DEXToolsの使い方は?特徴や始め方、利用するメリットを解説

Masafumi Sakoda
| 8 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

紅色に染まるビットコインとチャート

分散型金融(DeFi)や分散型取引所(DEX)の登場により、暗号通貨(仮想通貨)投資に新しい革命が起きました。2024年に入り、上場予定の仮想通貨に注目している投資家も少なくありません。

今回ご紹介するDEXToolsは、分散型取引所(DEX)で取引されている仮想通貨を確認・分析できるツールです。それぞれのチャートを確認したり、リアルタイムで取引を分析したりできます。本記事では、DEXToolsの使い方や特徴、メリットなどを解説します。

本記事を通して、効率的に仮想通貨情報を収集したり、今後上場予定が増えそうな仮想通貨を比較したりできるようになるでしょう。

DEXToolsとは上場している仮想通貨を比較できるツール


赤色と緑色で乱高下しているチャート

DEXToolsは、分散型取引所(DEX)に上場している仮想通貨を比較できるツールです。パソコンやスマートフォン、タブレットから利用でき、アプリ版とウェブ版のどちらからでも使用できます。さまざまなデバイスから利用できる手軽さも、魅力の一つです。

DEXToolsには、投資家やトレーダーが求めるチャート分析や価格表などの機能が備わっています。最大の特徴は、常に爆上げ銘柄となりえる仮想通貨の最新情報を確認できること。上場して間もないトークンも詳細を参照できるため、エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来価格に関する情報も取得できます。DexToolsの有料プランに加入すると、後述する「Challenge」や「Simulator」などの機能を利用可能。

独自トークン「DEXT」を発行しており、PancakeSwapやUniswapなどの大手分散型取引所で取引が可能です。2024年2月にはトークン価格が157.87円まで上昇、本記事の執筆時点では115.5円となっています。ちなみにトークンは、仮想通貨ウォレットに接続するだけでスワップが可能です。

DEXToolsの始め方


スマートフォンでチャートを眺める

DEXToolsを始めるには、仮想通貨ウォレットに接続する必要があります。接続するためのステップは、以下のとおりです。

  1. DEXToolsにアクセスして、画面右上にある「Connect」をクリック
    DEXToolsのコネクトをクリック
  2. 「Connect」をクリック
    もう一度DEXToolsのコネクトをクリック
  3. 接続できるウォレットが一覧で表示されるので選択(本記事ではメタマスクをクリック)
    DEXToolsのメタマスクを選択
  4. パスワード入力や署名のリクエスト(STEP1、STEP2)を求められるので、画面の指示に従う
    この画面が表示されたらDEXToolsへの接続完了

上記の画面が表示されると、ウォレット接続は完了です。

DEXToolsの使い方


利益が出たタイミングで購入する

DEXToolsの使い方に関して、それぞれのメニューの詳細は以下のとおりです。

  • DexTboard
  • Pair Explorer
  • Live New Pairs
  • Big Swap Explorer
  • Multi Chart
  • MultiSwap
  • Stats
  • Products
  • Simulator
  • DEXTswap
  • Burn
  • DEXTools Academy

ひとつずつ解説していきます。

詳細情報を確認できる「DexTboard」

DEXTboradは画面左上にあるホームアイコンをクリックすると、以下の画面に遷移します。おすすめ仮想通貨がランキング形式で表示され、詳細情報を確認する際に活用すべき機能です。ちなみに、ICO仮想通貨を見つける場合も利用できます。

DEXTboradの画面の見方について1

ランキングにはDaily gainersとDaily losers、Recently updated socials、Hot pairsの4種類があります。それぞれで参照できる情報は、以下のとおりです。

  • Daily gainers:24時間以内のトークンの価格上昇率
  • Daily losers:24時間以内のトークンの価格下落率
  • Recently updated socials:直近で投稿もしくは更新のあったSNSアカウント一覧
  • Hot pairs:24時間以内にアクセスが最も多かったトークンペア

画面を下にスクロールすると、フィルターや並び替え機能で絞り込みができる仮想通貨の一覧を表示できます。気になるトークンペアをクリックすると、現在の価格やチャートなどの情報も確認可能です。

DEXTboradの画面の見方について2

さらに、左上に表示されている通貨アイコンからチェーンを変更できます。チェーンを変更すると、移動先のページも切り替わるため、気になるチェーンを選んで分析しましょう。

DEXTboradの画面の見方について3

トークン価格をチャートで表示する「Pair Explorer」

Pair Explorerの使い方の説明画面

Pair Explorerでは、DEXTools上のトークンの価格チャートや詳細情報を検索できます。確認したいトークンの「名称」もしくは「コントラクトアドレス」を入力するだけで、利用が可能です。検索欄を活用すれば、詳細情報ページから希望トークンペアの表示もできます。画面を下部にスクロールすると、トークンの取引履歴が閲覧可能です。

