仮想通貨プレセールの注目プロジェクト11選を完全解説【2024年最新】

Ichi Kawanaka
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

ビットコイン硬貨

ビットコイン(BTC)上場投資信託(ETF)や半減期など、注目のイベントが目白押しの2024年、暗号資産(仮想通貨)市場は大きな盛り上がりを見せています。これに伴い、仮想通貨プレセール案件も多数登場しています。

プレセールとは、まだ上場していない暗号資産(仮想通貨)を通常よりも安い価格で購入できる仕組みを指します。本記事では、2024年注目の仮想通貨プレセールをランキング形式で紹介します。本記事を読むことで、2024年注目のプレセール案件やおすすめ仮想通貨が理解できるはずです。仮想通貨プレセールに興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 以上
  • SOL送金でエアドロップ!新しいプレセール方式
  • 開始数分で売上50万ドル、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングで報酬を獲得可能
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
AI
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップ
  • 期間限定!10%割引で購入可能
プロジェクトローンチ
2024年2月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • プレセール資金調達額1200万ドルを達成
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
プロジェクトローンチ
2023年9月
メタ
ビットコインマイニング
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 数量限定プレセール、売上1000万ドル突破
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値で販売
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ステーキング、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード

仮想通貨プレセール注目ランキングBEST11【2024年】

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– マルチチェーン対応の新しいドージミーム仮想通貨。プレセールには総供給量の15%が割り当てられ、多くの投資家の注目。
  2. Slothana(SLOTH)– 3月26日にスタートした、ソラナ系の注目仮想通貨プレセール。SOLトークンを運営チームウォレットに送金し、後日エアドロップを受け取る新しいプレセール方式が話題を呼び、開始数分で50万ドル突破。
  3. 99Bitcoins(99BTC)– 「学びながら稼ぐ」という独自エコシステムが話題の仮想通貨プレセール案件。ビットコインの強気相場に乗じて勢いを増している。
  4. 5thScape(5SCAPE)メタバース投資ブームの最中に登場した、最新のAIプロジェクト。仮想通貨プレセールの売上でAR/VRコンテンツの開発を加速させる
  5. Sponge V2(SPONGEV2)– 初代スポンジボブトークン(Sponge V1/SPONGE)のステーキングにより報酬を得られる、最新のプレセール仮想通貨。短期間で100倍強の上昇率を記録したSponge V1の再来に期待。
  6. Smog Token(SMOG)– 史上最大級のエアドロップが噂されるETH・SOLマルチチェーン展開のプレセール仮想通貨。90日間ステーキングで大型エアドロップが貰える2024年注目の仮想通貨プレセールおすすめ案件。
  7. eTuktuk(TUK)– バイナンスチェーン(BSC)を基盤とし、電気で走る三輪タクシー「EVトゥクトゥク」に特化した、世界初の自動車系仮想通貨プロジェクト。発展途上国におけるEVソリューションを提供し、仮想通貨プレセールは初週で42万ドルを調達。
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– 「クラウド・マイニング」が特徴の仮想通貨プレセール案件。$BTCMTXトークンを介して簡単にビットコインの仮想通貨マイニングに参加可能。プレセール開始直後から話題となり、すでに450万ドル超を調達。
  9. Dogecoin20(DOGE20)– 3月に入り彗星のごとく登場した、注目のプレセール仮想通貨。ドージコイン(DOGE)の1/900からプレセールを開始し、本家ドージコイン超えを狙う。
  10. イーサリアム(ETH)– ビットコインに次ぐ時価総額を誇る、市場第2位の暗号通貨。スマートコントラクト機能によるDeFiやNFT分野で利用され、仮想通貨プレセールを行った2015年当時に購入した投資家の多くが億り人に。
  11. リップル(XRP)– 米カリフォルニア州に本社を置くリップル社が開発した仮想通貨(暗号資産)。プレセールは2012年に実施。送金ネットワーク「リップルネット」上で使用され、国際送金のコストを下げ、スピードアップを図ることを目的に作られた。

仮想通貨のプレセールとは?


