BTC 1.21%
$67,831.99
ETH 0.34%
$3,516.33
SOL 4.62%
$181.04
BNB 1.10%
$600.77
XRP -1.46%
$0.59
DOGE 7.80%
$0.14
SHIB 0.90%
$0.000018
PEPE 1.95%
$0.000012
PlayDoge(PLAY)
プレセール開催中

仮想通貨の買い方完全ガイド【取引所・プロジェクト別、2024年最新】

| 24 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
手で暗号通貨を持とうとする光景

暗号資産(仮想通貨)は近年、金融市場の新しいトレンドとして急速に普及しています。米国で現物ビットコイン(BTC)上場投資信託(ETF)が承認されたりと、2024年は仮想通貨市場への参入者が増えると予測する暗号資産アナリストも多数。

ビットコイン以外にも、イーサリアムやリップルなどの多様なアルトコインに世界中から大きな資金が集まっており、これから暗号資産(仮想通貨)を購入したいと思う方も多くなっています。

本記事では、仮想通貨取引所を使った買い方と、先行セールにおけるトークン購入方法をそれぞれ解説します。この記事を読むことで、仮想通貨の基本から、安全かつ効率的な買い方、今から仮想通貨やトークンに投資するメリット、信頼できる取引所について学べます。

仮想通貨の買い方には数種類ある


机の上のコンピュータと暗号通貨

はじめに、仮想通貨の買い方にはいくつかの方法があることを知っておきましょう。代表的な買い方として以下の2つが挙げられます。

  • 仮想通貨取引所を利用する
  • 先行セールに参加する

最も一般的な方法は、仮想通貨取引所を利用することです。取引所では、ビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨を直接購入できます。取引所のアプリやツールを使えば、すぐに購入できるため、初心者でも始めやすいのがメリットです。しかし、取引所を使うためには、本人確認が必要となる場合があります。

一方で、先行セールを通じて仮想通貨を得る方法もあります。この方法では、新たにローンチした仮想通貨を上場前の格安価格で入手することができます。リスクも伴いますが、仮想通貨で1000倍レベルの大きなリターンを得たいと考えている方にとって無視できない買い方の一つです。

以下では、上記2通りの買い方の手順をそれぞれ解説していきます。

取引所での仮想通貨の買い方


仮想的な外見の暗号通貨取引所

はじめに、初心者でも理解しやすい仮想通貨取引所での仮想通貨の買い方を解説します。今回は、おすすめの国内仮想通貨取引所「ビットフライヤー(bitflyer)」を例に挙げて、ステップごとに進め方を説明します。

①:仮想通貨取引所の口座開設する

仮想通貨取引を始めるには、取引所で口座を開設します。ほとんどの仮想通貨取引所は、無料で口座開設を申し込むことができます。ビットフライヤーも無料で口座開設が可能です。口座を開設する際に、必要となるものは以下の通りです。

  • インターネット環境
  • 取引を行うための端末(パソコン推奨)
  • 金融機関の口座

準備が完了したら、おすすめの仮想通貨取引所から開設したい取引所の公式サイトへ訪れ、アカウント作成をしましょう。アカウント作成後、必要事項を記入して、本人確認を完了させます。その後、審査が行われ、無事に口座を開設することができます。

②:開設した口座に日本円を入金する

口座が開設できたら、次に資金(日本円)を入金します。ビットフライヤーでは、下記の入金方法を選択できます。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキング入金
  • コンビニ入金

最も一般的な銀行振込の方法を例に、入金手順を説明します。ビットフライヤーにログイン後、入出金メニューの「日本円ご入金」タグを選択し、「お客様用日本円振込先」を確認します。三井住友銀行、住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行のいずれかの振込先口座情報を入手し、自分の銀行口座から指定口座へ振込みます。

③:目当ての仮想通貨を購入する

入金が反映されたら、いよいよ仮想通貨を購入します。ビットフライヤーアプリの「販売所」を開き、購入したい仮想通貨を選びます。例えばビットコインの場合は、「ビットコイン」を選択し、「買う」をタップします。購入金額を日本円で入力し、取引を完了させます。