トークンペアを表示できる「Live New Pairs」

Live New Pairsの使い方の説明画面

Live New Pairsページでは、販売を控えているトークンペアやリリースされたばかりのトークンペアを確認できます。上場予定のトークンや新プロジェクトをチェックしたい時に便利です。デフォルト設定では、上場から経過した時間ごとでソートされているため、新しい上場トークンを確認できます。

大口取引を確認できる「Big Swap Explorer」

Big Swap Explorerの使い方の説明画面

Big Swap Explorerは、大口で行われている取引を確認できる機能です。売り買い両方の注文に対応しており、ドル換算額や大口トレーダーのウォレットアドレス、交換ペアを参照閲覧できます。取引情報や売買している仮想通貨ミームコインなどを参照できるので、市場の動きを読み解きながら、今後の戦略が練りやすくなります。

複数の仮想通貨チャートを比較できる「Multi Chart」

Multi Chartの使い方の説明画面

Multichartページでは、最大10個のトークンチャートを同時に表示できます。お気に入りの銘柄を登録しておけば、リアルタイムで価格変動を確認できるので、効率的な情報収集が可能です。

設定方法は画面内の「Add new chart」をクリックし、トークンの「名称」もしくは「コントラクトアドレス」を入力すると、希望ペアがチャートで表示されます。

仮想通貨をまとめてスワップできる「MultiSwap」

MultiSwapの使い方の説明画面

MultiSwapは、複数のトークンペアのスワップ画面をショートカット登録できる機能です。異なるDEXのスワップ画面を1つに集約できるだけでなく、複数の仮想通貨を同時に交換できます。

設定方法は、検索窓にトークンの「名称」もしくは「コントラクトアドレス」を入力して、希望するペアをクリックするだけです。さらに別のトークンも追加できるので、お好みでカスタマイズできます。

複数の仮想通貨取引所を比較できる「Stats」

Statsの使い方の説明画面

Stats(DextStats)は、選択したチェーン上のDEX間で、価格上昇中のトークンをランキング形式で確認できます。例えば、添付画像のようにUniswap V2を選択すると、仮想通貨ビットコインやBONKなどのDEXが表示され、価格上昇中のトークンの比較が可能です。同時に3つまでのDEXを表示できるため、トレンドのトークンやおすすめアルトコインとなる投資先を見つけるのに役立てられます。

SNSやアプリのダウンロードリンクを確認できる「Products」

Productsの使い方の説明画面

Productsは、価格ボットやアプリへのリンク、SNSアカウントなど、DEXToolsが提供する各種ツールやサービスの情報がまとめられている機能です。各機能の詳細は、以下のとおりです。

  • Buy Bot:トークン取引や主要指標の最新情報を共有できるボット
  • Price Bot/New Pairs Bot:Telegram上で価格通知を受け取れるボット
  • iOS APP:iPhone向けのDexToolsアプリ
  • Android APP:Android向けのDexToolsアプリ
  • Embedded chart:DEXToolsのGitHubページ
  • Embedded DEX aggregator:DEXTswapのGitHubページ
  • API:APIエンドポイントの商品ページ

アプリのインストールやSNSアカウントのフォローは上記から行えるので、最新情報を逃したくない方はぜひ活用しましょう。

投資を予測できる「Simulator」

Simulatorの使い方の説明画面

Simulatorは、実際の資産を投入せずに投資シミュレーションできる機能です。まずは仮想通貨ウォレットに接続して、最初に10,000トークン(単価1ドル)の架空のU$DEXTトークンが提供されます。このトークンを使用して、仮想通貨の次に流行るものや将来の投資を予測できます。Simulatorは、イールドファーミングを利用すべきかのテスト運転としても活用できるでしょう。

優れた分散型取引所(DEX)を発見する「DEXTswap」

DEXTswapの使い方の説明画面

DEXTswapは、分散型取引所(DEX)を比較できるアグリゲーター(集計機)です。適した取引所を自動で見つけられるため、効率的に投資を進められます。ビットコインカジノのように、大きな報酬を得られる可能性を高めてくれる機能です。

バーンされたトークン状況を把握できる「Burn」

Burnページの説明画面

Burnページでは、DEXToolsのネイティブトークンであるDEXTのバーン状況を確認できます。ページ内の確認できる情報は以下のとおりです。

  • Daily Burn:日ごとのDEXTトークンバーン量
  • Circulating Supply:DEXTトークンの流通量
  • Burn Last 24H:24時間以内にバーンされたDEXTトークン量
  • Burn Last 7 Days:1週間以内にバーンされたDEXTトークン量
  • Burn Last 30 Days:30日間以内にバーンされたDEXTトークン量
  • Holders:DEXTトークン保有者数

ほかには、ウォレット内のトークン数や1年後の予想価格も参照できます。

仮想通貨に関するYouTubeチャンネル「DEXTools Academy」

DEXTools Academyページの説明画面

DEX Tools Academyは、DEX Toolsが運営するYouTubeチャンネル。DeFi仮想通貨やWeb3関連の動画閲覧が可能です。使い方や暗号資産に関する教育コンテンツ、生配信など、さまざまな動画を英語で配信しています

