BTC 1.30%
$67,966.40
ETH 0.39%
$3,520.28
SOL 4.68%
$181.37
BNB 1.20%
$602.13
XRP -0.64%
$0.59
DOGE 7.93%
$0.14
SHIB 1.40%
$0.000018
PEPE 1.99%
$0.000012
WienerAI(WAI)
限定セール中

仮想通貨の上場予定一覧は?期待の銘柄ランキングを紹介【2024年最新】

| 5 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
仮想通貨のリストとスマホ

2024年は、ビットコイン(BTC)半減期や米国のビットコインETF承認など、暗号資産(仮想通貨)市場が盛り上がっています。なかでも、仮想通貨上場予定一覧のトップ銘柄に注目が集まっています。

有力プロジェクトはバイナンスなどの有名取引所に上場すると、爆上がりの仮想通貨となるケースも。上場が期待されるおすすめ仮想通貨に投資しておけば、大きなリターンを得られる可能性は十分にあるでしょう。

本記事では、仮想通貨ニュースをお届けする当サイトCryptoNews Japanが、仮想通貨上場予定コインを厳選し、ランキング形式で紹介します。仮想通貨を上場前に購入するためのノウハウを知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

  • イーサリアムL2の最新PEPE系ミーム
  • ステーキングで高利回りの受動的収入
  • 独自エコシステムで元祖ぺぺコイン超え
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミーム通貨
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • MGMESトークン購入で、ミーム界のパリ五輪イベントに参加
  • GameFiイベントに勝利すると、ボーナス報酬あり!
  • ボーナス報酬はスマートコントラクト請求・ステーキング可能
プロジェクトローンチ
2024年7月
メタ
GameFi、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中から高額ステーキング報酬
  • 2日おきに販売価格上昇!今が最安値
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
AI、ステーキング
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • P2Eゲーム×たまごっち風ドージ犬
  • 好評セール!今夏の注目ミーム通貨
  • セール終了後にバイナンス上場の噂
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
Play to Earn
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 西部劇にインスパイアされた犬系ミーム
  • ステーキングで最大2000%超のAPY提供
  • 友達紹介プログラムでボーナス報酬獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 人気L2「Base」発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬+シェアして稼げる新機能を提供
  • コンテンツ共有でポイント獲得!DAWGZと交換可能
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn
購入方法
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Solana
    Solana
  • DICEトークンの紹介で紹介料25%!
  • プレイヤーへエアドロ225万ドル超
  • カジノゲームでデイリー報酬を獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
購入方法
  • Solana
    Solana
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで学んで稼ぐ!
  • 99BTCステーキングで報酬を獲得!
  • プロの取引戦略を学び投資で優位に
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブの後継
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ計2500万ドル
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ステーキング
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH

