BTC 0.39%
$64,881.78
ETH 3.44%
$3,548.53
SOL 1.22%
$136.09
BNB 2.52%
$598.43
XRP 2.21%
$0.49
DOGE 1.61%
$0.12
SHIB 1.67%
$0.000018
PEPE 10.76%
$0.000011
WienerAI(WAI)
限定セール中

仮想通貨取引所のおすすめ10社比較ランキング【2024年最新】

| 21 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
幻想的な仮想通貨取引所と男性

2024年、ビットコイン(BTC)に多くの投資家が関心を寄せています。暗号資産(仮想通貨)市場が盛り上がりを見せている現在、必ず利用するのが仮想通貨取引所です。

取引所によって取扱銘柄、手数料、そしてサポート体制が異なるため、仮想通貨取引所の選択に慎重になる方は多いでしょう。この記事では、おすすめの仮想通貨取引所を比較し、最適な取引所を見つけるための選び方のポイントを詳しく解説します。

暗号資産(仮想通貨)投資には、リスクが伴うため、仮想通貨取引所を選ぶ際の注意点や仮想通貨に投資する際に気をつけるべきことについても触れていきます。2024年、仮想通貨の投資チャンスを逃さないためにも、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

おすすめの仮想通貨取引所比較一覧


仮想通貨取引所の比較一覧は以下の通りです。今回紹介する10社の仮想通貨取引所は、利便性・安全性・将来性が高く、安心して利用できます。それぞれのメリット・デメリットと、ご自身の投資スタイルを照らし合わせ、適切に選択してください。

  1. BitFlyer(ビットフライヤー) – 日本で最も人気のある仮想通貨取引所の一つ。1円からの投資が可能で、手数料が低く、初心者にも使いやすいサービスが豊富です。
  2. MEXC(エムイーエックスシー) – 1700種類以上の暗号資産を取り扱う、世界的に支持される海外の取引所。低い取引手数料と、日本語対応のサービスで、日本人ユーザーにも使いやすい取引所です。
  3. OKX(旧OKEx) – 世界で2番目に大きな取引所で、350種類以上のアルトコインと競争力のある低手数料が特徴。高い流動性と使いやすいモバイルアプリは、仮想通貨取引を始める方におすすめです。
  4. Coincheck(コインチェック) – 27種類の暗号資産を取り扱う日本の主要な仮想通貨取引所の一つ。特に初心者に使いやすいスマホアプリや自動積立などのサービスが特徴です。
  5. DMM Bitcoin – 国内最多のレバレッジ取引銘柄を提供し、取引コストを低く抑えるBitMatch注文が特徴の仮想通貨取引所。初心者向けの高性能ツールとDMMグループのセキュリティ体制が、初心者にとって魅力的です。
  6. Zaif(ザイフ) – 手数料が低いことで評判の日本の仮想通貨取引所です。独自の銘柄を多く取り扱い、仮想通貨経験者にとって魅力的な選択肢となっています。
  7. SBI VCトレード – 現物取引の手数料が無料で、スプレッドも狭いSBIグループ運営の取引所。信頼性の高さから、仮想通貨投資の初心者におすすめです。
  8. BITPOINT(ビットポイント) – ビットコインの最小取引数量が非常に小さく、手数料が無料の仮想通貨取引所。リスクを抑えたい初心者や小規模取引を望むユーザーに最適です。
  9. BitTrade(ビットトレード) – 39種類の暗号資産を取り扱い、日本国内で最多水準を誇る仮想通貨取引所です。初心者にも取引しやすく、優れたセキュリティ対策により安心して取引できます。
  10. 楽天ウォレット – 楽天グループが運営する仮想通貨取引所。取扱銘柄が少ない点は欠点ですが、楽天経済圏で暮らす方にはおすすめできます。

上記の仮想通貨取引所の一覧は、各取引所の取扱銘柄・各種コスト・運営会社の信頼性・評判・利便性など、様々な要素を総合的に評価して作成しました。2024年にイールドファーミングMove-to-Earn投資を始めるならば、取引所は必須です。以下では、比較一覧に取り上げた仮想通貨取引所を個別にレビューしていきます。

仮想通貨取引所のおすすめランキングTOP10


仮想通貨取引所と男性

各仮想通貨取引所の特徴や利用するメリット・デメリット、各種手数料などの詳細情報を網羅的にまとめます。特に取引所によって個性があるため、一つずつレビューを確認し、ご自身で比較・判断してみてください。

