仮想通貨(暗号資産)は今後どうなる?将来に期待できるプロジェクト9選

Naoki Saito
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

いろいろな仮想通貨(暗号資産)の銘柄シンボルが刻印されたコインが積み上げられている様子

暗号資産(仮想通貨)の世界は、日々変わり続け進化を続けています。そのため、1週間前の常識が今日では古くなっていることも多々。今後の見通しや投資戦略を立てるには、常に最新の情報を取り続ける必要があります。

本記事では、「暗号資産の今後どうなる?」という問いに答えます。最新情報を取り上げながら、将来性のある仮想通貨を紹介。日々変わり続ける中この日進月歩の市場で、今後伸びていく仮想通貨で億り人へと導くバイブルとしてご活用ください。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 以上
  • SOL送金でエアドロップ!新しいプレセール方式
  • 開始数分で売上50万ドル、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングで報酬を獲得可能
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
AI
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップ
  • 期間限定!10%割引で購入可能
プロジェクトローンチ
2024年2月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • プレセール資金調達額1200万ドルを達成
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
プロジェクトローンチ
2023年9月
メタ
ビットコインマイニング
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 数量限定プレセール、売上1000万ドル突破
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値で販売
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ステーキング、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード

今後伸びる仮想通貨(暗号資産)プロジェクト9選


仮想通貨の今後に期待感を抱けるプロジェクトは、以下のとおりとなります。時価総額上位の銘柄はもちろんのこと、プレセール仮想通貨なども含め9銘柄を選抜しています。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– ドージミームの未来を形作る最新仮想通貨プロジェクト。マルチチェーン対応とユニークなブリッジング技術により、今後の仮想通貨利用に革命をもたらす可能性がある。
  2. Slothana(SLOTH)– 今後伸びる仮想通貨ブロックチェーン最有力候補Solana(ソラナ)から満を持して登場。運営チームのウォレットに送金し、エアドロップを待つプレセール手法が話題となり、初動売上60万ドル超。
  3. 99Bitcoins(99BTC)-今後DEXやCEXへの上場を予定している、仮想通貨教育の新しいスタンダードとなる可能性を秘めたプラットフォーム。99BTCトークンの価値はさらに上昇していくことが期待される。
  4. 5thScape(5SCAPE)-AR/VRコンテンツ提供に焦点を当てた仮想通貨プロジェクト。5SCAPEトークンを入手することで、ステーキング等はもちろん今後ローンチするゲーム等のコンテンツをおトクに利用できる
  5. Sponge V2(SPONGEV2)-過去100倍以上に成長を見せたSPONGE V1トークンの第2世代。ブリッジ&ステーク額は1000万ドルを超え、1000倍の仮想通貨になる可能性に期待大
  6. Smog Token(SMOG)-2023年に熱狂を読んだ有力L1ブロックチェーンSolana(ソラナ)を基盤とする仮想通貨。大量エアドロップ報酬も期待でき、収益性の高さで投資家を集める今後期待できる仮想通貨
  7. eTuktuk(TUK)-AI が統合された環境に優しい未来の交通手段となる電気で走る三輪タクシー「EVトゥクトゥク」に特化したプロジェクト。今後の成長はもちろん、実世界での活用が期待できる仮想通貨
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)-BTCのクラウドマイニングに参加できる仮想通貨。「ステーク・トゥ・マイン(STM)」というシステムを採用し、ステーキングと仮想通貨を融合させた期待のプロジェクト
  9. Dogecoin20(DOGE20)-ドージコイン(DOGE)にインスパイアされ作られた仮想通貨。DOGEにはないステーキング機能がつき、コンスタントな利回り収入を提供する

上記リストは、仮想通貨おすすめランキングや時価総額や今後の可能性など、様々な条件をもとに作成しています。将来性があり有名な仮想通貨取引所にも上場予定の一覧にもランクイン中。期待できる仮想通貨を掴みたい方は、本ランキングを参考に銘柄選定してみてください。

以下、各銘柄の詳細を解説します。

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)①:Dogeverse


Dogecoinはイーロン・マスク氏の影響もあり、爆発的な人気を博しました。そして今、Dogecoinを基盤としたメタバースプロジェクト「Dogeverse(DOGEVERSE)」が、ミームコインの未来を変える存在として注目されています。

