BTC 1.33%
$68,013.05
ETH 0.36%
$3,525.70
SOL 4.87%
$182.11
BNB 1.20%
$602.88
XRP 0.33%
$0.59
DOGE 6.77%
$0.14
SHIB 0.77%
$0.000018
PEPE 1.61%
$0.000012
Pepe Unchained(PEPU)
先行セール好調

仮想通貨ビットコイン(BTC)の今後と2024年、2025年、2030年価格予想

| 19 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
上昇するチャートとビットコイン

ビットコイン(BTC)は2008年に誕生した世界初の暗号資産(仮想通貨)。いまや世界中の何百万人もの人々に決済・投資の手段として利用されています。一方、2021年11月をピークにビットコイン価格は急落し、不安定な時期が続きました。

しかし2024年はターニングポイントと言われており、暗号資産(仮想通貨)ビットコインは今後、どのような発展をするのか注目されています。本記事では、これまでの歴史や価格動向を振り返りながら、ビットコインの価格予想や今後の動向について解説していきます。

現役アナリストによる証言や時代背景に基づく価格予想をしていきますため、安心してご覧ください。2024年1月に承認されたビットコイン現物ETF(上場投資信託)の情報も含んでいるため、最新情報を参照したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコイン(BTC)価格予想チャート


ビットコイン(BTC)過去価格チャート


ビットコイン(BTC)の詳細


通貨名Bitcoin (BTC)
Bitcoin 価格$67,207.99
Bitcoin 変動率(24時間)▲ 0.10%
Bitcoin 変動率(7日)▲ 14.60%
Bitcoin 時価総額$1,324,276,316,159
総供給量19,704,150

ビットコイン(BTC)2024年、2025年、2030年価格予想まとめ


仮想通貨1000倍銘柄の仲間入りをしたビットコインですが、本記事では今後の価格予想をしていきます。半減期を迎える2024年に加え、短期的な予測(2025年)、長期的な予測(2030年)の価格予想を取り上げます。

2024年のビットコイン価格予測

2024年現在、Web3.0仮想通貨に連動し、ビットコインの強気相場が始まる可能性があります。その背景は、ビットコイン現物ETFの承認とビットコインの半減期です。先日2024年1月11日に、ビットコイン現物ETFが承認され、価格は上昇傾向を示しました。

今後も投資家の資金がビットコインに流入し、価格は大きく上昇するでしょう。半減期による価格への影響は通常、12〜18カ月後に感じられると言われていますが、ビットコイン現物ETF承認によって、その状況も変わるかもしれません。

不測の事態が生じなければ、2024年のビットコイン価格予測は9万ドル、最安値予想は4万2000ドルとなっています。ただし、投資銀行スタンダード・チャータードの予測のように、2024年末までに10万ドルに達する可能性も示唆されています。

2025年のビットコイン価格予測

仮想通貨投資に限らず、何年も先を見通すのは困難ですが、どのような背景でビットコイン価格が成長するのかを考察します。考えられる1つ目の背景は、仮想通貨(暗号資産)市場全体の成長です。

ブラックロックが「アラジン」という独自のプラットフォームを立ち上げたように、機関投資家の関心が高まり、追随する金融機関が増えれば、ビットコインやアルトコインの需要は劇的に高まることが予想されます。

2つ目は、ビットコインが仮想通貨初心者にとって最も魅力的な選択肢となっている点です。ビットコインの安全性とその人気からこれからも投資の需要は高いままでしょう

3つ目は、政治家や一部の有権者にとって人気が高まっている点です。現在、世界中には3万8000台以上のビットコインATMが設置されており、ビットコインの需要が日々高まっていることを示しています。

以上の背景から、2025年のビットコイン価格予測は最高値10万1000ドル、最安値5万5000ドルとなっています。ただし、バーンスタインのアナリスト「Gautam Chhugani」氏は、2025年までに15万ドルに達する可能性があると述べています

2030年のビットコイン価格予測

続いては長期的な視点でビットコイン価格の将来を掘り下げてみます。ビットコインは現在、仮想通貨(暗号資産)市場と伝統的な金融市場の両方から支持を受けている唯一のコインです。

他のミームコインなどとは一線を画しており、長期的な見通しも高評価を得ています。また、仮想通貨への利用可能性やアクセス性の改善によって仮想通貨の普及が進み、ビットコインの地位はより強固になるでしょう。