暗号資産取引にはリスクが伴いますので、投資は慎重に行ってください。初心者の方はビットコイン成功者のポートフォリオを真似するなどして、入念にリサーチしてから始めましょう。

先行セールでの仮想通貨の買い方


都市とノートパソコンと通貨

続いては、上場前の仮想通貨の購入方法をまとめます。上場前の仮想通貨を買う場合は、先行セールに参加する必要があります。下記の手順に沿って、プレセール仮想通貨から興味のある銘柄を購入してみましょう。今回は、最新の仮想通貨トークンPlayDoge(PLAY)を例に解説します。

①:仮想通貨ウォレットを準備する

仮想通貨を保管するメタマスクウォレット

仮想通貨トークンを購入する前に、対応するウォレットの準備が必要です。MetaMaskやWallet Connectのような仮想通貨ウォレットは、ブラウザやモバイルアプリで利用可能です。

②:取引に必要な仮想通貨を購入する

次に、イーサリアム(ETH)を購入します。多くのトークンではETHまたはUSDT(テザー)を購入決済に使用できますが、ETHが無難な選択です。おすすめの取引所であるBitFlyer・MEXC・OKXで適切な数量を購入しましょう。

仮想通貨を購入後、保持している仮想通貨ウォレットに転送してください。

③:仮想通貨ウォレットを公式サイトに接続する

メタマスクなどの仮想通貨ウォレットに資金を入れたら、セールに参加したい公式サイト(今回はPlayDoge)にアクセスします。サイト内「ウォレットを接続」ボタンをクリックし、ウォレットを選択して接続します。画面の指示に従いましょう。

PlayDogeの購入画面

接続が完了すると、Webサイトの表示が変わります。

④:仮想通貨トークンを購入する

ウォレットを接続したら、ETHまたはUSDTを選択し、購入するトークンの数または使用する金額を入力します。最後に「今すぐ購入」をクリックして取引を確定させましょう。

⑤:仮想通貨トークンを交換する

先行セール終了後、トークンはウォレットに自動的に送られてきます。その後、トークンを保管するか、サービスに使用するかを選べます。

仮想通貨の先行セールは、正しい情報と手順を理解することが重要です。公式サイトを必ず入念に確認し、ウォレットの準備、適切な仮想通貨の選択、公式サイトとの接続、そしてトークンの購入と保管方法に注意を払いましょう。

PlayDogeを見てみる

仮想通貨のおすすめ保管方法


暗号通貨であふれる箱

仮想通貨の買い方を理解した後、最も重要になるのは保管方法です。なぜなら、仮想通貨には詐欺やハッキングなどのリスクが生じる場合があるからです。その保管方法として仮想通貨の財布にあたる「ウォレット」が挙げられます。ウォレットは、仮想通貨を保管し、管理するための重要なツールです。以下では、主なウォレットの種類を紹介します。

  • オンラインウォレット – 常にインターネットに接続されているウォレット。取引所が提供するウォレットの多くがこのタイプです。アクセス性と使いやすさが特徴です。
  • モバイルウォレット – スマートフォンにインストールして使用するタイプのウォレット。持ち運びが容易で、店舗での支払いなどに便利です。
  • デスクトップウォレット – パソコンにインストールして使用するタイプのウォレット。クライアントウォレットとも呼ばれ、個人的な保管に適しています。
  • ハードウェアウォレット – USBデバイスなどに保管されるタイプで、秘密鍵をオフラインで管理します。セキュリティが高く、ハッキングのリスクを軽減できます。
  • ペーパーウォレット – 必要な情報を紙に印刷して保管する方法です。シンプルでありながら、高いセキュリティを提供します。

仮想通貨を購入し、トークンをウォレットに移す際は、セキュリティを最優先に考える必要があります。パスワードの盗難や不正操作によるリスクがあるため、信頼できるウォレットの選択と、定期的なセキュリティチェックが重要です。

今買うべき仮想通貨トークンとは


仮想通貨の買い方と保管方法を理解した人は、仮想通貨を購入してみましょう。ビットコインやイーサリアムなどの著名な仮想通貨を購入するのも良いですが、爆上がり仮想通貨の候補銘柄に先行投資しておくのも、一つの手です。そこで、今回は2024年の儲かる可能性が高い仮想通貨トークンをまとめます。

