BTC 1.33%
$68,013.05
ETH 0.36%
$3,525.70
SOL 4.87%
$182.11
BNB 1.20%
$602.88
XRP 0.33%
$0.59
DOGE 6.77%
$0.14
SHIB 0.77%
$0.000018
PEPE 1.61%
$0.000012
PlayDoge(PLAY)
プレセール開催中

仮想通貨のおすすめは?将来性のある銘柄ランキング【2024年】

| 32 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
仮想通貨のおすすめ銘柄ランキング10選【2024年最新】

2024年現在、多くの投資家が暗号資産(仮想通貨)に期待を寄せています。特に、ビットコインの半減期や米国のビットコインETF(上場投資信託)の初承認のようなイベントは、市場の成長を加速させ、ビットコインやアルトコインの価値を一層引き上げる可能性があります。

本記事では、2024年の仮想通貨おすすめ銘柄一覧をランキングで紹介し、魅力やおすすめする理由をレビューしていきます。暗号資産(仮想通貨)投資で損しないため、これから伸びるおすすめコインの選び方や買い方、注意点も解説します。

仮想通貨のおすすめ比較一覧【2024年】


今後の仮想通貨市場に大きな影響を与えると予想されているおすすめ仮想通貨10選をランキングで紹介します。以下は、2024年のこれから伸びる仮想通貨リストです。

  1. ビットコインbtc logo BTC +0.10% – 世界で最も古く、最も高い時価総額を持つ仮想通貨。長期保有におすすめ。現在レート=$67,207.99
  2. イーサリアムeth logo ETH +0.06%– スマートコントラクト機能を提供る世界第2位の時価総額を誇る仮想通貨。今後も需要拡大が予想されており、おすすめ。現在レート=$3,526.43
  3. リップルxrp logo XRP +2.56% – 国際決済を迅速かつ安価に行うことを目的とした決済ネットワークの仮想通貨。投資するには今がおすすめ。現在レート=$0.592
  4. ソラナsol logo SOL +1.69% – イーサリアムへの代替として位置付けられている仮想通貨。ここ数カ月の価格上昇が注目されている。現在レート=$172.88
  5. バイナンスコインbnb logo BNB +0.34% – 世界最大の仮想通貨取引所バイナンスの公式トークン。取引割引などの特典を提供されるため、おすすめ。現在レート=$596.04
  6. ドージコインdoge logo DOGE +7.13%– ミームコインの元祖。イーロン・マスクなど著名人の支持を受けて人気を博しており、今後も期待大でおすすめ。現在レート=$0.134
  7. ポリゴンmatic logo MATIC +1.60%– イーサリアムネットワークを高速かつ安価にするためのレイヤー2ソリューション。大規模なアップグレードを行っている。現在レート=$0.539
  8. チェーンリンクlink logo LINK +1.13%– 分散型オラクルネットワークを提供する仮想通貨。DAppsやDeFiアプリケーションが盛り上がるほど成長するため、おすすめ。現在レート=$14.26
  9. トロンtrx logo TRX -0.22%– DeFiやDApp開発で注目の仮想通貨プロジェクト。大規模な成長が見込まれるため、将来性が高い。現在レート=$0.134
  10. アバランチ– 超高速トランザクション処理能力と拡張性を提供するスマートコントラクト対応ブロックチェーン。資産のトークン化やGameFiへの注力しており、将来性が高い。現在レート=$28.73

仮想通貨のおすすめ銘柄定番10選を紹介


以下では、2024年に買うべきおすすめ仮想通貨10選を一つずつレビューしていきます。各通貨の特徴、最新の動向、価格変動、時価総額ランキング、将来性をまとめています。2024年のこれから伸びる仮想通貨ばかりですので、ぜひ投資する際の参考にしてください。

①:ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は、世界で最も古い仮想通貨。時価総額ランキング1位であり、価格が安定しやすくおすすめです。米国を含むさまざまな政府によって公式に認められている唯一の仮想通貨であり、日本ではビットコイン税金が高いですが、エルサルバドルなどの国では法定通貨として使用されています。以下、マーケット情報(2024年4月8日時点)です。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:1048万0380円
  • 時価総額:約206兆949億円
  • 過去1年間の変動率:143.74%上昇

ビットコインは現在50万ドル以上で取引されており、2020~2021年の仮想通貨が強気相場であった際の4万2000ドルを大きく上回っています。この相場が心理的に大きな後押しとなり、今後数カ月にわたってビットコイン価格に影響を与える可能性は高いです。

2024年1月、ビットコインETFが米国の証券取引所で取引を開始したことでさらに話題になったおすすめ仮想通貨です。より多くの投資家がETFを顧客に提供することで、ビットコインの需要が急増し、仮想通貨価格がこれから伸びる可能性があります。

BitFlyerでBTCを見てみる

②:イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、時価総額ランキング世界第2位を誇るおすすめ仮想通貨であり、DApps開発に広く利用されているブロックチェーン・ネットワーク。イーサリアムは、2015年に開始されたスマートコントラクトを導入した最初の企業であり、2022年にはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の検証メカニズムからプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行に成功しました。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:53万2133円
  • 時価総額:約63兆8967億円
  • 過去1年間の変動率:89.11%上昇

イーサリアムは現在、ネットワークの速度を向上させ、イーサリアムの価値を高めるレイヤー2ソリューションに焦点が当てています。イーサリアムが大きくなればなるほど、より多くの開発者がイーサリアム上に構築し、さらに多くのユーザーの参加を促します。