仮想通貨のプレセールとは、資金調達をしたいプロジェクトがトークンを発行し、仮想通貨取引所への上場前に投資家に販売することを指します。仮想通貨上場予定一覧の中でも、限られた有力プロジェクトだけが、仮想通貨プレセールを行います。

プレセールには、大きく分けて下記の2つの目的があります。

  • プロジェクトの資金調達
  • トークンの認知度向上

1つは、資金調達です。プレセールでトークンを販売することで、プロジェクトは資金を調達して事業を開始したり、開発を進めたりすることができます。

2つ目は、トークンの認知度を高めることにあり、プレセールに参加することで、投資家はトークンを購入するだけでなく、プロジェクトの概要や将来性などを知ることができます。その結果、プロジェクトやトークンの認知度が高まり、上場後の価格上昇が期待されます。

しかしその一方、仮想通貨のプレセールには詐欺のリスクがあったり、上場後トークン価格が下落する可能性あったりなど、一定のリスクも存在します。プレセールに参加する際には、プロジェクトやトークンの詳細を十分に理解し、余剰資金で参加することを認識しておきしましょう。

仮想通貨プレセール注目ランキング①:Dogeverse


Dogeverse(DOGEVERSE)は、完全マルチチェーン対応のドージコインとして話題を呼んでいます。ユーモラスなコンセプトとコミュニティの熱狂的な支持により、価格が急騰する可能性があるため、多くの投資家の注目を集めています。

Dogeverseは、イーサリアム、ポリゴン、バイナンスチェーンを含む3つのブロックチェーンに対応しており、将来的にはソラナ、アバランチ、ベースチェーンへの対応も予定されています。

プレセール参加者にはステーキング報酬が提供されるなど、魅力的なトークノミクスも設計されています。初期段階のステーキングでは、高いリターンを期待できるため、仮想通貨での収益を目指す方には絶好のチャンスと言えます。

Dogeverseの買い方は、仮想通貨ウォレットの開設から始まります。メタマスクが推奨され、ETHまたはUSDTを購入した後、プレセールサイトにウォレットを接続して購入します。DOGEVERSEの購入は非常に簡単です。

プレセールはすでに大盛況で、開始数分で大きな資金が調達されました。供給量の限定性と話題性により、需要は高まり続けており、投資家は早めの参加がおすすめ。Dogeverseに興味を持った方は、Dogeverseの価格予想を参考にしつつ、下記の公式サイトからプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 0.0003ドル

仮想通貨プレセール注目ランキング②:Slothana


Slothana(SLOTH)は、3月26日に仮想通貨プレセールをスタートした、ソラナ(Solana/SOL)チェーン発の最新プロジェクト。2024年現在、ミームコインブームが巻き起こっており、こちらのSlothanaも同じくナマケモノをモチーフとしたミーム通貨。

そんな注目プレセール仮想通貨Slothanaですが、以下のような特徴があります。

  • シンプルなプレセール方式:運営チームウォレットにSOLトークンを送金、エアドロップを待つだけというプレセール手法が「楽チン」と話題になっています。
  • ミームコインブーム:先に成功を収めたSlerth The Sloth (SLERF)やSmog Token(SMOG)など、ミームコインブームに波乗りしています。
  • X(旧Twitter)でトレンド:わずか2回の投稿でX(旧Twitter)のトレンド入りを果たし、世界の仮想通貨ユーザーが注目しています。

上記の好要因が重なり、SLOTHトークンは販売開始数分で売上50万ドルを調達、3月27日時点の総売上は65万ドルを突破しています。Slothanaには後ほど紹介するプレセール仮想通貨Smog Token運営チームが関与しているとの噂も。

