記録を暗号化して記録し、ブロックをチェーン状につなぎ合わせたもの。

この構造により、取引記録の改ざんが非常に困難になっています。そのため、「ビットコインは安全資産」と認知されつつあります。

ビットコインの特徴③:2100万枚と発行上限が限られている

ビットコインの総発行量は2100万枚に設定されており、希少性が高いです。この上限は、ビットコインのプログラムに組み込まれており、変更することができないのが特徴。ビットコインの発行上限を2100万枚に設定することで価値のインフレを防ぎます。

ビットコインに込められた思想や理念


サトシ・ナカモト氏の正体は未だに分かっていませんが、ビットコイン誕生の背景には、以下の3つの思想が込められていると考えられています。

①中央集権的な金融システムへの不信

サトシ・ナカモト氏は、中央銀行や政府などの中央集権的な金融システムに不信感を抱いていました。中央集権的な金融システムでは、政府による通貨発行量のコントロールによって、通貨の価値が変動したり、インフレが発生したりする可能性があるからです。

ビットコインは、中央銀行や政府などの発行主体を持たない、分散型の仮想通貨。そのため、中央集権的な金融システムの欠点を克服し、安定した価値を持つ通貨を目指して開発されました。ビットコインが先駆けとなり、数千〜数万種類のアルトコインが生まれています。

②インターネットの可能性を活かした新たな決済手段の実現

インターネットの可能性を活かした新たな決済手段の実現を志していましたと考えられています。インターネットは、国境や時間の制約なく、世界中の人々をつなぐことができる技術ですが、インターネットを軸にした通貨はこれまでにありませんでした。

ビットコインは、インターネット上で取引を行うことができる初めての通貨であり、国境や時間の制約なく、世界中の人々が自由に利用できる決済手段を目指して開発されました。

③個人の経済的自由の実現

サトシ・ナカモト氏は、個人の経済的自由の実現を願っていと言われています。中央集権的な金融システムでは、政府や金融機関などの第三者の管理下にあるため、個人の経済的な自由が制限される可能性があります。

ビットコインは、個人が自由に管理できる通貨手段であるため、個人の経済的自由、金融システムからの解放を実現するための手段として、機能しています。また、貧困が進む地域では、自分の銀行口座を持てない人々(アンバンクト)がたくさんいます。

こうした人々でもインターネットがあれば、平等に金融サービスにアクセスできるため、サトシ・ナカモトによって「金融の民主化」が進んだと言われています。

このように、サトシ・ナカモト氏は、ビットコインを通じて、中央集権的な金融システムへの不信、インターネットの可能性、個人の経済的自由の実現といった、さまざまな思想を実現しようとしたと考えられており、その思想に共感した人々からも、絶大な支持を得ています。

ビットコイン投資がもたらす3つのメリット


卓台に乗ったビットコイン

ビットコイン投資のメリット3つについて解説します。

  • 価値の保存手段になる
  • 小額から投資できる
  • ステーキングに預けて、利益を出せる

ビットコイン投資のメリット①:価値の保存手段になる

ビットコインは、法定通貨とは異なり、中央銀行や政府などの管理者がいないため、インフレや経済危機などの影響を受けにくいとされています。そのため、ビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれており、金のように価値があるデジタルな資産として機能しています。

法定通貨は、政府が財政赤字を補うために、通貨を発行することがあり、通貨の供給量が増えると、物価が上昇し、通貨の価値が下がります。しかし、ビットコインは、発行上限が2,100万BTCに限られているため、インフレによって通貨の価値が下がることが少なく、価値の保存手段としてのメリットを持っています。そういった意味もあり、仮想通貨の将来性は明るいという声が近年増えています。

ビットコイン投資のメリット②:小額から投資できる

ビットコインは、株式や投資信託などの金融商品に比べて、少額から投資することができます。

仮想通貨取引所によっては、500円からビットコインを購入することができるため、まとまった資金がない投資初心者の方でも、ビットコイン投資を気軽に始めることができます。また、ビットコインは、24時間365日取引することができるため、自分の好きなタイミングで投資をすることも可能となっています。

