BTC 1.18%
$67,916.11
ETH 0.36%
$3,519.00
SOL 4.69%
$181.39
BNB 0.98%
$600.97
XRP -0.54%
$0.59
DOGE 7.73%
$0.14
SHIB 0.98%
$0.000018
PEPE 2.25%
$0.000012
Pepe Unchained(PEPU)
先行セール好調

仮想通貨のICOとは?2024年最新ICOコイン|新規仮想通貨を公開

| 20 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
ICOのアルファベット文字

暗号資産(仮想通貨)市場でよく耳にする言葉が、「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」です。ICOとは、仮想通貨プロジェクトによる新たな資産調達方法のこと。ICO仮想通貨は少額投資が可能かつ大きな伸びしろを秘めているため、多くの投資家が注目しています。

本記事では仮想通貨ICOについて、仕組み、投資するメリット・デメリット、具体的な買い方、ICO仮想通貨のおすすめ銘柄を紹介します。ICO仮想通貨に関する知識を増やし、適切な投資判断ができるようにしましょう。ICOのメリット・デメリットを知り、今後の投資判断に役立ててください。

  • イーサリアムL2の最新PEPE系ミーム
  • ステーキングで高利回りの受動的収入
  • 独自エコシステムで元祖ぺぺコイン超え
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミーム通貨
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • MGMESトークン購入で、ミーム界のパリ五輪イベントに参加
  • GameFiイベントに勝利すると、ボーナス報酬あり!
  • ボーナス報酬はスマートコントラクト請求・ステーキング可能
プロジェクトローンチ
2024年7月
メタ
GameFi、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中から高額ステーキング報酬
  • 2日おきに販売価格上昇!今が最安値
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
AI、ステーキング
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • P2Eゲーム×たまごっち風ドージ犬
  • 好評セール!今夏の注目ミーム通貨
  • セール終了後にバイナンス上場の噂
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
Play to Earn
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 西部劇にインスパイアされた犬系ミーム
  • ステーキングで最大2000%超のAPY提供
  • 友達紹介プログラムでボーナス報酬獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 人気L2「Base」発!マルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬+シェアして稼げる新機能を提供
  • コンテンツ共有でポイント獲得!DAWGZと交換可能
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn
購入方法
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Solana
    Solana
  • DICEトークンの紹介で紹介料25%!
  • プレイヤーへエアドロ225万ドル超
  • カジノゲームでデイリー報酬を獲得
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
購入方法
  • Solana
    Solana
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • Learn-to-Earnで学んで稼ぐ!
  • 99BTCステーキングで報酬を獲得!
  • プロの取引戦略を学び投資で優位に
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブの後継
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ計2500万ドル
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ステーキング
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH

【2024年最新】ICO仮想通貨のおすすめランキング


以下では、投資家が利用できるICO仮想通貨ランキングを紹介します。仮想通貨(暗号資産)ニュースを日々取り扱う当サイトCryptoNews Japanが、最新情報に基づいて選出しました。