2030年のビットコインに影響を与える一番大きな要因は、2028年のビットコイン半減期やメタバース投資の盛り上がり具合でしょう。過去のトレンドに従えば、ビットコインは2029年にピークを迎え、2028年の半減イベントによって史上最高値を更新する可能性が高く、2030年はこの高値から下降する時期となります。

上記の背景から、2030年のビットコイン価格予測は最高値15万ドル、最安値10万ドルとなっています。ただし、アーク・インベスト・マネージメントのCEOである「Cathie Woods」氏はポッドキャストで、2030年までにビットコインが148万ドルになる予想を述べています

ビットコイン(BTC)の歴史や過去の動向


ビットコイン(BTC)は、仮想通貨という金融革命の象徴として、その歴史や過去の動向についても多くの関心が寄せられています。ここでは、ビットコインの歴史と過去の出来事について詳しく見ていきます。

2008年:サトシ・ナカモトが論文を発表される

ビットコインの歴史は、2008年10月にサトシ・ナカモトが発表した論文から始まりました。発表された論文のタイトルは「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」で、ブロックチェーン技術を基盤とした分散型の決済システムの提案が記されていました。

特に発表されたタイミングが、リーマンショックの影響下で中央集権型の金融システムに対する懸念が高まっていた時期であり、大きな注目を集めました。

2009年:ビットコインが開発される

サトシ・ナカモトの論文に基づき、2009年にビットコインが開発されました。その後、実際の運用が始まり、仮想通貨の時代が幕を開けました。

  • 2009年1月3日 – ビットコインの最初のブロックが生成される
  • 2009年1月12日 – 初めてビットコインによる送金が行われる

2010年:ビットコイン決済が初めて行われる

2010年にも以下のような重要なイベントがありました。

  • 2010年5月22日 – 初めてビットコインによる決済が行われる
  • 2010年7月某日 – 世界初の仮想通貨取引所「マウントゴックス」がサービスを開始する

初決済が行われた2010年5月22日は、1万BTCで2枚のピザが購入されたことを受け、「ビットコイン・ピザ・デー」として知られています。

2011~2023年:ビットコインの価格が大きく変動する

ビットコインはその後、様々な価格変動を経験しました。

  • 2013年後半 – 最初の強気相場を迎え、ビットコイン価格は100倍の急上昇
  • 2017年半ば – わずか11カ月で約17倍の急上昇
  • 2020年3月〜2021年4月 – 連続して強気市場が見られ、2021年11月には6万8789ドルの史上最高値を記録
  • 2021年11月~2022年2月 – ビットコイン価格が67%下落
  • 2023年初め – ビットコインの価値が再び2万ドルを超える
  • 2023年前半 – 1月から7月にかけて価格が2倍近くに上昇
  • 2023年末 – 4万2千ドルを超える価格となる

急上昇を見せた年は、総じてビットコイン半減期の12〜18カ月後であり、その傾向から2024年のビットコイン半減期にも注目が集まっています。また、この間にも、多くの仮想通貨がローンチされ、仮想通貨市場が徐々に成熟していきました。

ビットコイン(BTC)の現状分析


ビットコインは現在、重要な局面にあり、直近数カ月の動きが今後の価格変動に大きく影響すると考えられます。この章では、ビットコインの現状分析と最新情報をお届けします。

ビットコイン現物ETFの承認(2024年1月)

2024年1月11日に、ビットコインの現物ETFが承認されたことが分かりました。ビットコインの税金などの観点から、個人投資家や機関投資家が仮想通貨にアクセスしやすくなることから、投資拡大が見込まれています。

ビットコインの現物ETF上場を申請していたのは、ブラックロックやフィデリティなどのアメリカの大手運用会社です。SECはこれまで、仮想通貨ETFには否定的な方針を掲げ、2013年から20件以上の申請を却下してきました。

しかし、グレーススケールがETF化を拒否するSECの姿勢に不服を申し立てた訴訟でSECが敗訴したことから流れが変わりました。2023年10月後半よりビットコイン現物ETFの承認期待が高まっていましたが、2024年に入りようやく承認された形となります。

本報道を受けて、ビットコイン市場は反応を見せました。承認報道が出てすぐに過去最高値に迫る690万円台に達しました。また、ビットコインの価格上昇と連動してイーサリアム(ETH)などのアルトコインも同様に上昇しました。現時点では高騰後の反発を見せていますが、再度買い注文が集中する可能性もあります。

