Rank #23
ライトコイン(LTC)

Litecoin

LTC
$82.79
-1.60% /24h

Litecoin currently traded at $82.79 price, we update this information in real time. Over the past 24 hours it changed from $84.14 to $82.79. Currently Litecoin is ranked as #23 in our chart. The total supply of Litecoin is 74,547,981.00

graph not available

Category

$Best of the best

Market cap

$6,171,798,067.00

Volume (24h)

$325,621,483.45

Volume/Market cap (24h)

5.28%

Circulating supply

74,547,981.00 LTC

Total supply

74,547,981.00 LTC

Max supply

84,000,000.00 LTC

Fully diluted market cap

$6,171,798,067.00
LTC to USD converter

ライトコイン(LTC)は、ビットコインの欠点を解消するために開発された暗号資産(仮想通貨)です。迅速な取引と低い決済手数料が特徴で、ビジネスを対象にコインの市場流通を容易にするプロジェクトを展開しています。

ライトコインとは?

ライトコイン(LTC)のロゴ

ライトコインとは、ビットコイン(BTC)のフォーク(派生版)として生まれた仮想通貨です。ビットコインに次いで2番目に古いブロックチェーンでもあり、老舗銘柄のひとつだと言えます。

ライトコインブロックチェーンは、ビットコインネットワークの問題点を解決する目的で作成されました。スケーラビリティや取引手数料、取引処理速度などが主な問題点で、安全、迅速かつ低コストな取引を可能としています。

「ライト(lite:簡易版)」の名前が付いているのも、このためです。また、LTCはライトコインの通貨単位で、ライトコインと同義として扱われます。

ビットコインの平均ブロック作成速度は約10分で、BTCを採用するビジネスは速度の改善を待ち望んでいました。これに応えるように、ライトコインは約2.5分のブロック生成速度を達成し、速度重視のデジタル決済オプションとして最も人気の仮想通貨となっています。

まとめると、価値重視のビットコインに対して、ライトコインは取引速度で勝るアルトコインの一種だと言えます。

ライトコイン(LTC)の価格

ライトコインのチャート

ライトコインの価格チャート(出展:Google)

ライトコイン(LTC)の価格は68.71ドル(2024年2月現在)です。ビットコインと価格が連動することが多く、BTC急騰時はLTCも爆上がり仮想通貨になるとされています。

他の仮想通貨と比較して、急上昇と急下降を繰り返しやすいという性質もあります。価格は1年〜1年半のサイクルで上下を繰り返しており、2021年には数ヶ月で3倍程度の急騰を記録しています。

過去最高価格は2021年5月の347.72ドルで、過去1年半は65ドル前後で推移しています。

LTCの価格に影響を与える要因

LTCの価格に影響を与える要因には、以下のようなものがあります。

  • ビットコインの市場動向・・・ビットコインの派生版であるライトコインは、様々な面でBTCと密接な関係にあります。そのため、ビットコインがどこまで上がるかによってライトコインの価格が決定するとも言えます。
  • LTC採用の拡大・・・ライトコインはデジタル支払いオプションとして人気があり、今後も採用企業は増加を続けると思われます。Amazonなどの大手小売りが採用に踏み切ることで、LTCの価格も急上昇する可能性があります。
  • 市場の景況感・・・仮想通貨市場全体の景況感は、ライトコインの価格に間接的な影響を与えます。「仮想通貨の冬」に代表されるような売り市場の到来は、LTCにとって苦境とも言えるでしょう。一方、市場に楽観的な見方が広まる場合、ライトコインも正の影響を受ける可能性があります。
  • マクロ経済的要因・・・暗号資産に対する規制、インフレーション、通貨価値の変化など、外部的な要因はライトコインの価格に影響する可能性があります。SEC(証券取引委員会)による規制の枠組みなど、ポジティブな影響を与える要因も多数存在します。

ライトコインの仕組み

ライトコインは、ビットコインの初心者版としても知られるブロックチェーン技術です。動作原理のポイントを以下にまとめました。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサス

ビットコインと同様、ライトコインはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサスメカニズムを採用しています。これは、マイナーと呼ばれる取引検証者により取引を検証する仕組みです。マイナーは複雑な計算(ハッシュ)を処理することで、LTCコインを生成します。

この過程はマイニングと呼ばれ、高度な機器と多額の資金が必要とされています。そのため、ビットコインの始め方としては敬遠されることも多く、玄人向けの投資手法とも呼ばれています。

スクリプトPoWアーキテクチャ

ビットコインとは異なり、ライトコインは高速取引を実現するために独自のPoWを使用しています。これはスクリプトPoWモデルと呼ばれるプロトコルで、ミームコインであるDogecoinも使用する検証システムです。

ライトコインハーフィング

ライトコインは、市場流通量を制御するためにハーフィング(半減期)という仕組みを採用しています。これは4年ごとに市場から半数のLTCを取り除くもので、ライトコインの最大流通量は8400万トークンに制限されています。

トークン削減に伴い、マイニング報酬も半額に引き下げられます。このことから、ライトコインのハーフィングはLTCの価格に直接影響すると言えます。

ライトコインの使い方と用途

ライトコイン 利用可能の標識

ライトコインは、投機目的以外にも様々な目的で使用されます。以下にLTCの使い方をまとめました。

  • デジタル決済
  • eコマースの支払い統合
  • 投機
  • ステーキング
  • 非代替可能トークン(NFT)

ブロックチェーン技術による決済システムは、ビジネスと個人の両方にメリットがある仕組みです。一般のLTC保有者は、利息を得たり商品やサービスの購入に用いることが多いでしょう。仮想通貨プレセールで支払いに使えることもあります。

ライトコインの創始者は?

