BTC 1.45%
$67,752.88
ETH 0.41%
$3,506.11
SOL 4.92%
$180.60
BNB 0.84%
$598.56
XRP 0.00%
$0.59
DOGE 7.36%
$0.14
SHIB 0.45%
$0.000017
PEPE 1.88%
$0.000012
WienerAI(WAI)
限定セール中

仮想通貨の価格予想

| 33 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

暗号資産(仮想通貨)の価格予想とは、仮想通貨の将来価格を年単位、月単位、日単位、時間単位で見通し、将来性を判断することです。仮想通貨の将来価格を予測するには、様々な要因を分析する必要があります。

本記事では、今後有望であると言われている仮想通貨の価格予想や将来性について解説します。また、個人で価格予測を行う方法やおすすめのツールについても説明します。本記事を最後までご覧になれば、2024年の短期予測から2025年から2035年までの長期予測まで、仮想通貨市場全体の今後の見通しを理解できるでしょう。

仮想通貨の価格予想ダイジェスト


将来性の高い仮想通貨を見つけるには、現在および将来の市場環境、トークンの実用性、価格上昇の可能性、そして仮想通貨業界や既存の金融業界で注目されている動向など、様々な要素を総合的に分析する必要があります。

Coin Current Price (24h change) All Time High 2025 Prediction 2026 Prediction
ビットコイン価格予想 $67,732.44 (+0.98%) $73,628.40 $85,841.90 (+26.74%) $86,070.00 (+27.07%)
イーサリアム価格予想 $3,512.27 (-0.03%) $4,867.17 $5,285.85 (+50.50%) $5,204.95 (+48.19%)
バイナンスコイン価格予想 $598.56 (+0.52%) $718.88 $1,363.21 (+127.75%) $1,337.76 (+123.50%)
ソラナ価格予想 $180.79 (+4.29%) $259.52 $272.08 (+50.50%) $267.92 (+48.19%)
リップル価格予想 $0.594 (-1.03%) $3.92 $1.07 (+80.23%) $1.08 (+81.26%)
カルダノ価格予想 $0.434 (+0.16%) $3.10 $2.69 (+519.59%) $3.23 (+643.17%)
ドージコイン価格予想 $0.140 (+7.16%) $0.738 $0.513 (+264.73%) $0.552 (+291.87%)
シバイヌ価格予想 $0.0000178 (-0.20%) $0.0000881 $0.000032 (+78.97%) $0.000032 (+78.97%)
ポリゴン価格予想 $0.539 (0.00%) $2.91 $3.34 (+519.58%) $4.01 (+643.18%)
ポルカドット価格予想 $6.31 (+0.01%) $54.98 $16.03 (+153.99%) $15.75 (+149.58%)
Smog価格予想 $0.0337 (+2.46%) $0.377 $0.808 (+2,291.64%) $1.31 (+3,791.29%)
ライトコイン価格予想 $73.59 (+0.22%) $410.76 $92.10 (+25.16%) $91.19 (+23.92%)
Lucky Block価格予想 $0.0000193 (-1.09%) $0.00969 $0.00012 (+519.55%) $0.000144 (+643.46%)
Bonk価格予想 $0.0000315 (+3.59%) $0.0000451 $0.000253 (+701.52%) $0.000323 (+923.28%)
クアント価格予想 $75.00 (-0.28%) $424.43 $170.81 (+127.75%) $167.63 (+123.50%)
Pepe2.0価格予想 $0.0000000416 (-0.64%) $0.00000028 $0.000001 (+2,301.93%) $0.000001 (+2,301.93%)
Evil Pepe価格予想 $0.0000169 (-0.22%) $0.000383 $0.000105 (+518.95%) $0.000126 (+642.74%)
Pi Network価格予想 $41.25 (+0.26%) $299.20 $104.78 (+153.99%) $102.96 (+149.58%)
Wall Street Memesの価格予想 $0.00405 (-3.09%) $0.0771 $0.0251 (+519.58%) $0.0301 (+643.18%)
Meme Kombatの価格予想 $0.121 (-0.14%) $0.853 $0.751 (+519.59%) $0.901 (+643.17%)
BTC20の価格予想 $0.0745 (+0.59%) $2.55 $0.462 (+519.59%) $0.554 (+643.18%)
XRP20価格予想 $0.0000248 (+3.16%) $0.000100 $0.000154 (+518.94%) $0.000185 (+643.53%)
SpongeBob価格予想 $0.000738 (-0.16%) $0.00135 $0.00457 (+519.63%) $0.00548 (+643.12%)
Tamadoge価格予想 $0.00220 (+2.42%) $0.192 $0.0136 (+519.59%) $0.0163 (+643.15%)
Dash 2価格予想 $0.00267 (+2.24%) $0.0529 $0.0165 (+519.59%) $0.0198 (+643.19%)
Love Hate Inu価格予想 $0.00000219 (-11.29%) $0.000273 $0.000014 (+537.63%) $0.000016 (+628.72%)
Calvaria価格予想 $0.00144 (-1.19%) $0.0179 $0.00895 (+519.59%) $0.0107 (+643.19%)
Battle Infinity価格予想 $0.000152 (+1.71%) $0.00554 $0.00121 (+698.66%) $0.00155 (+922.34%)
Fight Out価格予想 $0.00368 (-0.03%) $0.159 $0.0228 (+519.60%) $0.0273 (+643.17%)
Big Eyes価格予想 $0.000000786 (-0.18%) $0.0000179 $0.000008 (+917.51%) $0.000011 (+1,299.08%)
Metropoly価格予想 $0.0182 (0.00%) $0.243 $0.113 (+519.58%) $0.135 (+643.18%)