上場予定の仮想通貨プロジェクト一覧【2024年】


仮想通貨上場予定一覧は以下の通りです。今回紹介する仮想通貨はいずれも上場する可能性が高く、投資しておくべき銘柄といえるでしょう。

  1. Pepe Unchained(PEPU)-「天才の力によって鎖から解放されたペペ」というユニークなストーリーを持っている上場予定の仮想通貨。
  2. The Meme Games(MGMES)-綿密なロードマップとトークノミクスに基づいて設計されており、2024年の仮想通貨市場で注目すべき銘柄の一つ。2025年にはバイナンスへの上場も予定されている。
  3. WienerAI(WAI)– 監査されたスマートコントラクトを使用しており安全性が確保された新しい仮想通貨。AIとミームのトレンドに乗っており、柴犬コインなど主要ミーム通貨の高騰に伴う連れ高に期待。
  4. PlayDoge(PLAY)-昔懐かしい「たまごっち」のようなペットを育てて遊べるバイナンス上場予定の仮想通貨ゲーム。年末にかけて、10倍の利益が狙える見込み。
  5. Shiba Shootout(SHIBASHOOT)- ミームコイン特有の盛り上がりと、仮想通貨市場の好調な流れに乗っている銘柄。2024年には、バイナンス上場も目指せる期待値の高いプロジェクトです
  6. Base Dawgz(DAWGZ)-イーサリアム、ベース、アヴァランチ、BNBチェーン、ソラナなど、複数のブロックチェーンを自在に行き来できる上場予定銘柄。コミュニティのアクティブユーザーにはエアドロップキャンペーンも予定されている。
  7. Mega Dice Token(DICE)– ソラナブロックチェーンによる新しい仮想通貨プロジェクト。仮想通貨によるゲーミングやギャンブルがトレンドになっており、新規上場が期待されます。
  8. 99Bitcoins(99BTC)– 70万人超の古参コミュニティ「99Bitcoins」から生まれた新しいWeb3.0仮想通貨。資金調達額は150万ドルを突破しており、仮想通貨上場予定の噂も出ています。
  9. Sponge V2(SPONGEV2)– スポンジ・ボブをモチーフにした新たなWeb3.0仮想通貨。前身であるSponge V1の成功がベースとなっています。今後、取引所への上場が期待される最新の仮想通貨です。

上記のプロジェクト一覧は、各プロジェクトの目的・用途・信頼性・出資企業数・今後の上昇可能性など、様々な要因を総合的に加味して作成しました。どの銘柄もこの先上場が期待される有力候補です。これから仮想通貨に投資するなら、この中から選ぶのが最良の選択でしょう。以下では、上記で取り上げた中からバイナンスに上場する可能性が高い仮想通貨TOP8を個別にレビューしていきます。

バイナンス(Binance)新規上場予定銘柄ランキング


以下では、一覧で紹介したコインの中から、バイナンス(Binance)の新規上場予定の可能性が高い銘柄をランキング順で個別レビューしていきます。各プロジェクトの詳細や仮想通貨エアドロップ情報を得ることで、投資リスクを軽減しましょう。ランキングで紹介したおすすめ仮想通貨は、他の取引所への上場予定がある仮想通貨も多く含んでいます。

バイナンス上場予定の仮想通貨1位:Pepe Unchained

Pepe Unchained(PEPU)は、仮想通貨の未来を担う存在として注目を集めているバイナンス上場予定のミームコイン。イーサリアムネットワークを基盤としながらも、「レイヤー2」と呼ばれる技術を採用することで、従来のミームコインが抱えていた取引速度や手数料の問題を解消しています。

また、PEPUを保有しているだけで、高利率のステーキング報酬を受け取ることができ、他の仮想通貨と比べても破格の数字であり、投資家にとって大きな魅力となっています。

ほかにも「天才の力によって鎖から解放されたペペ」というユニークなストーリーによって、多くの人々の共感を呼び、熱狂的なコミュニティを形成しているのが特徴。ミームコインならではの爆発的な価格上が期待できます。

Pepe Unchainedは、公式サイトで簡単に購入でき、プレセール期間中は割引価格で購入できるチャンスでもあります。ETH、USDT、BNBなどの主要な仮想通貨に加え、クレジットカードでの支払いにも対応しているため、サクッと購入完了します。詳しい購入方法は、Pepe Unchainedの購入方法をご覧ください。

Pepe Unchainedの価格予想をみてもわかる通り、2024年はビットコインETFの承認、ビットコインの半減期、ミームコイン市場のトレンド化があります。さらに今後は大手取引所への上場が予定されています。資産を増やすには最適な年であるため、ぜひこの機会に資産形成を加速させましょう。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
PEPUを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨2位:The Meme Games

The Meme Games (MGMES)は、イーサリアム基盤の最新仮想通貨プロジェクトで、「ミームコイン」と「2024年パリオリンピック」という2大トレンドを合致させたバイナンス上場予定の仮想通貨。