ビットコイン半減期(2024年4月)

ビットコインで特に注目すべきは2024年4月に予定されているビットコイン半減期です。半減期とは、マイニングに支払われる報酬が半分に減る重要なイベントで、新たに採掘されるビットコインの供給量が減少し、価格が上昇します。過去の半減期でも、価格が上昇する傾向が見られました。

2024年のビットコインの半減期も、これまでと同様に価格に影響を与えると予想されています。しかし、具体的な影響を確実に予測することは困難であるうえに、半減期の直前には価格が下落する傾向もあります。投資家は、市場の動向を慎重に注視し、理解することが重要です。

ビットコインのマイニングは、残り10%で完了するとされており、最大供給量2100万枚のうち、残り約210万枚がこれからマイニングされます。供給量が一定に保たれているため、将来的にビットコインの希少性と需要は高まると考えられます。

ビットコイン(BTC)の今後の見通しとその根拠


ビットコインのシンボルが映り込んでいる透明な地球儀

ビットコインおよび仮想通貨市場の今後を見通すには、多様な視点から市場を見る必要があります。そこで、専門家の意見、市場動向、そして経済環境の変化を基に、ビットコインの将来の見通しとその根拠について深掘りしていきます。

多数のアナリストによる今後の見通し

先程は当サイトCryptonewsが分析した価格予想をまとめましたが、ここでは多数のアナリストによる今後の見通しについて見ていきます。

  1. ダリア・モーゲン(Daria Morgen) – ChangellyのDaria Morgen氏は、ビットコインは2025年に10万ドルを超え、2030年には50万ドル以上の価値になり、高値は67万8373ドル、安値は57万0856ドルになると予測している。
  2. クリプトコン(CryptoCon) – 半減サイクル理論の生みの親であるCryptoCon氏はX(旧Twitter)の投稿で、ビットコインの最高値は2025年後半に18万ドルに達する可能性があると予測している。
  3. ジョージ・タン(George Tung) – TheStreetCryptoのGeorge Tung氏は、ビットコインは2025年に20万ドル前後で頂点に達すると予測している。
  4. ジュリアン・ティマー( Jurrien Timmer ) – 米資産運用会社フィデリティ・インベストメンツのJurrien Timmer氏は、ビットコインは2030年に100万ドルから1千万ドルの間の7桁の大きなレンジを見せるだろうと予測している。
  5. CoinCodex – ビットコインがこれまでの平均年率22%で成長し続ければ、2030年には14万70ドル、2040年には1コインあたり126万ドルに達するとアルゴリズムを使用して予測している。

どのアナリストも、ビットコインは今後大幅に価格を上昇させると予想しています。

ビットコインの発行上限枚数による影響

ビットコインは、プログラム上2100万枚という発行枚数上限が設定されています。この上限により、2140年までに全て発行されると予測されており、2023年6月時点で、すでに1940万枚のビットコインが発行されています。

ビットコインの他にもおすすめの仮想通貨はいくつもありますが、発行枚数の上限が設定されていない、あるいは上限が多いコインが多く、供給過多により価値が低下しやすい傾向にあります。例えば、リップル(XRP)のような発行枚数が多い通貨は、価格は比較的低い水準です。

これに対し、ビットコインは発行枚数の上限が比較的少なく設定されているため、価値が安定しやすくなります。

以上の点を踏まえると、ビットコインの今後における価値は安定し、さらには発行枚数が上限に近づくにつれて、価格は上昇する可能性が高いと言えます。

ビットコイン現物ETF承認による影響

2024年1月11日、ビットコイン現物ETFは承認され、ビットコインを含む仮想通貨市場全体の価格変動に影響を与えています。

ビットコインの現物ETFが承認されたことで、機関投資家や個人投資家はビットコインを直接保有せずに投資できるようになります。ETFによって巨額の資金が集まり、ビットコインの価格を大幅に押し上げる可能性があります。また、ビットコインETFの承認は、投資の安全性を高める点で重要です。

ビットコイン現物ETFによって証券会社を通じて安全に取引できるようになり、これまで以上に多くの投資家が市場に参入するでしょう。

ビットコインの現物ETFの承認は、市場の活性化と価格上昇をもたらす重要な要因です。今後数カ月のビットコイン市場がどのような動きをするか、注目が集まっています。

NFTやメタバースによる仮想通貨の認知拡大

近年は、NFT(NFTゲーム)やメタバースといった仮想通貨関連のサービスにより、ビットコインを含め仮想通貨の認知が拡大しています。仮想通貨のつぎに伸びる分野として注目を集めています。