プレイ・トゥ・アーン(Play-to-earn.P2E)の仮想通貨ゲーム、メタバース投資の進歩などの需要がさらに高まることで、その価値はこれから伸びるため、おすすめです。

BitFlyerでETHを見てみる

③:リップル(XRP)

リップル(XRP)はリップル決済ネットワークの公式トークンで、国際決済をより迅速かつ安価にするために構築されたおすすめ仮想通貨です。XRPは現在、時価総額ランキング第6位の仮想通貨です。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:92.23円
  • 時価総額:約5兆774億円
  • 過去1年間の変動率:20.75%上昇

リップルは、SECによる有価証券に分類されるかどうかの訴訟によって何年も抑制されてきましたが、裁判で勝利したため、その不確実性はなくなっています。最近では、大手銀行がリップル社の決済ネットワークを利用し始めています。

リップルは昨年の裁判での勝利以来、わずかな上昇にとどまっており、多くのアナリストは割安だと考えています。今後の仮想通貨の強気市場で、XRPの価格が急騰する可能性があるため、投資するなら今がおすすめです。

BitFlyerでXRPを見てみる

④:ソラナ(SOL)

ソラナ(SOL)は、イーサリアムへの代替として作られた高速かつ安価なブロックチェーン。2023年10月から2024年2月までの間に300%以上の上昇を記録し、現在の強気市場で最も成功したおすすめアルトコインの一つです。Solanaは現在、時価総額ランキング第5位の仮想通貨になっています。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:2万5985円
  • 時価総額:約11兆5780億円
  • 過去1年間の変動率:745.63%上昇

ソラナは過去数ヶ月間で価値は5倍近くに上昇し、開発者たちの関心も非常に高まっています。今後もDAppsの覇権を賭けて市場シェアを拡大していく可能性が十分にあります。仮想通貨ソラナの将来性は高く、非常におすすめです。

MEXCでSOLを見てみる

⑤:バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコイン(BNB)は、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス公式仮想通貨。取引における割引や、バイナンスでの新しいコインの発表への早期アクセスなどの特典を提供しており、おすすめです。現在の時価総額ランキングは第4位。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:8万7650円
  • 時価総額:約13兆1032億円
  • 過去1年間の変動率:84.71%上昇

バイナンスコインの過去1年間のパフォーマンスはあまり良くありませんでした。バイナンスとその創設者であるチャオ・チャンペンが反マネーロンダリングおよび制裁要件に違反したとして米国で起訴されたためです。

バイナンスは現在、その訴訟と和解しており、問題は解消されました。むしろ、米国政府はバイナンスの財務基盤は強固であると判断した証拠とも言えます。BNB価格に反映されるまでは時間がかかるかもしれませんが、今後も長期的な成長が期待できるおすすめ仮想通貨といえるでしょう。

MEXCでBNBを見てみる

⑥:ドージコイン(DOGE)

ドージコイン(DOGE)は2013年に登場したミームコインの元祖といえるおすすめ仮想通貨。2020年から2021年にかけて、テスラ創業者のイーロン・マスクなどの注目を集めてから、何千ものミームコインに影響を与えました。ミームコイン市場の中では時価総額ランキング1位の銘柄です。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:28.43円
  • 時価総額:約4兆883億円
  • 過去1年間の変動率:125.92%上昇

ドージコインは過去12ヶ月で下落していますが、すぐに価格は回復すると予想されます。さらに、ドージコインは仮想通貨の世界で広く受け入れられており、現実の世界でも受け入れられ始めています。いつかおすすめ仮想通貨であるドージコインが独自のETFを獲得したら、価格は爆上げとなるでしょう。ドージコインの買い方も要チェックです。

BitFlyerでDOGEを見てみる

⑦:ポリゴン(Polygon/MATIC)

仮想通貨ポリゴン(Polygon/MATIC)は、イーサリアムのためのレイヤー2ソリューションであり、トランザクションをより高速かつ安価に実行できるようにするおすすめ仮想通貨プロジェクトです。ポリゴンは最近、MATICトークンを新しいPOLトークンに移行することを含む、Polygon v2へのアップグレードを発表しました。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:134.08円
  • 時価総額:約1兆3275億円
  • 過去1年間の変動率:19.23%減少

イーサリアム上のネットワーク活動が低下し、競合するレイヤー2ソリューションが人気を博したため、ポリゴンは過去2年間伸び悩みました。ポリゴンは現在、ネットワークのほぼすべてを再構築すべく大規模な開発に対応中。その開発の一つであるMATICからPOLの移行により、価格がこれから伸びる可能性が高いです。

BitFlyerでMATICを見てみる

⑧:チェーンリンク(LINK)

チェーンリンクは分散型オラクルネットワークのおすすめ仮想通貨プロジェクト。ネイティブ・トークンLINKは、時価総額で12番目に大きい仮想通貨に。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:2,617.88円
  • 時価総額:約1兆5337億円
  • 過去1年間の変動率:139.58%上昇

チェーンリンクのオラクルサービスは、イーサリアムネットワークとその上に構築された何千ものDAppsの円滑な機能のために非常に重要な存在です。分散型金融、スポーツベッティング、IoTアプリケーションなどに必要な実世界のデータを収集することを可能にしています。

チェーンリンクのデータを使用するDAppsが増えるほど、ネットワークはより多くの手数料を集め、LINKトークンの価値は高まっています。チェーンリンクはここ1年で2倍以上の値をつけており、次の強気相場に向けてこれから伸びるであろうおすすめ仮想通貨です。