Dogeverseが注目されるきっかけとなったのは、BaseコインDEGENとBRETTの急騰です。DEGENはBase上に構築されたレイヤー3トークンであり、完全希薄化時価総額は15.6億ドルに達しています。BRETTもBaseコインの一つで、史上最高値に近い水準で取引されています。

そしてDogeverseの特徴は、なんといってもマルチチェーン対応です。イーサリアム、BNBスマートチェーン、ポリゴンだけでなく、Solana、Base、Avalancheなど、様々なチェーンで利用可能になります。これは、従来のシングルチェーンミームコインにはない画期的な機能です。

Dogeverseのマルチチェーン対応によって、ユーザーは異なるチェーン間でDogeverseトークンを簡単に移動できるようになります。また、様々なDAppsやDeFiプラットフォームへのアクセスも可能になり、Dogecoinの利便性と利用価値が飛躍的に向上します。

Dogeverseはまだ開発段階ですが、将来的に大きな成長を遂げる可能性を秘めたプロジェクトと言えるでしょう。マルチチェーン対応、独自のユーティリティ、革新的なゲームなど、Dogeverseには成功するための要素が揃っているからです。

Dogeverseの今後に目が離せないという方は、Dogeverseの買い方を見ながら購入してみてはいかがでしょうか。

プレセール開始日 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 0.0003ドル

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)②:Slothana


現在、世界のトレンドとなっているミームコインの中でも、大きな注目を集めているのがSlothana(SLOTH)です。Slerth The Sloth (SLERF)やBook of Meme(BOME)といったミームコインの成功例を彷彿とさせるコインで、投資家からも大きな注目を集めています。

プレセールでは開始から数時間で50万ドルを超える資金調達を成功させ、投資家からの期待値を感じることができます。今までのミームコインはFOMO(Fear of Missing Out:取り残される恐怖)を煽るために、段階的に価格を引き上げていくスタイルが一般的でした。

一方でSLOTHは、ユーザーが購入のためのソラナ(SOL)を送るだけのシンプルな設計です。SLOTHの買い方は、公式ページで指定されているウォレットアドレスに、購入したSOLを送れば完了。その後は、エアドロップを待つだけです。

このシンプルな設計も、多くの投資家の注目を集めている魅力の1つです。1SOLを送れば、10000SLOTHがエアドロップされると言われています。

SLOTHはコミュニティ運営にも力を入れています。コミュニティマーケティングは、ミームコインや仮想通貨が盛り上がるための、重要な戦略の1つと言われています。

SLOTHはX(旧Twitter)における2回のポストだけでトレンド入りするなど、コミュニティの力を感じさせています。強力なコミュニティの力は、SLOTHの価格予想にもプラスに働きます。SLOTHのプレセールが気になる方は、以下の公式ページから参加してみてください。

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 1ドル

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)③:99Bitcoins


2013年から仮想通貨の情報発信をしてきた99Bitcoinsが、この度新たなプラットフォームとネイティブトークンである99Bitcoins(99BTC)を立ち上げ、仮想通貨教育に革命を起こそうとしています。

99Bitcoinsの特徴は、以下のとおりです。

  • Learn-to-Earnモデル:ユーザーは、双方向型講座、クイズ、チュートリアルなどの学習モジュールを完了することで、99BTCトークンを獲得することができます。このモデルにより、ユーザーは楽しみながら仮想通貨について学ぶことができ、知識を深めることができます。
  • BRC-20トークン:99BTCトークンは、Ethereumブロックチェーン上で発行されるERC-20トークンですが、将来的にはBitcoinブロックチェーン上で発行されるBRC-20トークンに移行する予定です。BRC-20トークンは、セキュリティとスケーラビリティを向上させる新しいトークン規格です。
  • コミュニティ:99Bitcoinsは、70万人以上のYouTubeチャンネル登録者と210万人以上のメールマガジン購読者を擁する大規模なコミュニティを持っています。このコミュニティは、ユーザー同士が交流し、学び合う場として機能しています。