単なる投資対象としてだけでなく、ゲームとしても楽しむことができ、MGMESトークンを購入すると、Brett(ドイツ)、WIF(イギリス)、Pepe(フランス)、Turbo(イタリア)、Doge(アメリカ)の5人のミームアスリートからキャラクターを選択可能。選んだアスリートが勝利すれば、プレセール投資額の25%がボーナスとして還元されるのが大きな特徴となっています。

さらに、ステーキング機能も搭載しており、MGMESトークンを預け入れることで報酬を得られます。ステーキング報酬は変動制で、預け入れ量が増えるほど報酬率は下がりますが、安定的なインカムゲインを狙える魅力的な仕組みです。

The Meme Games(MGMES)価格予想からも分かりますが、2024年1月のビットコインETF承認は、機関投資家の仮想通貨市場への関心を高めたため、その資金はICO仮想通貨にも流れ込む可能性も高いです。

今のうちにThe Meme Gamesの購入方法を見て、安い価格で投資しておくのが最適解と言えます。ぜひ、以下の限定セールからチェックしておきましょう。

プレセール開始日 2024年7月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
MGMESを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨3位:WienerAI

AIと犬を融合させた新作コインWienerAI(WAI)は、そのユニークなコンセプトと高いステーキング報酬から期待されています。犬系ミームは、2021年の仮想通貨市場におけるブームで人気を集めましたが、これらのコインは発行枚数に上限があるため、成長率に限界があったのがデメリットでした。

一方、WienerAIは、AI技術を融合させることで、従来のプロジェクトにはない革新性を生み出しています。AIの持つ高度な学習能力と、犬の忠実で愛らしいイメージを組み合わせることで、無限の可能性を秘めたプロジェクトとして注目を集めています。

WienerAIは、まだローンチ間もないコインですが、毎日報酬を提供する高額ステーキング報酬などもあり高い評価を受けています。ステーキングシステムは魅力的な仕組みであるため、こんごはさらなるユーザー数増加につながるはずです。結果的に、トークン価格も伸びる可能性が高いため、仮想通貨の税金が高いですが、ぜひ今のうちに仕込んでおくのがお勧めです。

WienerAIの価格予測によれば2030年までにWienerAIトークンの価格は0.7ドルに達する可能性があるとのこと。WienerAIの買い方をみつつ、ぜひ参加してみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、BNB、SOL、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
WAIを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨4位:PlayDoge

PlayDoge(PLAY)は、昔懐かしい「たまごっち」のようなバーチャルペットを、最新の仮想通貨技術で育てて遊べるバイナンス上場予定の仮想通貨ゲーム。90年代のゲームのような親しみやすい雰囲気で、ブロックチェーン技術を使ってデジタルペットの世話を行いながら、仮想通貨のPLAYトークンを手に入れたりすることができます。

PlayDogeのポイントは、以下です。

  • なつかしいドット絵のきれいなグラフィック
  • スマホで簡単に操作できる
  • ブロックチェーン技術で安全に遊べる
  • 他のプレイヤーと交流できる

たまごっちは1996年以降、世界中で8200万個以上も売れている大人気ゲーム。PlayDogeは、この大人気ゲームの楽しさと最新の技術を組み合わせた、新しい形のゲームと言えます。

PlayDogeは、2024年6月からプレセールが始まります。プレセールサイトでウォレットを接続して、BNB、ETH、USDTなどの仮想通貨を使ってトークンを購入可能に。プレセール中のトークン価格は1 PLAY = 0.00451ドルで、プレセール中からステーキング報酬も得られるため、ぜひ参加しておきましょう。

特にゲーム市場は2033年までに6650億ドルにまで成長すると予想されており、PlayDogeのようなゲームへの需要はさらに高まると期待されています。PlayDogeの将来性の通り、2024年末にはここから10倍以上のリターンが狙えます。

ぜひPlayDogeの買い方を参考にしつつ、以下の公式サイトから投資しておきましょう。

プレセール開始日 2024年5月28日
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 なし
PLAYを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨5位:Shiba Shootout