BitFlyerでLINKを見てみる

⑨:トロン(TRX)

トロンは、メディア消費の民主化とインターネット上の中間業者の排除を目標に2017年に立ち上げられたおすすめ仮想通貨プロジェクト。イーサリアムの競合として、DeFiや一般的なDApp開発の役割も担っています。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:18.32円
  • 時価総額:約1兆6060億円
  • 過去1年間の変動率:81.77%上昇

トロンはこれから伸びるブロックチェーンの1つであり、DeFi領域でますます重要性を増しています。現在、USDTとUSDCなどのコインに利用されており、仮想通貨取引から貸し出し、ステーキングまであらゆる用途に使用されています。分散型コンテンツのハブになるという当初の目的を達成すれば、大規模な成長を遂げる可能性があるため、おすすめです。

MEXCでTRXを見てみる

⑩:アバランチ(AVAX)

アバランチは、2020年にローンチされた超高速ブロックチェーンです。スマートコントラクトとPoSメカニズムを採用しており、DApp開発者により高い拡張性を提供しています。トークンは現在、時価総額ランキング第9位です。

2024年4月時点での価格情報は以下のとおり。

  • 現在価格:6,989.75円
  • 時価総額:約2兆6399億円
  • 過去1年間の変動率:163.22%上昇

アバランチは、過去5カ月で価値が約2倍になった勢いのあるおすすま仮想通貨プロジェクト。今後もAVAXによって大きな利益がもたらされる可能性があります。

アバランチは現実世界の資産のトークン化とGameFiに注力しており、これらは仮想通貨領域における開発の主要分野となることが期待されています。AVAXは今後12カ月間、これからさらに伸びるおすすめ仮想通貨となるでしょう。

BitFlyerでAVAXを見てみる

仮想通貨の将来性ランキング最新情報【2024年】


以下では、2024年に将来性のあるおすすめの仮想通貨(暗号資産)をランキングでまとめます。仮想通貨(暗号資産)ニュースを日々取り扱う当サイトCryptoNews Japanが、時価総額の高い安定したコインからこれから伸びるプレセール仮想通貨まで、幅広い銘柄の中から厳選しました。

  1. Pepe Unchained(PEPU)-インターネット上で大人気のカエルのキャラクター「ペペ」をモチーフにしている仮想通貨
  2. The Meme Games(MGMES)-イーサリアムブロックチェーンを基盤にクリエイターの権利を保護しつつ、ミーム文化の健全な発展を目指す仮想通貨。
  3. WienerAI(WAI)- 犬系ミームコインの文脈にある仮想通貨であるうえにAIのトレンドにも乗っており、将来性◎
  4. PlayDoge(PLAY)-90年代に流行した「たまごっち」から影響を受けた、柴犬コイン系の将来性のある仮想通貨。同プロジェクトのWeb3ゲームは、2024年末にはGoogle PlayストアとApple Storeからダウンロード可能になる予定。
  5. Shiba Shootout(SHIBASHOOT)- 西部劇の世界を舞台にした仮想通貨。プラットフォームの総供給上限は22億トークンで、このうち35%のトークンが初期セールで早期購入者向けに提供される。
  6. Base Dawgz(DAWGZ)-イーサリアムのレイヤー2ソリューション「Baseネットワーク」でローンチされた仮想通貨。先行販売を実施中で、価格は5日ごとに5%ずつ上昇していく。
  7. Mega Dice Token(DICE)– カジノとゲームが大好きな投資家におすすめの仮想通貨。カジノ市場の成長とともに価値が上がる可能性があり、将来性があります。
  8. 99Bitcoins(99BTC)– 「学びながら稼ぐ(Learn to Earn)」のゲーム要素を取り入れた、最新の仮想通貨おすすめ銘柄。2013年に設立された仮想通貨コミュニティBitcoins99から登場した。
  9. Sponge V2(SPONGEV2)– 2023年にローンチ後、100倍に急成長したスポンジボブトークン(SPONGE)の第2弾。バイナンスとOKXへの上場を目指し、新たなプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)を通じて市場価値1億ドルを目指すおすすめ仮想通貨

上記の仮想通貨ランキングは、将来性、現在の時価総額、過去の実績、セール売上状況など、様々な要素を総合評価して作成しました。日本のメディアで取り扱いの少ないミームコインもありますが、海外ではいずれも仮想通貨の狙い目コインとして知られています。新たな投資先としてぜひご検討ください。

  • イーサリアムL2の最新PEPE系ミーム
  • ステーキングで高利回りの受動的収入
  • 独自エコシステムで元祖ぺぺコイン超え
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミーム通貨
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • MGMESトークン購入で、ミーム界のパリ五輪イベントに参加
  • GameFiイベントに勝利すると、ボーナス報酬あり!
  • ボーナス報酬はスマートコントラクト請求・ステーキング可能
プロジェクトローンチ
2024年7月
メタ
GameFi、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中から高額ステーキング報酬
  • 2日おきに販売価格上昇!今が最安値
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
AI、ステーキング
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • P2Eゲーム×たまごっち風ドージ犬
  • 好評セール!今夏の注目ミーム通貨
  • セール終了後にバイナンス上場の噂
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
Play to Earn
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 西部劇にインスパイアされた犬系ミーム
  • ステーキングで最大2000%超のAPY提供
  • 友達紹介プログラムでボーナス報酬獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 人気L2「Base」発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬+シェアして稼げる新機能を提供
  • コンテンツ共有でポイント獲得!DAWGZと交換可能
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn
購入方法
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Solana
    Solana
  • DICEトークンの紹介で紹介料25%!
  • プレイヤーへエアドロ225万ドル超
  • カジノゲームでデイリー報酬を獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
購入方法
  • Solana
    Solana
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで学んで稼ぐ!
  • 99BTCステーキングで報酬を獲得!
  • プロの取引戦略を学び投資で優位に
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブの後継
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ計2500万ドル
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ステーキング
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH

将来性のある最新おすすめ仮想通貨


ランキングで紹介したおすすめ銘柄は、これから伸びると言われている仮想通貨ばかり。しかし、仮想通貨投資にはリスクがつきもののため、詳細な情報を知ってリスクを軽減することが重要です。ここでは、仮想通貨おすすめ銘柄のなかでも、特に注目すべき将来性があるプロジェクトを個別レビューしていきます。ぜひ2024年の投資先として視野に入れてみてください。

①:Pepe Unchained

Pepe Unchained(PEPU)は、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーン上で動作する、今注目のおすすめ仮想通貨。Pepeコイン(PEPE)の進化版として誕生し、レイヤー2技術を活用することで、高速かつ低コストの取引を実現しました。

独自のレイヤー2ブロックチェーンの開発が特徴で、現状イーサリアムは広く利用されていますが、処理速度の遅さや高額な手数料がネックでした。Pepe Unchainedは、独自のレイヤー2ブロックチェーンを開発することで、これらの問題を解決し、より速く、より手軽な取引環境を提供しています。

また、Pepe Unchainedは、インターネット上で大人気のカエルのキャラクター「ペペ」をモチーフにしており、2024年はミームコインの盛り上がる可能性も高いです。Pepe Unchainedもこの市場にのって、多くのファンを獲得する可能性を秘めているため、注目です。

Pepe Unchainedの価格予想によると、024年末までに、0.016ドルから0.0256ドルの範囲で推移すると予想されます。Pepe Unchainedの購入方法をみることでスムーズに購入できるはず。ぜひこのお得な機会にチェックしてみてください。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
PEPUを見てみる

②:The Meme Games

The Meme Games(MGMES)は、現在インターネット上で急速に広がるミーム文化の問題点に取り組む、将来性のある仮想通貨プロジェクトです。イーサリアムブロックチェーンを基盤に、クリエイターの権利を保護しつつ、ミーム文化の健全な発展を目指しています。

注目すべき点は、The Meme Gamesがインターネット上で広く共有されるミームの経済的価値を認識し、それを活用していること。現代のデジタル社会では、面白いミームが瞬く間に広まり、多くの人々の注目を集めますが、その作者が正当な報酬を得られないことが多いのです。

多くのミームは著作権の問題や出所不明な状態で拡散されています。専門家によると、このような状況がクリエイターの意欲低下や質の低いコンテンツの氾濫につながっているとのこと。世界には無数のミームが存在し、日々新たなミームが生まれては消えていっています。

The Meme Gamesは、ブロックチェーン技術とNFTを活用してこの現状を変革しようとしており、また大手メディア企業との提携により、クリエイターが安心して作品を発表できる環境を整備する予定。実用性の高い仮想通貨プロジェクトとして注目されています。

デジタルコンテンツの価値認識とクリエイターの経済的自立という二つの課題を同時に解決しようとする、これから伸びるプロジェクト。The Meme Gamesの価格予想も強気シナリオが優勢となっており、今がお得に投資できるチャンスです。興味のある方は、ぜひThe Meme Gamesの買い方を確認しながら、以下のプレセールにご参加ください。

リリース日 2024年9月
購入方法 ETH、USDT、BNB、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
MGMESを見てみる

③:WienerAI

WienerAI(WAI)は犬、ソーセージ、そしてAIという3つの要素が融合した2024年注目の大型ミームコイン。

イーサリアムブロックチェーン上で発行されたERC-20トークンであり、未来の2132年、架空都市「ニュー・シリコンバレー」を舞台にしています。

公式セール参加後から 高い年利を得られるステーキングシステムが採用されており、高利回りのステーキングが魅力となっています。継続してインカム収入を得られるため、仮想通貨投資家からの人気も高いです。

2024年は主要取引所上場が期待されています。その可能性もあるため、将来的にはさらに価値が上昇する可能性があるでしょう。枚数も限られているため、上場前に購入しておくのがオススメ。

WienerAIは、ユーモアと高いステーキング報酬を兼ね備えた、今後の成長が期待できるミームコインです。WienerAI価格予測によると、今から投資することで、数十倍のリターンが期待できます。WienerAIの買い方を参考にしつつ、以下の公式セールから購入してみましょう。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、BNB、SOL、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
WAIを見てみる

④:PlayDoge

PlayDoge(PLAY)は、90年代に流行した「たまごっち」から影響を受けている仮想通貨ゲーム。

インターネットから有名な「ドージミーム」が突然姿を消してしまい、 そんな時、不思議なアプリ「PlayDoge」が発見。アプリを開くと、そこには懐かしのドット絵の世界で、ドージがバーチャルペットとして暮らしていたというストーリーです。

PlayDoge最大の特徴は、遊びながら仮想通貨「PLAYトークン」がもらえる点。PLAYトークンは、PlayDogeの中でおやつを買ったり、ドージの洋服を買ったり、特別なミニゲームで遊んだりするために使うことができます。

