Rank #11
エイダコイン/カルダノ(ADA)

Cardano

ADA
$0.4645046300
0.50% /24h

Cardano currently traded at $0.4645046300 price, we update this information in real time. Over the past 24 hours it changed from $0.46 to $0.4645046300. Currently Cardano is ranked as #11 in our chart. The total supply of Cardano is 36,911,562,081.00

graph not available

Category

$Best of the best

Market cap

$17,139,157,953.00

Volume (24h)

$401,795,567.25

Volume/Market cap (24h)

2.34%

Circulating supply

36,911,562,081.00 ADA

Total supply

36,911,562,081.00 ADA

Max supply

45,000,000,000.00 ADA

Fully diluted market cap

$17,139,157,953.00
ADA to USD converter

市場価値8位のエイダコイン(ADA)は、カルダノというDApps(分散型アプリ)開発プラットフォームで使われる暗号資産(仮想通貨)です。2021年に30倍の価格上昇を記録したことでも知られており、横ばいを続ける現在も投資家の期待を一身に受けています。

カルダノ(エイダコイン)とは

カルダノ(ADA)とは、2015年に設立されたDApps開発用のプラットフォームのことです。エイダコインの名前でも知られており、ADAはカルダノプラットフォームの動力源となる仮想通貨です。

エイダコインの市場価値は180億ドル以上で、世界で最も取引されている暗号資産のひとつでもあります。2021年8月に最高値の2.85ドルを記録した後、「仮想通貨の冬」に90%の価格下落を経験しました。

23年末より回復傾向にあり、現在は0.5ドル台で取引されています。オープンソースの分散型ブロックチェーンとして、現在も頻繁に機能のアップグレードが発表されています。

カルダノはADAのブロックチェーン技術を応用しており、以下の2つのレイヤーで構成される複雑なプラットフォーム機構を有しています。

  • セトルメントレイヤー・・・2017年9月に追加された台帳で、数値の処理と移送を行うレイヤー
  • コンピュテーションレイヤー・・・デジタルで法的合意を行うスマートコントラクトを実行するレイヤー

これにより、従来のDAppsプラットフォームよりも柔軟性が高いのが特徴です。メンテナンスも用意なため、不具合が発生しにくいというメリットもあります。レイヤー間はサイドチェーンを通じて通信し合い、アルゴリズムにはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しています。

PoSはイーサリアムも採用する情報処理プロトコルで、保有する通貨量に応じて優先権が割り当てられる仕組みです。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)などと比べて消費電力が少ないため、エイダコインは電力効率の良い仮想通貨でもあります。

カルダノは、セキュリティが堅牢なことでも知られています。その堅牢性はビットコインに匹敵するとも言われており、危険にさらされる可能性が極めて低いのが特徴です。安全性の高さにより、DApps開発者だけでなく投資家からも高い信頼を勝ち取っています。

カルダノ(エイダコイン)の仕組み

カルダノは、二層のアーキテクチャにより高い拡張性、持続可能性、セキュリティを実現しています。前述のように、セトルメントレイヤーはADAの取引と数値の転送を担当しています。高い安全性とエネルギー効率は、このような複雑な情報処理が可能としたものです。

柔軟性の高さと環境に配慮したシステム作りは、エイダコインのみならず仮想通貨業界全体にとってプラスだとする人もいます。ADAをステークするだけでネットワーク運用に参加できるため、民主主義的な方針決定を可能としているのも特徴です。

カルダノの開発者

カルダノは、仮想通貨界で有名なチャールズ・ホスキンソン氏によって設立されたプラットフォームです。ホスキンソン氏はイーサリアムの共同設立者でもあり、安全性と持続可能性を重視する先進的な考え方でも知られています。

カルダノの開発は、IOHK(インプット・アウトプット・ホンコン)と呼ばれるブロックチェーンの研究開発企業が監督しています。IOHKはホスキンソン氏が共同設立した企業で、ブロックチェーンに関するソリューション提供が主な事業内容です。

当初は研究主導のアプローチを取っていたカルダノですが、2017年9月のICOにより仮想通貨のADAを発表するに至りました。エイダコインは研究の資金源となるだけでなく、プロジェクトの地位および知名度を継続的に向上させる役割も果たしています。

カルダノはこれまでに5つの開発フェーズを経ており、それぞれのフェーズには一風変わった名前が付けられています。開発者の趣向を反映してか、各フェーズ名には世界的に有名な詩人・文学者の名前が用いられており、日本の松尾芭蕉(Basho)も含まれています。

  1. バイロン(Byron)・・・19世紀イギリスのロマン派詩人
  2. シェリー(Shelley)・・・同じくイギリスのロマン派詩人
  3. ゴーグエン(Goguen)・・・米科学者で元カリフォルニア大学教授。2006年没
  4. バショー(Basho)・・・松尾芭蕉
  5. ヴォルテール(Voltaire)・・・啓蒙主義を説いたフランスの哲学者