Shiba ShootOut(SHIBASHOOT)は、柴犬コインからインスピレーションを得たバイナンス上場予定の仮想通貨。2024年の注目銘柄として期待されており、西部開拓時代を舞台にしたユニークな世界観が、話題を読んでいます。

Shiba Shootoutは、ミームコイン特有の盛り上がりと、仮想通貨市場の好調な流れに乗っており、爆発的な成長を目指すプロジェクトとして期待されています。さらに、ユーザーにとっても嬉しい機能を多数提供しており、プロジェクトの意思決定に参加できる「トークンガバナンス機能」や、トークンを貯蓄して報酬を得られる「貯蓄サドルバッグ」機能などがあります。

仮想通貨エアドロップの可能性もあるため、長期的にトークンを保有してもいいかもしれません。長期保有は、ユーザーにとっては、大きなメリットがあると言えるでしょう。Shiba Shootoutのトークノミクスにおいても、長期保有を促すように設計されているため、将来的な価格上昇も望めます。

Shiba Shootoutは、すでに48万ドル以上の資金調達に成功しており、バイナンス上場の可能性も高まっています。プレセール価格は段階的に上昇するため、興味のある方はShiba Shootoutの買い方を見ながら、購入を進めておきましょう。Shiba Shootoutの価格予想も参考にしながら、サクッと下記の期間限定セールに参加しておくことをおすすめします。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
SHIBASHOOTを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨6位:Base Dawgz

Base Dawgz(DAWGZ)は、柴犬ミームにインスパイアされた最新テクノロジーを活用した仮想通貨。イーサリアム、ベース、アヴァランチ、BNBチェーン、ソラナなど、複数のブロックチェーンを自在に行き来できるのが最大の特徴です。異なるブロックチェーン間でのシームレスな相互運用性を実現することで、仮想通貨市場で最もアクセスしやすいミームコインの1つを目指しています。

現在、Base DawgzはERC-20ネットワーク上で展開されており、総供給量の20%がステーキング報酬として割り当てられています。また、コミュニティのアクティブユーザーにはエアドロップキャンペーンも予定されているため、今後のエアドロップにも期待が集まります。

Base Dawgzの今後のロードマップは以下の通りです。

  • フェーズ1: SNSの開始、公式サイトの開設、コントラクト導入、プレセール開始
  • フェーズ2: コントラクト監査、コミュニティ拡大、マーケティング開始
  • フェーズ3: DEXへの上場、CoinMarketCap、CoinGeckoへの上場
  • フェーズ4: コミュニティ報酬の提供、マーケットの継続、CEXへの上場

DAWGZトークンの将来性について、CoingeckoやCoinMarketCap、その他のDEX、CEXへの上場予定もあり、実現すれば価格に大きな影響を与える可能性があります。

上場する前に大きな買いを入れておき、上場タイミングで売却することで莫大な利益を得ることが可能です。Base Dawgzの買い方を見ながら、少額でもOKなので買いを入れておくことをおすすめします。2024年ほど上昇相場の年は極めて少ないため、ぜひ投資をしておきましょう。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 USDT、ETHなど
ブロックチェーン Base
最低購入額 なし
DAWGZを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨7位:Mega Dice Token

仮想通貨の世界は、近年ますます注目を集めています。中でも、GameFiと呼ばれるゲームと金融を融合させたプロジェクトは、多くの投資家から熱い視線を送られています。そんなGameFiの中でも、特に注目されているのがMega Dice Token(DICE)という仮想通貨です。DICEは、ソラナブロックチェーン上で発行されたトークンで、Mega Diceカジノの通貨として利用されています。