仮想通貨の将来性に関する予想レビュー


上の表に示した仮想通貨の価格予想をもとに、各トークンのレビューをまとめます。有望な新しい仮想通貨と主要な仮想通貨に分けて、詳細な価格予測をご紹介。以下で紹介する銘柄が、これから有望な仮想通貨リストといえるでしょう。

新リリース仮想通貨の将来性・価格予想


次に来る100倍上昇に期待の爆上げ仮想通貨の将来性や今後の見通しを探っていきます。2024年は多くの仮想通貨愛好家や投資家が、下記で紹介するプレセール仮想通貨に注目するでしょう。

PlayDoge|話題の新しいP2Eミームコイン

2024年、注目を集めている仮想通貨の一つがPlayDoge(PLAY)です。PlayDogeでは、たまごっちスタイルのバーチャルペットを世話しながら、クラシックな2Dゲームを楽しむことでPLAYトークンを獲得できます。

PlayDogeは新たなプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームとして注目を集めることで、2024年には0.005ドル〜0.05ドルを推移すると予測されています。2025年にはDEX(分散型取引所)・大手仮想通貨取引所への上場を果たすことで、0.05ドル~0.5ドルを推移し、2030年はNFTゲームやWeb3.0の概念の普及、他のミームコインの成長が影響し、0.5ドル~5.0ドルを推移すると予想されます。

PlayDogeの将来性は非常に高いといえます。その理由は以下のとおりです。

  • 収益機会の豊富さ:初期セールに参加すれば将来的な価格上昇による利益が期待できます。また、ステーキング報酬やP2Eゲームでの収益も見込めます。
  • 明確なロードマップ:PlayDogeは、初期セール、アプリ開発、DEXローンチ、CEX上場など、段階的な計画を持っており、着実にプロジェクトが進行しています。
  • 強力なコミュニティ形成:ドージコインや柴犬コイン愛好者を取り込み、活発なコミュニティを形成しています。

PlayDogeの初期セールは現在進行中で、格安でPLAYトークンを購入する絶好の機会。興味がある方は、今すぐPlayDogeの買い方を確認し、初期セールに参加してみましょう。

PLAYを見てみる

WienerAI|AIと融合した犬系ミームコイン

WienerAI(WAI)は、犬、ソーセージ、AI(人工知能)を融合させた新しいミームコイン。エンターテイメント性とコミュニティへのインセンティブ提供を兼ね備えており、注目を集めています。WienerAIは、イーサリアム上のERC-20トークンで、安全性が高く、他のDAppsや仮想通貨と連携可能です。

WienerAI(WAI)の価格予想ですが、初期の関心の高さや好調な初期セールを踏まえ、2024年末までに価格は0.007ドルに達すると予測されています。2025年はビットコインの価格動向に連動して最高値0.07ドルまで上昇する可能性があります。また、楽観的なシナリオで考えると2030年までにトークン価格は0.7ドルに達する可能性があります。

WienerAIの将来性は、以下の要因から非常に高いと言えます。

  • 技術開発:AI技術の向上やイーサリアムネットワーク内での展開など将来のロードマップが明確です。
  • 高いステーキング報酬:初期投資家に対して高いステーキング報酬を提供しています。
  • 初期セールの成功:初期セール開始数分で12万5000ドル以上を調達し、勢いがあります。

初期セールが進むにつれてトークン価格は段階的に上昇するため、早めの参加がおすすめ。WienerAIの詳細な購入手順を確認し、公式サイトをチェックしてみましょう。

WAIを見てみる

Sealana|ソラナ基盤のトップ・ミームコイン

Sealana(SEAL)は、効率性と迅速さで注目のSolanaブロックチェーン上で誕生した最新ミームコインです。太ったアザラシをキャラクターに掲げ、他のミームコインとは一線を画すデザインです。

Sealana(SEAL)の価格予想ですが、2024年には最安値0.017ドル~最高値0.03ドル、2025年には最安値0.03ドル~最高値0.08ドル、2030年には最安値0.07ドル~最高値0.2ドルを推移すると予想されています。これにはミームコイン市場全体の好調、初期セールでの成功、強固なコミュニティ形成が影響すると考えられます。

Sealanaの将来性が期待される理由は以下のとおり。

  • Solanaブロックチェーン基盤:効率的なトランザクションと低い手数料で取引できます。
  • バイラル性:斬新なミームコインとしてのバイラル性も高く、トレーダーや投資家の関心を引きやすい点も強みです。
  • 有望な開発チーム:以前に成功を収めたSLERFトークンを手掛けた経験豊富なチームによって開発されています。

