BTC 1.08%
$67,873.47
ETH 0.19%
$3,515.71
SOL 4.47%
$181.24
BNB 0.92%
$601.11
XRP -1.07%
$0.59
DOGE 6.84%
$0.14
SHIB 0.84%
$0.000018
PEPE 1.47%
$0.000012
PlayDoge(PLAY)
プレセール開催中

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来性と価格予想【2024年版】

Masafumi Sakoda
| 15 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
犬系コインを左手で持つ人とチャート

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、50万倍という驚異的な高騰を記録し、多くの投資家に巨額の利益をもたらした将来性が期待されているミームコインです。柴犬をモチーフとした愛らしいロゴが人気を呼び、強力なコミュニティが存在しています。

本記事では、柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来性や特徴、価格推移などについて解説します。独自のネットワークが開発されている点や投資家が今後注目しているポイントなども分析。柴犬コインの2024年と2025年、2030年の価格予想も紹介しているため、「shibaコインで今後、億り人になれるか知りたい」「シバイヌ系暗号資産(仮想通貨)の今後と将来性が気になる」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)価格予想チャート


柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)過去価格チャート


柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の詳細


通貨名Shiba Inu (SHIB)
Shiba Inu 価格$0.0000181
Shiba Inu 変動率(24時間)▲ 0.55%
Shiba Inu 変動率(7日)▲ 5.80%
Shiba Inu 時価総額$10,721,656,809
総供給量589,271,850,586,731

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の価格予想ダイジェスト|2024年、2025年、2030年


虫眼鏡でコインを見る男性

2021年の仮想通貨ブームで価格が高騰した柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、同年11月以降、減少傾向にありました。しかし、2024年2月に入って、再び注目を集めています。本記事執筆時点で、0.0000217ドルを維持しており、価格変動の要因として、市場の成長や技術的進歩、コミュニティ活動などのポジティブなものが影響しています。

2025年以降もさらなる成長が期待でき、仮想通貨情報を発信しているTechopedia(テコぺディア)によると、2024年から2030年にかけて最高価格が7倍以上になると述べています。当メディアで分析した結果の詳細は、以下のとおりです。

最低価格

平均価格

最高価格

2024

0.000010ドル

0.000032ドル

0.000062ドル

2025

0.000115ドル

0.000135ドル

0.000168ドル

2030

0.000149ドル

0.000269ドル

0.000456ドル

上記の分析は、あくまでも近似値であり、最終的な価格は柴犬コインの今後のプロジェクト進捗などに左右されます。しかし、エコシステムの成熟と市場の発展により、2024年以降もエイダコインのようなアルトコインと同様、柴犬コインは大幅な価格上昇が予想されています。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)とは億り人を誕生させたミームコイン


犬系コインを持つ人とチャート

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、2020年8月に「Ryoshi」というペンネームの開発者によって発行されたミームコインです。柴犬コイン以外に親しみを込めて「シバイヌ」と呼ばれたり、トークン保有者を「SHIBアーミー」と名付けたり、今後の成長が期待されている仮想通貨でもあります。

トークン規格は、仮想通貨イーサリアム(ETH)で使用している「ERC-20」を採用。イーサリアムとの互換性、デザイン性、そしてユニークなコンセプトから、多くの人々から支持されています。汎用性の高いイーサリアムの購入も検討している方は、併せて確認しておきましょう。

そんな柴犬コインの価格が何倍になったのかというと、初期価格から50万倍です。その背景には、約1000兆枚という大量の発行枚数、活発な取引による流動性の高さ、そして熱狂的な投資家や起業家によるコミュニティの存在があります。実際、柴犬コインは、2009年のビットコイン成功者と同じように多くの億り人が誕生させました。多くの億り人を誕生させた柴犬コインは、価格上昇と下降を繰り返しながらも、注目度は年々高まっています。今後のビットコインの値動きと併せて、しっかりチェックしておきましょう。

ちなみに、ビットコインも発行枚数を2100万枚と設定している希少性の高い仮想通貨です。ビットコインの買い方が気になる方は、事前に確認しておきましょう。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)が誕生した経緯