最近では、仮想現実内のゲームやビットコインカジノでビットコインを稼ぐ事例も現れました。多岐に渡る利用可能性により、ビットコインの価値は増していくでしょう。

実店舗の決済や国をまたいだ送金の需要拡大

今後のビットコインの展望を探るには、その利用状況や普及の可能性を検討することが不可欠です。ビットコインは実店舗での決済、国際送金、法定通貨の3つの視点から実用性について探っていきます。

  • 実店舗の決済 – 日本では、ビックカメラやソフマップなどの大手家電量販店がビットコイン決済を導入しています。海外では、コカコーラやスターバックス、ケンタッキーなどの大企業もビットコイン決済を採用しています。
  • 国をまたいだ送金 – 送金スピードの向上や手数料の削減などのメリットから国際企業間の送金手段としても注目されています。すでにPayPalなどが国際送金の手段としてビットコインを取り入れています。
  • 法定通貨としての採用 – エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用しました。エルサルバドルのように銀行口座を持たない国民が多い国では、ビットコインの導入が金融サービスへのアクセスを改善する可能性があります。

ビットコインは、実用性と国際的な普及により、今後も成長することが期待されます。多くの企業が仮想通貨ICOを実施したり、国が仮想通貨の利用を受け入れたりすれば、ビットコインの未来はもっと明るくなると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)の買い時とは?


観光植物とコインとチャートを映し出すモニター

これまでに記載した今後の価格予想や見通しを見て、ビットコインの買い時がわからなくなった方もいるかと思います。本章では、ビットコインの買い時である3つのタイミングについて解説していきます。

2024年現在

ビットコインの買い時は今(2024年現在)です。その理由は、2024年前半にビットコインの半減期を迎えるためです。半減期により価格が上昇する可能性が高く、利益を得るチャンスと考えられます。

ビットコインの価格は常に変動するため、適切なタイミングを見極めることが重要です。一方、長期的に考えれば現在の価格が最も安い可能性があり、悩むよりは今すぐに購入した方が賢明かもしれません。

価格が暴落しているタイミング

ビットコインは価格が暴落しているタイミングも購入のチャンスです。過去の暴落事例を見ると、大きな利益を狙える可能性があります。例えば、2022年にはロシアのウクライナ侵攻や大手取引所FTXの破綻などのネガティブな出来事により、ビットコインは約1万6000ドルまで暴落しましたが、その後約2万8000ドルまで回復しました。

仮想通貨市場が暴落した時は、将来価格が急騰する可能性があり、「安く買って高く売る」という基本原則に沿った投資が可能です。将来の価格上昇は保証されていないため、タイミングを慎重に検討することが重要です。

業界にとって良いニュースが報道されたタイミング

ビットコインに関するポジティブなニュースが出たタイミングは、その価格が上昇する可能性が高く、買い時となることがあります。具体例は以下の通りです。

  • 法定通貨の採用などの政治に関するニュース
  • 大手企業による決済導入などの金融に関するニュース
  • その他(大手企業がビットコインを購入した等)

上記のようなニュースが報じられると、短期的にビットコインの価格が上がる傾向がありますが、価格変動が速いため、すぐに価格が戻る可能性もあります。最新情報をこまめにチェックし、迅速に行動することが重要となります。

補足にはなりますが、ビットコイン以外の仮想通貨に投資する場合は、仮想通貨のプレセールに注目するとよいでしょう。

ビットコイン以外に今後が期待できる仮想通貨

ビットコイン以外にも、今後の値上がりが期待できる儲かる仮想通貨は多数存在します。プレセールから参加できる仮想通貨は、低価格で仕入れることができる分、価格上昇した時の値上がり幅も大きいと言えるでしょう。

現在プレセール中の仮想通貨で、投資家の期待を集めている銘柄が99Bitcoinsです。99Bitcoinsは「学びながら稼ぐ」をコンセプトとした新しいコイン。特徴は、以下のとおりです。

  • 学びながら稼ぐ「Learn-to-Ean/L2E」モデルを採用
  • 様々な学習ユーティリティを用意
  • 初期ユーザーにビットコインのエアドロップの可能性