Sealana(SEAL)の初期セールは現在進行中。Solanaウォレットを持っていれば、誰でも簡単に参加できます。まだ参加していない方は、Sealana(SEAL)の買い方を確認し、公式サイトから将来のリターンを狙いましょう。

SEALを見てみる

Base Dawgz|クロスチェーン機能対応仮想通貨

2024年、Baseネットワークのミームコインが注目を集めています。特に話題なのがBase Dawgz(DAWGZ)です。Base Dawgzはクロスチェーン機能を備えており、Baseネットワークだけでなく、BNB Chain、Avalanche、Ethereum、Solana、Polygonなど、様々なブロックチェーン間をスムーズに行き来することが可能です。

Base Dawgzの価格予想ですが、2024年に最高値0.070ドル、2025年に最高値0.125ドル、2030年に最高値0.50ドルが予想されています。このように、Base Dawgzの将来性も非常に高いと言われています。その理由は以下のとおりです。

  • クロスチェーン対応:異なるブロックチェーン間での取引が可能となり、利用範囲が広がります。
  • コミュニティの強化:SNSやエアドロップキャンペーンを通じてブランド認知度を高め、強力なコミュニティを形成しています。
  • 安全性:SolidProofによるスマートコントラクトの監査をクリアしており、セキュリティ面でも安心です。

先行販売ではお得にトークンを購入できます。なお、価格は5日ごとに5%ずつ上昇する仕組みになっているため、Base Dawgzの購入方法を参考にしつつ、早期参加しましょう。

DAWGZを見てみる

Mega Dice Token|チャンスがある人気の仮想通貨カジノ

Mega Dice Token(DICE)は、テレグラム上で人気を集める仮想通貨カジノ「Mega Dice」によって発行されたトークン。最近、ソラナブロックチェーン上でDICEトークンをローンチし、現在初期セールが実施されています。

Mega Dice Token(DICE)は2024年に0.06ドル〜0.172ドル、2025年に0.168ドル〜0.36ドル、2030年に0.5ドル〜0.85ドルを推移すると予想されています。Mega Dice Token(DICE)の将来性は、オンラインギャンブル市場の成長と連動します。Statistaのレポートによると、2024年のオンラインギャンブル市場の収益は1009億ドルに達し、2030年までにはさらに成長することが予想されているため、上記のような予測となっています。

そんなMega Dice Token(DICE)のポイントは以下のとおり。

  • エアドロップ:アクティブプレイヤーには、特定の要件を満たすことで仮想通貨エアドロップが行われ、報酬としてDICEトークンが提供されます。
  • ステーキング:DICEトークンの保有者は、トークンをステーキングすることで追加の報酬を得られます。
  • NFT特典:限定NFTを通じて、さらなる報酬や特典が提供されます。
  • カジノ収益分配:DICEトークンの保有者には、カジノの収益の一部が分配される予定です。

上記のような豊富な報酬体系が魅力の1つです。今後、大手仮想通貨取引所への仮想通貨ローンチが予定されており、取引所上場後の価格上昇も期待できます。Mega Dice Token(DICE)の買い方を参考に、今のうちに投資しておきましょう。

DICEを見てみる

有名な仮想通貨の将来性・価格予想

ビットコイン|時価総額世界1位の仮想通貨

ビットコイン(BTC)のホワイトペーパーの概要

ビットコイン(BTC)は、世界初かつ最も有名な仮想通貨です。多くの仮想通貨投資家が最初に手にする銘柄でもあり、数え切れないほどの価格予想があります。

ビットコインのホワイトペーパーでは「ピア・ツー・ピアの電子決済システム」と記されていますが、現在では供給量が限られていることから「デジタルゴールド」と呼ばれ、価値の保存手段としての側面が強調されています。

ビットコインは、サトシ・ナカモトという個人または団体によって作られた、完全に分散化された仮想通貨です。ビットコインはセキュリティを確保するために計算力を提供した人々に対する報酬として、公平に分配されました。これが「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」と呼ばれるコンセンサスメカニズムです。

ビットコインはWeb3.0仮想通貨の先駆けであり「デジタルゴールド」の特性を持ち、現在は仮想通貨市場の50%以上を占めています。また、市場全体がビットコインの価格動向に連動していることから、今後の動向から目が離せません。

ビットコイン(BTC)のポイント

  • 世界初の完全分散型仮想通貨
  • 「デジタルゴールド」と例えられている
  • 仮想通貨投資の入口となることが多い
  • 今年1月にETF承認され、従来の金融市場でも注目
  • 仮想通貨市場に大きな影響力、50%超の市場支配率
  • 他の仮想通貨はビットコインの価格動向に連動

ぜひCryptoNews Japanによるビットコイン価格予想も参考にしてください。

BTC価格予想を見てみる

イーサリアム|最も有名なスマートコントラクト仮想通貨

イーサリアム(ETH)の公式ホームページ

イーサリアム(ETH)は2015年に誕生した、スマートコントラクトをサポートする分散型プラットフォームです。若きプログラマーのヴィタリック・ブテリンが提唱し、ビットコインのブロックチェーン技術を基に自動実行される契約「スマートコントラクト」を実現しました。