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、同じ犬系ミームコイン「ドージコイン(DOGE)」を超える、いわゆるドージコインキラーとして誕生。しかし、2020年のリリース当初は価格が安定せず、ただのミームコインとしての性質が強く残っていました。

状況が一変したのは、2021年のイーロン・マスク氏によるSNSでの発言。追随するように他のインフルエンサーも言及し、柴犬コインは大きな注目を集めました。結果として柴犬コインの価格が約50万倍に高騰し、ドージコインと並んで話題の仮想通貨となっています。

時価総額の上昇率も一時期は190%を超え、取引できる仮想通貨取引所も増加し、柴犬コインはミームコインを代表する仮想通貨として誕生しました。柴犬コインと併せてドージコインの買い方を知りたい方は、今から準備を進めておきましょう。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の特徴3つ


複数のコインの上にあるサイコロ

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の特徴は、以下の3つです。

  • 新たな分散型取引所(DEX)などを展開している
  • 3つのトークンで構成されている
  • 独自のネットワークを開発している

ひとつずつ解説していきます。

新たな分散型取引所(DEX)などを展開している

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)では、新しく分散型取引所(DEX)「ShibaSwap」を展開しています。ShibaSwapは、仮想通貨ウォレット「メタマスク」に接続して活用するプラットフォームの一種。利用できる機能は、以下のとおりです。

ほかには、NFTをエアドロップで受け取れるイベントも開催。今後のプロジェクトの進捗によっては、ステーキングの報酬利率が増えたり、新たなステーブルコインが発表されたりする可能性もあります。

3つのトークンで構成されている

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)のエコシステムは、3種類のトークン「SHIB・BONE・LEASH」で構成されています。それぞれの特徴は、以下のとおりです。

  • SHIB:プロジェクトの主要通貨として、多くの仮想通貨取引所で取引されている。
  • BONE:ShibaSwap内で使用できるガバナンストークン。保有者はプロジェクトの運営方針を決める投票に参加できる。
  • LEASH:供給量が限られた希少なトークン。ステーキングによって報酬が得られ、もともとは供給量をコントロールする役割があった。

3つのトークンは、それぞれ異なる役割を持っており、柴犬コインのエコシステムを支える重要な存在となっています。今後は4つ目のトークン「TREAT」が登場すると予想されており、期待が高まっています。

独自のネットワークを開発している

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)プロジェクトの特徴の一つは、独自のレイヤー2ネットワーク「シバリウム」を開発している点です。シバリウムは、レイヤー1であるイーサリアムチェーンの課題を解決するために開発されました。解決するための具体的な課題は、以下の3つです。

  • 処理速度の向上
  • セキュリティの向上
  • エコシステムの拡張

2023年8月にリリースされたシバリウムでしたが、ソフトウェアのバグにより一時的に立ち上げが失敗してしまいます。ですが、そこから再稼働し、稼働からわずか1週間でウォレット数が60万を突破。ネットワーク環境の効率性を向上させるためのソリューションとして、注目されている点が伺えます。

柴犬コインという仮想通貨だけでなく、精力的にネットワーク開発に取り組んでいるところも、投資家から期待される要因です。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の価格推移


複数のコインの上に立てている犬系コイン

2020年8月に登場した柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、イーロン・マスク氏やインフルエンサーから大きな支持を集めました。その結果、2021年にブレイクした仮想通貨です。

しかし、リリース当初は「1SHIB=0.00000001ドル」と非常に低い価格で推移し、注目を集めていませんでした。2021年に入り徐々に認知を広げていき、多くの著名人による発信がきっかけで、一気に注目度が高めていきます。

2021年5月には短期間で価格が急騰し「1SHIB=0.000088ドル」に達する瞬間も。大きなリターンによって、多くの仮想通貨億り人を生み出しました。

過去最高値を出した2021年10月以降は、価格が安定していき調整期に入ります。2022年になってからも柴犬コインはエコシステムの成長や新規プロジェクトの導入を行っており、投資家たちの関心を集め続けています。

