BTC 0.85%
$64,308.45
ETH 0.12%
$3,492.32
SOL 3.24%
$134.85
BNB 0.72%
$587.39
XRP -0.38%
$0.48
DOGE 1.24%
$0.12
SHIB 1.86%
$0.000018
PEPE 1.21%
$0.000011
Sealana(SAL)
先行セール終了間近

最新AI系ミームコインOracle Meme(OMEME)はPEPEのように爆伸びできるか?

Naoki Saito
| 2 min read

OMEMEイメージ図

PEPEは、もっとも歴史に名を残したミームコインの1つです。

ミームコインコインのランキングトップ5のうち4つは、犬をテーマとしたコインとなっています。

一方PEPEはカエルをモチーフとしたコインとして、現在時価総額は36億ドルを誇る世界第3位のミームコインで、2023年4月17日から3万%以上爆伸びしています。

新しいユーティリティを提供


Oracle Meme(OMEME)はPEPEと同様、従来の型はまることなく、ペットミームコインの概念を超えた最新コインです。

同プロジェクトは、革新的なAI機能を含む以下のようなサービスを提供しています。

  • ミームAIジェネレーター:ミームコインのテーマ設定などをAIが提案することで、ユーザーのミーム作成を支援する機能。
  • ミームコインジェネレーター:技術的な専門知識を必要とせずに、ユーザーが自分のミームコインを簡単に作成できる機能。
  • ミームレイヤー2:Oracle Memeとそのパートナープラットフォーム全体で、高速かつ安価なトランザクション環境を提供する。
  • ミームウォレット:すべてのミームの一元管理を可能とするプラットホーム。
  • ミームローンチパッド:新しいミームコインの起動を支援するプラットホーム。OMEMEトークン保有者には、早期投資のチャンスを提供する。

また、同プロジェクトは今後、さらに新しい商品を投入する予定です。

より多くのクリエイター、投資家、ユーザーへ、AIとミームコインを融合されたミームコインシステムを提供することで、2024年爆伸びする仮想通貨として期待されています。

長期的な成長を支援するトークン設計


OMEMEトークン設計

OMEMEトークンは、持続的な成長をサポートするための設計がなされています。

OMEMEの総トークン供給量は、500億枚となっています。その内訳としては、プレセールへ40%割り当てられ、それ以外はコミュニティに焦点を当てたものとなっています。

特に、トークンをロックすることで利回り収入を得ることができるステーキング機能は、トークン価格の長期的な成長を支援すると考えられています。プレセール投資家は、プレセール段階からトークンをステーキングできます。

また、プロジェクトが成熟するにつれて、ゲームやDeFiなどの分野で使用されるでしょう。よって、トークン価格が大きく成長する潜在的な可能性を秘めています。

なぜ長期的な成長が期待できるのか?


ミームコインの文化を覆す

ミームコインの多くは、上場後すぐに上昇し下落する傾向にあります。

なぜなら、トークンをプレセール等を利用し低価格で購入した投資家が、価格が1倍から10倍伸びるとすぐにトークンを売却します。価格が下がりはじめると、どんどんと売り圧力が高まり、安値を更新していきます。

もちろんこの戦略は、初期の投資家にとっては魅力的なリターンを生みますが、プロジェクトにとっては、今後の運営が難しくなっていきます。

OMEMEは、総トークン供給の20%(100億枚)をステーキング報酬として確保することで、初期の売却を軽減し、長期投資を促す戦略を採用しています。

また、プレセール段階で107%のステーキング利回りを提供しており、多くの投資家の注目を浴びる可能性があります。

OMEMEトークンの購入方法


OMEME買い方

Oracle Memeは、2024年5月27日からOMEMEトークンの先行販売を開始し、初期の投資家が割引料金でトークンを購入できる機会を提供しています。

また、柴犬やペペのような成功したミームコインが成功できた要因とされるコミュニティ構築にも動き、今後の成長を期待されています。

プレセールが終了してしまうと、一般の市場でトークンをゲットする必要があるため、投資家にとって不利な投資となってしまう可能性があります。

もちろんOMEMEが、100倍に成長するか否かはわかりません。しかし、AIとミームコインの両方の市場が数十億ドルの時価総額を誇るため、その2つが融合したOMEMEは大きな成長が見込めるでしょう。