また、Binance Smart Chain上にを、PLAYトークンを預けてステーキングを行いPLAYトークンが増やすことも可能です。PlayDogeの価格予想によると、2024年末にはPlayDogeの専用アプリが、Google PlayストアとApple Storeからダウンロード可能になる予定。ぜひPlayDogeの買い方を見つつ、公式プレセールに参加しておきましょう。

リリース日 2024年5月28日
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 なし
PLAYを見てみる

⑤:Shiba Shootout

Shiba ShootOut(SHIBASHOOT)は、西部劇の世界を舞台にした仮想通貨プロジェクトです。他のミームコインとは違う魅力として、コミュニティメンバーが楽しめる様々なイベントや、魅力的な報酬制度を用意しており、2024年注目の仮想通貨と言えます。

仮想通貨の売買益だけでなく、 SHIBASHOOTトークンをステーキングすることで収益をつくることもできます。その結果、長期的な投資を促し、コミュニティを盛り上げる効果があるため、将来リターンに期待できるでしょう。また、「Campfire Stories」というイベントでは、メンバー同士が仮想通貨の体験談を共有しながら、知識を深め合うことができるため、コミュニティとしても強いと言えます。

Shiba ShootOoutのホワイトペーパーによると、プラットフォームの総供給上限は22億トークンで、このうち35%のトークンが初期セールで早期購入者向けに提供されるため、数量は限定的です。また、アルトコイン市場全体の成長もSHIBASHOOTの将来価格に大きな影響を与えます。主要仮想通貨のの価格が上昇すると、アルトコイン市場も活発化するため、2024年のビットコインの半減期後には、大きな価格上昇されることが予想されます。

限定セールはすでに始まっているため、行動は早めにしていきましょう。価格も徐々に上がる設計のため、今のうちから投資しておくのがおすすめです。気になった方は、下記のページから購入してみてください。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
SHIBASHOOTを見てみる

⑥:Base Dawgz

Base Dawgz(DAWGZ)は、今話題のCoinbaseが支援するイーサリアムのレイヤー2ソリューション「Baseネットワーク」でローンチされたミームコイン。

Base Dawgzは、BNB ChainやAvalanche、Ethereum、Solana、Polygonなど、主要なブロックチェーンにも対応予定で、異なるネットワーク間をスムーズに行き来できるクロスチェーン機能も搭載される予定です。

現在、Base Dawgzは先行販売を実施中で、価格は5日ごとに5%ずつ上昇していきます。先行販売初日には215,000ドルもの資金が集まり、2024年はBaseチェーンの需要の高さが伺えます、

くわえてトークン保有者には、先行販売後のステーキング報酬や、友人紹介によるコミッションなど、様々な特典が用意されているため、かなりにユーザーが初期購入に参加するよ予想されます。

Base Dawgzの将来性も期待大で、取引所への上場や仮想通貨価格の追跡サイトへのリスティングが予定されているとのこと。このプレセールに参加したい方は、Base Dawgzの購入方法を参考にしながら、投資を始めておきましょう。

リリース日 2024年6月
購入方法 USDT、ETHなど
ブロックチェーン Base
最低購入額 なし
DAWGZを見てみる

⑦:Mega Dice Token

2023年半ばに登場したMega Dice Token(DICE)、瞬く間に人気を集めた注目度の高いオンラインカジノです。キュラソー商業登記所に登録され、MIBS N.V.によって運営されています。

スロット、ライブディーラーゲーム、テーブルゲームなど、4,000種類以上のゲームをプレイでき、Evolution、Push Gaming、Betplay、Pragmatic Playなど、業界トップクラスのプロバイダーと提携し、高品質なゲームを提供している点も特徴。ビットコインをはじめ、15種類以上の仮想通貨に対応。業界の中でも高い還元率を誇り、プレイヤーにとって有利にゲームを楽しめるよう設計されています。

独自のトークン「DICE」を保有することで、プレイヤーに様々な特典が与えられます。仮想通貨投資家にとって、DICEトークンは今後伸びる仮想通貨として魅力的な選択肢となるはずです。

豊富なゲーム、高還元率、充実したサポート、革新的なトークンシステムなど革新性のある特徴を持つ最新型オンラインカジノ。Mega Dice Tokenの購入方法をみながら、ぜひ公式セールに参加してみましょう。Mega Dice Tokenの価格予想では、今後数十倍以上のリターンがでるとの示唆も。アルトコイン投資家の方は、お早めに購入するのがオススメです。

リリース日 2024年4月
購入方法 SOL、ETH、BNB
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 なし
DICEを見てみる

⑧:99Bitcoins

99Bitcoinsは、2024年に値上がりが期待されるおすすめの仮想通貨です。2024年4月10日にICOが開始され、1週間ほどで45万ドル以上の資金が集まっています。これから伸びるであろうLearn-to-Ean/L2Eモデルを採用し、投資家も注目しています。

99BitcoinsのLearn-to-Ean/L2Eモデルは、ICOに参加したユーザーが「学びながら稼ぐ」という体験ができるシステムです。今までにもPlay-to-Earn/P2E(遊んで稼ぐ)、Move-to-Earn/M2E(動いて稼ぐ)などのモデルが巨大なマーケットを作り上げてきましたが、次に来る波として期待されています。

99Bitcoinsのユーザーは、ゲーミフィケーションを取り入れた教育カリキュラムに参加でき、仮想通貨やブロックチェーンに関する知識を身につけることができます。従来の教育システムとは異なり、インタラクティブな学習を目指しているので、飽きずに楽しみながら学べるようです。