プレセールはまだ始まったばかりですが、先着順かつ期間限定となっています。Slothana価格予想によると、資金調達や情報開示が今後進むにつれ、一気に注目度が高まり即完売の可能性も。そのため、今すぐSOLトークンを送金して、プレセールに参加しておくのが得策です。

プレセール仮想通貨で爆益を手にしたい方は、ぜひSLOTHトークンの購入方法を参考に、サクッとプレセールに参加してみましょう。

プレセール開始日 2024年3月26日
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 なし

仮想通貨プレセール注目ランキング③:99Bitcoins


仮想通貨初心者向けの教育コンテンツで知られる99Bitcoinsが、この度「Learn-to-Earn」と呼ばれる革新的な報酬システムを導入した新仮想通貨「99Bitcoins(99BTC)」のプレセールを開始しました。

99Bitcoinsの特徴は、以下のとおりです。

  • Learn-to-Earnモデル:ゲーム要素を取り入れた学習モジュールやクイズ、チュートリアルなどを用意することで、楽しみながら仮想通貨について学ぶことができます。
  • BRC-20トークン:将来的には、Bitcoinブロックチェーン上で動作する新しいトークン規格であるBRC-20トークンに移行する予定です。
  • ステーキング報酬:保有している99BTCトークンをステーキングすることで、高額な利回りを得ることができます。
  • コミュニティ報酬:コミュニティに貢献することで、99BTCトークンを獲得することができます。
  • エアドロップ:現在、9万9999ドル相当のBTCエアドロップキャンペーンを実施中です。

99BTCトークンは現在、プレセール販売中です。プレセール価格は1トークンあたり0.001ドルで、今後値上げしていく予定です。プレセールで購入することで、上場後の価格上昇を狙うことができます。

99Bitcoinsは、仮想通貨について学びたい初心者にとって、非常に魅力的なプラットフォームです。「Learn-to-Earn」モデルで楽しみながら学習することができますし、ステーキングやコミュニティへの貢献で報酬を得ることもできます。

また、現在実施中のエアドロップキャンペーンにも参加することができます。仮想通貨への投資を検討している方は、ぜひ99Bitcoinsの買い方をチェックしてみてください。

プレセール開始日 2024年4月10日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

 

仮想通貨プレセール注目ランキング④:5thScape


5thScapeは、AR/VRゲームを通して、エンターテイメント業界に革命を起こそうとしている野心的なプロジェクト。既存ヘッドセットに対応するVR/ARゲームを複数開発し、VR/ARデベロッパーとしての地位を確立するため仮想通貨プレセールを開始したばかり。

5thScapeの中核を担うのは、エコシステムトークンの5SCAPE。プレイヤーは同トークンを使用して、ゲームへのアクセス権を購入したり、ゲーム内でアイテムを購入することが可能です。

世界最大規模のAR/VR開発者向けマーケットプレイスも立ち上げる予定で、同マーケットプレイス内でも、開発者への報酬支払い、特定のプロジェクト支援の面で5SCAPEを使用します。

VR市場は2032年、アメリカだけでも360億ドル規模になると予想されており、5thScapeは同市場のシェア獲得を目指しています。VRは様々な産業に変化をもたらす可能性があり、5thScapeはその市場トップを狙う試金石として仮想通貨プレセールをスタートしています。

5thScapeの価格予想でも、5SCAPEプレセールにおける1500万ドル規模の資金調達、2025年末までにプレセール価格比160倍以上のリターンが予想されています。

VR市場は今後確実に需要が高まっていく分野であるため、今から先行投資することは、適切な判断とも言えます。プレセールであれば低リスクで高リターンが狙えるため、ぜひ始めてみることをオススメします。5thScapeの買い方を参考にしつつ、サクッと購入してみて下さい。

プレセール開始日 2024年1月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

仮想通貨プレセール注目ランキング⑤:Sponge V2


2023年5月に登場したミームコインSponge V1の第2弾であるSponge V2(SPONGEV2)は、人気漫画のキャラクター、スポンジ・ボブをモチーフとした、プレセール開催中のミームコインです。