1位:BitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、株式会社bitFlyerが運営する、日本で最も人気のある仮想通貨取引所の一つです。ビットコインやポリゴン(MATIC)を含む22種類の暗号資産を取り扱い、現物取引からレバレッジ取引まで幅広い取引スタイルをサポートしています。

ビットフライヤーを使うべき理由は、下記のとおりです。

  • 手軽に始められる – 1円から投資が可能なため、リスクを抑えつつ投資を始められます。
  • サービスが豊富 – 自動積立やクレカ決済など、初心者でも使いやすいです。
  • 手数料が低い – 取引所形式の取引では、約定数量に応じて手数料がかかりますが、販売所形式では無料で取引できます。

デメリットは、現物取引の取扱銘柄が少ないことと、アルトコインの送金時に手数料がかかることです。しかし、国内最大級の取引量は、非常に魅力的です。ビットフライヤーが気になる方は、ぜひ下記リンクから無料登録してみてください。

名称 bitFlyer(ビットフライヤー)
運営会社 株式会社bitFlyer
取引の種類 現物取引(販売所・取引所)、レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄 22種類
販売所手数料 無料、スプレッドあり
取引所手数料 約定数量×0.01~0.15%
レバレッジ最大倍率 2倍

2位:MEXC(エムイーエックスシー)

MEXCは2018年にシンガポールで設立された海外の仮想通貨取引所です。現在は、1000万人を超えるユーザーに支持されています。MEXCを使うメリットは以下の通りです。

  • 取扱通貨の豊富さ – MEXCでは1700種類以上暗号資産を取り扱っています。
  • 低い取引手数料 – 現物取引の手数料は0.1%(2024年1月時点)で、他の取引所に比べてお得です。
  • 日本語対応 – 海外の取引所ですが、公式サイトやアプリ、サポートも日本語で提供されており、日本人が使いやすい仕様となっています。

唯一のデメリットは、MEXCでは日本円での入金に対応していないことです。国内取引所で仮想通貨を購入してからMEXCに送金する必要があります。しかし、多くの仮想通貨オプション、低い手数料、そして使いやすい日本語サービスにより、日本人でも使いやすい取引所です。

MEXCが気になる方は、ぜひ下記リンクから無料登録してみてください。

名称 MEXC
運営会社 MEXC Global
取引の種類 現物取引、レバレッジ取引、ETF取引、先物取引、ステーキング
取扱銘柄 1700種類以上
販売所手数料 Maker 0.1%、Taker 0.1%
取引所手数料 情報なし
レバレッジ最大倍率 最大200倍

3位:OKX(旧OKEx)

2017年に中国で設立されたOKX(旧OKEx)は、バイナンスに次いで世界で2番目に大きな規模を誇る取引所です。最大レバレッジは125倍で、エイダコイン(ADA)など350通貨以上の取引が可能。取引手数料はMakerで0.02%、Takerで0.07%と非常に低く設定されています。

  • 取扱通貨数 – 350種類以上のアルトコインが取り扱われています。
  • 高い流動性 – 世界中の投資家が使用するため、取引量が多く流動性が高いです。
  • 低い手数料 – 競争力のある低い取引手数料で、経済的に利用できます。

OKXは特に、取引の多様性と低手数料を重視するユーザーにとって最適の取引所です。使いやすいアプリと豊富な情報提供があるため、新しく仮想通貨取引を始める方にもおすすめできます。MEXCが気になる方は、ぜひ下記リンクから無料登録してみてください。

名称 OKX(OKEx)
運営会社 OKX
取引の種類 現物取引、レバレッジ取引、先物取引、パーペチュアルスワップ、オプション取引
取扱銘柄 350種類以上
販売所手数料 Maker 0.02%、Taker 0.07%
取引所手数料 取引量により異なる
レバレッジ最大倍率 最大125倍

4位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、コインチェック株式会社が運営する日本の主要な仮想通貨取引所です。現物取引を中心に、27種類のWeb3.0仮想通貨を取り扱っており、仮想通貨取引において初心者から経験者まで幅広いユーザーに支持されています。

特に、スマートフォンアプリは非常に使いやすく、初心者にも理解しやすいインターフェースが特徴です。

  • 手数料 – 取引所での取引手数料が無料。
  • 関連サービスの充実 – 自動積立やステーキングサービス、NFTゲーム仮想通貨メタバースのアイテム売買に特化した専用マーケットプレイスがある。
  • 使いやすさ:スマートフォンアプリが非常に使いやすく、初心者にもおすすめできる。