学びながら稼ぐ以外にも、ステーキング報酬や、初期ユーザーにはビットコインエアドロップのチャンスもあるので、魅力的な報酬設計と言えるでしょう。

99Bitcoinsの購入方法は、公式ページに飛んでイーサリアムチェーンのウォレット(MetaMask、Trust Walletなど)を接続するだけです。投資したい金額を入力し、購入ボタンを押せばICOへの参加が完了します。

投資の側面だけでなく、仮想通貨やブロックチェーン技術を学びたい人にもおすすめの仮想通貨なので、ぜひ下記セールの機会に手に入れてみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
99BTCを見てみる

⑨:Sponge V2

Sponge V2は、ミームコイン部門のおすすめ仮想通貨で、2023年に爆上げの仮想通貨となった初代Sponge V1の新しいバージョンです。Sponge V2は、従来のSpongeトークンを基盤としていますが、Stake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)モデルを新たに採用しています。

Sponge V2を購入しステーキングすることで、投資家は利益を得られます。また、Sponge V2には4年間のステーキング固定期間が設けられており、年間40%のAPY(年間収益率)が提供されます。プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のNFTゲームを通じてもトークンを獲得できます。

Sponge V2独自のStake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)モデルや大手仮想通貨取引所への上場の可能性が、その価値を高めています。また、Sponge V2価格予想でも今後1年間で100倍の仮想通貨となる予測もされています。

Sponge V2は、先進的なStake-to-Bridgeモデル、マーケティング、そして強力なコミュニティ形成により、注目されるおすすめ仮想通貨です。2024年にはミームコイン市場での地位を確立するでしょう。早期移行者への特別ボーナスもあるため、早期投資がおすすめです。Sponge V2の買い方を参考にして、ぜひ下記サイトから参加してみましょう。

リリース日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最小購入金額 なし
SPONGEV2を見てみる

おすすめ仮想通貨の選び方5選


将来性のあるおすすめの仮想通貨銘柄の選び方

将来性のあるおすすめ仮想通貨銘柄の選び方について解説します。仮想通貨投資のリスク軽減にもつながるため、必ずご確認ください。

①使用用途・目的を確認する

まずは、おすすめ仮想通貨プロジェクトの使用用途・目的を確認しましょう。なぜなら、使用用途や目的が明確でないと、購入後の不安や将来性への疑いにつながるからです。一般的な使用目的としては、「決済」「スマートコントラクト」「その他用途」に分かれます。たとえば、有名な銘柄は下記のとおりです。

  • 決済:ビットコイン、ドーイコインなど
  • スマートコントラクト:イーサリアム、ソラナなど
  • その他:アクシー・インフィニティ(AXS)などのGameFiなど

プロジェクトの目的が明確であればあるほど、将来性の高い1000倍の仮想通貨になる可能性が高まります。投資する前に、各プロジェクトの公式サイト等を必ず確認しましょう。

②ロードマップやコミュニティを確認する

仮想通貨の将来性を見極めるためには、ロードマップとコミュニティの両方を詳しく調べる必要があります。ロードマップでは、プロジェクトの将来的な開発計画や目標、新機能の追加予定などが記載されています。

また、活発なコミュニティもプロジェクトの将来性の指標の一つです。開発者、投資家、ユーザー間のコミュニケーションが活発であればあるほど、プロジェクトのこれから伸びる可能性は高いと考えられます。

③時価総額を確認する

時価総額は、仮想通貨市場でのポジションを理解するための重要な指標です。一般的には、時価総額ランキング上位の銘柄は、市場での信頼性と流動性が高い傾向にあります。

時価総額が小さい銘柄の中には、大きな成長ポテンシャルを秘めている可能性がありますが、高いリスクも伴います。時価総額を一つの指標として、他の指標も含めた総合判断をすることが重要となります。

④取引量(流動性)を確認する

取引量は、仮想通貨の流動性を測る重要な指標です。取引量が多い銘柄は、注目度が高く、市場での売買が活発であることを示しており、投資家はその仮想通貨を迅速に売買することができます。

取引量(流動性)が大きいと価格も安定に保たれる傾向にあるため、必ず確認するようにしましょう。

⑤ボラティリティをチャートで確認する

最後に、ボラティリティ(価格変動の激しさ)をチャートでチェックすることも重要です。ボラティリティが高い銘柄は、大きなリターンを得る可能性がありますが、同時に大きなリスクも伴います。

安定したリターンを好む場合は、ボラティリティが低い銘柄を選ぶべきです。一方で、ボラティリティが高い銘柄を選ぶ場合には、価格変動のパターンや市場の動向を詳細に分析し、適切な投資判断を下すことが求められます。

おすすめ仮想通貨の買い方


ここでは、おすすめ仮想通貨をセール価格で買う方法をざっくりと解説します。

  1. ウォレットの準備 – 仮想通貨を保管するウォレットを準備します。Meta Maskのような使いやすく安全性の高いウォレットがおすすめです。
  2. 必要な仮想通貨を購入 – トークンの購入に必要な仮想通貨(ETH、BSC、USDTなど)を準備し、ウォレットに入れておきましょう。
  3. サイトアクセスとウォレットの接続 – ウォレットの準備が完了したら、対象の仮想通貨の公式サイトにアクセスします。サイト上で「ウォレットを接続」することで、トランザクションが可能になります。
  4. トークンの購入 – ウォレットが接続されたら、買いたいトークン量を指定し、必要な通貨(ETH、BSC、USDTなど)での支払いを行います。
  5. トークンの請求 – セール終了後、購入したトークンをウェブサイトから請求できるようになります。