Sponge V1は、わずか数日で時価総額100万ドルから1億ドルへと急成長。仮想通貨の億り人も複数輩出した仮想通貨として知られています。Sponge V2はそんなSponge V1の後継プロジェクトとして仮想通貨プレセールを開始しました。

Sponge V2はコミュニティ構築とマーケティング戦略に重点を置いており、主要な暗号資産ニュースメディア、仮想通貨系インフルエンサー、Redditコミュニティとの提携を通じて、仮想通貨市場からの注目を集めています。

Sponge V2の公式サイト内の「ロードマップ V2」には、スポンジゲーム開発、大手仮想通貨取引所への上場、スポンジゲームアプリのローンチ、時価総額1億ドル達成が記載されているため、ミームコインながら長期的なプロジェクト開発や、ユースケースの向上が期待されます。

Sponge V2はプレセールの成功次第では、V1の成功を超える新たなミームコインとなる可能性もあります。Sponge V2の価格予想によると、今後1年間で100倍の投資リターンを上げると予測されています。

しかし、Sponge V2 はスポンジ・ボブとの正式な関係性はなく、本質的な価値や金銭的利益の期待を持たないミームコインであると公式サイトにも表記されているため、実際にプレセールに参加する際には、余剰資金から始めるようにしましょう。

Sponge V2の仮想通貨プレセールに参加したい方は、Sponge V2トークンの買い方を参考にし、下記の公式サイトから参加してみてください。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

仮想通貨プレセール注目ランキング⑥:SMOG


2024年2月、ソラナ・ネットワーク基盤にプレセール仮想通貨Smog Token(SMOG)が誕生しました。仮想通貨ブルラン(強気相場)に波乗りし、ローンチ後1週間で約5倍の急上昇を遂げるなど、大きな注目が集まっています。SMOG最大の魅力は、すべての保有者を対象とした史上最大級規模のエアドロップ。

仮想通貨プレセールおすすめ筆頭株のSMOGでは、最低購入量を満たすだけでエアドロップを獲得可能。さらに、資産ゼロからイールドファーミングに参加できます。報酬額はコミュニティでの活動量によって決定され、SMOGに関するツイートや特定サイトへのアクセスでポイントを獲得し、トークンをゲットすることが可能。

獲得したポイントによりトークン枚数を増やし、さらにコミュニティ活動でポイントを稼ぐという好循環を生み出す設計は、SMOGならではの革新的な運営手法と言えるでしょう。

そんなプレセール仮想通貨SMOGのトークノミクスを見ると、エアドロップへの参加を奨励するマーケティング・キャンペーンに注力していることがわかります。この戦略により、エアドロップキャンペーンが盛り上がり、コミュニティが拡大することが予想されます。

こうした取り組みによってSMOGの知名度が高まり、トークン需要の増加・SMOG相場の価格上昇が期待されます。今後も大手仮想通貨取引所などへの上場も期待されており、2024年以降、さらなる価格上昇が見込めるプレセール仮想通貨の1つです。

関連情報もまだまだ少ないため、SMOGの買い方を参考にして、今から早期参入しておきましょう。

プレセール開始日 2024年1月10日
購入方法 ETH、BNB、USDT、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

仮想通貨プレセール注目ランキング⑦:eTuktuk


eTukTukは、タイやスリランカなどの発展途上国で、電気自動車(EV)の普及と二酸化炭素排出量削減を目指すプロジェクトです。東南アジアの象徴であるトゥクトゥクの名前を冠したこのプロジェクトは、環境問題と経済発展という課題を同時に解決しようとする有望なプレセール仮想通貨です。

eTukTukは、すでにスイスで開催された環境フォーラムで紹介され、スリランカ最大の企業グループであるCapital Maharaja Groupとの提携も発表されています。EV市場は年平均35%以上の成長率で拡大しており、eTukTukの価格予想によると、2024年に最も注目を集める仮想通貨プレセールになる可能性も。