DICEのトークン保有者は、カジノのパフォーマンスに基づいてデイリー報酬を受け取ることができ、株主配当のような仕組み。そして、DICEはカジノの通貨としても機能するので、アクティブユーザーはゲームをプレイすることでDICEを獲得できます。そのほかにも、DICEを保持すると、カジノ内の限定ゲームや特定の機能へのアクセスが可能になるため、希少価値の高いNFTを獲得できるチャンスもあります。

DICEは、すでに人気を獲得している仮想通貨カジノMega Diceの通貨であるという点も魅力といえるでしょう。Mega Diceは、高速かつ低コストの取引を提供するソラナチェーン上で運営されており、ユーザーにとっても非常に快適なギャンブル体験といえます。

Mega Dice Tokenの価格予想によれば、2025年niha0.36ドルまで上昇する可能性があり、これから数十倍以上のリターンになります。今から投資しておけば、ほぼ確実に資産家になれる可能性が高いため、ぜひMega Dice Tokenの購入方法をみながら期間限定セールに参加してみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 SOL、ETH、BNB
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 なし
DICEを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨8位:99Bitcoins

99Bitcoins(99BTC)は、今までにない新しいモデルで注目を集めるバイナンス上場予定の仮想通貨です。Learn-to-Ean/L2Eモデルを採用し、ユーザーは学びながら報酬を得ることができます。今までにもPlay-to-Earn/P2E、Move-to-Earn/M2Eなどが登場してきましたが、99Bitcoinsは「教育」という新しい視点を提供します。

99Bitcoinsの先行販売に参加することで、投資家は仮想通貨について学ぶコミュニティに参加できます。同じ価値観を共有できる人々が、様々なカリキュラムを通して仮想通貨やブロックチェーン技術について学習できるのです。

教育方法にはゲーミフィケーションを取り入れ、クイズやゲームをする感覚で楽しみながら学ぶことができます。個人にカスタマイズされた勉強方法で学べるので、幅広いユーザーからの活用が見込まれるでしょう。

99Bitcoinsの先行販売は2024年4月10日に開始されましたが、1週間ほどで45万ドル以上の資金を集めています。ステーキング報酬やトークン保有者への特典も準備されており、ローンチ後の価格上昇が期待されています。

99Bitcoinsの購入方法は、公式サイトにイーサリアムチェーンウォレットを接続するだけです。投資する金額を入力し、購入ボタンを押せば完了です。学びながら稼ぐ、というまったく新しい体験ができる仮想通貨に興味がある方は、ぜひプレセールに参加してみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
99BTCを見てみる

バイナンス上場予定の仮想通貨9位:Sponge V2

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年に100倍の成長率、市場価値1億ドル、バイナンス新規上場を達成したSponge V1(SPONGE)の後継プロジェクト。Sponge V2最大の特徴は、ステーク・トゥ・ブリッジモデルです。

Sponge V1トークン保有者は、既存のトークンをステークすることで、新しいSponge V2トークンに移行できます。さらにSponge V2は、4年間でAPY(年間収益率)最低40%のステーキング報酬を提供し、Sponge V2価格予想では、今後1年間で100倍の投資リターンになるという予測もあります。

Sponge V2は、バイナンス上場コインSponge V1の成功を踏襲し、Twitterで2万4000人以上のフォロワー、Telegramで約8000人のコミュニティを構築。仮想通貨上場予定一覧のなかでも特にバイナンスへ上場する可能性が高いと専らの評判です。バイナンス新規上場が実現すればSponge V2の価値はさらに高まるでしょう。

SPONGEV2トークンの総供給量は1500億で、大部分がステーキング報酬とプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のNFTゲームに充てられています。プレイ・トゥ・アーンは仮想通貨の次に流行るものとも言われているため、この将来性はかなり高いです。

今後、3万人以上のコミュニティ基盤を活用し、バイナンス上場予定の仮想通貨としてさらなる成長を遂げるでしょう。Sponge V2に投資するなら今がチャンスです。バイナンス上場スケジュールを見越して、Sponge V2トークンの買い方を見ながら先行販売セールで購入にしてみましょう。

リリース日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
SPONGEV2を見てみる

バイナンス(Binance)上場の頻度や条件は?