2023年には新たな技術的進歩やパートナーシップの発表が続き「1SHIB=0.00001ドルから0.000015ドル」を推移。本記事執筆時点では0.0000217ドルとなっており、安定した成長を見せています。価格変動を繰り返しながらも、エコシステムの成長や投資家たちの支持によって、安定した仮想通貨として認知されています。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来価格には専門家も期待している


両手いっぱいの仮想通貨

仮想通貨専門家は、柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来性に明るい見通しを立てています。

これから2024年末までの短期的な予想として、柴犬コインの現在の価格から上昇すると見られています。強固なコミュニティと盤石な市場が形成されているためです。

2025年からは、エコシステムの拡大や技術的進歩、パートナーシップ提携が加速し、価格がさらに上昇すると予測されています。新しいプロジェクト開発も、成長を後押しするものになるはずです。

2030年までの長期視点で考えた場合、柴犬コインの価格は約0.000028ドルにまで達すると見込まれています。長期的に成長を続けると予想できる理由は、以下の2つです。

  • エコシステムの成熟
  • 新たなユースケースや技術革新

ビットコインやアルトコインの動向と市場全体の成長も、柴犬コインの価格上昇に大きく関わってきます。専門家の予想によると、柴犬コインは短期から長期目線で安定した成長を続け、存在感を高めていくと考えられています。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)とドージコイン(DOGE)の違い


通貨名がたくさんあって悩む男性

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)とドージコイン(DOGE)は、同じ犬系のミームコインですが、異なる点が複数あります。それぞれの違いは、以下のとおりです。

誕生した目的

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、「ドージコインを超える」という目的で2020年に作られました。一方のドージコイン(DOGE)は、楽しく利用できるジョークコインとして2013年に作られました。

ブロックチェーンの違い

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、イーサリアムブロックチェーン上で動いており、スマートコントラクト機能も利用可能です。ドージコイン(DOGE)は、独自ブロックチェーンを保有しており、高速かつ低コストで取引できます。

発行枚数の違い

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、発行枚数を1000兆枚に設定しています。上限を設けているので、特定量のコインを永久的に消去するバーン(焼却)機能を搭載。供給量を減らすことで、通貨自体の希少価値を高めています。

ドージコイン(DOGE)は、発行枚数の上限を設けていません。価格は安定しやすいですが、柴犬コインのように大きなリターンは実現しにくいです。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の買い方


カゴに入っているたくさんの仮想通貨

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)を購入する手順は、以下の通りです。

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設
  2. 口座に資金を入金
  3. 柴犬コインの値動きを分析
  4. 取引の種類を選択
  5. 数量を指定して購入

口座開設では、bitFlyerやMEXC、OKXなどの信頼できる取引所を選択し、本人確認を完了させましょう。その際、運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書の提出が求められるケースがほとんどです。

銀行振込やクレジットカードなど、取引所が指定する方法で入金します。チャートや取引履歴から現在の価格や過去の値動きなどもチェックしましょう。市場の状況や自身の投資方針に合わせて適切な取引の種類と数量を選択し、取引を実行します。

購入した柴犬コインを個人のウォレットに移動させて、セキュリティを高める方法も有効です。ハードウェアウォレットやソフトウェアウォレットなど、自分にあったものを利用しましょう。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)購入におすすめの仮想通貨取引所


犬系コインとメタリック製品

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)といった仮想通貨の購入におすすめの仮想通貨取引所は、bitflyerです。2014年1月に設立された国内最大級の仮想通貨取引所で、株式会社bitFlyerが運営しています。現物取引や差金決済取引(CFD)など、幅広い取引形態に対応。取引サービスやツールも提供しているので、投資初心者だけでなく、ICO仮想通貨の購入を考えている上級者にもおすすめです。