フェーズ名とアップデート内容に関係性があるかは不明ですが、バイロンフェーズは基盤構築、シェリーフェーズは分散化に焦点を当てるなど、各フェーズで異なる分野の改善が行われています。

このように、カルダノは継続的なロードマップを有する未来志向のプロジェクトです。新しいフェーズへの移行は話題性の向上にも寄与しており、マーケティング的側面もあると考える人もいるようです。

カルダノ(ADA)の価格・価値

カルダノの価格は、これまでに2度の急上昇を記録しています。最初のピークは2018年1月の1.01ドルで、この時は10倍以上の価格成長を記録しました。同年の10月には0.085米ドルまで下落し、わずか9ヶ月で90%の価値を失うこととなりました。

2度目のピークは2021年の8月で、この時のADA価格は2.85ドルまで上昇しています。その後、「仮想通貨の冬」と呼ばれる弱気市場が到来したことで、エイダコイン価値は再び大幅な下降を記録しました。

現在は0.5ドル台で取引されており、2023年末より回復傾向にあります。カルダノの価格はイーサリアム(ETH)などの競合プラットフォームの動向に左右される傾向にあり、投資の際は関連コインのチェックが必須と言われています。

エイダコインの発行数上限は450億個で、現在の流通量は310億個となっています。市場価値は約180億ドルで、これは仮想通貨市場全体で第8〜9位に当たる大きさです。

1日の取引高は3億6000万ドル程度で、高い流動性を誇ります。

カルダノ(エイダコイン)の買い方

カルダノ(エイダコイン)の買い方はシンプルで、MEXCなどの仮想通貨取引所で購入できます。以下にADAの購入方法をまとめました。

  1. 仮想通貨取引所にアクセス・・・OKXなど、カルダノが上場している取引所にアクセスします。
  2. 口座を作成・・・選択した取引所で口座を作成します。その後、指示に従って本人確認を完了させます。
  3. 入金・・・取引所の口座に資金を入金します。法定通貨(米ドル、ユーロなど)または暗号資産で入金可能です。
  4. エイダコインを検索・・・取引所の検索バーに「ADA」と入力し、エイダコインの取引ペアを見つけます。
  5. 数値の入力・・・購入したいADAの量を入力します。
  6. 購入を確定・・・購入を確定すると、取引所のウォレットにエイダトークンが送信されます。

エイダコインの買い方は以上です。外部ウォレットを持っているという場合は、取引所にウォレットを接続する必要がありますので注意しましょう。

また、ADAは将来的に日本国内のATMで利用可能になる予定です。実現すればコンビニで簡単に暗号資産が買えるようになるため、エイダコインは日本人が特に注目のトークンとも言えます。

カルダノ(エイダコイン)の将来性

カルダノの将来性は、プロジェクトの発展具合によると言えます。そのため、発表済みの計画を念頭に置くことで効果的なトークン運用が可能になります。主な注目点をまとめました。

  • 分散型統治・・・現在「ヴォルテール」フェーズにあるカルダノだが、今後は分散型ガバナンスに取り組むとしている。より開かれた投票システムなどを導入する予定で、エイダコイン保有者による完全な分散自治が実現する見込み。
  • Hydra(ハイドラ)・・・Hydraは、取引処理能力を大きく上昇させるネットワークソリューション。オフチェーン取引用に複数のヘッドやチャンネルを確立し、メインのブロックチェーン上で安全かつ効率的な決済を可能とする。オープンソースのHydraを導入することにより、カルダノはデータの整合性、スケーラビリティ、セキュリティのすべてで業界最高水準を達成する見込み。
  • Mythrill(マイスリル)・・・Mythrillは、ウォレット同期の効率化によりUX(ユーザーエクスペリエンス)を改善する仕組み。ステークホルダーの署名を効果的に組み合わせ、スケーラビリティと動作速度を向上させる。これにより、セキュリティを損なうことなく効率的なコンセンサスが実現する見込み。ウォレットの安全性向上につながり、本格的なDeFi(分散型金融)参入が可能となるとしている。

カルダノはHydraやMythrillなど、大型アップデートが多数計画されています。使い勝手の改善はもちろん、次世代のDeFiを定義する存在になり得ることから、2024年も業界内外から注目される存在であり続けると予想されます。

カルダノ(エイダコイン)の安全性・投資リスク

他の仮想通貨と同様、エイダコインへの投資はリスクを伴います。過去に2度大幅な価格変動を経験しているADAは、安定期でも先の読みづらいトークンだと言えるでしょう。

また、アップデートが多いことは、価格に影響を与える要素が多数存在することを意味します。カルダノ投資の安全性は、プロジェクトの動向をどれだけ把握しているかによると言えるでしょう。