ビットコイン投資のメリット③:ステーキングに預けて、利益を出せる

ビットコインを含む一部の仮想通貨は、ステーキングによって収益を得ることができます。ステーキングとは、ビットコインを仮想通貨取引所に預けることで、報酬を得る仕組みのこと。

ステーキングの報酬は、取引所によって異なりますが、ビットコインを保有しているだけで利益を得ることができるため、ビットコインを長期保有する方にとっては大きなメリットになるでしょう。ただし、ステーキングにはリスクも伴いますので、リスクも考慮しておいくことが大切です。

ビットコインを購入できるオススメの取引所

以下より、ビットコインを購入できるおすすめの取引所を6社、厳選します。

  • OKX
  • bitFlyer
  • MEXC
  • Coincheck
  • bitbank
  • GMOコイン

ビットコインを購入できるオススメ取引所①:OKX

OKXは、香港に拠点を置く仮想通貨取引所。2017年に設立され、世界最大級の取引所の1つとなっています。ビットコインやイーサリアム(ETH)などの主要通貨はもちろん、350種類以上の新しい仮想通貨を取引でき、取引量、流動性に関しても世界トップクラスとなっています。

OKXは、取引所としての機能に加えて、ウォレットサービスやAPIサービスも提供しており、ユーザーファーストで使いさすさや、利便性が考慮された仮想通貨取引所であるといえるでしょう。

また、日本語にもしっかり対応しているため、初心者の方でも安心して利用できます。OKXを利用を検討している方は、ぜひ下記リンクから無料登録してみてください。

ビットコインを購入できるオススメ取引所②:bitFlyer

bitFlyerは、2014年に設立された日本最大級の仮想通貨取引所。販売所の売買手数料、ビットコインFXの取引手数料、三井住友銀行からの振込手数料等が無料など、各種手数料が無料となっており、初心者の方でも非常につかいやすい取引所といえます。

また、業界最長7 年以上ハッキングゼロという実績も信頼性が高い理由の一つです。簡単に仮想通貨を積立できる「bitFlyerかんたん積立」を利用でき、1円単位から積立金額の設定が可能です。

ビットコインが貯まるbitFlyerクレカも人気のサービス。ビットコイン投資のハードルが高いと感じる投資初心者に方は、bitFlyerクレカを利用し、リスクゼロでビットコイン投資を始めるのもオススメです。

bitFlyerの利用を検討している人は、下記サイトから無料登録してみてください。

ビットコインを購入できるオススメ取引所③:MEXC

MEXCは、2018年にシンガポールで設立された仮想通貨取引所。イーサリアムなどの主要なWeb3.0仮想通貨に加え、数百種類以上のアルトコインを購入できます。

エイダコインなどの新しい仮想通貨をいち早く取り扱うLaunchpadや、新規プロジェクトに投資できるMEXC Kickstarterなどのサービスも提供しているのが特徴。

MEXCは海外取引所の中でも流動性が高く、マイナーな仮想通貨の取引を利用できる点がメリットといえる取引所で、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめの仮想通貨取引所といえるでしょう。

MEXCにはあらゆるアルトコインが上場しているため、爆上げする仮想投資に投資したい方は、ぜひ以下の公式サイトから無料登録してみてください。

ビットコインを購入できるオススメ取引所④:Coincheck

Coincheckは、2014年に設立された国内最大級の取引所で、今はマネックスグループ傘下の仮想通貨取引所となっています。

決まった金額の暗号資産を自動で積み立てできる「Coincheckつみたて」や、国内初となる暗号資産交換業者運営のNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」を創設。仮想通貨の取引サービス以外にもNFTゲームのアイテム売買が出来るなど、先進的なサービスに取り組んでいるのが特徴。