詳細な買い方は、仮想通貨の買い方ガイドをご覧ください。

2024年におすすめの仮想通貨取引所


仮想的な外見の暗号通貨取引所

今回紹介したおすすめ仮想通貨の多くは限定セールを開催しており、お得に購入できます。その他のビットコインやイーサリアムなどは、仮想通貨取引所で買うことをおすすめします。

以下、信頼できるおすすめの仮想通貨取引所を紹介します。2024年の今から開設するなら、このリストから選べば問題なしです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年1月に設立された日本の仮想通貨取引所。取引形態の多様性や高度なセキュリティ対策で知られています。ビットフライヤーは仮想通貨を買う上で、マストの仮想通貨取引所です。そんなビットフライヤーの特徴は以下のとおり。

  • 国内最大級の取引量と流動性:ビットコイン取引量日本一を誇ります。
  • 多様な取引スタイル:現物取引からCFD取引まで、幅広いニーズに応えます。
  • リーズナブルな手数料:コスパ抜群の取引手数料が設定されています。
  • 高水準のセキュリティ:業界最高水準のセキュリティ対策を実施しています。

ビットフライヤーは、 クレカやTポイント交換など、生活の中で気軽にビットコインを貯めたい方にぴったりの機能を提供しています。インターフェースもわかりやすく、これから仮想通貨投資を始めたい初心者におすすめ。

安全かつ効率的にこれから伸びる仮想通貨に投資するなら、ビットフライヤーでの口座開設がおすすめ。ビットフライヤーで口座開設したい方は、下記から公式サイトを確認してみましょう。

BitFlyerを見てみる

MEXC(エムイーエックスシー)

2018年にシンガポールで設立されたMEXCは、600種類以上の取扱通貨ペアを誇り、特に新興の仮想通貨が豊富です。様々な取引方法を提供し、世界中の600万人以上のユーザーに支持されています。

MEXCの特徴は以下の通り。

  • 取扱通貨数:1600種類以上と業界トップクラス。
  • ハイレバレッジ:最大200倍。少額から大きな取引を楽しめます。
  • 手数料:業界最安水準。先物取引手数料以外は無料です。
  • 日本語サポート:サイトやアプリの完全日本語対応で、初心者も安心です。
  • セキュリティ性:二段階認証やアンチフィッシングコードなど、安全性に配慮しています。

狙い目の仮想通貨を探したい方におすすめの仮想通貨取引所です。また、レバレッジ取引に挑戦したい方も視野に入れるべき選択肢でしょう。

MEXCで口座開設したい方は、下記から公式サイトを確認してみましょう。

MEXCを見てみる

OKX(旧OKEx)

OKXは2017年に設立された、中国に拠点を置く世界的に有名な仮想通貨取引所。以前はOKExとして知られていましたが、2022年に現在の名称に変更しました。180カ国以上で2000万人を超えるユーザーとの取引を行っており、エイダコイン(カルダノ/ADA)などの取り扱い通貨数も非常に多いです。

OKXの特徴は以下の通り。

  • 取引高が世界トップレベル:過去にはBinanceに次ぐ世界2位の取引高を誇り、流通量が多いため取引が安定しています。
  • 高いレバレッジに対応:最大125倍のレバレッジが可能です。
  • セキュリティ対策が充実:コールドウォレット管理、二段階認証、アカウントロックなどを実施しています。

日本へのサポートが制限されている点は、デメリットですが、取引手数料の低さと高い流動性を重視する方やセキュリティ対策がしっかりしている取引所を求める方はおすすめの選択肢です。

上記で紹介した特徴があなたの仮想通貨取引におけるニーズに合っているなら、口座開設のGOサイン。OKXで口座開設したい方は、下記から公式サイトを確認してみましょう。

OKXを見てみる

Coincheck(コインチェック)

コインチェックは、2014年8月にサービス提供を開始した国内最大手の仮想通貨取引所です。金融大手マネックスグループの傘下として、高い信頼性と安全性を備えています。

  • 少額投資が可能:どの銘柄も500円程度から投資を始められます。
  • 豊富なサービス:自動積立やIEOなどのサービスも充実しています。
  • 迅速な口座開設: かんたん本人確認を利用すれば、最短1日で取引を開始できます。

少額から気軽に投資を始められるため、仮想通貨初心者に最適です。自動積立やNFTなどの多彩なサービスも魅力の一つです。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、DMM.comグループが運営する仮想通貨取引所です。仮想通貨の取引を提供するだけでなく、手軽さとセキュリティの高さで多くのユーザーから支持されています。

  • レバレッジ取引:国内最大級のレバレッジ取引が可能。最大2倍のレバレッジをかけることができます。
  • ユーザーインターフェース:シンプルなUIから多機能なチャートまで、ユーザーの経験に応じてモードを選択できます。
  • 手数料の低さ:現物取引・レバレッジ取引共に手数料が無料。

日本国内でレバレッジ取引をしたい方や日本アイドルトークン等に投資したい方におすすめ。さらに、有名なIT企業であるDMMグループの運営であるため、将来性があり安心です。

将来性のある仮想通貨で稼ぐ方法おすすめ3選


ビットコインとオレンジのチャートを表示するデスクトップモニター

将来性のある仮想通貨に投資して稼ぐために、意識すべきポイントがあります。今回、最低限守るべきおすすめポイントを3つ厳選しました。仮想通貨投資で損をしないよう、必ず目を通してください。

