BTC -0.88%
$64,661.11
ETH -2.20%
$3,503.90
SOL -4.56%
$132.61
BNB -1.07%
$593.01
XRP -1.12%
$0.49
DOGE -1.27%
$0.12
SHIB -2.83%
$0.000017
PEPE -5.99%
$0.000010
WienerAI(WAI)
限定セール中

PlayDoge(PLAY)の価格予想と将来性|2024年、2025年、2030年

Ichi Kawanaka
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

PlayDoge(PLAY)は 90年代ゲームのノスタルジアと現代のミームコインの熱狂を融合させているユニークな暗号資産(仮想通貨)。Play-to-Earn(P2E)機能を備えているのが特徴で、プレセール期間中はPLAYをステーキングして、受動的所得を獲得することも可能です。

本記事では、2024年から2030年までのPlayDoge価格予想を解説します。PlayDogeの今後価格や、PlayDogeの将来性に興味がある人は、最後までご覧ください。

PlayDoge(PLAY)の価格予想|2024年から2030年


2024年から2030 年までのPlayDogeの価格予測は、次のとおりです。

最高値

最安値

上昇幅(プレセール価格比)

2024

0.05ドル

0.005ドル

+10倍<

2025

0.5ドル

0.05ドル

+100倍

2030

5.0ドル

0.5ドル

+1000倍

  • 2024年:90年代に大流行した「たまごっち」をミームコイン風にアレンジしたWeb3ゲーム、という斬新なコンセプトです。ビットコインの半減期やイーサリアムETFの承認など、仮想通貨市場全体が盛り上がる可能性が高いイベントが控えていることから、年末には現在価格比10倍の0.05ドルまで高騰する可能性があります。
  • 2025年:プレセール終了後、DEX(分散型取引所)や大手仮想通貨取引所への上場を予定しています。さらにPlayDogeのアプリ開発が始まることで、トークンの実用性も高まり、ユーザーが増加していくことも期待されるため、2025年は0.5ドルまで上昇する可能性があります。
  • 2030年:2030年頃には、NFTゲームやWeb3の概念が広く一般に普及している可能性が高いです。特に、ゲームやメタバースのネイティブ世代でもあるZ世代やα世代を巻き込むことができれば、PlayDogeの価格はさらに上昇するはずです。アルトコインを代表する柴犬コインの今後に勝るとも劣らずの成長を続け、2030年には価格は5ドルを上回っているでしょう。

PlayDoge(PLAY)とは?


PlayDogeは、ミームをテーマにしたバーチャルペットのモバイル育成ゲーム。Play-to-Earn(P2E)機能を備えているのが特徴です。90年代ゲームのノスタルジアと現代のミームコインの熱狂を融合させている非常にユニークな仮想通貨プレセールプロジェクトとして、早速投資家の間で話題となっています。

PlayDogeのスマートコントラクトは監査されており、プロジェクトの堅牢性についても信頼できると言えるでしょう。PlayDogeを購入するには、ウォレットをプレセールサイトに接続し、BNB、USDT、ETHにて購入できます。または、銀行カードを使用してトークンを購入することも可能です。

プロジェクトの最新情報については、X(旧Twitter)Telegramコミュニティからご確認ください。

PlayDogeのゲーム体験

PlayDogeゲームの特徴概要

PlayDogeの専用モバイルアプリをダウンロードすると(プレセール終了後に利用可能になります)、自分だけのデジタルペットを飼い始めることができます。

デジタルペットは、本物のペットのように定期的に餌を与え、寝かせ、遊ばせ、訓練する必要があります。たまごっちと同じように、ドージ犬が放置されると、新しい家に逃げたり、死んでしまうかもしれないため、注意してください。

ゲームと仮想通貨との統合は、バーチャルペットを効果的に世話をすることでインセンティブを提供できるというメリットが生まれます。金銭的な報酬のないゲームと比較して、ユーザーに長期的なエンゲージメントが追加されるためです。