一方で、レバレッジ取引のサービスが提供されていない点や仮想通貨の送金時に手数料がかかる点はデメリットと言えます。スマホアプリの操作性が高く初心者にも扱いやすいことから、仮想通貨取引の入門として理想的です。

5位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。レバレッジ取引では国内最多の銘柄数を誇り、最小取引数量はビットコインの場合、0.0001BTCからとなっています。DMM Bitcoinのメリットは下記の通りです。

  • レバレッジ取引の多様性:国内最多のレバレッジ取引銘柄を提供。
  • 取引コストの削減:BitMatch注文により、販売所と比べて取引コストを低く抑えることが可能。
  • 初心者向けの高性能ツール:直感的に操作できるスマホアプリが使える。

デメリットは、現物取引は取引所方式ではなく販売所方式のみである点です。少額から始められる取引、使いやすいアプリ、そしてDMMグループのセキュリティ体制は、初心者にとって魅力的な選択肢になるはずです。

6位:Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は、株式会社カイカエクスチェンジが運営する日本の仮想通貨取引所です。現物取引(販売所・取引所)を提供し、ビットコインをはじめとする22種類の暗号資産を取り扱っています。取引所形式ではMaker手数料が0%、Taker手数料が0.1~0.3%と低コストで取引できるのが特徴です。

独自の銘柄を多く取り扱っている一方で、メジャーな銘柄の種類は他社に比べて限られていますが、手数料が低いため、仮想通貨経験者にとって魅力的な仮想通貨取引所です。

7位:SBI VCトレード

SBI VCトレードは、SBIグループが運営する国内の仮想通貨取引所です。現物取引やレバレッジ取引など様々なサービスを提供しています。現物取引の手数料は無料で、スプレッドも狭いため、余計な費用がかかりません。また、500円から取引が可能で、初心者や少額投資者にも最適です。

20種類という取り扱い銘柄数は他の取引所に比べると少なめですが、SBIグループの信頼性は、安心して取引を行える大きなポイントです。仮想通貨初心者にとっておすすめの仮想通貨取引所といえるでしょう。

8位:BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。注目すべきは、ビットコインの最小取引数量が、販売所で0.00000001BTC、取引所で0.0001BTCと非常に小規模な取引が可能な点です。

手数料は無料で、レバレッジ取引は最大2倍まで対応しています。仮想通貨を貸し付けることで収益を得るレンディングサービスも提供しています。

ビットポイントも取扱銘柄が少なく、選択肢が限られる点がデメリットです。レバレッジ取引のサービスも提供されていません。リスクを取りながら大きな利益を目指すユーザーには不向きですが、仮想通貨投資の初心者や小規模取引を望むユーザーに最適な仮想通貨取引所です。

9位:BitTrade(ビットトレード)

BitTrade(ビットトレード)はビットトレード株式会社によって運営されている仮想通貨取引所です。取り扱い暗号資産銘柄は39種類に及び、日本国内で最多水準を誇ります。

主に現物取引とレバレッジ取引を提供しており、ビットコインにおける最小取引数量は現物取引で0.0005BTC、レバレッジ取引で0.001BTCとなっています。ハッキング0件の実績と100%コールドウォレット管理による安全なセキュリティ環境で評判となっています。

レバレッジ取引がビットコインのみに限られていますが、初心者でも取引を始めやすい点が売りです。優れたセキュリティ対策も魅力の一つ。安心して仮想通貨投資を始めたい方におすすめの仮想通貨取引所です。

10位:楽天ウォレット

楽天ウォレットは、楽天グループが運営する仮想通貨取引所です。現物取引からレバレッジ取引まで、多様な取引オプションを提供し、仮想通貨初心者から上級者まで幅広くサポートします。楽天ポイントと連携できる点も楽天ならではの魅力でしょう。

取扱銘柄が9種類の仮想通貨に限定されており、物足りなさを感じます。楽天経済圏でポイントを貯めたり使ったりしている方には、おすすめの仮想通貨取引所といえるでしょう。

仮想通貨取引所のおすすめの選び方


大きなビットコインを表示するモニター

続いて、仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントを解説していきます。各個人によって取引で重視することは異なるため、下記のポイントを参考に、ご自身の投資スタイルに応じて、適切な仮想通貨取引所を選んでください。