99BitcoinsはLearn-to-Ean/L2Eモデルを採用しています。ユーザーは仮想通貨について学びながら、報酬としてトークンを受け取ることができるのです。今までにPlay-to-Earn/P2E(遊んで稼ぐ)、Move-to-Earn/M2E(動いて稼ぐ)など様々なモデルが登場してきましたが、99Bitcoinsは教育の視点を取り入れた斬新なモデルと言えます。

99Bitcoinsのユーザーは自分に適した様々な方法で、仮想通貨について学ぶことができます。ゲーミフィケーションを取り入れ、視覚的に学びたい人でもアクティブに学びたい人でも、あらゆる学習スタイルに対応しているのです。

99Bitcoinsの購入方法は簡単で、公式ページにアクセスし、ウォレットを接続することで購入できます。イーサリアムチェーンの仮想通貨なので、MetaMaskやTrust Walletなどを準備しましょう。

初期の99Bitcoinsにはビットコインの仮想通貨エアドロップの可能性もあり、投資家の期待値を高めています。ビットコイン半減期やプレセールの盛り上がりも追い風となり、今後の価格上昇も期待されます。興味がある方は、ぜひ初期のプレセールに参加してみてください。

99Bitcoinsを見てみる

ビットコイン(BTC)投資におすすめの仮想通貨取引所


ビットコインがコンピュータの前にある未来都市

ビットコインを投資する際のおすすめ仮想通貨取引所をまとめます。

  1. OKX
  2. bitFlyer
  3. MEXC

それぞれの特徴と利用するメリットを解説します。

おすすめの仮想通貨取引所①:OKX

OKXは、ビットコイン取引量が世界でもトップクラスの取引所です。注目の仮想通貨であるポリゴン(MATIC)など多様な仮想通貨の取引オプションが提供され、初心者から上級トレーダーまで幅広く対応しています。取引所の主な特徴は以下の通りです。

  • 取引ペア数 – 400以上の通貨ペアが利用可能。
  • サポート通貨 – 30種類以上の法定通貨と仮想通貨。
  • 手数料 – 業界でも低い水準を実現。
  • セキュリティ – 2FA認証や多層セキュリティシステムを導入。
  • 分散型取引所オプション – DEX取引にも対応。

OKXを使う最大のメリットは、ビットコインを含む仮想通貨市場の多様性を一つのプラットフォームでカバーできることです。初心者から経験豊富なトレーダーまで、ビットコインの今後の動向を追いかける上で必要なツールが揃っています。低手数料で取引が可能な点も、ビットコイン取引において重要な要素です。

さらに、クレジットカードを用いたビットコインの購入も可能です。ビットコインの今後を見越して、取引所を探している方は、ぜひOKXの詳細を下記のリンクからご覧ください。

OKXで口座を開設する

おすすめの仮想通貨取引所②:bitFlyer

bitFlyerは、2014年に設立された日本の暗号資産取引所で、現物取引、証拠金取引、先物取引など多様な取引形態を提供しています。高いセキュリティと利用者に対するサービスで人気を博しています。bitFlyerの主な特徴は以下の通りです。

  • 取引形態の多様性 – 現物取引からレバレッジ取引まで、様々なニーズに対応。
  • セキュリティの強化 – 最先端のセキュリティ技術により、ユーザーの資産を守る。
  • ユーザーフレンドリーなサービス – 初心者から上級者まで、幅広いユーザーが使いやすいインターフェース。

BitFlyerを使うメリットは、ユーザーの投資スタイルに合わせた多様な取引ができる点です。ビットコイン積立やクレジットカードサービスなど、日常生活でのビットコイン利用も促進しています。

今後、長期的にビットコインなどの仮想通貨に投資していく場合、bitFlyerは最良の選択といえるでしょう。ぜひ、下記の公式サイトで口座開設してみてください。

bitFlyerで口座を開設する

おすすめの仮想通貨取引所③:MEXC

MEXCは、そのシンプルかつ使いやすいサイト設計で、多くのトレーダーから高い評価を受けています。ビットコインの取引をはじめ、新しい仮想通貨の取り扱いも多く、特に新規上場が早い点が特徴です。