また、仮想通貨の規制状況は常に変化しているという点にも注意が必要です。居住地の法律はもちろん、国際的な取り決め変更にも注意を払う必要があります。エイダコインは反マネーロンダリング(AML)と本人確認(KYC)規制の両方に批准しており、この点は安心材料と言って良いでしょう。

カルダノは、常に開発中のプロジェクトです。そのため、技術的な問題やバグが発生する可能性があります。これによりカルダノの安全性が影響を受ける可能性もあり、プラットフォームの利用には常に一定のリスクが存在すると言っていいでしょう。

こうしたことに対処するには、公式サイトなどでADAの最新情報をチェックする必要があります。本サイトの解説記事も役に立ちますので、カルダノの詳細は別記事も参照してみてください。

カルダノと他の仮想通貨の比較

カルダノが投資に値するかどうかを判断する際、他のいくつかの仮想通貨と比較することが役立つかもしれません。ただし、カルダノを競合他社から区別する主要な要素を考慮することが重要です。以下ではADAを他の3つの仮想通貨と比較します。

イーサリアム(ETH)

 

カルダノ(ADA

イーサリアム(ETH

時価総額

190億ドル

3040億ドル

24時間取引量

36000万ドル

1000億ドル

カルダノより前に設立されたイーサリアムは、時価総額と24時間取引量の両方でカルダノを上回る仮想通貨です。そのため、競合銘柄というよりもアルトコインとしての側面が強いかもしれません。

カルダノとイーサリアムは両方ともスマートコントラクトの機能で知られていますが、カルダノはETHに先駆けてプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズムに移行しています。イーサがPoSに移行したのは2022年のことで、エイダコインは先進性に優れると言えるかもしれません。

いずれにせよ、カルダノとイーサリアムはプロジェクトの規模に歴然とした差があります。価格にも連動性はあまりなく、別物のコインとして捉えた方が良いでしょう。

バイナンスコイン(BNB)

 

カルダノ(ADA

バイナンスコイン(BNB)

時価総額

190億ドル

481億ドル

24時間取引量

36000万ドル

74億ドル

バイナンスコインとカルダノ(ADA)は、どちらもユーティリティトークンという共通点があります。前者が仮想通貨の上場予定一覧を確認できるのに対し、カルダノは開発者向けの仮想通貨です。そのため、BNBは一般的な人におすすめのコインだと言えるでしょう。

ただし、ADAはネットワーク運営に直接関わられるというメリットがあります。プロジェクトの意思決定に影響力を持ちたいという場合は、エイダコイン の保有がおすすめです。将来性の面では、BNBもADAも高いポテンシャルを持っていると言えます。

ポルカドット(DOT)

 

カルダノ(ADA

ポルカドット (DOT)

時価総額

190億ドル

98億ドル

24時間取引量

36000万ドル

1億6000万ドル

ポルカドットとカルダノはどちらも、マルチチェーンアーキテクチャを通じた拡張性と相互運用性に焦点を当てています。ポルカドットはエイダコインよりも時価総額が低く、取引量でもADAの半分程度となっています。仮想通貨の将来性ランキングでも比較されることの多い銘柄で、カルダノと合わせて検討してみても良いでしょう。

よくある質問

カルダノの価格は?

 現在のカルダノ(ADA)の価格は0.52ドル(76.40円)です。この値は市場動向と為替レートに左右されるため、最新価格はBitFlyerなどの取引所で確認してみてください。

カルダノは安全?

カルダノは、セキュリティに重点を置いて設計されています。開発過程は学術研究としても発表されており、多層のアーキテクチャで安全性を向上させています。投資の観点からは、変動の大きい仮想通貨は常に一定のリスクが存在すると言えます。そのため、ADAを購入する際は慎重に判断するようにしましょう。

カルダノはどこで購入できる?

カルダノ(ADA)は、OKXやBitFlyerなどの暗号資産取引所で購入できます。エイダコインの買い方は簡単で、口座作成と本人確認を完了させるだけで入手できます。

カルダノ対応のウォレットは?

カルダノは、ADAに対応したウォレットで保有できます。ブランドに差はほとんどありませんが、人気のウォレットは安全性で優れていることが多いです。

カルダノは環境に優しい?

カルダノのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズムは、従来型のプルーフ・オブ・ワーク(PoQ)と比較してエネルギー効率で優れています。そのため、カーボンフットプリントを削減して環境に与える影響を最小限に止めることが可能です。

カルダノの最新情報は?

カルダノの最新情報は、公式サイトや公式のSNSアカウントで確認できます。カルダノコミュニティでは常に活発な議論が行われており、プロジェクトのガバナンスにおいても重要な役割を果たしています。