  • イーサリアムL2の最新PEPE系ミーム
  • ステーキングで高利回りの受動的収入
  • 独自エコシステムで元祖ぺぺコイン超え
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミーム通貨
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • MGMESトークン購入で、ミーム界のパリ五輪イベントに参加
  • GameFiイベントに勝利すると、ボーナス報酬あり!
  • ボーナス報酬はスマートコントラクト請求・ステーキング可能
プロジェクトローンチ
2024年7月
メタ
GameFi、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中から高額ステーキング報酬
  • 2日おきに販売価格上昇!今が最安値
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
AI、ステーキング
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • P2Eゲーム×たまごっち風ドージ犬
  • 好評セール!今夏の注目ミーム通貨
  • セール終了後にバイナンス上場の噂
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
Play to Earn
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 西部劇にインスパイアされた犬系ミーム
  • ステーキングで最大2000%超のAPY提供
  • 友達紹介プログラムでボーナス報酬獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 人気L2「Base」発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬+シェアして稼げる新機能を提供
  • コンテンツ共有でポイント獲得!DAWGZと交換可能
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn
購入方法
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Solana
    Solana
  • DICEトークンの紹介で紹介料25%!
  • プレイヤーへエアドロ225万ドル超
  • カジノゲームでデイリー報酬を獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
購入方法
  • Solana
    Solana
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで学んで稼ぐ!
  • 99BTCステーキングで報酬を獲得!
  • プロの取引戦略を学び投資で優位に
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブの後継
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ計2500万ドル
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ステーキング
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH

今買うべき仮想通貨トークン①:Pepe Unchained

Pepe Unchained(PEPU)は、、人気ミーム「Pepe the Frog」の面白さと、レイヤー2ブロックチェーンの技術力を兼ね備えた、今注目の仮想通貨プロジェクトです。高速取引、低手数料、強固なセキュリティで、ドージコインとともに盛り上がりを見せるミームコイン市場に新風を吹き込もうとしています。Pepe Unchainedの魅力は、以下の3つです。

  • 独自のブロックチェーン: 独自のレイヤー2ブロックチェーンにより、高速な取引と低手数料を実現。ETHとの即時ブリッジも可能で、利便性も抜群。
  • コミュニティエンゲージメント: 高いステーキング報酬で、ユーザーの参加と活発なコミュニティを促進する。
  • 好調なプレセール: 現在進行中のプレセールは、既に17万ドル以上を調達。プレセールの成功は、投資家の信頼を高め、トークンの需要と価格上昇に繋がると期待されている。

Pepe Unchainedの将来価格によれば、2024年末までに最高値0.0256ドル、2025年には0.0256ドルから0.04ドルの間で推移し、2030年には最高値0.416ドルに達する可能性があり、ここからの可能性には期待してもいいでしょう。

Pepe Unchainedは、ミームコインの未来を切り拓く、今買うべき仮想通貨です。高速取引、低手数料、そして高いセキュリティが、大きな強みになります。そして現在、期間限定のセール期間中です。ぜひ、Pepe Unchainedの買い方を参考にしながら、以下のセールからチェックしておくのがおすすめです。いつ、格安期間が終わるか分からないため、気になる方はお早めにどうぞ。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
PEPUを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン②:The Meme Games

The Meme Games(MGMES)は、人気ミームのキャラクターたちがゲームの世界で活躍する、注目の仮想通貨プロジェクトです。プレセールでMGMESトークンを購入し、ゲームに勝つと、ボーナスとしてさらにトークンがもらえます。2024年のパリオリンピックに合わせて盛り上がりを見せるこのプロジェクトは、今、多くの投資家から熱い視線を浴びています。

The Meme Gamesの将来予想によると、2024年から2025年にかけて、仮想通貨市場全体が盛り上がると予想されており、特にミームコインはSNSでの拡散やコミュニティの熱狂によって、価格が急騰する可能性を秘めています。2024年後半にかけては、市場全体のトレンドと今買うべき仮想通貨に注目しておくのがおすすめ。