①仮想通貨プレセールに参加する

最初のポイントは、「仮想通貨プレセールへの参加」です。理由としては、「低単価で仮想通貨を保有できる」「市場での価格上昇と利益が直結しやすい」の2つが挙げられます。

たとえば、過去には、 Tamadogeはセール初期に0.01ドルで販売され、その後0.194ドルのピークに達し、投資家たちは約2000%の利益を得ました。今回紹介したランキングの中でも下記を中心に、公式セール情報を確認しておきましょう。

②中長期視点で投資・保有をする

仮想通貨投資に限った話ではありませんが、一般的に投資は中長期視点での保有、いわゆる「ガチホ」が推奨されます。

短期投資だと、エントリー数が増えるため、損失につながりやすいです。特に、仮想通貨はチャートの上下が激しいため、短期トレードに向いていないと言われています。チャートの上下に一喜一憂しないためにも、中長期的な視点でのトレードを意識しましょう。

また、中長期視点で利回りを増やしたい場合、イールドファーミングなども検討してもよいでしょう。

③価格変動(ボラティリティ)に気をつける

仮想通貨の価格変動(ボラティリティ)の大きさにも気をつけましょう。仮想通貨や草コイン市場は、株式市場や外国為替市場に比べて価格変動が激しいことが特徴です。これから伸びる仮想通貨は、短期間で仮想通貨の億り人になれる可能性を秘めていますが、ボラティリティによって大きな損失を被るデメリットもあります。

投資家は、自身が許容できるリスクレベルを理解し、市場の動きに翻弄されないように心掛けてください。投資のタイミングを慎重に判断し、余剰資金のみを投資に充てて、焦らずに稼いでいくことがおすすめです。

おすすめ仮想通貨に投資する注意点やリスク


仮想通貨に投資する際の注意点やリスク

下記では、ランキングで紹介したおすすめ仮想通貨に投資する際の注意点やリスクについて触れていきます。仮想通貨投資は、適切な投資判断ができないと、大きな損を被る可能性があります。下記の項目を必ず確認してください。

詐欺やGOX(ゴックス)に注意する

仮想通貨市場では、価格が急上昇するプロジェクトが存在する一方で、詐欺的なプロジェクトや運営が資金を持ち逃げする事例もあります。そのような事態を避けるためにも、信頼できる情報源を確保するとともに、詐欺リンクに注意することが重要です。

また、仮想通貨の誤送信「GOX(ゴックス)」による損失にも注意しましょう。送金先アドレスや対応チェーンの確認を怠ると、資金を失う可能性があります。特に取引所やウォレットへの送金前には、アドレスを十分に確認し、少額でテスト送金をすることをおすすめします。

仮想通貨プロジェクトの失敗リスクがある

仮想通貨プロジェクトはすべてが成功するわけではありません。

  • プロジェクトの失敗による資産の無価値化
  • ICO後のコイン価値急落(市場の状況による)

上記のように、プロジェクトや市場の動向次第では、利益を受け取れない可能性があります。草コイン等に投資する場合はそのリスクは頭に入れておきましょう。

仮想通貨には税金がかかる

仮想通貨の取引で得た利益には税金が課せられます。具体的には、年間で20万円を超える利益があった場合、雑所得として確定申告の対象となります。これは給与所得など他の所得と合算されるため、適切な税務処理が必要です。

利益が20万円以下の場合でも、住民税の申告が必要になることがあります。税務に関する詳細は、管轄の税務署や税理士に相談することをおすすめします。

おすすめ仮想通貨に関してよくある質問


Q1:これから伸びる将来性のある仮想通貨はどれがいい?

ビットコイン(BTC)を購入するだけでなく、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、エルフトークン(ELF)などの有名コインも有力候補です。その他にも、メタバース仮想通貨やWeb3.0仮想通貨、NFTゲームなど、幅広い視野で市場をウォッチすることが重要です。仮想通貨の次にくる業界への投資もオススメです。

Q2:これから上場する可能性がある仮想通貨はどれ?

これから上場する可能性がある仮想通貨について、詳しくは仮想通貨上場予定一覧を参考にしてください。またDEXTools等もチェックするようにしましょう。

Q3:仮想通貨のおすすめ取引所はどれ?

仮想通貨のおすすめ取引所は、下記が挙げられます。

上記リストには、海外の有名取引所も含んでいます。

まとめ:仮想通貨に投資するなら限定セール参加がおすすめ


本記事では、2024年に投資すべきおすすめの仮想通貨についてランキング形式で紹介しました。今回紹介した銘柄は、今後爆上がりの可能性を秘めている将来性のある仮想通貨ばかり。今から仮想通貨を買うなら本記事のおすすめランキングを参考にしてください。

しかし、ローンチ直後の仮想通貨に投資する際はリスクもあるため、今回解説した仮想通貨の選び方、買い方、そして注意点をきちんと確認しておきましょう。

2024年には、仮想通貨業界にとって重要な年になると言われています。ビットコインの半減期ビットコイン長者の急増が期待される他、イーサリアムやリップルへの資金流入も観測されています。仮想通貨ICOでの資金調達や新しい仮想通貨の登場にも注目が集まっています。

今回の個別レビューを参考にして、自身の投資目的やリスク許容度に合わせた投資判断をしてください。いつでも見返せるように、本記事をブックマークした上で、これから伸びるおすすめ仮想通貨プロジェクトに投資してみてください。