最大の特徴は、手数料体系とセキュリティの高さです。各種手数料が無料となっており、販売所の売買手数料や差金決済時の取引手数料、一部の銀行からの振込手数料などが無料になります。業界最長の7年以上ハッキング件数は0を達成し、高いセキュリティを実現しています。

bitflyerを見てみる

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来性や今後のポイント


テーブルに並んだ5枚の仮想通貨

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来性で注目すべきポイントは、以下の5つです。

  • 新たなプロジェクトの開発
  • ドメインネームサービスの盛り上がり
  • 著名人の発言や動向
  • ミームコイン自体の価格変動に左右される

ひとつずつ解説していきます。

新たなプロジェクトの開発

本記事執筆時点で、SHIBの開発チームは以下のプロジェクト開発に取り組んでいます。

  • メタバースプロジェクト「SHIB:The Metaverse」
  • ステーブルコイン「SHI」
  • カードゲーム「Shiba Eternity」

「SHIB:The Metaverse」は、柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)のエコシステムを拡大する注目のメタバースプロジェクトです。メタバースという空間で、オンラインストアの利用や他のユーザーとの交流などができるように。完成すれば柴犬コインを活用した、ビットコインカジノのような経済交流がさらに活発になる可能性もあります。

ステーブルコイン「SHI」も注目のプロジェクトです。SHIは価格の安定性を実現するだけでなく、仮想通貨での決済利用や実用性の向上を目的に開発が進められています。完成すれば、エコシステム拡大に貢献したユーザーに対して報酬を支払えるように。

今後、新規のメタバース仮想通貨やステーブルコインのプロジェクトがリリースされた場合、柴犬コインの認知度向上や新規ユーザーの獲得につながります。エコシステムの拡大は、柴犬コインの価値にも良い影響を与えるはずです。

ちなみに、2022年10月に登場した「Shiba Eternity」は、スマートフォン版で利用できるカードゲームとなっています。柴犬コインのエコシステムがテーマとなっています。今後、ブロックチェーンとの統合が進むとプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)要素が加わり、柴犬コインの価格上昇に寄与するはずです。

「SHIB:The Metaverse」と同じく、メタバース投資対象となるゲームプロジェクトは、エルフトークン(ELF)です。注目を集めているエルフトークンの買い方が気になる方は、大きなリターンを得るために参加しておきましょう。

ドメインネームサービスの盛り上がり

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、2024年3月にドメインネームサービス「SHIB Name Token」をスタートさせ、盛り上がりを見せています。ユーザーは「〇〇.SHIB」といったカスタムドメイン名を取得できるように。リリース初日には数千のドメインネームが登録され、約30万円で落札されるドメインもありました。

SHIB Name Tokenは、Web3.0版のドメインと呼ばれ、従来のドメインにはない特徴を持っています。

  • 分散型Webサイトにで公開できる
  • NFTマーケットプレイスで出品・転売できる
  • 仮想通貨の受取用ウォレットアドレスとして機能する
  • 仮想通貨ウォレット特有の複雑なアドレスを簡略化できる

将来的には、DIDや分散型電子メール、ウォレット間でメッセージのやりとりなど、用途を拡大する方針です。Web3.0仮想通貨およびドメインの先駆けとなるサービスとして、期待が高まっています。

SHIB Name Tokenは、公式サイトから登録できます。販売価格はドメインの人気度によって異なり、10ドルから9,000ドルとさまざまです。今後も高額での売却が期待でき、shibaコインの将来性を後押しする存在となるはずです。

著名人の発言や動向

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、イーロン・マスク氏の発言がきっかけで高騰したおすすめ仮想通貨です。同氏だけでなく、過去には以下の著名人も柴犬コインに言及しました。

  • 元イーサリアム創設者ヴィタリック・ブリテン
  • Binanceジャオ・チャンポンCEO

彼らの発言も、仮想通貨市場に大きな影響力を与えます。例えば、彼らがポジティブな発言をすれば、再び価格が高騰する可能性が高いです。逆に、ネガティブな発言をすれば、価格が暴落するリスクもゼロではありません。一方で、新たな仮想通貨プレセール情報を言及した場合であれば、安い価格で購入して爆益を狙える可能性が高くなります。

柴犬コインは、著名人の発言に敏感に反応する傾向があります。投資や保有を検討する場合は、こまめな情報収集を行い、リスク管理の徹底が重要です。

ちなみに、ジャオ・チャンポンが創設したバイナンスコイン(BNB)の買い方を把握しておけば、時価総額ランキングで上位に位置する仮想通貨である点から、堅実な投資が狙えます。