また、The Meme Gamesは、2024年パリオリンピックに合わせた戦略的なマーケティングを展開しているのが特徴的です。オリンピックという世界的なイベントの注目度を利用することで、MGMESトークンの知名度が上がり、価格上昇のチャンスが広がる可能性も高まります。

The Meme Gamesの購入方法を参考にしながら、ぜひ公式セールに参加しておきましょう。今のうちから購入しておくことで、将来的な爆益リターンも狙えます。数量限定でもあるため、早めに行動するのがベストです。サクッと下記からどうぞ。

プレセール開始日 2024年7月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
MGMESを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン③:WienerAI

2024年の仮想通貨市場で大きな注目を集めているのが、AIと犬を掛け合わせた最新仮想通貨WienerAI(WAI)です。AI関連銘柄の成長と、根強い人気を誇る犬銘柄の融合という変わったコンセプトから、多くの投資家から人気を得ています。

WienerAIプロジェクトを支えるのは「ソーセージアーミー」と呼ばれる熱狂的な仮想通貨ファンコミュニティで、積極的に情報を発信し、WienerAIの魅力をSNS上で広め続けています。

過去にはドージコインが6000倍、柴犬コインは最高50万倍という価格上昇をしており、SNS×ファンコミュニティの力は凄まじいものがあります。また「ChatGPT」などの台頭により、AI関連ミーム銘柄も仮想通貨市場で人気が高まっているため、WienerAIも2024年以降かなり期待できると言えるでしょう。

そのほかにも毎日報酬を獲得できるステーキング報酬や、イーサリアムブロックチェーン上で構築されており、拡張性も高いことから今後さらなる価格上昇が見込めます。

AIと犬系仮想通貨という注目要素を組み合わせたWienerAIの価格予想によると、今購入することで数十倍以上のリターンが狙えるとのこと。ぜひWienerAIの買い方を参考にしながら、下記セールに参加してみましょう。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、BNB、SOL、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
WAIを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン④:PlayDoge

PlayDoge(PLAY)は、90年代に世界中で大ブームとなった「たまごっち」をもとにしたWeb3仮想通貨。懐かしいたまごっちが、ブロックチェーン技術とミーム文化を融合させて、Web3ゲーム「PlayDoge」として帰ってきました。

PlayDogeは、可愛いピクセルアートのデジタルペットを育てるゲーム。餌をあげたり、遊んだり、本物のペットのようにお世話をして、ペットとの絆を深めていきます。PlayDogeの魅力は、ペットのお世話やミニゲームでスコアを上げると、ゲーム内通貨「PLAYトークン」がもらえること。

このトークンは、他の仮想通貨と交換したり、PlayDogeの世界で色々なアイテムと交換したりできます。しかし、注意が必要なのは、ペットのお世話をサボると、ペットが逃げてしまう可能性があるため、注意が必要です。

PlayDogeは、プレセール開始からわずか数時間で20万ドルもの資金を集めるほどの人気ぶり。プレセールでは、PLAYトークンを通常よりもお得な価格で購入できます。さらに、PLAYトークンを一定期間預けると、なんと最大766%もの利息がもらえるステーキング機能も搭載しています。

PlayDogeの価格予想によれば、プレセール終了後は、仮想通貨取引所への上場も予定されていて、コミュニティではPancakeSwapへの上場が期待されているとのこと。PlayDogeの買い方を見ながら、購入すれば、迷うことなく投資できます。

2024年はドージコイン関連銘柄が大きく伸びる可能性が高いです。この機会に、サクッと下記の数量限定プレセールからチェックしておくことをオススメします。

プレセール開始日 2024年5月28日
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 なし
PLAYを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン⑤:Shiba Shootout

Shiba ShootOut(SHIBASHOOT)は、柴犬コインと西部時代にインスパイアされた今話題の仮想通貨トークンです。独特の世界観とユーザー目線に立った機能が、多くの投資家の心を掴んでいるほか、将来的には仮想通貨取引所への上場も計画されており、長期的な価値上昇が期待されています。