都会的な雰囲気の場所にある電光掲示板。ローソク足などのデータが表示されており、人々が歩いている

バイナンス(Binance)は、歴史の浅いアルトコインを新規上場する取引所としてもよく知られています。仮想通貨カジノに対する法規制が厳しくなるなどの煽りを受け、現在は審査条件も厳しくなり、上場の頻度も少なくなりました。過去6カ月でバイナンスに新規上場した仮想通貨は、わずか6プロジェクトです。

言い換えると、仮想通貨の億り人になれるレベルの高品質なプロジェクトのみを取り扱っていると言えるでしょう。

バイナンスのチャンポン・ジャオ前CEOによると、バイナンスは時価総額や知名度の低い通貨(いわゆる草コイン)を、たとえ400BTCあるいは4000BTCを支払われても上場させないとのことです。また、ETH、NEO、XRP、EOS、XMR、LTCなど多くの通貨は無料で上場されたと述べています。

重要なのは、上場にかかる費用ではなく、そのコインが上場するに足る質の高いプロジェクトであるかどうかということです。仮想通貨上場予定一覧のなかでも「バイナンスに上場するかどうか」という点は、仮想通貨の価値を図る指標の一つになるでしょう。

最近上場した仮想通貨プロジェクト一覧


色々な仮想通貨のロゴが刻印された硬貨が並んでいる

参考までに、最近取引所に上場した仮想通貨プロジェクトを一覧で紹介します。

  • トロン(TRON/TRX)– 動画や音楽などのエンターテインメント向けのプラットフォームが特徴の一つです。2021年にビットポイントに上場したことで注目されました。
  • エンジンコイン(ENJ)– eスポーツやメタバース仮想通貨向けのプラットフォーム。2021年にCoincheckとGMOコインに立て続けに上場し、今後も大手取引所への上場が期待されています。
  • ポルカドット(DOT)– 「ブリッジ機能」という技術が注目を集めています。日本の取引所では、ビットフライヤーやGMOコインなどで上場されており、次に来る仮想通貨1000倍銘柄と言われています。

ここで取り上げた仮想通貨やエイダコイン(ADA)は、いずれも今後成長が見込まれるアルトコインです。上場予定の仮想通貨とともに、チェックしておきましょう。

上場予定の仮想通貨一覧に投資するメリット


オフィス街の広場に佇む電光掲示板。何らかのデータと地球を模したと思われる金色の球体が表示されている。

上場予定の仮想通貨一覧を紹介してきましたが、本当に投資してよいのか気になる人もいるでしょう。そこで、上場予定の仮想通貨に投資するメリットを紹介していきます。

  • 上場に価格高騰が期待できる
  • 少額投資ができる
  • 成長するコミュニティに参加できる

3つのメリットをそれぞれ詳しく見ていきます。

上場による価格高騰が期待できる

一番のメリットは、仮想通貨のローンチによる価格高騰が期待できることです。なぜなら、仮想通貨が取引所に上場すると、コインの注目度が上がり、多くの投資家が参入するからです。投資が活発になれば、流動性が高まり、価格の上昇につながります。

特に、大手取引所への上場は、仮想通貨の信頼性や知名度を高め、価格高騰に直結しやすいです。

少額投資ができる

少額投資ができる点も、メリットの一つになるでしょう。上場予定の仮想通貨は、既に市場に出回っている通貨と比べて価格が低めです。資金に余裕がなくても、少額から投資でき、リスクを抑えながら市場の動向を学べます。仮想通貨投資の初心者にとっては、特に大きなメリットといえるでしょう。

成長するコミュニティに参加できる

上場時に早期投資することで、そのプロジェクトの一員になることができ、仮想通貨の億り人になれる可能性も高まります。特にローンチされたばかりのプロジェクトは、新しい技術や革新的なアイデアを持った人が多く、コミュニティに参加できれば、以下のメリットを得られます。