  • 日本語対応が優れている
  • 最大200倍のハイレバレッジ取引に対応
  • IEOへの参加機会がある
  • 先物取引のキャンペーンが多数

上記の特徴は、ビットコインをはじめとする仮想通貨取引において大きなメリットとなります。ビットコインやエイダコインのような新しい仮想通貨の今後を見越した投資を考えているなら、MEXCも欠かせない選択肢の一つです。ぜひ、下記から公式サイトで口座開設してみてください。

MEXCで口座を開設する

ビットコイン(BTC)の買い方・投資方法


ビットコインのシンボルが描かれた球体

ビットコインを買う方法を簡単に紹介します。

①仮想通貨取引所の口座を開設する

先程紹介した仮想通貨取引所からご自身に適した口座を解説しましょう。一般的な口座開設の手順は以下の通りです。

  1. メールアドレスの登録
  2. 電話番号の登録・認証
  3. 本人確認情報の登録
  4. 本人確認書類の提出
  5. 仮想通貨取引所の審査

口座開設に用意するものは、本人確認手続きで使用する「本人の撮影写真」「本人確認書類(パスポートや運転免許証などの身分証明書)」です。詳しくは、各仮想通貨取引所の公式サイトをご覧ください。

②口座に日本円を入金する

審査が完了し、口座が開設されたら、日本円を入金しましょう。振込方法は、口座によって異なりますが、一般的には銀行振込、クレジットカード入金、Pay-easy入金、コンビニ入金があります。入金方法の詳細は、各仮想通貨取引所の公式サイトを確認するようにしてください。

③ビットコイン(BTC)を購入する

口座への入金が済んだら、適切なタイミングを判断してビットコインを購入します。ご自身の投資スタイルにあった注文・購入方法を選択してください。主な注文方法は以下の通りです。

  • 成功注文 – 市場価格で即時に取引を実行する注文方法
  • 指値注文 – 指定した価格(またはより良い価格)でのみ取引を実行する注文方法
  • 逆指値注文 – 特定の価格に到達したときにアクティブになり、その後市場価格で取引を実行する注文方法

注文方法も各仮想通貨取引所によって取り扱いが異なります。詳しくは、各公式サイトを参照してください。

まとめ:ビットコインの今後に期待しよう


雲の上のビットコインの球体

本記事では、ビットコインの今後を深く考察するとともに、ビットコインの価格を予測しました。2024年は、1月11日に米国で初承認された現物ビットコインETFの余波や次のビットコイン半減期により、仮想通貨やDeFi市場が大いに盛り上がると予想されます。

ビットコインは確固たる地位を築いており、今後何年も投資家にリターンをもたらすことは間違いないでしょう。

また、ビットコインの価格変動は他の仮想通貨にも大きな影響を及ぼします。2024年にビットコインの価格が高騰すれば、柴犬コインのような爆上がりする仮想通貨も現れるでしょう。ビットコイン以外の仮想通貨の買い方については、リンク先を参考にしてください。

ビットコインと仮想通貨市場の今後の展開に期待しましょう。なお、仮想通貨の次に流行るものに関しても動向を見ておきましょう。

ビットコインの今後に関するよくある質問

2024年のビットコインの価格予想は?

2024年のビットコインの価格予想では、年末までに高値9万ドル、安値4万2000ドルになる可能性があると予測されます。

2025年のビットコインの価格予想は?

当社の調査と分析では、ビットコインは2025年に5万5000ドルから10万1000ドルの範囲で取引されると予想しています。

2030年のビットコインの価格予想は?

5年後以降のビットコインの価格予想をすることは困難です。しかし、2030年に一般市民がビットコインを利用する制度が増加し、ビットコインへのアクセスや利用が拡大することを背景に、16万0000ドルの高値に達する可能性があると推定しています。

2050年までにビットコインの価格はいくらになる?

2050年のビットコイン価格は、様々な要因によって大きく左右されるため、現時点で確実なことは言えません。しかし、長期的な視点でみると、ビットコインには大きな成長の可能性を秘めていると考える専門家も多くいます。

ビットコインの最高価格はいくらでしたか?

ビットコインの最高価格は、2024年3月14日に発生した7万3750.07ドルでした。しかし、現在も価格変動は続いており、将来的には最高価格を更新する可能性もあります。

ビットコイン以外の仮想通貨は将来性ないですか?

ビットコイン以外の仮想通貨でも十分に将来性がある銘柄はあります。ビットコイン以外で投資先を探している方は、仮想通貨の将来性ランキングをぜひご覧ください。