チャンネル内では、仮想通貨の管理方法や仮想通貨エアドロップ情報を視聴できます。ほかにも、パネルディスカッションやメタバース仮想通貨の紹介、金融企業CEOとのインタビューなど、他では見られない濃いコンテンツが豊富です。

英語が苦手な方は、YouTubeの自動翻訳機能を活用して日本語字幕付きで視聴できます。メタバース投資に関する情報も発信しているので、気になる方は登録しておきましょう。

DEXToolsを使うメリット


Bの盤面から無数に広がるコード

DEXToolsを使うメリットとして、以下の5つがあります。

  • 大口取引の仮想通貨ウォレットを分析できる
  • 毎月1500万人以上のユーザーが利用している
  • 仮想通貨ウォレットに接続してトークンをスワップできる
  • 上場して間もないトークンを確認できる
  • さまざまなチェーンに対応している

ひとつずつ解説していきます。

大口取引の仮想通貨ウォレットを分析できる

DEXToolsでは、さまざまな取引が表示されるため、大口取引を行った仮想通貨ウォレットを分析できます。トークンの注文履歴が表示されるため、大口の投資家やトレーダーの特定と分析が可能です。「どのようなトークンを保有しているか」「過去にどんなトークンを取引したのか」を把握して、ローンチ間際の仮想通貨情報を収集しながら、今後の投資戦略に活用しましょう。

毎月2000万人以上のユーザーが利用している

DEXToolsは「DexTboard」や「Pair Explorer」など、多数の機能を搭載。世界中の仮想通貨投資家に利用されており、本記事の執筆時点でユーザー数は月間2000万人を超えています。昨年2023年5月の1600万人からさらに増加しており、DEXToolsの人気の高さがうかがえます。今後も利用者数が増えるに伴い、仮想通貨プレセールの情報も豊富に集まるはずです。

仮想通貨ウォレットに接続してトークンをスワップできる

DEXToolsはデータアグリゲーションサイトである一方、仮想通貨ウォレットに接続してトークンをスワップできる点がメリットです。リアルタイムでチャート確認やスワップを同時に完結できるので、ビットコイン成功者になれる確率も上がります。

上場して間もないトークンを確認できる

DEXToolsは、上場して間もないトークンをチャートで確認できる点がメリットです。リリースしたばかりのトークンや、リリース予定のトークンに注目している場合は、DEX Toolsを活用しましょう。また、ビットコインの今後が気になるユーザーにも適したツールとされています。

さまざまなチェーンに対応している

DEXToolsは、仮想通貨イーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)をはじめとした91種類のブロックチェーンに対応しています。「NFTゲームに関連する仮想通貨情報を集めたい」「複数のチェーンでステーキングを行っている」方は、各チェーンのDEX関連トークンの状況を効率的に確認できます。

DEXToolsの使い方でよくある質問


細かい値動きを分析できるチャート

DEXToolsの使い方でよくある質問は、以下の3つです。

DEXToolsは、アカウント登録しなければ利用できませんか?

DEXToolsを利用するにあたって、アカウント登録は必要ありません。ウォレットを接続するだけで基本的な機能を無料で使用できます。より多くの機能を利用する際は、「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」への加入が必要です。

DEXToolsの開発チームを知りたいです

DEXToolsの開発チームは、公式サイトから確認できます。起業家やソフトウェアエンジニアなど、さまざまな分野の専門家が参画しています。興味のある方はぜひチェックしてみましょう。

DEXToolsでトークンのコントラクトアドレスを知りたいです

DEXToolsのコントラクトアドレスは、ERC-20とBEP20の2種類があります。それぞれのコントラクトアドレスは、以下のとおりです。

  • ERC-20:0xfB7B4564402E5500dB5bB6d63Ae671302777C75a
  • BEP-20:0xe91a8D2c584Ca93C7405F15c22CdFE53C29896E3

どちらも公式サイトから確認が可能です

DEXToolsの使い方まとめ


暗い背景の中で上下するチャート

DEXToolsは、分散型取引所(DEX)に上場している仮想通貨を比較できるツールです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスから利用でき、チャート分析や価格表を表示できる機能が備わっています。本記事では、仮想通貨億り人になるには必須のDEXToolsの使い方や特徴、利用するメリットを解説しました。

DEXToolsを始める際は、仮想通貨ウォレットに接続するだけ。トークンなどの詳細情報を収集して、効率的に投資を練ったり、ビットコインで儲けた場合の税金がどれくらいかかるのか計算できます。

今回ご紹介した使い方に関する質問も参考にしながら、仮想通貨の買い方を知るためのツールとして、DEXToolsをご活用ください。また、DEXToolsと同様に必須の仮想通貨取引所の開設がまだの人は、おすすめの仮想通貨取引所一覧もぜひご確認ください。