取扱銘柄の数や種類で選ぶ

仮想通貨取引所を選ぶ際、最も重要な要素は取り扱っている銘柄の数と種類です。特に、自分が取引したい銘柄を取り扱っているかは基本中の基本です。

例えば、ビットコインやイーサリアムなどの主要銘柄はどの取引所でも扱われていますが、一部のアルトコインやミームコインのようなニッチな銘柄は取引所によって取扱いが異なります。

仮想通貨取引所に仮想通貨が上場するタイミングは投資のチャンスになります。取引所の取扱銘柄だけでなく、新しい仮想通貨の上場予定を確認することも重要です。

利用コストで選ぶ

仮想通貨取引所を選ぶ際には、利用コストも重視するべきです。なぜなら、仮想通貨の取引には以下のような手数料がかかるからです。

  • 取引手数料
  • スプレッド
  • 入出金手数料
  • 送金手数料

これらのコストを最小限に抑えることで、取引における利益を最大限に確保することができます。特に仮想通貨の送金手数料が高い取引所では、いくらおすすめ仮想通貨に投資しても投資全体のコストが高くなる可能性があるため注意が必要です。

仮想通貨取引所を選ぶ際には、これらの手数料を細かく比較し、最も低コストで利用できる取引所を選びましょう。

ツール・アプリの使いやすさで選ぶ

仮想通貨取引所を選ぶ際に重要になるのが、ツールやアプリの使いやすさです。使いやすい取引ツールを選ぶことは、操作ミスを防ぎ、取引のストレスを減らします。使いやすさの感じ方には個人差があるため、複数の取引所で口座を開設し、実際に使ってみることが大切です。

自分に合った取引ツールが見つかれば、ストレスなく取引を進めることができるでしょう。

信頼できる会社かどうかで選ぶ

仮想通貨取引所を選ぶ際には、信頼できる会社を選びましょう。特に金融庁から「暗号資産交換業」の登録を受けている取引所を選べば、安心して取引できます。

金融庁の「暗号資産交換業」登録は、ヒアリングや書面審査を含む厳格なプロセスを経ているため、安全性や投資者保護の面で信頼性が高いです。

信頼できる仮想通貨取引所を選ぶことは、トラブルやリスクを回避するためにも不可欠です。この記事で紹介したような信頼性の高い取引所を選んで、安全な仮想通貨取引を始めましょう。

実施しているキャンペーンで選ぶ

仮想通貨取引所を選ぶ際は、キャンペーンにも注目しましょう。仮想通貨取引所の多くは、新規口座開設者を対象に下記のようなキャンペーンを実施しています。

  • 現金プレセント
  • 仮想通貨(暗号資産)プレゼント
  • 友達紹介キャンペーン

各仮想通貨取引所の公式サイトで、キャンペーンが実施中でないか確認しましょう。

仮想通貨取引所の選ぶ際の注意点


仮想通貨データセンター内の男性

続いて、仮想通貨取引所を選ぶ際の注意点を解説します。仮想通貨投資で損失やリスクを回避するためにも、必ず紹介する事項を頭に入れておいてください。

仮想通貨のボラティリティに注意する

仮想通貨市場は他の金融市場と比較して非常にボラティリティが高いため、大きな損失や元本割れの可能性が伴います。特にレバレッジ取引では、資金効率は向上しますが、比例してリスクも高まります。

投資には常に余剰資金を用いましょう。また、適切な仮想通貨取引所を選べば、リスク管理や情報提供などのサポートが得られ、安全な仮想通貨取引ができます。

セキュリティリスクやシステムリスクに注意する

セキュリティとシステムリスクも忘れないようにしましょう。特にセキュリティリスクは深刻で、例えば2021年にはLiquid(現FTX Japan)がハッキングを受け、約100億円相当の仮想通貨が流出する事件がありました。

このようなリスクを減らすためには、セキュリティ体制がしっかりした取引所を選ぶことが必要です。

仮想通貨取引はネットベースの電子取引システムに依存しており、サーバーのダウンなどシステムリスクも存在します。すでに利用している方の評価や口コミを参考にすることで、仮想通貨取引所を適切に選択しましょう。

国内・海外問わず検討する

自分のニーズに合うように、国内や海外を問わず、仮想通貨取引所を選択することも重要です。国内の仮想通貨取引所は日本語サポートや日本円での取引が可能な点で利便性が高く、法律的な安心感もありますが、取扱通貨が限られていたり手数料が高いことがデメリットです。