「世界コンピューター」と呼ばれるイーサリアムは、論争を呼んだハードフォークや、よりエネルギー効率の高いPoS(プルーフ・オブ・ステーク)方式への移行を経て、現在は数百万人のユーザー獲得に向けたスケーリングに注力しています。

公式サイトによると、イーサリアムはゲーム、DeFiサービス、NFTプラットフォームなど数千のdAppを支えています。イーサリアムチェーン上だけで、DeFiにロックされている価値の55%以上(470億ドル以上)を保護しています。

レイヤー2プラットフォームや多数のdAppを有する最大のスマートコントラクトプラットフォームとして、仮想通貨市場が進化する中で重要な役割を果たし続けるでしょう。

イーサリアム(ETH)のポイント

  • 自動実行型スマートコントラクトを実現した世界初の分散型プラットフォーム
  • 時価総額2位のICO仮想通貨で、4000超のdAppと470億ドル超のDeFi経済を支える
  • ユーザー獲得のためスケーリングを進めている
  • ビットコイン次ぐ知名度の高さを活かして進化を遂げている

CryptoNews Japanはイーサリアムの価格予想も提供しています。ぜひ参考にしてください。

ETH価格予想を見てみる

シバイヌ|エコシステム拡大中の人気ミームコイン

シバイヌ(SHIB)の公式ホームページ

シバイヌ(SHIB)は、分散型コミュニティ構築の実験としてスタートしたミームコイン。現在では130万人超のトークンホルダーを抱え、ミームコインの枠を超えた実用的なエコシステムへと成長を遂げています。

シバイヌのエコシステムは現在開発中で、すでに稼働している機能も多くあります。公式サイトによると、現在は以下の機能が提供されています。

  • Shibaswap:分散型取引所(DEX)
  • Shibarium:イーサリアムのレイヤー2
  • SHIB:メタバース世界
  • Shiba Eternity:プレイ・トゥ・アーンゲーム
  • NFTコレクション:2種のPFPコレクションとメタバースランド

SHIBがエコシステムのメイントークンですが、他にBONE、LEASH、未発行のTREATという3種のトークンも存在します。

シバイヌ(SHIB)のポイント

  • ミームコインから実用的な分散型エコシステムへ成長
  • SHIBがメインで他に3種のトークンがある
  • DEX、イーサリアムレイヤー2、ブロックチェーンゲーム、NFTコレクションなどを備える
  • ドージコインに次ぐ人気ミームコイン
  • メタバース投資にも進出している

ぜひCryptoNews Japanによるドージコインの価格予想も参考にしてください。

SHIB価格予想を見てみる

リップル|送金用に設計された将来性が高い仮想通貨

リップル(XRP)の公式ホームページのレジャー技術

リップル(XRP)はRipple Labsの創設者によって作られた、独自のブロックチェーンXRP Ledgerのネイティブ通貨です。国際送金の時間を数日から数秒に短縮することを目的に設計されています。

XRP Ledgerは1秒に1500件ものトランザクションを処理するように設計されており、XRPは交換される2つの通貨間の仲介通貨として使用されます。

XRP LedgerとRipple Labsは別々の存在ですが、密接に関係しています。XRP Ledgerの設立時にすべてのXRPトークンの80%がRipple Labsに与えられ、残りの20%がLedgerの創設者とコアチームに分配されました。

Ripple Labsは、ブロックチェーン技術を使った送金手段の普及を目指す企業です。すでにWestern Union、HSBC、JPモルガンなど、世界中の数十の主要金融機関と提携しています。

リップル(XRP)のポイント

  • 国際送金の時間を数日から数秒に短縮するために設計されたブロックチェーン
  • 1秒に1500件の取引処理が可能
  • Ripple Labsの創設者が構築
  • XRP LedgerとRipple Labsは密接に結びついている
  • 発行済みXRPの80%がRipple Labsに分配
  • Ripple Labsが主要金融機関と提携し送金ソリューションを推進

CryptoNews Japanはリップルの価格予想も提供しています。ぜひ参考にしてください。

XRP価格予想を見てみる

ソラナ|人気急上昇のスマートコントラクト銘柄

ソラナ(SOL)の公式ホームページ

ソラナ(SOL)は、高速で手数料が安く、エネルギー効率に優れたレイヤー1ブロックチェーンとして設計されており、普及の拡大を目指しています。PoS(プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサスモデルを採用し、プルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)モデルによってトランザクション確定を提供します。

理論上、ソラナのブロックチェーンは1秒間に70万件を超えるトランザクションを処理することができます。しかし、この低コスト・高速モデルには、ソラナのバリデーターを運用するコストが非常に高く、ネットワークの安定性と分散化が犠牲になるという課題があり、予期せぬ停止が起きることがあります。

ソラナは、他のブロックチェーンと同様に、スマートコントラクトベースのdApps、ファンジブルトークン、NFT、ミームコイン、ステーキングプロトコル、そして発展しつつあるDeFi仮想通貨のエコシステムを提供しています。