  • 最新情報を得られる
  • 感度の高い人々と交流できる

儲かる仮想通貨

を知るには情報の交換が重要です。上場予定のプロジェクトに参加する価値は十分にあります。

上場予定の仮想通貨一覧に投資するデメリット


2024年にバイナンス(Binance)に上場が期待されるコイン一覧

上場予定の仮想通貨に投資するメリットを紹介してきましたが、少なからずリスクも伴います。考えられるデメリット及び注意点は以下の3つです。

  • 価格変動が大きい
  • 取引量が少なく、取引が難しい
  • 売却のタイミングが難しい

それぞれ詳細に見ていきます。

価格変動が大きい

デメリットの一つは、価格変動が大きいことです。価格変動が大きいと、常にニュースや市場の動きに警戒する必要があります。特に上場予定の仮想通貨は、多くの投資家で話題になることが多く、期待により価格が高騰します。しかし、この高騰は不安定な場合が多く、ニュースや市場の動きで簡単に価格が変動します。長期投資を考えている場合は、注意点として頭に入れておくべきでしょう。

取引量が少なく、取引が難しい

次のデメリットは、取引が難しいことです。取引量が少ないと、理想のタイミングで売買できない可能性があるためです。例えば、緊急で利確したい場合や市場の変動に応じて迅速に対応したい場合は、問題の一つとなるでしょう。

売却のタイミングが難しい

上場予定の仮想通貨に投資する際、最も難しいのが売却のタイミングを見極めることです。仮想通貨の価格は、上場直後に大きく変動することが多いです。上場後の高騰を見逃さないようにするためには、市場の動向を分析し、迅速な判断が必要になります。このタイミングを誤ると、大きな損失につながる可能性が増えるでしょう。

仮想通貨投資が難しいと感じる場合は、イールドファーミングなどにチャレンジするのも一つの手です。

上場予定の仮想通貨一覧から稼ぐコツ3選


仮想通貨の取引板

上場予定の仮想通貨に投資して稼ぐために、知っておくべきコツがあります。今回は、仮想通貨で損しないためのポイントを3つ厳選しました。上場予定の仮想通貨で堅実に利益を得るために、必ず確認してください。

先行販売セールを活用する

まずは、先行販売セール(仮想通貨プレセール)に注目しましょう。上場前の仮想通貨は通常、ICO(新規仮想通貨公開)などの先行販売で獲得できるためです。これは、一般公開前に低価格で銘柄を手に入れるチャンスでもあります。

なお、高いリスクも伴うため、プロジェクトの背景や動向、技術的な側面を分析し、堅実な投資をすることが重要です。今回紹介したのは、上場予定が期待されている安全なプロジェクトのみです。ぜひ参考にしてください。

将来性が期待できる銘柄を選ぶ

上場予定の仮想通貨を選定するには、「どの仮想通貨取引所で取り扱うのか」といった点にも注目しましょう。将来性が期待できないプロジェクトは、上場後に暴落する可能性も高まるからです。仮想通貨を選定する際は、以下のポイントを確認しましょう。

  • 仮想通貨の使用用途や目的はなにか
  • どのような技術が使われているのか
  • 開発状況はどうなっているのか
  • どんなチームが運営しているのか
  • コミュニティのサポートは充実しているか

長期的なビジョンと実行可能性を持つプロジェクトに注目すれば、将来性は期待できるでしょう。リスクを抑えつつ、将来的に大きなリターンを得るためにも、プロジェクトの分析は欠かさないことが大切です。

少額投資から始める

最後のポイントが、少額投資から始めることです。少額で始めることで、大きな損失を避けることができるためです。特に、上場予定のプロジェクトは低価格であることが多いため、少額投資に向いています。

少額投資であれば、多様な仮想通貨に投資することも可能です。ポートフォリオが多様化すれば、リスクも分散できます。特に投資初心者の方は、リスク軽減と市場の把握のために、少額投資から始めることがおすすめです。

上場予定の仮想通貨一覧に関してよくある質問


Q1:仮想通貨のプレセールって何?