ライトコインは、Googleのソフトウェアエンジニアであるチャーリー・リー氏により創始されました。ブロックチェーンの問題点の解決が主目的で、ビットコインのオープンソースコードを改変して作成されたと言われています。

ビットコインから成功裏に「フォーク(分岐)」することで、独自の市場を開拓しています。フォークの2年後には分散型かつグローバルな決済ネットワークを構築し、国際取引の新しい選択肢として受け入れられるようになりました。

2011年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)以降、ライトコインは仮想通貨市場に影響を与え続けてきました。特にビットコイン関連のプロジェクトでは引き合いに出されることが多く、類似ネットワークとしてBTCの検証テストに用いられることもあります。

ライトコインの購入方法・買い方

OKXのホームページ

ライトコインの購入方法を紹介します。取引所によってLTCの買い方に大差はなく、基本的には以下のステップに従うことで入手できます。

  • ステップ1:OKXなど、大手の仮想通貨取引所にアクセスする。
  • ステップ2:身元確認用の書類をアップロードして、本人確認を完了する。
  • ステップ3:他の仮想通貨(ETHなど)や法定通貨(ドル、日本円など)を使用してアカウントに資金を入金する。
  • ステップ4:コイン一覧からLTCを選択し、購入ボタンを押して希望購入額を入力する。
  • ステップ5:取引所のウォレットにLTCトークンが入金されているのを確認する。

外部ウォレット

取引所のウォレットではなく、第三者が提供する外部ウォレットを使うという方法もあります。これにより、ライトコインの安全性が高まる可能性があります。2種類のウォレットが存在し、それぞれ次のように呼ばれています。

  • ハードウェアウォレット(TrezorやLedgerなど。コールドウォレットとも)
  • ソフトウェアウォレット(MetaMaskやCoinbase Walletなど。ウォームウォレットとも)

ハードウェアウォレットは、プライベートキー(パスワードに類似)をオフラインで保存するものです。ハッキングに強く、資金の盗難などに耐性があります。一方のソフトウェアウォレットは、オンラインでの使いやすさが特徴です。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、ニーズに合わせて使い分けると良いでしょう。仮想通貨の買い方の記事でも詳細を解説しています。

ライトコインの投資リスクと課題

ライトコインは、競合通貨が相次いで登場したことで需要が減少しているとも言われています。ミームコインなどの新作トークンは話題性が高く、新しさに欠けるLTCは短期間での価格上昇が期待できないという意見もあります。

否定的な見方は、ライトコイン創設者のチャーリー・リー氏が2017年に自身のLTCをすべて売却したことに始まったものです。実際、過去1年以上にわたって価格が伸び悩んでおり、解決すべき課題は多いとの声もあります。

ライトコインの規制と法的側面

米国には仮想通貨を一括に取り締まる法律はなく、今後はSEC(米国証券取引委員会)の動向に注目が集まります。EU(欧州連合)はライトコインの受け入れに前向きで、法定通貨に近い形で採用が進むかもしれません。

各国の規制状況は、ライトコインの将来性に直接影響を与えると言えます。2022年には、主要市場のひとつであるインドで仮想通貨の全面的な禁止が議論されました。また、ビットコインのETF(投資信託)申請は、LTC価格と関連性が高いと言えます。ライトコインに投資する際は、仮想通貨ETF関連のニュースをチェックするのがおすすめです。

ライトコインと他の仮想通貨の比較

各種仮想通貨

ライトコインと関連性の高い仮想通貨を比較してみました。

対ビットコイン(BTC)

前述のとおり、ライトコインはビットコインから派生して作られた通貨です。電力消費量の大きいPoWコンセンサスに頼るBTCに対し、LTCは迅速かつ低コストの取引を可能にしています。

効率の面で上回るライトコインですが、用途の多さではビットコインに軍配が上がります。LTC価格を牽引することの多いBTCですが、値上がり時の上昇幅がより大きいという特徴もあります。

対イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用するブロックチェーンです。高効率という点でライトコインと競合しますが、より頻繁なアップグレードにより活発なプロジェクトと見なされています。

イーサリアムはマイニング不可ですが、ライトコインは設備投資を前提条件として個人でのトークン作成が可能です。対するETHは用途と市場価値の面で上回っており、直近の値動きもLTCより好調となっています。詳しくは、イーサリアムの今後の記事をご覧ください。

対ソラナ(SOL)

ソラナ(SOL)とライトコインは、どちらもデジタル決済用の通貨として人気があります。市場総額もほぼ同額(ライトコイン=520億ドル、ソラナ=460億ドル)ですが、SOLは市場流通量に制限がないという違いがあります。

また、ソラナはレイヤー1(インフラ基盤)の枠組みであり、ライトコインとは競合エリアが異なります。価格に関しては、ソラナは直近3ヶ月で5倍の価格成長(20ドル台→100ドル台)を達成しています。

この他にも、ライトコインは仮想通貨の新規上場銘柄と引き合いに出されることがあります。

よくある質問

仮想通貨の億り人が多いとされるライトコインですが、よく知らないという人も多いはず。LTCについて、よく寄せられる質問をまとめました。

ライトコインの価格は?

ライトコインの価格は、70.45ドル(2024年2月時点)です。ただし、価格は仮想通貨取引所によって異なる場合があります。

ライトコインの購入場所は?

規制済みの暗号資産取引所なら、どこでもライトコインを購入できます。おすすめはBitFlyerなどで、購入の際は身分証明書の提出が必要です。

ライトコインは安全?

おすすめ仮想通貨ライトコインは、比較的安全な投資対象だと言えます。用途や流動性の面で課題があるため、ライトコインの将来性は不確実な要素が多いのも事実です。