年率利回り145%のステーキング報酬、最低2ヶ月のロック期間による価格安定、プレセールの割引購入など、ローリスクで高リターンを期待できるプレセール仮想通貨です。

東南アジアとEV市場、そしてそれに伴う仮想通貨の将来性に期待できる方は、eTukTukの買い方を見ながら、下記プレセールサイトから早期購入してみてください。

プレセール開始日 2023年11月
購入方法 ETH、BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 なし

仮想通貨プレセール注目ランキング⑧:Bitcoin Minetrix


Bitcoin Minetrix(BTCMTX/ビットコイン・マイントリックス)は、ビットコインの安全なネットワークを活用したクラウド・マイニングの仮想通貨ICO(イニシャル・コイン・オファリング)

同プロジェクトは、仮想通貨ステーキングとマイニングを組み合わせた新コンセプト「ステーク・トゥ・マイン(STM)」が特徴。ステーク・トゥ・マインの仕組みを簡単に説明すると、BTCMTXをステーキングすることでマイニングに参加し、報酬を獲得できるという優れもの。

仮想通貨マイニングへ気軽に参加できるビットコイン・マイントリックスは、初心者でも参加しやすいマイニング環境を提供する仮想通貨プロジェクトと言えるでしょう。

そんなビットコイン・マイントリックスの仮想通貨プレセールは、10ステージを用意しています。第1ステージでは1BTCMTX=0.011ドルですが、プレセール進行に伴い、段階的に上昇する予定。

同プレセールはデフレ型トークンセールを採用しており、Bitcoin Minetrix価格予想によると、上場後もトークン価値は徐々に上昇する見込みです。

ビットコイン・マイントリックスは、米国の現物型ビットコインETF初承認、ビットコイン半減期、プレセール仮想通貨ブームといった2024年に期待される暗号資産市場の盛り上がりに乗じて、爆上がりの仮想通貨になることが期待されています。

同プロジェクトの仮想通貨プレセールに参加したい方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にし、下記の公式サイトから参加してみてください。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 10ドル

仮想通貨プレセール注目ランキング⑨:Dogecoin20


Dogecoin20(DOGE20)は、一世を風靡した時価総額最大のミーム通貨ドージコイン(DOGE)に敬意を払い、愛らしい柴犬をモチーフとしたプレセール仮想通貨です。最大の特徴は、ステーキング機能によるコンスタントな利回り収入です。

従来のドージコインはユーティリティがなく、投機目的のコインでしたが、Dogecoin20ならトークンの長期保有+ステーキングで二重の利益を得られます。安定的な収入を求める投資家にとって、Dogecoin20は最適な選択肢と言えるでしょう。

Dogecoin20は、難しい知識がなくても、誰でも簡単に始められるステーキングを提供しています。保有するトークンを仮想通貨ウォレットに預けるだけで、受動的収入を獲得可能。さらに、ステーキングによりネットワークの安全性を高め、強いコミュニティ構築にも繋がります。

トークン配布に関してはまず公平なプレセールを実施し、平等な条件でスタート。参加者は、上場前にトークンをステーキングし、高いステーキング報酬をゲットできます。Dogecoin20の価格予想では、プレセール価格比から10倍以上のリターンが予想されています。

かなり期待値の高い仮想通貨プレセールであることが分かるため、少しでも仮想通貨収益を得たい方は、ぜひ参加すべきと言えるでしょう。本家ドージコインがすでに成功しているため、市場からの注目も集めており、プレセール開始24時間以内に売上20万ドルを達成済み。