新規トークンが市場で販売される前に、割引価格で購入できることです。一般的には、ICOや取引所への上場前に実施されます。早期投資による大きなリターンを見込めるのがメリットです。

リスクとしては、プロジェクト失敗による資産の無価値化やコイン価値の急落などが挙げられます。リスクを最小限に抑えるためにも、各プロジェクトの公式サイトで情報収集することが重要です。今回の一覧には、各プロジェクトへの公式サイトを載せています。仮想通貨の購入方法と合わせて、必ずチェックしておきましょう。

Q2:仮想通貨は取引所に上場すると、どうなるの?

仮想通貨が取引所に上場すると、以下の変化が生じます。

  • 流動性が向上する – 多くの投資家がアクセス可能となり、取引が容易になるため
  • 価格変動が起きる – 期待が高まり、投機的な取引が増えるため
  • 信頼と認知が拡大する – 取引所の基準や規制を満たしている証拠となるため

変動が非常に激しくなるため、リスクも伴いますが、多大なリターンを得られる可能性もあります。情報収集を怠らず、慎重な判断が求められます。

Q3:バイナンスやバイビットに上場予定の仮想通貨一覧はどこで確認できる?

バイナンスやバイビットの仮想通貨上場予定の一覧情報を得るには、各取引所のWebサイトを確認しましょう。例えばバイビットでは、ByVotesというイベントにて上場する可能性がある銘柄を確認できます。

Q4:バイナンス上場前にお目当ての仮想通貨を入手する方法は?

バイナンスや他の取引所に上場する前に仮想通貨を手に入れる方法は、プロジェクトの先行販売に参加することです。この場合における仮想通貨の購入方法をまとめると、以下の手順になります。

  1. ウォレットの準備 – MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットを開設します。
  2. 購入資金となるコインを購入 – イーサリアムなどのトークンを事前準備します。各プロジェクトで必要となる仮想通貨は異なるため、事前に調べておきましょう。各コインの買い方は、「ビットコインの買い方」「リップル(XRP)の買い方」などを参考にしてください。
  3. ウォレットを公式サイトに接続 – 公式サイトにアクセスし、画面の指示に従って仮想通貨ウォレットを接続します。
  4. 仮想通貨を購入 – 交換したいトークンを選択し、取引金額を入力し、取引を完了します。

投資家は、公式セール終了後、トークンを受け取ることができます。

Q5:仮想通貨上場予定一覧の中でもバイナンスに上場しそうな注目コインは?

バイナンス新規上場が噂される注目コインとして、PlayDoge、WienerAIなどのミームコインがあります。その他、ICO仮想通貨などにも今後注目するべきでしょう。イーサリアム(ETH)やポリゴン(Polygon)仮想通貨、バイナンススマートチェーン(BSC)など主要ブロックチェーンを中心に情報を定期的にチェックし、投資判断を下しましょう。

まとめ:バイナンス(Binance)上場予定の仮想通貨一覧に要注目!


本記事では、2024年に上場予定が期待される仮想通貨(暗号資産)を一覧で紹介しました。今回紹介したプロジェクトは、いずれも投資家の期待が高まっており、さらなる仮想通貨取引所への上場が期待されているものばかりです。中でも、バイナンスへの上場は特に注目です。DEXToolsなどのツールで仮想通貨市場を分析しましょう。

ビットコイン長者が激増すると言われている2024年、仮想通貨の上場予定一覧ランキングにも注目が集まるでしょう。2025年の仮想通貨バブルに波乗りするためにも、まずは先行販売セールに注目しましょう。参加される方は、ぜひ本記事を後から見返せるようにブックマークした上で参考にしてみてください。