日本の取引所の中でも、豊富なサービスを提供しており、初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されている取引所です。また、Coincheckは、豊富なキャンペーンを頻繁に実施することでも有名。

例えば、新規口座開設でビットコインをプレゼントするキャンペーンや、つみたて投資を行うことで、ビットコインを付与するキャンペーンなどがあり、これらのキャンペーンを利用することで、お得にビットコイン投資を始めることも可能です。

ビットコインを購入できるオススメ取引所⑤:bitbank

ビットバンクは、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所。取り扱い銘柄数を強みにしている取引所で、2024年1月時点で37種類の仮想通貨を取り扱っています。ポリゴンなどの期待されている通貨も取り扱っています。

スマートフォンからもストレス無くトレード可能なシンプルで高機能な取引所となっており、またオフラインのコールドウォレット採用、マルチシグでハッキング対策を行い、セキュリティ対策に関しても国内最高と言えるでしょう。

最大年率5%の暗号資産を1年後に受け取ることができるサービス「暗号資産を貸して増やす」も提供しており、このレンディングサービスを使えば、口座に保有している仮想通貨を有効に活用して稼ぐことも可能になります。

全体的に、bitbankは日本国内での仮想通貨取引所においても、信頼性の高い取引所の一つと言えるでしょう。

ビットコインを購入できるオススメ取引所⑥:GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループ傘下の仮想通貨取引所。口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入・送付など各種手数料がすべて無料であることや、プロ向けの取引ツールが使えるため、幅広い層から人気のある取引所といえます。

またGMOコインは、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)よりも比較的安全性の高いと言われているIEO事業にも参入しており、GMOコインを通して、IEOに参加できるというメリットがあります。

そのほかにも、少額から貸し出しが可能な「貸暗号資産ベーシック」、対象の暗号資産を保有するだけで、ステーキング報酬を受け取ることができるステーキングなど、サービスが豊富なのも特徴です。ビットコインやイーサリアム、リップル(XRP)など、国内取引所最大級となる26銘柄の取り扱いがあります。

GMOコインは、手数料の安さ、取扱通貨の豊富さ、使いやすさ、セキュリティの充実さなど、あらゆる面でバランスの取れた暗号資産取引所と言えるでしょう。初心者から上級者まで、幅広いユーザーにおすすめの取引所です。

ビットコイン買い方を3ステップで解説


以下より、ビットコインの買い方について詳しく解説していきます。

  • 仮想通貨取引所で口座開設する
  • 日本円を入金する
  • 取引所でビットコインを購入する

ビットコインの買い方①:仮想通貨取引所で口座開設する

ビットコインを購入するには、仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。取引所を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 取扱銘柄
  • 手数料
  • セキュリティ

また、取引所によって、取り扱っている仮想通貨の種類や手数料、セキュリティのレベルは異なります。自分のニーズに合った取引所を選ぶようにしましょう。取引所の口座開設は、以下の手順で行います。

  1. 取引所の公式サイトにアクセスする
  2. 必要事項を入力する
  3. 本人確認書類を提出する

ビットコインの買い方②:日本円を入金する

取引所に口座を開設したら、日本円を入金する必要があり、入金方法は、クレジットカード、銀行振込、コンビニ入金など、取引所によって異なります。クレジットカードやコンビニ入金の場合は、手数料が高くなる場合があるため、注意してください。

ビットコインの買い方③:取引所でビットコインを購入する

日本円を入金したら、ビットコインを購入することができます。購入方法は、以下の手順で行います。

  1. 取引所の画面で、ビットコインの売買画面を開く
  2. 購入したい数量と価格を指定する
  3. 購入ボタンを押す

上記手順に従って、ビットコインを購入することができます。取引所や入金方法によって手数料や時間が異なるため、自分に合った方法を選択しましょう。

購入後は、取引所のウォレットにビットコインが保管されますが、長期保有の場合はより安全な個人ウォレットへの移動を検討すると良いでしょう。

ビットコインのおすすめ購入方法

ビットコイン投資を行う際には、さまざまな購入方法があります。その中でも、おすすめの方法は「積立投資」です。

積立投資とは、毎月一定額の資金を、一定期間にわたって分散して投資する方法のこと。株式や投資信託などの金融商品の積立投資は、長期的な資産形成に効果的であることが知られています。