今後、99BitcoinsはDEXやCEXへの上場を予定しています。また、新たな学習コンテンツや特典の追加も計画されていて、仮想通貨教育の新しいスタンダードとなる可能性を秘めたプラットフォームと言えます。仮想通貨に興味がある方は、楽しみながら仮想通貨について学ぶことができる99Bitcoinsをチェックしてみてください。99Bitcoinsの買い方に購入手順は掲載しています。

プレセール開始日 2024年4月10日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)④:5thScape


5thScape (5SCAPE)は、ARとVRゲームの提供に特化された仮想通貨プロジェクトです。現在、VRゲーム開発に力を入れております。今後伸びるAR/VR市場において、名を残すであろう期待のプロジェクト。

5thScapeチームが今後上場を目論む取引所は、まだ発表されていませんが、Coin Market CapとCoinGeckoへの上場が濃厚であると匂わせもあります。 5thScapeの価格予測では、各有名取引所に上場することとなれば、数百倍までトークン価値が伸びるとも予測されています。

今後のプロジェクトの行方を大きく左右する5SCAPEトークンのプレセールでは、現在90万ドル(約1億3000万円)以上の資金を調達済み。全12段階のプレセールで、総供給量52億1100万トークンの80%(最大時価1500万ドル)の完売を目指しています。またプレセール参加者には、今後コンテンツをお得に利用できる権利も付与されています。

今後AR/VRは、市場成長はもちろん、メタバース系仮想通貨の誕生など新しいコンテンツ体験にも組み込まれる可能性もあります。5thScapeの買い方を参考にしながら、プレセール参加をしましょう。

プレセール開始日 2024年1月
購入方法 ETH、BNB、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)⑤:Sponge V2


2023年5月に登場し爆上げした仮想通貨Sponge V1の第2世代となる仮想通貨がSponge V2(SPONGEV2)です。人気キャラクター「スポンジ・ボブ」をモチーフとしたコインであり、現在開催中のプレセールでも投資家の注目を集めています。

Sponge V1は、トークンのローンチからわずか数日で時価総額100万ドルから1億ドルへと成長した過去もあり、現在1万3,000人のホルダーがいます。V1からV2への移行が始まっており、既存のSPONGEホルダーは、ステーキングに参加し報酬を獲得できます。

また新規ホルダーは、イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)、テザー(USDT) といったお持ちの仮想通貨と交換するか銀行カードで購入でき、購入完了とともにトークンが自動的にステーキングされ報酬を獲得できます。ブリッジ&ステーク額は、すでに2800万ドルを超え今後のトークンローンチに向け期待が高まっています。

Sponge V2の価格予想によると、過去Sponge V1が大成功を収めたことや公式ロードマップで独自ゲームの開発や有名な取引所への上場などを目指していることなどから、今後100倍以上のリターンを生む仮想通貨と予想されています。

現在開催中のプレセールに参加希望の方は、Sponge V2トークンの買い方を参考にしながら、期待の仮想通貨を先行購入してみてください。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)⑥:Smog Token


Smog Token(SMOG)は、ドラゴンをモチーフとした仮想通貨。メインキャラクターがカエル(PEPE)や柴犬(DOGE)を燃やす様子から、既存のミームコインを超えた存在となることを彷彿させてくれます。

ソラナチェーンでローンチされたのち、Portalbridgeを使用してイーサリアムチェーンにも展開。SMOG価格は、ローンチ後1週間で約5倍の急上昇を遂げるなど投資家の注目を集めています。その注目の理由は、SMOGホルダーを対象としたエアドロップ。

エアドロップは、プロジェクト側がユーザー側に対しトークンを配布する行為であり、1人数十〜数百万円の利益につながることもあります。SMOGにおいても、総供給量14億枚に対し35%をエアドロップに割り当てており、最低量のトークンを保有することでエアドロップが獲得できます。

また、SMOGトークンをステーキングすることで、追加のエアドロップを獲得可能。それだけでなく、SNS等のSMOG関連のツイートなどでエアドロップに繋がるポイント獲得もできます。