一方、海外取引所は多少のリスクは伴いますが、取扱通貨の多様性や低い手数料が大きな魅力となります。

仮想通貨取引所を選ぶ際は、本記事にある仮想通貨取引所のレビューを参考にして、国内と海外のそれぞれのメリットとデメリットを理解し、自分の投資スタイルに合った選択をしましょう。

海外の仮想通貨取引所も視野に入れるべき理由


大きな都市とビットコインを表示するコンピュータ

仮想通貨取引所を選択するうえで、海外の取引所も視野に入れるべきです。ここでは、幅広い視点で取引所を選択できるように海外の仮想通貨取引所を検討すべき理由や背景を詳細に解説していきます。

取扱銘柄の種類が多い

海外の仮想通貨取引所は、多様な銘柄を取り扱っており、特に爆上げの仮想通貨やニッチな銘柄に関しては、国内取引所と比較して選択肢が格段に広がります。将来的に価値が上昇するかもしれない仮想通貨1000倍銘柄を早期に見つけ、投資するチャンスが広がります。

実際、国内の仮想通貨取引所で扱われる銘柄は多くても30種類程度ですが、海外の仮想通貨取引所では1000種類以上の銘柄が取り扱われていることが多いです。

手数料が安い

海外の仮想通貨取引所では、国内の取引所と比較して低い手数料で取引が可能です。一般的には、海外取引所の場合は0.1%以下という低水準であることが多くなります。これに対して、国内の取引所では入金手数料や出金手数料が高く設定されており、取引のたびに手数料が多くなる傾向があります。

手数料の低さは、頻繁に仮想通貨を売買する方にとって非常に重要です。投資の効率を高めるためにも、海外の仮想通貨取引所を視野に入れるべきでしょう。

レバレッジ倍率を高く設定できる

海外の仮想通貨取引所では、レバレッジ取引の倍率が国内取引所よりも高く設定されています。日本国内はレバレッジ倍率が法律によって最大2倍に制限されています。

しかし、海外取引所では100倍以上、場合によっては最大200倍のハイレバレッジで取引することが可能で、少ない資金で大きな利益を狙うことができます。

もちろん、高いレバレッジでの取引は、大きなリスクも伴います。仮想通貨の価格が急変した場合、大きな損失を被る可能性も高まるため、そのリスクを理解した上で適切な取引所の選択と投資判断をしましょう。

仮想通貨に投資する際の注意点


宙に浮かぶビットコインとその前に立つ男

続いては、仮想通貨投資をするうえでの注意点を解説します。仮想通貨投資には、リスクがつきものです。一般的な投資の成功者だけでなく、ビットコインなどで成功者になった人たちもリスクについては深く配慮しています。

リスクを可能な限り小さくするためにも、ぜひ下記の内容を理解したうえで、投資を始めてください。

余剰資金で始める

仮想通貨投資は、余剰資金で取り組みましょう。仮想通貨市場は価格変動(ボラティリティ)が大きいため、資産を大幅に減らすリスクも伴うためです。余剰資金であれば、生活資金や短期的な必要資金を守りながら、安心して投資を始められます。

例えば、資産の5%程度を仮想通貨に割り当て、その他の資金は生活費や他の金融商品に充てることで、資産全体のバランスを保つなどの管理をしましょう。また、株や債券なども含め、分散投資の一環として考えることも重要です。

自分でリスクをコントロールする

仮想通貨の投資は高リスク・高リターンであり、仮想通貨取引所の利用は自己責任と自己防衛が不可欠です。特に、「絶対に儲かる」という誤った認識は持たず、自分でリスク管理を徹底しましょう。具体的には、以下の方法が考えられます。

  1. 生活防衛資金を残す – 生活に支障をきたさない範囲で投資を行いましょう。余剰資金の範囲内で投資し、最大損失額を明確に理解することが不可欠です。
  2. 損切りラインの設定 – 損切りラインを設定し、それを厳守することで、大損のリスクを減らすことが可能です。心理的にも安定します。

過去に仮想通貨で億り人が出たように、仮想通貨取引所での取引は大きなリターンを得るチャンスがありますが、それに伴うリスクも大きいです。自分を守るためには、リスクを正しく理解し、自己責任で慎重に行動することが不可欠です。

詐欺に気をつける

仮想通貨投資をする際には、詐欺コインや不正取引のリスクにも注意しましょう。仮想通貨の世界はまだ規制や法制度が整っていません。

  • 今回紹介した有名・安全な仮想通貨取引所を利用する
  • SNSでの勧誘や過激な宣伝文句を疑う
  • 怪しい場面に遭遇した際は、親族や友人、専門機関にすぐ相談する

上記を徹底したうえで、金融庁に登録された仮想通貨取引所を選択できるとよいでしょう。ICOや仮想通貨エアドロップにも、注意が必要です。安心できる仮想通貨ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を確認して、詐欺に引っかからないように気をつけましょう。

よくある質問

Q1. 仮想通貨(暗号資産)とは?