実際にShiba Shootoutは、すでに48万ドル以上の資金調達に成功しており、その注目度はますます高まっています。プレセール価格は段階的に上昇するため、早期に投資するほど有利な価格で購入可能。仮想通貨のローンチが成功すればプロジェクトは大きく飛躍し、初期投資家には大きなリターンが期待できるでしょう。

ほかにもShiba Shootoutは、多岐にわたるユーティリティを提供しており、トークンガバナンス機能では、保有者がプロジェクトの意思決定に直接参加できます。また、「セービングサドルバッグ」機能では、トークンを保有することで追加報酬を得ることが可能。トークノミクスは、需要と供給のバランスを考慮し、長期保有を奨励する設計になっているのが特徴です。

Shiba Shootoutは、公式のプレセールサイトから購入できます。セール価格は段階的に上昇していくため、興味のある方はぜひ、Shiba Shootoutの買い方を参考にしながら買い進めてみてください。

Shiba Shootoutの価格予想によると、Shiba Shootoutの将来トークン価格は2024年末までに0.066ドルに達する可能性が高いです。ぜひ今のうちの購入しておき、爆益を狙っていきましょう。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
SHIBASHOOTを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン⑥:Base Dawgz

Base Dawgz(DAWGZ)は、柴犬ミームにインスパイアされたマルチチェーンコインで、イーサリアム、ベース、アヴァランチ、BNBチェーン、ソラナなど、様々なブロックチェーンに対応しているのが特徴。

最新のテクノロジーを活用し、複数のブロックチェーンに同時にアクセスできるため、仮想通貨市場で最も利用しやすいミームコインの一つとなっています。

Base Dawgzは、コインベースが開発したレイヤー2ネットワークであるBase上で発行されているため、コインベースの成長の恩恵を受けやすい仮想通貨と言えます。世界最高峰の仮想通貨取引所の一つであり、1億人以上のユーザーがいるため、その将来性は非常に明るいです。

Base Dawgzは現在プレセール中で、通常よりも安い価格で購入可能。プレセール価格は5日ごとに5%上昇するため、ぜひBase Dawgzの買い方を参考にして早めに投資しておきましょう。

DAWGZトークンの将来価格予測によると、2024年末の段階でここから数倍以上のリターンが出る予測です。価格上昇する前に、以下の公式サイトからチェックしておきましょう。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 USDT、ETHなど
ブロックチェーン Base
最低購入額 なし
DAWGZを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン⑦:Mega Dice Token

Mega Dice Token(DICE)は、ゲームFi分野に新たに誕生したオンラインギャンブルプラットフォーム。仮想通貨カジノプラットフォームは2024年現在盛り上がりを見せており、ネイティブトークンであるDICEが注目を集めています。

  • 48時間で34万ドル以上を調達:DICEトークンの将来性への期待の高さを示している
  • 段階的な価格体系を採用:プレセールフェーズの終了までに*1000万ドル(ハードキャップ)を調達することを目標
  • 強力なコミュニティを保有:トークン価格が注目仮想通貨のように右肩上がりに伸びていく可能性が高い
  • ビットコイン市場の追い風:仮想通貨市場全体に巨額なマネーが流入中

DICEトークンの今後の展望としては、先行販売セールが完売すると、大手仮想通貨取引所への上場の可能性が高まり、価格上昇につながります。今年後半には分散型取引所(DEX)への上場も計画されています。

また、DICEトークン所有者には、カジノの運営状況に基づいて毎日の報酬が提供されるため、継続的なインカム収益も得ることが可能。現在0.069ドルという格安価格で入手可能なため、Mega Dice Tokenの購入方法をみながらぜひ期間限定セールに参加してみてください。Mega Dice Token価格予想によると、2024年以降大きな価格上昇が見込まれます。この機会にぜひサクッと購入してみましょう。

リリース日 2024年4月
購入方法 SOL、ETH、BNB
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 なし
DICEを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン⑧:99Bitcoins

99Bitcoins(99BTC)は、斬新な報酬モデルで注目を集める仮想通貨です。99Bitcoinsのユーザーは、仮想通貨について学びながら報酬を受け取る「Learn-to-Ean/L2Eモデル」に参加します。様々なカリキュラムを進めることで、学びながら稼ぐことができるのです。Move-to-Earnの次に可能性のあるモデルとして注目です。