2022年後半のFTXの問題に巻き込まれて一時的に影を潜めていたソラナですが、2023年後半には復活し、時価総額で全仮想通貨の上位10位に返り咲きました。

ソラナ(SOL)のポイント

  • ソラナは理論上1秒間に数十万件のトランザクションをスケールできる高速・低コストのブロックチェーンを提供
  • 分散化とプロトコルの安定性を犠牲にする可能性が懸念されている
  • スマートコントラクトdApps、NFT、ミームコインなどを提供し、DeFiエコシステムが成長中
  • 2022年後半のFTX問題の影響で一時期低迷したが、2023年に復活し時価総額トップ10に返り咲いた

ぜひCryptoNews Japanによるソラナの価格予想も参考にしてください。

SOL価格予想を見てみる

ライトコイン|最も決済に向いている仮想通貨

ライトコイン(LTC)の公式ホームページ

ライトコイン(LTC)は2011年にリリースされた最古のアルトコインの一つで、現在も人気が高い仮想通貨です。ビットコインを補完し、個人間の低コストの支払いや商品購入の手段として設計され、世界中の多くの商店で利用できます。

ライトコインの創設者である元Googleエンジニアのチャーリー・リー(現ライトコイン財団ディレクター)は、ビットコインをフォークしてライトコインを作成しました。プロトコルの大部分をビットコインから継承しつつ、以下の重要な変更を加えています。

  • 総供給量を8400万(ビットコインの4倍)に増加
  • ブロック生成時間を2.5分(ビットコインの1/4)に短縮
  • CPUマイニングを容易にするためマイニングアルゴリズムを変更

ライトコインネットワークは、ビットコインと同様に4年ごとに半減期を迎えますが、ビットコインよりも約8カ月早く実施されます。

支払い手段としての機能に加え、ライトコインはプライバシー保護、オーディナル、スマートコントラクト、NFT、トークン発行用のレイヤー2、ライトニングネットワークなどの機能も備えています。

ライトコイン(LTC)のポイント

  • ビットコインのフォークで、より高速で低コストの支払いに特化
  • 元Googleエンジニアのチャーリー・リーが作成
  • ビットコインと同様に4年ごとに半減期が実施される
  • プライバシー保護やライトニングネットワークへのアクセスに対応
  • オーディナル、スマートコントラクト、NFT、トークン発行のレイヤー2ソリューションも提供

CryptoNews Japanはライトコインの価格予想も提供しています。ぜひ参考にしてください。

LTC価格予想を見てみる

ドージコイン|今後が期待されているNo.1ミームコイン

ドージコイン(DOGE)の公式ホームページ

2013年に立ち上げられたドージコイン(DOGE)は、ミームコインの元祖です。創設者は2人のIBMソフトウェアエンジニアであり、当時の仮想通貨市場での過剰な投機を揶揄するために、わずか数時間で作られた「ジョーク」トークンです。

ドージコインは2021年の暗号資産の強気市場で急上昇し、仮想通貨億り人を生み出しました。その結果、ミームコインと仮想通貨の界隈で知名度を格段に向上させました。

ドージコインは世界で最も人気のあるミームコインとしての地位を確立しており、その成功によりミームコインや犬をテーマにしたエコシステムを築き上げました。イーロン・マスクなどの著名人からも注目を集めており、彼のツイートはしばしば市場に大きな影響を与えます。

現在、ドージコインの開発チームは支払い手段として広く普及させるための開発に力を入れています。

ドージコイン(DOGE)のポイント

  • 2013年に作成された最初のミームコイン
  • ミームコインおよび犬系通貨のエコシステム全体を生成
  • 2021年の強気市場で知名度を上げた最も有名なミームコイン
  • イーロン・マスクはドージコインのファンであり、彼のツイートや行動が価格に影響を与えることがある
  • 開発チームは現在、ドージコインを支払い手段として普及させることに注力している

ぜひCryptoNews Japanによるドージコインの価格予想も参考にしてください。

DOGE価格予想を見てみる

カルダノ|ブロックチェーン第3世代のトップ銘柄

カルダノ(ADA)の公式ホームページ

「カルダノは、経済的アイデンティティを持たない数十億人の人々に対し、分散型アプリケーションにより身分証明、価値、ガバナンスを管理することで、経済的アイデンティティを提供しようとするオープンプラットフォームである。」 —チャールズ・ホスキンソン

カルダノは2017年に、長期間の開発を経て、イーサリアムの共同創設者チャールズ・ホスキンソンの着想から誕生しました。ビットコインのUTxOモデルを拡張したカルダノは、ネイティブのDApps、NFT、代替可能トークン、オンチェーンガバナンス、そしてDeFiエコシステムを提供しています。

カルダノは主要ブロックチェーンの中で唯一、ネイティブのリキッドステーキングを実現しています。また、そのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサスモデルは初めて安全性が証明されたプロトコルです。ネットワークの安全性は3000を超えるコミュニティ運営のステークプールにより確保されています。

カルダノは段階的に開発され、機能を順次拡張してきました。ピアレビューによる研究をベースとする唯一のブロックチェーンであり、200本以上の科学論文に裏付けられています。初期は、その機能不足から「ゴーストチェーン」と呼ばれていましたが、現在はその呼び名を払拭しています。