なお、Precedence Researchによると、世界のビデオゲーム業界の市場規模は2033年までに6650億ドルに達すると予測されており、モバイルゲームに特化したPlayDogeの将来性は明るいと言えるでしょう。

Precedence Researchゲーム業界の市場規模

この流れはPlayDogeにとって、非常に大きな潜在市場となるはずです。PlayDogeのゲームエコシステムはまだ稼働していませんが、開発はすでに始まっており、Web3版のたまごっちゲームのリリースは、PlayDogeコミュニティや新しい仮想通貨のファンをさらに盛り上げてくれるはずです。

仮想通貨ローンチの人気の高まりが続く中、PlayDogeはミームコインとWeb3ゲームの両方の波に乗れる有利なポジションに立っています。

PLAYトークンについて

PLAYトークンはPlayDogeエコシステムの中核を成し、ゲームのユーティリティ面とプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)の仕組みを支えています。PLAYは、PlayDogeアプリ内での取引や特別な機能へのアクセスのための主要なゲーム内通貨として機能します。

プレイヤーは、デジタルペットと交流したり、ゲーム内で優秀な成績を収めることで、PLAYトークンを獲得することができます。

PLAYトークンはPlayDogeの世界で価値と実用性を持つように設計されていますが、一般的な仮想通貨市場でも人気を得るようにも設計されています。その魅力を高める可能性のある重要な側面の一つは、PLAYトークンをステーキングして年間収益率(APY)報酬を得ることができることです。

PlayDoge(PLAY)のトークノミクス


PlayDogeのトークのミクス

PlayDogeのトークノミクスは、以下のとおりです。

PlayDoge(PLAY)トークンの詳細

  • プレセール:28億2000万(30%)
  • コミュニティ報酬:18億8000万(20%)
  • 流動性:10億8100万(11.5%)
  • マーケティング:18億8000万(20%)
  • プロジェクト資金:11億7500万(12.5%)
  • ステーキング:5億6400万(6%)

PlayDogeのトークンPLAYの総供給量は94億枚で、そのうち50%にあたる47億枚が現在進行中のプレセールイベントで販売されました。プレセール価格では、これはプロジェクトの初期資金として2440万ドルを調達したことになり、なおトークンはBinance Smart Chainネットワーク上で発行されます。

プレセールが上限に達した場合、PlayDogeはプレセール価格に基づいて約4880万ドルの初期の時価総額を持つことになり、残りのトークンは、ステーキング報酬(6%)、プロジェクト資金(12.5%)、コミュニティ報酬(7.5%)、流動性(11.5%)、マーケティング(12.5%)に分けられます。

PlayDoge(PLAY)の価格予測:2024年、2025年、2030年


PlayDogeのロードマップ

PlayDoge(PLAY)の将来価格予測についてそれぞれ見ていきます。

PlayDoge(PLAY)の価格予測:2024年

PlayDogeは、90年代に大流行した「たまごっち」をミーム風にアレンジしたWeb3ゲームという斬新なコンセプトで、多くの仮想通貨投資家から注目を集めています。

また、2024年は、ビットコインの半減期や現物イーサリアムETF(上場投資信託)の承認など、仮想通貨市場全体が盛り上がるイベントが多数控えています。このような市場全体の活況は、PlayDogeのような新興プロジェクトにも追い風となるでしょう。

先行販売はほんの数時間前に開始されたばかりですが、すでに20万ドルを超える資金が集まっており、PLAYトークンの見通しについてはすでに期待が高まっている状態。

これら上記要素を考慮すると、PlayDogeの価格は、2024年中にプレセール価格の10倍以上となる0.05ドルまで上昇する可能性は十分に考えられます。

PlayDoge(PLAY)の価格予測:2025年

PlayDogeは、プレセール終了後、DEX(分散型取引所)へのトークンローンチを予定しています。PLAYがBEP-20規格を採用していることから、BSC最大のDEXであるPancakeSwapへの上場が濃厚とされるでしょう。