そんな魅力的なエアドロップ戦略や仮想通貨市場の過熱化により、SMOGの価格予想によれば今後数年で100倍以上の価格上昇が期待されています。SMOGの買い方を参考にしながら、割引価格でトークン購入をし、巨大なエアドロップをもらいにいきましょう。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最低購入額 1ドル

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)⑦:eTukTuk


eTukTuk(TUK)は、発展途上国の輸送に革命をもたらすことを目標に、AIとブロックチェーンを活用した持続可能な輸送インフラを開発しています。発展途上国における輸送は、環境汚染や気候変動を引き起こす要因とされ、問題視されてきました。eTukTukでは、AIとトークンや仮想通貨のゲームなどを支えるブロックチェーンという革新的な技術を活用し環境問題の解決に取り組みます。

具体的なeTukTukの取り組みとしては、EVトゥクトゥク(電動三輪車)やEV充電ステーションを開発中。2024年スリランカで実用実験をスタートし、独自のドライバーアプリの開発や充電ステーションの設置も進めていく予定です。

TUKトークンは、そんなEVトゥクトゥク利用料やEV充電ステーションの利用料の支払い、地域への利益還元などに使われます。発展途上国では、銀行口座を持たない方が多く、経済の循環が非常に悪いです。仮想通貨による支払いを採用することで、eTukTukエコシステムへの参入障壁を緩和しています。

ミームコインにおいて実用性の低さが目立つ中、TUKはWeb3(仮想通貨など)社会を支えるブロックチェーン技術を実世界に利用することを視野に入れた設計がなされています。そのような期待から、現在開催中のプレセールでは、190万ドル以上の資金調達(ICO)を達成しています。

また有名レイヤー1チェーンであるバイナンススマートチェーン(BSC)を利用していることから、バイナンス上場予定も噂されています。

よって、TUKの今後は楽観的な見方をする投資家も多くいます。実際の利用も視野に入れた実需ある仮想通貨をご希望の方は、eTukTukの買い方を参考にプレセール参加しましょう

プレセール開始日 2023年11月
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 1ドル

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)⑧:Bitcoin Minetrix


Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、一般の人がBTCマイニングに参加できることを目指すクラウドマイニングプラットフォームです。通常の仮想通貨マイニングは、非常にコストがかかります。そんな問題を解決するかのように、数々のクラウドマイニング系のサービスも誕生。しかし多くは、トークンを預ける必要があるため、資金を集め持ち逃げする詐欺も横行していました。

Bitcoin Minetrixでは、「Stake-to-Mine」という仕組みを採用。BTCMTXをステークするだけでBTCマイニングに参加でき、収益を獲得します。第三者に資金を委ねることなくマイニングに参加できるため、簡単で透明性のある運用が可能です。

BTCMTXトークンのプレセールは、10ステージを用意されており、第1ステージの1BTCMTX=0.011ドルから段階的に値上げされていきます。また供給量も徐々に減っていく仕組みとなっており、Bitcoin Minetrix価格予想ではトークンの一般公開後も、価値上昇する予想となっています。

プレセール参加希望の方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考に購入に進んでください。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 10ドル

今後に期待できる仮想通貨(暗号資産)⑨:Dogecoin20


Dogecoin20(DOGE20)は、有名ミームコインであるドージコインをもとにした柴犬がメインキャラクターとなる仮想通貨。注目ポイントは、「ステーキング機能」を採用していること。本家DOGEの場合、保有していることで値上がり益のみ期待できました。一方DOGE20なら、保有しながら値上がり益と利回り収入が得られます。

先日開始したプレセールでは、スタートから数分で10万ドル(約1400万円)以上売れる大盛況ぶり。また、トークン購入者は、ステーキングし今後2年間報酬をもらうことができます。

プレセール終了後は、Uniswap(DEX)にも仮想通貨がローンチ上場し、総供給量の10%のトークンが流動性が解放されていきます。DOGE20の価格予測によると、 プレセール完売はもちろん、取引がどれほど活発化するかも、今後のプロジェクトの行方を左右するといいます。

現在DOGEの時価総額が200億ドルを超えており、今後成長していくAIやメタバース投資分野の資金が仮想通貨市場へ入ってくる期待も込めると、次世代型DOGEとなるDogecoin20は非常に期待できるでしょう。