ビットコインも、積立投資を行うことで、以下のメリットが得られます。

  • 価格変動リスクを抑えられる
  • ドル・コスト平均法の効果で、平均購入単価を抑えられる

ビットコイン積立投資のメリット①:価格変動リスクを抑えられる

ビットコインは、他の金融商品と比べて非常に変動が激しいという特徴があるため、ビットコインの価格予想は難しいという側面があります。つまり、一括で購入すると、価格が高いときに購入してしまう可能性があり、損失を出すリスクが高まるというわけです。

一方、積立投資では、毎月一定額を投資するため、価格が高いときには少なく、価格が低いときには多く購入することができます。長期的に一定のタイミングで購入するため、価格変動のブレに影響されにくく、機会損失を考えずに最小限のリスクで投資をすることができるのが特徴です。

ビットコイン積立投資のメリット②:ドル・コスト平均法の効果で、平均購入単価を抑えられる

ドル・コスト平均法とは、毎月一定額の資金を投資する方法。この方法では、価格が高いときには少なく、価格が低いときには多く購入することになります。ドル・コスト平均法はビットコインだけでなく、株式投資の世界でも一般的に広く利用されている投資手法です。

ビットコインの価格は、長期的には上昇傾向にあると考えられています。そのため、ドル・コスト平均法で積立投資を行うことで、平均購入単価を抑え、より多くのビットコインを保有することができます。

また、取引所で積立投資を行う場合、一度設定をすれば、一定のタイミングと金額で「自動買付」ができるため、都度入金する手間がかかりません。時間的な制約がなくなることもメリットの1つです。

ビットコイン以外の仮想通貨の購入方法

ビットコイン以外にも仮想通貨の種類は多数あります。上記で紹介したような仮想通貨取引所で購入できるケースも多いですが、取引所に上場していないコインは購入できません。爆上がりを狙うなら、プレセールなどのタイミングで上場前のコインを入手するのも方法の1つです。

最近では99Bitcoinsというコインが、プレセールで投資家の注目を集めています。「Learn-to-Ean/L2E」という革新的なモデルを採用した仮想通貨で、ユーザーは学びながら報酬を得ることができます。Move-to-Earnに次ぐトレンドになると予想されます。

ゲーミフィケーションを取り入れた様々な学習スタイルが準備され、ユーザーはクイズやチュートリアルを楽しみながら、仮想通貨について学べる予定です。

コミュニティの形成にも力を入れており、同じ価値観を持った人同士で学ぶ環境を構築することで、ユーザーの満足度も向上します。トークンを保有し続ける人が多いほど99Bitcoinsの価値も高まりやすいので、強力なコミュニティの形成は、重要な施策の1つと言えるでしょう。

99Bitcoinsの購入方法はシンプルで、公式サイトからイーサリアムチェーンに対応したウォレットを接続するだけです。購入金額を入力して購入ボタンを押せば、プレセールの参加が完了します。

ビットコイン半減期の影響もあり、仮想通貨マーケットやプレセール市場も盛り上がりを見せています。多くのプレセールコインがリリースされる時期でもありますが、リスクを最小限に抑えるためにも、投資する仮想通貨についてしっかり理解した上で適切な投資を行うことが大切です。気になる方は、99Bitcoinsについて詳しく調べた上で、プレセールに参加してみてください。