カルダノ(ADA)のポイント

  • 経済的に困窮している人々の生活を向上させることを目的とした分散型オープンプラットフォーム
  • 段階的に開発され、ピアレビューを経た科学的研究に基づく主要ブロックチェーン
  • 主要ブロックチェーンで唯一、ネイティブのリキッドステーキングを提供
  • 3000を超えるコミュニティ運営のステークプールが安全性を担保している
  • カルダノはユーザーにネイティブdApps、NFT、代替可能トークン、オンチェーンガバナンス、DeFiエコシステムを提供

CryptoNews Japanはカルダノの価格予想も提供しています。ぜひ参考にしてください。

ADA価格予想を見てみる

クアント|ブロックチェーン相互運用を実現するプロジェクト

クアント(Quant)の公式ホームページ

2018年6月に開始されたクアント(Quant)は、ブロックチェーンに依存しないプラットフォームで、ブロックチェーン間の相互運用性に注力しています。特に、企業や金融サービス業者がブロックチェーン技術を導入するためのソリューションとして設計されています。既存のインフラを分散型ブロックチェーンに接続するプラグ・アンド・プレイ方式を提供しています。

クアント(Quant)のオーバーレジャー技術は、ブロックチェーンのみならず、あらゆる形態の分散型元帳技術(DLT)に接続可能です。これにより、複数のチェーンにまたがってDAppsやトークンを作動させることができます。このオーバーレジャー技術は、イングランド銀行の中央銀行デジタル通貨(CBDC)パイロットプロジェクトでも使用されました。

クアント(Quant)トークンは、Quantエコシステムのユーティリティトークンであり、企業がQuantプラットフォームを使用するためのライセンスを確保する目的でロックされます。また、Quantネットワーク上に立ち上げられたDAppsにアクセスするためにも必要となります。

クアント(Quant)のポイント

  • 企業が既存インフラに分散型ブロックチェーンを簡単に組み込めるようにするプラグ・アンド・プレイ機能を提供
  • クアント(Quant)の技術はブロックチェーンだけでなく、あらゆるDLTに接続可能
  • オーバーレジャー技術により、DAppsやトークンが複数チェーン上で動作可能
  • オーバーレッジャー技術は、イングランド銀行のCBDCパイロットで使用実績あり
  • クアント(Quant)トークンはネットワークのユーティリティトークンであり、プラットフォーム使用ライセンスの確保に必要

ぜひCryptoNews Japanによるクアントの価格予想も参考にしてください。

Quant価格予想を見てみる

ポリゴン|イーサリアムの取引速度やガス代の問題を解決する仮想通貨

幾何学的なデジタル背景の中に暗号通貨のシンボルが表示されている画面

ポリゴン(Polygon)は、イーサリアムの取引速度やガス代などの問題を解決するために2017年に誕生しました。ポリゴンは、環境への配慮やコストの削減、取引速度の向上を実現することで、多くのユーザーや企業から支持を集めています。

ポリゴンは、イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションとして機能し、トランザクションの速度を大幅に向上させ、ガス代を削減することができます。さらに、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサスアルゴリズムを採用しており、これによりセキュリティと効率性を保ちながら、環境への負荷を軽減します。

今後、多くの大企業がポリゴンネットワークを利用することが期待されています。さらに、PolygonzkEVMのリリースやイーサリアムのガス代高騰時の代替手段としての需要増加が見込まれ、ポリゴンの価格は今後も上昇していくと予想されています。

ポリゴン(Polygon)のポイント

  • 2017年にイーサリアムの問題解決を目的に誕生
  • イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションとしてトランザクションの速度向上とガス代削減
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク)でセキュリティと効率性、環境負荷軽減
  • 多様なブロックチェーン対応で相互運用性を実現

CryptoNews Japanはポリゴンの価格予想も提供しています。ぜひ参考にしてください。

Polygon価格予想を見てみる

2024年における仮想通貨市場の今後の見通し


2024年初めから仮想通貨市場は強気相場に入っており、ビットコインは1月から記事執筆時点まで約72.6%の大幅な上昇を遂げました。この背景には、待望されていたビットコインETF(上場投資信託)の承認や2024年4月中旬のビットコイン半減期の影響が挙げられます。

しかし一方で、半減期が過ぎるとビットコインの将来に陰りが見えるとの指摘もあり、ビットコインの動向次第では仮想通貨市場全体に大きな影響が及ぶ可能性があります。

ビットコイン以外でも、3月中旬のFRB(米連邦準備制度理事会)会合で年内に3回の利下げが示唆されたことは、仮想通貨市場市場にとってプラスの材料となりました。ただし、景気後退が深刻化して実際に利下げが行われない場合、年末にかけて資金流出が起きるリスクもあります。

ブロックチェーン技術も引き続き急速に進化していくでしょう。近年は、エネルギー消費の課題から利権的なPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の台頭、ブロックチェーンゲームの人気拡大、レイヤー2やZKプルーフなど次世代技術の発展が見られました。

また、仮想通貨への規制の動きが世界各国で加速しつつあります。2024年にはヨーロッパで、仮想通貨を金融商品と位置づけ規制する「MiCA(Markets in Crypto Assets)」が施行される予定で、その影響が注目されます。仮想通貨が普及する可能性がありますが、本当に影響が出るのは、少なくとも2025年以降になると予測されています。