プレセールご希望の方は、DOGE20の買い方も参考にしながら、以下リンクからトークンを購入しましょう。

プレセール開始日 2024年3月14日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

【2024年3月最新】仮想通貨に将来性はない?仮想通貨の今後


2024年に突入したばかりにもかかわらず、経済動向、政策の変化、技術の進歩など、仮想通貨市場はめまぐるしく変化しています。この章では、仮想通貨の最新情報と将来の動きを解説します。

最新情報を抑えておくことは、今後の仮想通貨市場を予測する上で重要な材料となります。2024年3月の最新版の情報となりますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 最高値を更新:仮想通貨の市場は、着々と回復を見せています。時価総額トップを走るビットコイン(BTC)は、過去最高値(69,000ドル)を更新。時価総額2位のイーサリアム(ETH)においても、日本円建てで過去最高値(57万円)更新しています。他主要アルトコインも、2022年初めの水準まで回復しており、さらなる価格上昇が期待されます。
  • 現物ETFが承認:待ち望まれていた仮想通貨の現物ETFが2024年1月、米国で承認されています。膨大な資金量が市場へ流れてきています。今後も、イーサリアムの現物ETFについても承認が期待されています。
  • 半減期イベントの発生:今後も仮想通貨市場は、期待のイベントを控えています。まずBTC半減期では、マイニング報酬として新規発行されるBTC枚数が減り。希少になることでさらなる価格上昇が期待されています。イーサリアムのアップデート(Dencun)では、イーサリアムの処理能力が向上しレイヤー2などの技術発展も期待されています。

上記のように、仮想通貨市場には続々と最新ニュースが流れ込んでいます。常に最新情報を取り続けながら、今後伸びる可能性のある仮想通貨を選んでいきましょう。

仮想通貨の今後に期待できるプロジェクトを選ぶ際の注意点


仮想通貨は、値動きも大きいため、大きいリターンが狙うことができます。ただし、暗号通貨の将来を見る上での注意点もあります。この章で仮想通貨投資への注意点を学び、投資で失敗しないための知識をつけていきましょう。

変動性の大きさ

まず、仮想通貨は他の投資商品に比べ、変動性が大きくなる傾向があります。そのため、規制や要人の動きによって大きく価格が変動します。これは、市場に入っているお金がまだまだ小さいためです。

株式市場の時価総額と比べるとその差は歴然。2024年時点の株式市場の時価総額は約110兆ドルです。一方、仮想通貨市場の時価総額は約2〜3兆ドルです。

今後仮想通貨への投資していく場合は、大きなリターンを狙える半面、大きな損失につながるリスクもあります。常に最新情報を取りながら、仮想通貨の買い方を参考に投資していきましょう。

法規制のリスク

仮想通貨の市場は、日進月歩です。そのため日々各規制局は、仮想通貨に関する法律や取り決めを変更してきています。先日も、リップル(XRP)と米証券取引委員会(SEC)と裁判の中、2023年7月にリップル社が勝利。XRPは証券では無いという判決が下りました。しかしその後も、仮想通貨の扱いに関しての規制は予断を許さない状況。今後も法規制とは、長く付き合う必要があることに注意しましょう。

セキュリティのリスク

仮想通貨は、デジタル資産です。そのため、日々ハッキングや攻撃のリスクに晒されています。コインを仮想通貨取引所やウォレットで保管する上で、私たち個人としてもさまざまなセキュリティ対策をする必要があります。今後伸びる仮想通貨を探しリターンを狙うだけでなく、常にセキュリティ対策への知識をアップデートしていきましょう。

まとめ


本記事では、仮想通貨の最新情報と今後伸びる可能性のある仮想通貨をまとめてきました。今後、仮想通貨は強気相場となる事が予想される一方で、日々価格や規制も大きな動きが見られます。

そのため、常に情報や仮想通貨のウォレットや取引所のセキュリティ対策を最新の状態にアップデートする必要があります。実世界での採用なども期待しながら、今後の仮想通貨の投資戦略を立てていきましょう。