ビットコインの将来性に期待できる理由


黄色いグラフと触る男

ビットコインの将来性に期待できる理由について、詳しく解説していきます。理由は、下記の2点です。

  • ビットコインETFの承認で、機関投資家の資金流入が期待できる
  • ビットコイン半減期によって、価格が上がりやすくなる

ビットコインの将来性に期待できる理由①:ETFの承認で、機関投資家の資金流入が期待できる

ビットコインETFとは、ビットコインに連動する投資信託のこと。2024年1月に現物のビットコインETFがアメリカで承認されました。

ビットコインETFが承認されたということは、ビットコインが投機対象から、投資対象として認められたことを意味しており、その結果、大手の機関投資家や個人投資家のビットコイン投資が加速しやすくなります。

膨大な資金を運用する機関投資家の流入は、ビットコイン価格の上昇につながると期待されています。税金がビットコインと比べえ低いETFが各国で承認が進めば、機関投資家の資金流入がさらに加速し、上昇機運はさらに高まるでしょう。

ビットコインの将来性に期待できる理由②:半減期によって、価格が上がりやすくなる

ビットコインは、ブロック生成の報酬として、約4年に一度半減する仕組みになっています。半減によって、ビットコインの供給量は減少し、供給量が減少することで、ビットコインの希少価値が高まり、価格が上昇しやすくなると考えられています。

半減期が始まると、仮想通貨のブル(強気)相場に入ると言われており、市場全体の時価総額も上がっていく傾向にあります。これまでに、ビットコインは4回の半減を経験していますが、ビットコイン価格は毎回上昇しています。

半減期による供給の減少は、ビットコインの希少価値を高め、長期的に価格上昇の要因となる可能性があります。このメカニズムは、ビットコインの将来性に対する投資家の期待を高める要素の1つとなっており、ビットコインに合わせて、アルトコインやミームコインの価格上昇も予想されています。

プレセールも増加する傾向にあるため、より仮想通貨の将来も盛り上がるとされています。

上記2つの理由から、ビットコインは今後も長期的な上昇トレンドを維持していくと予想されます。ビットコイン以外にも、おすすめ仮想通貨があるので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ビットコインを購入する際の注意点


ビットコインのティッカーとローソク足が表示された画面、それを眺める髭面の男

ビットコインを購入する際の注意点についても詳しく解説していきます。具体的には、下記2点です。

  • 価格の変動に注意する
  • 余剰資金の中で投資をおこなう

ビットコインを購入する際の注意点①:価格の変動に注意する

ビットコインは非常に変動性が高い資産であるため、ビットコイン価格が短期間で大きく下落する可能性もあります。ビットコインは、長期的に価値が上がっていくと予想されている仮想通貨であるため、短期ではなく、長期で保有するのがオススメ。

また、仮想通貨のローンチも増えるため、その点にも注意が必要です。「ビットコインの長期投資」を目的とする場合は、価格の変動に惑わされずに、長期的な視点をもって保有していきましょう。

ビットコインを購入する際の注意点②:余剰資金の中で投資をおこなう

繰り返しですが、ビットコインは、価格の変動が激しいです。そのため、投資する際は余剰資金の中で行うことが重要です。余剰資金とは、生活費や生活必需品に充てるお金を除いた資金のこと。

もし、生活費や生活必需品に充てるお金を投資に回してしまうと、価格の変動によって生活に支障をきたす可能性があり、オススメしません。柴犬コインのようなさらに変動が激しい仮想通貨も多いです。

余剰資金の中で投資を行うことで、価格の変動によるリスクを軽減することができ、また短期的なビットコインの売却を避けられるため、将来的なリターンにも期待できるでしょう。

クレジットカード/デビットカードでビットコインを買うには?