2025年から2035年における仮想通貨市場の今後の見通し


2024年のビットコイン半減期の影響が顕著に現れ、2025年に仮想通貨バブルが起こる可能性もあります。過去の傾向から、半減期の12~18カ月後に新たな最高値を付ける傾向にあります。また、2024年にFRB(連邦準備制度)による利下げが行われない場合、2025年は世界経済が改善し、予定通りに利下げが行われる年となるでしょう。

長期的には、過去10年間と比較して仮想通貨の普及は継続すると予想されており、Statistaの予測では2028年には約10億人の仮想通貨ユーザーが存在すると見られています。別の報告書でも、2022年から2030年にかけて30.8%の高い年間平均成長率が示されており、この勢いが2035年以降も続くと言われています。

次の10年先を見据えると、各国の仮想通貨規制の行方が市場の価値と進化に大きな影響を与えるでしょう。国民を保護しつつ仮想通貨ビジネスのメリットを活かす最適なバランスを見出せるかが鍵となります。

ブロックチェーンと分散型台帳技術は急速に進化しています。近年ではPoS(プルーフ・オブ・ステーク)やPoW(プルーフ・オブ・ワーク)のエネルギーに関する議論、RWAの台頭、ブロックチェーンゲームの成長、レイヤー2とZK技術の継続的な成長が見られました。

10年前の上位仮想通貨10種のうち、現在も上位に存在するのはビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ドージコイン(DOGE)の3つだけです。当時はミームコインが登場したばかりで、スマートコントラクト基盤はまだ登場していませんでした。次の10年でどのような技術やトークンが生み出されるのかは誰にも予測できませんが、仮想通貨の今後もさらに刺激に満ちたものになるでしょう。

仮想通貨の価格推移ポイントを示しているチャート

仮想通貨の価格予想は信頼できるか?


インターネット、X、YouTubeには、仮想通貨の価格予想を行う人やプラットフォームが溢れています。しかし、信用できないものもあります。ここでは、特定の価格予想が信頼に値するかどうかを判断する3つの要素と質問をご紹介します。

  • バイアス:バイアスは個人的な価値観や利益の追求により引き起こされる場合があります。価格予想を行っている人または団体は、特定のプロジェクトに対して偏った好意や嫌悪を抱いていませんか?
  • 知識レベル:仮想通貨に対する理解が十分であれば、その予測が信頼に値するかどうかを判断できます。価格予想を提供している人物やプラットフォームは、仮想通貨や市場の仕組みを適切に理解していますか?
  • エビデンス:価格予想を提供する人物やプラットフォームは、定性的または定量的な証拠に基づいた根拠を示していますか?テクニカル分析の場合、分析に使用したチャートなどの資料を提供していますか?

他者の価格予想を参考にすれば、自分で分析する手間が省けます。しかし、知らない人の言葉を鵜呑みにして自分の財務判断を下すリスクもあります。

重要なのは、価格予想はあくまで「予想」でしかないということです。常に正しいとは限りません。その予測を信頼するかどうかを自分自身で判断する必要があります。

仮想通貨の価格予測をする方法


仮想通貨は高いボラティリティを持つため、多くの人々にとって非常に利益をもたらす一方で、大きな損失を被る人々もいます。一攫千金を求めて、多くの投資家が仮想通貨を購入しますが、その技術そのものに魅力を感じているわけではありません。

仮想通貨で儲けるには、仮想通貨市場の価格動向を正確に予測する必要があります。そのために行うのが、仮想通貨の価格予測です。

価格予測には、「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の2つの手法があります。それぞれがどのように価格予測に影響するのか、自分で情報に基づいた予測を立てる方法を詳しく説明します。

テクニカル分析による仮想通貨の価格予測

仮想通貨のテクニカル分析を行うには、トークンの過去の価格と価格動向を表示するチャートを分析し、将来価格を予測します。仮想通貨の価格予測に挑戦したことがある方なら、下記のようなビットコインのローソク足チャートをご覧になったことがあるはずです。

BTC/USD日足ローソク足チャート

テクニカル分析の世界では、将来の価格トレンドを見つけるための様々な指標や手法があります。アナリストはそれらの中から自分が信頼する指標や手法を用い、各仮想通貨の将来価格を正確に予測しようとします。

仮想通貨市場は、その新しさ、高いボラティリティ、投機的な性質があるだけでなく、トークンがファンダメンタル分析の要件を満たしていないことが多いため、テクニカル分析が重視されています。仮想通貨のような市場では、短期的な価格変動を予測する上でテクニカル分析が最良の手段です。

ファンダメンタル分析による仮想通貨の価格予測

ファンダメンタル分析は、株式や証券のアナリストが使用する技術で、経済的および財務的な要因を使用して仮想通貨の資産を評価します。実際の市場価値と比較して資産が過小評価されているか過大評価されているかを確認します。

ファンダメンタル分析の手法は仮想通貨にも適用できますが、従来のモデルをそのまま適用させるのは困難です。理由は、市場が投機的で、仮想通貨企業のビジネスモデルが従来の企業とは異なり、多様であるためです。