さらに2024年から2025年にかけては、DeFi(分散型金融)への資金流入が加速する可能性が高く、その波に乗じてPlayDogeの価格も上昇する可能性が高いです。

またロードマップを見ても分かるように、PlayDogeのアプリ開発が始まることで、トークンの実用性も高まり、ユーザーが増加していくことも期待されます。プレイ・トゥ・アーンの要素も加わることで、ゲームを楽しみながらPLAYトークンを獲得できるようになり、需要がさらに高まるはずです。

これらの要因を総合的に考えると、PlayDogeの価格は2025年末にはプレセール価格から100倍以上となる0.5ドルに到達する可能性が考えられます。柴犬コインの将来性も有望ですが、PlayDogeの今後にも期待です。

PlayDoge(PLAY)の価格予測:2030年

2030年頃には、NFTゲームやWeb3仮想通貨の概念が広く一般に普及している可能性が高いです。PlayDogeは、まさにこの有望草コインのトレンドの中心に位置するプロジェクトであり、その将来性は非常に明るいと言えるでしょう。

さらに、世界のビデオゲーム業界の市場規模は2033年までに6,650億ドルに達すると予測されており、PlayDogeはこの成長市場にコミットすることで、成長市場からの大きな恩恵を受ける可能性が高いです。

特に、世界中のZ世代やα世代は、ゲームやメタバースのネイティブ世代であり、これらの需要を掴むことができれば、PlayDogeの価格はさらに上昇するはず。PlayDogeが提供する「たまごっち」風のレトロゲーム体験は、これらの世代に刺さる可能性が高く、今後はさらに幅広い層からの支持を集めることが予想されます。

これらの要因により、PlayDogeの価格は2030年末にはプレセール価格から1000倍以上となる5ドルに到達してもおかしくありません。ドージコインの今後にも期待が集まりますが、PlayDogeが「Web3時代のゲーム業界」を牽引する存在になることができれば、価格はさらに伸びていくはずです。

PlayDoge(PLAY)のよくある質問


Q1:PlayDogeとは?

PlayDogeは、ミームをテーマにしたバーチャルペットと2Dモバイルアドベンチャーゲーム。Play-to-Earn(P2E)機能を備えているのが特徴で、2024年のおすすめ仮想通貨と言えます。

Q2:PlayDogeはどこでダウンロードできますか?

PlayDogeの専用アプリは、Google PlayストアとApple Storeからダウンロード可能です。次世代バーチャルペットゲームとレトロな8ビットアーケードスタイルの2Dアドベンチャーゲームを楽しむことができます。

Q3:PLAYトークンのユーティリティは何ですか?

PLAYトークンは、主にゲーム内報酬ユーティリティを備えています。PlayDogeアプリ内のゲームをプレイすることで、PLAYを獲得することができるほか、プレセール期間中はPLAYをステーキングして、インカム収益を獲得することも可能です。

まとめ:PlayDoge(PLAY)は、2024年大注目のミームコイン銘柄


本記事では、PlayDoge(PLAY)の将来価格について解説しました。PlayDogeは、90年代に大流行した「たまごっち」をミーム風にアレンジした斬新なコンセプトで、仮想通貨ICOを大成功させました。PlayDoge(はドージコインの将来性に負けないほどの、差別化ができているため、1000倍仮想通貨になるかもしれません。

NFTゲームやWeb3の概念が広く一般に普及していくことを踏まえると、2030年にかけて大きく価格上昇していく可能性が高いです。PlayDogeのプレセールに参加するには、プレセールサイトにアクセスし、BNB、USDT、ETHを使って購入できます。

銀行カードを使用してトークンを購入することも可能なため、ぜひお気軽に購入してみてください。仮想通貨の億り人になれる可能性もあるため、ぜひです。

参考文献