クレジットカードでビットコイン(BTC)を購入するには

クレジットカード(デビットカード)でビットコインを購入できる取引所をまとめました。すべての国で取引可能とは限りませんので、ご注意ください。

前述のように、居住国によってはクレカでビットコインが買えない場合もあります。また、手元のクレジットカードブランドが利用できるかどうかも要確認です。VISAとMasterCardは使えることが多いですが、その他のデビットカードは対応していないこともあります。

以下に、取引所ごとの特徴をまとめました。

  • Switchere、Coinbase、Bitstamp、CEX.io、eToroなど・・・トークン購入のインターフェースが直感的で、初心者向き。eToroは「ソーシャルトレード機能」という取引方法の学習機能が特徴。
  • Bitflyerなど・・・日本語に完全対応しており、日本からクレカでビットコインを購入しやすい。
  • LocalBitcoins、Binance、KuCoin、OKExなど・・・LocalBitcoinsはピア・ツー・ピア(P2P)プラットフォームで、他ユーザーと直接BTCを交換可能。その他3つは、取引所が独自に発行するネイティブトークンが魅力。

国によって規制内容も異なりますので、実際に取引所にアクセスして使ってみるのがおすすめです。クレカ/デビットカードでビットコインを買うには、次の購入方法の項目をご覧ください。

クレカ(デビットカード)のビットコイン購入手順


Bitflyerのホームページ

クレカ(デビットカード)のビットコイン購入手順は、現金の場合とほぼ同様です。取引所によってプロセスが異なる場合はあるものの、概ね以下の3つのステップで購入できます。

1. 取引所の口座を開設する

まず、クレカ(デビットカード)でビットコインを購入する取引所を選びます。取引所にアクセスしたら、サインアップボタンを押して口座を開設します。

2. アカウント認証を行う

クレジットカードやデビットカードでBTCを購入する際は、アカウントの認証を行う必要があります。認証には、パスポートや身分証明書などの書類が必要です。二回目以降にクレカでビットコインを購入する際は、この手順はスキップすることができます。

3. ビットコインを注文する

クレジットカード/デビットカードでBTC購入を選択したら、希望購入額を入力します。その後、カード情報と請求先情報を入力し、取引を完了します。購入したビットコインは、取引所のウォレットに即時入金されます。

取引所によっては、クレジットカード/デビットカードで購入できるBTCの量に制限があります。支払い手数料も異なりますので、注文確定前に確認するようにしましょう。

また、安全性も考慮する必要があります。クレカによるBTC決済は情報漏洩の危険性もありますので、信頼の置ける取引所のみを利用するようにしましょう。遊休資産がある場合は、ビットコインカジノで使用するのも有効です。

クレカでBTC購入(ビットコインATM編)


海外の一部の国では、クレカでBTCを購入できる「ビットコインATM」も利用可能です。CoinATMradar.comなるサイトもあり、地図上で簡単に最寄りのATMを見つけられます。

CoinATMraderのホームページ出典:CoinATMradar.com

ビットコインATMからクレジットカード(デビットカード)でビットコインを購入するには、以下のステップに従います。

  1. ビットコインウォレットを入手・・・Samourai、Blockchain.info、Jaxx、Wasabi、Mycelliumなど。有名どころであれば何でも構いませんが、ウォレット無しでBTC購入はできません。安全性を重視する場合は、TrezorやLedgerのようなハードウェアウォレットがおすすめです。
  2. 最寄りのビットコインATMを探す・・・CointATMradarの利用がおすすめです。
  3. 注文をする・・・ATMのタッチスクリーンをタップして、指示に従いながら操作します。ビットコインを選択し、購入額を入力します。身分証や電話番号の入力が必要になる場合もあります。
  4. QRコードをスキャンして購入操作を行う・・・BTCウォレットにログインし、公開鍵を探します。ATMのカメラでコードをスキャンし、クレジットカード/デビットカードを使って支払いを済ませます。
  5. ウォレットにビットコインを受け取る・・・スクリーンに取引完了と表示されたら、ウォレットにBTCが送信されたことを確認します。

クレジットカードでビットコインATMを利用する場合、高額な取引手数料がかかる場合があります。場合によっては7~10%に達することもありますので、決済画面で手数料をよく確認するようにしましょう。

ビットコインに関するよくある質問


Q1:ビットコインを購入する際、どの取引所を選べばいいですか?