99Bitcoinsの購入方法は、以下のとおりです。従来の仮想通貨の買い方とは違うので、ご注意ください。

  1. 仮想通貨ウォレットの開設:イーサリアムチェーン対応ウォレット(例:MetaMask)を準備します。
  2. ETHまたはUSDTを購入:99Bitcoinsを購入するのに必要です。
  3. ウォレットを公式セールに接続:公式サイトでウォレットを接続します。
  4. 99Bitcoinsの購入:早期購入がおすすめです。

99Bitcoinsセールは期間限定で行われており、開始から1週間ほどで45万ドル以上の資金調達を達成しています。ステーキング報酬も用意されており、さらに初期ユーザーにはビットコインエアドロップへの参加券も付与される予定なので、早めの参加がおすすめです。

99Bitcoinsは強力なコミュニティと、今までにない新しいモデルの提供で注目を集める銘柄です。初期セールに参加することで、大きなリターンを狙うこともできるので、興味がある方はぜひ参加してみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
99BTCを見てみる

今買うべき仮想通貨トークン⑨:Sponge V2

2023年5月に登場したSponge V1の後継「Sponge V2(SVONGEV2)」は、ミームコインの新しい波を引き起こすと予想されています。前作は、わずか数日で時価総額を100万ドルから1億ドルへと急拡大させ、注目の中心となりました。この「Sponge V2」は、前作の成功を受け継ぎ、更なる展開を期待させる仮想通貨です。

「Sponge V2」は、コミュニティの構築とマーケティング戦略に焦点を当てており、主要な暗号資産ニュースメディアや仮想通貨系インフルエンサーとの提携を通じて注目を集めています。公式サイトの「ロードマップ V2」によると、今後のプロジェクト開発や使用用途の拡大が予定されています。

「Sponge V2」の購入は、公式サイトを通じて行うことができます。購入手順としては、まずMetaMaskウォレットをダウンロードし、イーサリアムやテザーをウォレットに準備します。

次に、Sponge V2の公式ウェブサイトにアクセスし、「Connect Wallet」をクリックしてMetaMaskと接続します。その後、交換したいトークンの数量を入力し、購入手続きを完了します。詳しくは、Sponge V2の買い方の記事をご覧ください。

Sponge V2の価格予想によると、今後1年間で100倍の投資リターンが期待されています。Play-to-Earnゲームや大手仮想通貨取引所への上場予定など、将来性が高い要素が多数存在します。興味がある方は、仮想通貨Sponge V2の買い方を参考にし、下記の公式サイトからこの暗号通貨を購入してみましょう。

リリース日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル
SPONGEV2を見てみる

仮想通貨トークンに投資するメリット


輝く暗号通貨の山

ビットコインなどのメジャーな銘柄に投資するのも重要ですが、その他の仮想通貨トークンを購入するメリットを解説します。主なメリットは以下の3点です。

  • 値動きが激しく高い売却益が期待できる
  • 少額から投資できる
  • エコシステムにアクセスできる

値動きが激しく高い売却益が期待できる

仮想通貨トークンへの投資は、高いリターンが期待できます。その背景には、仮想通貨市場の高いボラティリティ(価格変動の激しさ)が挙げられます。特にFXや株式投資と比べても、仮想通貨のボラティリティは顕著です。

例えば、安価なトークンを購入し、価値が数百倍に上昇したケースも存在します。「安く買って高く売る」戦略は投資の基本であり、初心者でも取り扱いやすく、少ない資産から大きなリターンを目指せます。一方で、大きな損失を被る可能性も伴うので注意が必要です。

少額から投資できる

仮想通貨トークンへの投資は、少額から始められる点が大きなメリットの一つです。株式などの伝統的な投資先と比較して、はるかに低い資金で投資を始められます。しかし、日本円で直接購入できないトークンも多いため、最初にビットコインの買い方を参考に、ビットコインを準備してから、トークンを購入する必要があります。