Dogecoin20が少しでも気になった方は、ぜひDogecoin20の購入方法を参考に、プレセール公式サイトから参加してみましょう。

プレセール開始日 2024年3月14日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし

2024年以降「仮想通貨のプレセール」が増えていく3つの理由


新しい仮想通貨

当サイトCryptoNews Japanでは、2024年以降「仮想通貨のプレセール」が急増すると予測しています。その理由について、以下で解説します。

  • 理由①:米国における現物型ビットコインETFの初承認
  • 理由②:ビットコイン半減期
  • 理由③:「トークン発行による事業拡大」に注目が集まっている

では、詳しく見ていきます。

理由①:米国における現物型ビットコインETFの初承認

2024年、仮想通貨プレセールが増える第1の理由として、米国における現物型ビットコインETFの初承認が考えられます。これは、仮想通貨市場にとって大きな追い風となることが予想されるためです。

米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETFを承認することで、伝統的金融セクターの投資家を中心にビットコインへのアクセスがさらに容易になり、流動性も高まります。これまでビットコイン投資に関しては一定のハードルがありましたが、ビットコインETF承認を以て、従来の株式投資家や機関投資家が参入すると見なされています。

結果、仮想通貨市場には大きな追い風が吹き、ビットコイン長者が増加することが予想されます。これだけでなく、仮想通貨プレセールの増加など、アルトコインへの資金流入も期待されます。

理由②:ビットコイン半減期

2024年、仮想通貨プレセールが増える第2の理由として、2024年4月に予定されているビットコイン半減期が挙げられます。ビットコイン半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半分に減少するイベント。ビットコインの歴史を遡ると、半減期に前後して大幅な価格上昇がもたらされました。

前回(2021年頃)の強気相場では、ビットコイン価格の上昇に伴い、仮想通貨市場全体への期待感が高まり、有名コイン、下位アルトコイン、草コイン、仮想通貨カジノNFTゲームなどに資金が流入しました。

そのため、ビットコイン半減期は強気相場のトリガーとして、全ての仮想通貨ユーザーが待ち望むイベントでもあります。

基本的に投資家は、価格上昇を見越して、プレセール段階で目当ての暗号通貨を購入する傾向があります。マーケット状況の回復に伴い、2024年は「プレセールによる仮想通貨ローンチ」「投資家による仮想通貨プレセール参加」が増加する1年となるでしょう。

理由③:「トークン発行による事業拡大」に注目が集まっている

2024年、仮想通貨プレセールが増える第3の理由として、「トークン発行による事業拡大」のトレンド化が挙げられます。

現在、仮想通貨プレセールで購入した投資家が「ステークホルダー」となり、資金調達からコミュニティ形成やプロジェクトの意思決定にまで参画するDAO(分散型自立組織)のプロジェクトが増加しています。

ステークホルダーとは「プロジェクトに関わる関係者や利害関係者」のこと。プレセール仮想通貨の発行・販売による事業構築は、今多くの企業からも注目されており、Web3.0仮想通貨メタバース仮想通貨など、多様なプロジェクトにおける事例増加が期待されます。

加えて、トークン発行やWeb3企業に対する仮想通貨の法規制が、世界的に緩和されつつつつあります。日本国内でもトークン発行の税制改正が進んでおり、2024年以降は企業によるプレセール増加が期待されます。これにより、仮想通貨の買い方は多様化するでしょう。

まとめ:2024年以降は、仮想通貨のプレセールに注目


本記事では、2024年注目の仮想通貨プレセール案件を紹介しました。今回紹介したプロジェクトは、いずれもユニークなコンセプトを持ち、将来性の高い仮想通貨として期待されています。

2024年、ビットコインETFの米国初承認やビットコイン半減期など、目白押しのイベントがあるため、仮想通貨の今後に期待が集まっています。そのため、今後の価格上昇が期待できるでしょう。

2024年以降も、トークン発行による事業拡大や資金調達はさらに進むと考えられるため、仮想通貨プレセールは増加する可能性が高いです。プレセールに参加される方は、ぜひ本記事をブックマークした上で参考にし、プロジェクトの詳細やリスクを理解した上で、余剰資金からプレセールに参加しましょう。