A1:取引所を選択する際には、取引所の信頼性、セキュリティ、送金手数料、その他仮想通貨サービスの充実、などを考慮するのがオススメです。取引所ごとで提供しているサービスも異なるため、自分の目的や投資戦略に適した取引所を選ぶようにしましょう。

本サイトCryptoNews Japanでは、専属の暗号資産アナリストらによる綿密なリサーチの結果、2024年にビットコインを購入する際のオススメ取引所として以下3社をピックアップしました。

  1. OKX
  2. BitFlyer
  3. MEXC

Q2:ビットコインの投資は、長期的な投資に適していると思いますか?

A2:ビットコインの投資が長期的な投資に適しているかどうかは、投資家の目的、リスク許容度、および市場予測によります。ビットコインは、過去に大きな価格変動を経験しており、今後も成長が期待されていますが、市場の波動が大きいため、リスクが伴います。

長期的な投資を検討する場合は、市場の動向やメタバース投資など、関連する投資分野の盛り上がりや技術的な進歩を考慮し、自分の目的とリスク許容度に合わせてポートフォリオを構築することが重要です。

Q3:ビットコインを売却するには、どうすればよいですか?

A3:ビットコインを売却するには、以下の手順で行います。 仮想通貨取引所の口座にログインする 売却したいビットコインの数量を入力 売却価格を入力する 売却注文を出す売却注文が成立すると、取引所の口座に日本円が入金されます。

Q4:ビットコインのセキュリティ対策はどうすればよいですか?

A4:ビットコインのセキュリティ対策は、以下の2つが重要です。

  1. 取引所のセキュリティ対策
  2. ウォレットのセキュリティ対策取引所のセキュリティ対策としては、以下のようなものが挙げられます。ウォレットのセキュリティ対策としては、パスワードや秘密鍵を厳重に管理する、マルウェア対策ソフトを導入するなどが挙げられます。また主要なプライベートウォレットの種類には、デスクトップウォレット、モバイルウォレット、およびハードウェアウォレットがあります。ビットコインは、デジタルデータとして存在し、盗難や紛失などのリスクが高いため、セキュリティ対策は万全にしておきましょう。

Q5:ビットコインは、どのくらいの金額を投資するのがよいですか?

A5:ビットコインへの投資金額は、個人の投資目的や余剰資金の状況によって大きく異なります。ビットコインの最小購入価格は、取引所によって異なりますが、数百円から購入できる取引所もあります。

自分の余剰資金の中で、リスクを分散させながら、投資を行うのがオススメです。またビットコインの投資額は、自分が失っても問題のない範囲内、つまり余剰資金内で決めることを忘れないようにしましょう。

まとめ:ビットコインは初心者にこそオススメできる仮想通貨


本記事では、ビットコインの買い方とおすすめ取引所について、初心者の方にもわかりやすく解説しました。ビットコインは、2009年に誕生した世界初の仮想通貨。ビットコインETFが承認さら、2024年以降ますます注目が集まり、投資対象としても大きな注目を集めています。

ビットコインへの投資を検討している方は、本記事で紹介した取引所からぜひ投資を始めてみてください。どの取引所も信頼性が高く、初心者の方にもオススメできる取引所となっています。

ビットコインは、暗号化されたブロックチェーン技術を利用しており、中央銀行や金融機関の管理や規制を受けずに、世界中の誰でも取引ができるようになりました。メタバース仮想通貨やWeb3.0仮想通貨など、新たなトレンドも生まれていますが、ビットコインも依然として根強い人気を誇っています。仮想通貨の次の投資先を考えつつも、まずは安定のビットコインがおすすめ。

リスクを十分に理解した上でビットコインで利益を出し、資産を増やしていきましょう。