仮想通貨(暗号資産)は、インターネット上での取引に用いられるデジタル通貨です。法定通貨と異なり、国家による強制通用力を持たず、主に仮想通貨取引所を通じて取引されます。仮想通貨(暗号資産)は、「お金としての価値」を持ち、株券や国債証券のような財産的価値を有しています。

Q2. アルトコインとは?

アルトコインは、ビットコイン以外のすべての仮想通貨(暗号資産)を指します。仮想通貨取引所や市場では、180万種類以上のアルトコインが存在し、その価格は短期間で大きく変動する可能性があります。アルトコインへの投資は、投資家にとって魅力的な選択肢の一つとなっています。

Q3. 仮想通貨の始め方は?

以下の手順で仮想通貨投資を始めましょう。ビットコインの今後に期待できる方は、ビットコインの買い方を参考にして投資してみるのもよいでしょう。

  1. インターネット環境と取引ツール(パソコン、スマートフォン等)を準備する
  2. 信頼できる仮想通貨取引所を選び、口座を開設する
  3. 銀行口座を用意して、資金の入金する
  4. おすすめの仮想通貨を参考に、購入してみる

Q4. 販売所と取引所の違いは?

販売所と取引所は、仮想通貨を取引するためのプラットフォームですが、その仕組みには違いがあります。

  • 取引所 – 個々のユーザー間で直接取引が行われ、価格は市場によって決まります。手数料が安い(もしくは無料)ですが、取引が成立しない場合があります。
  • 販売所 – 株の取引のように業者が直接ユーザーに対して仮想通貨を売買します。売買はシンプルで簡単ですが、手数料や諸経費がかかります。

それぞれのメリット・デメリットを理解して、利用することが重要です。

Q5. 2024年に今から投資すべき仮想通貨(暗号資産)は?

2024年に仮想通貨取引所で購入ができると期待される上場予定の仮想通貨は、下記のとおりです。

  • P2Eゲーム×たまごっち風ドージ犬
  • 好評セール!今夏の注目ミーム通貨
  • セール終了後にバイナンス上場の噂
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
Play to Earn
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中から高額ステーキング報酬
  • 2日おきに販売価格上昇!今が最安値
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
AI、ステーキング
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 人気アメコミ発アザラシミーム
  • エアドロセールで300万ドル資金調達
  • 有名ミームSLERF運営チームが関与
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 人気L2「Base」発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬+シェアして稼げる新機能を提供
  • コンテンツ共有でポイント獲得!DAWGZと交換可能
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn
購入方法
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Solana
    Solana
  • DICEトークンの紹介で紹介料25%!
  • プレイヤーへエアドロ225万ドル超
  • カジノゲームでデイリー報酬を獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
購入方法
  • Solana
    Solana
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで学んで稼ぐ!
  • 99BTCステーキングで報酬を獲得!
  • プロの取引戦略を学び投資で優位に
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブの後継
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ計2500万ドル
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ステーキング
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • EV技術で二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨監査企業Coinsultのお墨付き
  • 最大APY145%のステーキング報酬
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード

いずれのコインも現在、仮想通貨プレセールを開催中です。また当サイトCryptoNews Japanが選定した仮想通貨の次に流行るものも注目してみてください。

まとめ:おすすめの取引所で仮想通貨投資を始めてみよう


本記事では、仮想通貨取引所のおすすめと選び方について紹介しました。今回ランキングで紹介した仮想通貨取引所は、利用者が多い・金融庁に登録されている・評判がよいものばかりであり、安心して利用できます。

仮想通貨取引所にもリスクがあるため、複数の取引所に登録することで、リスクを分散させ、将来性のある仮想通貨に出会うチャンスが増やしましょう。今回紹介した取引所は、すべて無料で口座開設できます。

取引所の口座開設が、仮想通貨投資やDefi運用の第一歩です。2024年は仮想通貨投資の絶好の機会と言われているため、ぜひ本記事を参考にして取引所を開設してみましょう。本記事をブックマークしたうえで、仮想通貨取引所の選び方や仮想通貨の儲け方、仮想通貨投資の注意点についてぜひ学んでください。