少額から始められることは、リスクを抑えつつ投資の経験を積むのに最適な環境です。投資に興味がある方は、仮想通貨から始めてみるのも良いでしょう。

エコシステムにアクセスできる

仮想通貨トークンを保有することにより、エコシステムへのアクセスを可能にします。仮想通貨トークンの利用方法は多岐にわたり、他の通貨との交換、手数料の割引、仮想通貨の次に来るオンラインカジノでのチップ利用など、通常の仮想通貨とは異なる使い道があります。

また、仮想通貨ICOに参加することで得たトークンは、ゲームの通貨や、音楽・ブログなどのコンテンツサービスに使用する場合もあります。

仮想通貨トークンに投資することは、単に資産価値を増やすだけでなく、多様なエコシステムへのアクセスを可能にします。仮想通貨の買い方を学び、適切なトークンを選択すれば、仮想通貨の魅力を最大限に引き出すことができます。

おすすめの仮想通貨取引所を比較


暗号通貨の価格データとそれを見上げる人々

仮想通貨の購入には、信頼性が高く、使いやすい取引所の選択が重要です。仮想通貨の強気相場が到来中の今、初心者でも安心して仮想通貨を買えるおすすめの取引所を紹介します。

  • OKX – 香港に拠点を置き、世界最大級の取引量を誇るこの取引所は、ビットコインやイーサリアムをはじめ、350種類以上のアルトコインの取引に対応。高いセキュリティと利便性で初心者から上級者まで幅広く支持されています。
  • bitFlyer – 日本国内で最大級の取引所であり、手数料無料のサービスや7年以上のセキュリティ実績が特徴。独自の積立サービスを提供し、初心者にも優しい利用環境が整っています。
  • MEXC – シンガポールに本拠を置くこの取引所は、ビットコインやイーサリアムの他、数百種類のアルトコインを扱っています。特に、新規発行コインへの迅速な対応や高い流動性が魅力です。
  • Coincheck – 日本国内で広く利用されている取引所で、ユーザーに優しいインターフェースが特徴。幅広い仮想通貨銘柄やNFTゲームの取引プラットフォームを用意しており、初心者にも安心して利用できます。
  • bitbank – 日本国内における主要取引所の一つで、多種多様なアルトコインの取引が可能。高度なセキュリティと安定した取引環境が提供されています。
  • GMOコイン – 日本の大手企業GMOグループが運営する取引所で、ビットコインを含む複数の仮想通貨取引が可能。ユーザーに優れたトレード環境を提供しており、特に日本国内ユーザーには親しみやすいサービスです。

これらの取引所を利用することで、安全かつ効率的に仮想通貨の購入ができます。それぞれの取引所の特徴を比較し、自分の投資スタイルやニーズに合った取引所を選びましょう。

仮想通貨の買い方に関する注意点


散らばったビットコインと仮想通貨

仮想通貨を購入する際、注意すべき点が3つあります。

  • 仮想通貨取引所の手数料に気をつける
  • 売却するときに税金がかかる
  • 詐欺などのリスクに気をつける

仮想通貨投資は多くのリターンを生む可能性がありますが、それに伴う手数料や税金の扱いは非常に重要なため、下記で詳しく解説していきます。

仮想通貨取引所の手数料に気をつける

仮想通貨を購入する際、取引所の手数料は無視できないコストの一つです。一般的に、仮想通貨取引所では、入金、出金、取引ごとに手数料が発生します。例えば、有名な仮想通貨取引所コインチェックでは、銀行振込による入金手数料は無料ですが、コンビニ入金やクイック入金では入金額に応じて手数料が異なります。出金手数料は一律407円ですが、仮想通貨の種類によっては別の暗号資産口座への送金手数料がかかります。

仮想通貨を購入する際、取引所の手数料をしっかり理解することが重要です。取引頻度や取引の種類に応じて最適な取引所を選ぶことで、コストを抑えて効率的におすすめの仮想通貨に投資できます。

売却するときに税金がかかる

仮想通貨の取引で利益を得た場合、確定申告を通じて税金を納める義務が発生します。特に売却時に得られる利益は、税金の対象となるため、トークンを購入する際は将来の税金負担についても考慮する必要があります。