ミームコイン自体の価格変動に左右される

ミームコインの一種である柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、他のミームコインの価格変動に影響を受けます。従来の仮想通貨とは異なり、ユーモアやエンターテインメント性に焦点を当てた仮想通貨ミームコインです。

ミームコイン市場全体が活性化し、需要が高まれば、柴犬コインの価格も上昇する可能性があります。一方で、ミームコインの価値が下がれば、柴犬コインの価値も下がるリスクがある点を覚えておきましょう。

ほかにも、柴犬コイン以外の犬系ミームコインの動向も注視しなければなりません。ドージコイン(DOGE)の将来価格が予測通りに高騰した場合、柴犬コインにも好影響を与える可能性は大いにあります。

2023年には、ソラナ(SOL)基盤のミームコイン「BONK」が仮想通貨エアドロップされたことも話題に。BONKはソラナの価格に連動してる特徴があるため、仮想通貨ソラナと併せて注目すべき銘柄です。

ビットコイン半減期のような仮想通貨市場に影響を与えるイベントが発生する際、大幅な値動きを見せるかもしれません。ミームコイン市場は、他の仮想通貨市場とは異なる独自の動向を示すケースがあるので、投資する際は、上記の情報も判断基準に設けましょう。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来性に関するよくある質問


白い貯金箱からはみ出ているコイン

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)に関するよくある質問は、以下の3つです。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の最高額を知りたいです。

柴犬コインは、2021年10月に最高額0.000088ドルを記録しました。現在の価格は0.0000217ドルとなっており、今後の動向が注目されています。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)を安全に購入する方法を教えてください。

柴犬コインを安全に購入するには、仮想通貨取引所の利用がおすすめです。取引所には、国内取引所と海外取引所の2種類があります。どちらを利用しても問題ありませんが、それぞれ以下のような特徴があります。

  • 国内取引所:日本に拠点を置いており、日本の法律を遵守しているため、安心感がある。
  • 海外取引所:海外を拠点としているため、取り扱っている仮想通貨の種類が豊富、かつ手数料が比較的安い。

どちらも仮想通貨の知識がない場合でも、簡単に取引を始められます。ただし、どちらの取引所を利用した場合も、一定の利益が出た場合は仮想通貨に対する税金を支払う必要があるので覚えておきましょう。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)が1円になる可能性はありますか?

本記事執筆時点で、Shibaコインが1円に達する可能性は低いです。価格が1円になるためには、大規模な需要の増加や供給の減少による数百倍の価格上昇が必要となるからです。現状では、爆益が期待できるおすすめ草コインとは異なり、多くの投資家や専門家が実現性を低く発言しています。

しかし、柴犬コインはボラティリティが高い性質を持っているハイリスク・ハイリターンな仮想通貨です。仮想通貨やミームコイン全体に注目が集まれば、仮想通貨の次のバブルには「1SHIB=1円」になる可能性もゼロではありません。

過去にハイリターンで1000倍以上になった仮想通貨として、リップル(XRP)が有名です。リップルの購入方法を確認して、利益を狙う投資もおすすめです。

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)の将来性まとめ


赤いビーズの中に埋もれている仮想通貨

柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、50万倍という驚異的な高騰を記録し、多くの投資家に巨額の利益をもたらしたミームコインです。本記事では、そんな柴犬コインの将来性や価格予想を解説しました。

2024年に入ってから、多くの投資家から再び注目されており、イーロン・マスク氏を始めとした著名人の発言によって大きく価格が動く可能性もあります。数々の新規プロジェクトの開発や盛り上がりを見せているドメインサービス「SHIB Name Token」も、shibコインの将来価格を左右する要因のひとつ。ポジティブに捉えている投資家や専門家も多いので、今後の動向に注目していきましょう。

仮想通貨やミームコインへの投資はリスクを伴いますが「DEXTools」などのツールを活用して、適切な知識を得てリターンを獲得できます。当メディアでは、仮想通貨やブロックチェーン技術、ローンチ間際の注目銘柄情報などを提供しています。仮想通貨の次に流行るものの情報などもいち早く取得して、大きな利益につながる運用を行っていきましょう。