市場の未成熟さと投機性があるため、仮想通貨のファンダメンタル分析は、通常、数年というはるかに長い期間にわたるトークンの潜在的価値に着目します。トークン自体および市場に影響を与える要因を広範に調べることが重要で、オンチェーンデータ、トークノミクス、トークンとプロトコルの実用性、マクロ経済環境、開発活動の継続性、トークンの普及率などを分析する必要があります。なお、最も重要なのは、市場における将来的な普及可能性と言われています。

仮想通貨の価格に影響を与える要因


仮想通貨の価格に影響を与える要因は、需要と供給にプラスまたはマイナスの影響を及ぼします。ここでは、仮想通貨の価格および価格予想に影響を与える主な要因を詳しく説明します。

  • 市場の景気:仮想通貨市場は投機的であり、市場全体の景気が売買圧力を生み出し、トークンの価格が変動するきっかけとなります。市場の景気は、市場全体、特定分野(例:ミームコインやメタバース仮想通貨)、または個々のコインに適用されます。
  • 採用の増加:特定の仮想通貨の採用が増えると、需要が高まります。ゲーム内アイテムを購入するためのゲームトークンなど、トークンの実用性に対するニーズや関心によっても促進されます。
  • ロードマップの達成:ロードマップの目標を達成することは、仮想通貨の価格にとってプラスの材料となります。通常は新機能のリリースやその進捗を意味し、トークンに対するニーズを高める可能性があります。
  • トークンの半減期:主要なPoW(プルーフ・オブ・ワーク)コインでは、一定期間ごとにトークンの発行量が半分になり、供給量が大幅に減少します。供給が減る一方で需要が一定であれば、価格に影響を与えます。
  • トークンの焼却(バーン):多くのプロジェクトでは、様々な理由でトークンを焼却(永久削除)します。大規模な焼却は流通供給量を減らし、需給に影響を与えるためです。
  • トークンの権利確定(べスティング):多くのプロジェクトでは、チームメンバーや初期投資家にトークン供給の一部を割り当てますが、それらは通常1~3年の期間に渡って徐々に解除されます。トークン供給の10%以上が一度に市場に出回ることもあり、価格にネガティブな影響を与えることもあります。
  • ガバナンス投票:一部のトークンでは、ユーザーがプロトコルのパラメータや次の開発ステップなどについて投票できます。賛否両論があるため、結果によってはトークン価格にプラスにもマイナスにも影響を与える可能性があります。
  • イベントへの期待:ETF(上場投資信託)のローンチやSEC(米国証券取引委員会)と仮想通貨取引所間の裁判、主要な世界経済における仮想通貨規制の発表など、予測可能なニュースイベントがあります。

多くの投資家はこれらのイベントから価格を予測し投機を行います。特に見られるのは「噂で買い、ニュースで売る」というパターンです。ビットコインのETF承認はその典型例で、承認が期待される数カ月前からビットコイン価格が70%以上上昇しましたが、承認発表後2週間で14%下落しました。

予期せぬニュースイベント

すべてのニュースイベントが予測可能というわけではありません。ビットコインETFの承認のように予想されるものもありますが、2023年6月にSECがバイナンスとコインベースを相次いで提訴したように、予期せぬ出来事もあります。このニュースでは10日間で仮想通貨市場の時価総額を約1000億ドル、10%減少させました。

このようなイベントが起こるのは、仮想通貨が新しく、規制が緩く、ボラティリティの高い市場であるためです。予測が困難なため、主要な仮想通貨取引所はモバイルアプリを提供し、投資家が価格アラートや利益確定、損切りレベルを設定して、大きな損失を避けられるように工夫しています。

仮想通貨の価格予測におすすめのツール


以下が、仮想通貨の価格予測をする上で役立つおすすめツールの一覧です。

  • Cryptonews:当サイトの専門家は仮想通貨の市場動向とニュースを分析し、最新の価格予想を提供しています。
  • X(旧Twitter):仮想通貨やおすすめ草コインに関する様々な情報が投稿されており、ユーザーによる価格予想も多数あります。
  • Telegram:有料または無料の優れた仮想通貨シグナルグループが多数あります。
  • YouTube:プロやアマチュアがトークンのテクニカル分析を投稿している動画があります。
  • 取引プラットフォーム:一部の取引プラットフォームには、トレーダー同士が意見を交換できるソーシャル機能が搭載されています。
  • CoinMarketCap:ユーザーが交流し、予測を共有できるコミュニティもある価格追跡サイトです。トークンデータも充実しています。
  • TradingView:テクニカル分析に適したチャートツールを提供しており、ユーザー同士でチャートを共有できるソーシャル機能もあります。
  • オンチェーンエクスプローラー:トークンに関するデータを直接取得して表示することができるツールです。人気のあるものにはDune、Glassnode、IntoTheBlockなど。
  • dAppトラッカー:特定のdAppの人気度などの統計を提供します。最も人気のあるものはDappRadarです。

仮想通貨の価格予測を行ったり、仮想通貨の次に流行るものを予想したりする際は、さまざまなリソースやツールを活用することがおすすめです。上記のリソースを参考にすると、より的確な予測ができるでしょう。