仮想通貨の税制は、他の所得と合わせて総合課税の対象となるため、年間20万円を超える利益がある場合には税金が課されます。税率は所得の大きさに応じて異なり、最高でビットコイン税率約55%(所得税45%、住民税10%)にもなり得ます。

仮想通貨で億り人になった人も税金に苦しめられた人が多くいます。税金に関する具体的な詳細は、管轄の税務署や税理士に相談するか、国税庁のウェブサイトを参照して十分に理解しましょう。

詐欺などのリスクに気をつける

仮想通貨の購入する際には、詐欺や不正なプロジェクトに注意しましょう。初心者は特に、「仮想通貨のエアドロップ(無料配布)」などの甘い言葉に惑わされやすいため、細心の注意を払う必要があります。

仮想通貨市場はまだ成熟しておらず、規制が完全に整っていないため、詐欺的なプロジェクトが存在することがあります。例えば、現実離れした高いリターンを誇大に宣伝していたり、SNSのダイレクトメッセージで勧誘されたりするような、詐欺的な仮想通貨プロジェクトもあります。

仮想通貨ICO(イニシャル・コイン・オファリング)に関しても魅力的なプロジェクトは多数ありますが、法的な整備が追い付いていない部分もあり、詐欺に利用されやすいです。信頼できる情報源と取引所の選定は、安全な仮想通貨投資のために不可欠です。

仮想通貨の買い方に関するよくある質問


Q1:仮想通貨のトークンとは?

仮想通貨トークンは、ビットコインやイーサリアム、ポリゴンリップルなどの既存のブロックチェーンを基盤として構築されたデジタル資産です。ブロックチェーン上でトークン化された資産を代表し、取引に利用されます。例えば、仮想通貨プロジェクトが資金を調達する際には、トークンが配布されることがあります。

トークンは、それぞれのブロックチェーン上で異なる役割を果たします。例えば、イーサリアムのようなブロックチェーン上で複数のトークンをステークすることにより、APY(年間収益率)としての収益を得ることも可能です。

その他にも、トークンが報酬の配布や仮想環境への参加に用いられることもあります。多くの仮想通貨取引所は、ブロックチェーン内での物品の取引や支払いを容易にするために、独自のトークンを導入しています。

Q2:「仮想通貨」と「仮想通貨トークン」は同じ意味ですか?

しばしば「仮想通貨」と「仮想通貨トークン」という言葉が混同しますが、2つには違いがあります。仮想通貨も仮想通貨トークンも、ブロックチェーンに基づくデジタル資産である点は、共通しています。

しかし、「仮想通貨」は、独自のブロックチェーンを持つデジタル資産であり、実行するプロトコルによって直接発行されるネイティブ通貨です。ビットコインで買えるものも増えつつあり、将来的には決済ネットワークがより充実するでしょう。

一方、仮想通貨トークンは主に取引可能な資産を表したり、関連するプロジェクトの機能を支援するために使われます。仮想通貨がそのブロックチェーンの本来のアセットであるのに対し、トークンは既存のブロックチェーン上に作られたものを表します。

まとめ:仮想通貨の買い方を参考に、早速投資してみよう


本記事では、仮想通貨の買い方とこれからトークンを買うメリットを紹介しました。仮想通貨はビットコインだけではなく、Web3.0仮想通貨メタバース仮想通貨など、多種多様なアルトコインが存在します。そのアルトコインにアクセスするためにも、仮想通貨取引所での買い方とプレセールでの買い方をマスターしておくことを推奨します。

仮想通貨の世界は日々進化しており、将来性のある仮想通貨が常に生まれています。2024年現在もビットコイン現物ETFの承認やビットコイン半減期を背景に、仮想通貨の強気相場が予想され、最大の投資チャンスと言われています。DeFi(分散型金融)などの分野も盛り上がっています。

仮想通貨投資はリスクもあるため、まずは小額から始めて、市場の動きや仮想通貨の特性を理解しながら、自己責任で投資の幅を広げていくことをおすすめします。本記事が、あなたの仮想通貨投資の一助となれば幸いです。ぜひブックマークの上、わからないことがあればこの記事に戻ってきてください。