  1. Pepe Unchained(PEPU)-Pepeミームの親しみやすさや共感を活かし、幅広い層のユーザーにアピールできる可能性も秘めているICO仮想通貨。
  2. The Meme Games(MGMES)-2024年パリオリンピック・パラリンピックとミームコインを合体させてICO仮想通貨プロジェクト。明確なロードマップを掲げ、着実に成長を目指しており、将来性にも期待大。
  3. WienerAI(WAI)- AIと柴犬コインに代表されるICO仮想通貨を組み合わせたコイン。ERC-20トークンであり、Ethereumブロックチェーン上で構築されています。
  4. PlayDoge(PLAY)-懐かしのデジタルペット「たまごっち」に、Web3技術とミーム文化の面白さを融合させた新感覚のICO仮想通貨。DEXへの上場も控えており、今が仕込み時の注目銘柄。
  5. Shiba Shootout(SHIBASHOOT)-トークンガバナンス機能や「セービングサドルバッグ」機能など、多彩なユーティリティを提供しているICO期待の仮想通貨。NSとコミュニティエンゲージメントを最大限に活用している。
  6. Base Dawgz(DAWGZ)-ミームコイン界で人気の犬テーマと、Baseチェーンの潜在力を融合させたICO仮想通貨。複数のチェーンを利用するトレーダーやユーザーから人気を集める可能性が高い。
  7. Mega Dice Token(DICE)– ソラナブロックチェーンを利用したICO仮想通貨カジノ。トークンは、プラットフォーム内で使用され、様々なゲームや報酬にアクセス可能です。
  8. 99Bitcoins(99BTC)– 強固な仮想通貨コミュニティ99Bitcoinsを基盤にローンチした「学びながら稼ぐ(Learn to Earn)」最新ICOコイン。
  9. Sponge V2(SPONGEV2) – ICO仮想通貨Sponge V1(SPONGE)の第2弾。新たなステーキングシステムStake-to-Bridgeとプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のメタバース仮想通貨ゲームを開発中。1年間で100倍のリターンに期待大

日本の仮想通貨(暗号資産)メディアでは取り扱いが少ないアルトコインが多く見られます。日本は国内企業との結びつきが強く、メディアが同一の銘柄を紹介する傾向があるためです。上記ランキングで紹介したICOコインは、日本での知名度は低いですが、新しい仮想通貨として海外での注目度は高いものばかり。ぜひ新たな投資先として検討をおすすめします。

ICOとは


仮想通貨の有名コイン

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は、新たな暗号資産(仮想通貨)を公開し、資金調達を行うための方法で、大きな投資リターンを上げられる仮想通貨の買い方として定着しています。以下では、ICOの具体的な用語解説および歴史・事例の紹介をします。

ICOの用語解説

ICOは、企業や団体が独自の仮想通貨(暗号資産)トークンを発行し、資金調達するプロセスです。特定のプロジェクトが自らの開発目的や方針をインターネット上で公開し、プロジェクトの将来性や仮想通貨の爆上げを期待した投資家がトークンを購入することで行われます。

ICOで発行されるトークンには、価格下落や詐欺などのリスクが含まれることを十分に考慮した上で、投資判断することが重要です。

ICOの歴史・事例

参考としてICOの歴史と事例を振り返ります。これまでICOに関して以下のような出来事がありました。

  • 2013年:Mastercoinによって初めてのICOが実施
  • 2014年:イーサリアムが約1,800万ドルの資金調達
  • 2017年:ICO市場が拡大し、世界全体で約62億ドルを調達
  • 2018年:2018年以降、詐欺などが横行し市場が縮小
  • 現在:新たな資金調達方法としてSTO、IEO、IDOなどが開発中

現在は、詐欺や不透明なプロジェクトの対策として、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)、IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)、IDO(イニシャル・デックス・オファリング)など、安全な方法が開発されています。

ICOの参加方法・買い方


ここでは、一般的なICO仮想通貨の参加方法・買い方について解説します。ステップごとに詳細な解説を載せているため、ぜひ参考にし、実際に本記事で紹介したICO仮想通貨を購入してみてください。

STEP1:安全なICO仮想通貨を選ぶ

はじめに、投資したいICO仮想通貨を選びます。選定の際は以下の3点に注目しましょう。

  • 将来性があるか
  • 安全性があるか
  • 信頼性があるか

上記のポイントを探るためにも、プロジェクトの概要、チームの経歴、事業計画の信憑性など、プロジェクトの詳細を慎重に分析しましょう。今回紹介したおすすめのICO仮想通貨一覧やICOカレンダー、専門サイトを参照し、評価やレビューを確認してください。

STEP2:信頼できる取引所で仮想通貨を購入する

ICO仮想通貨へ投資するには、適切な仮想通貨を用意しておきます。ICO仮想通貨の多くは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などが利用されます。また、信頼性が高く、安全な取引所を利用しましょう。

STEP3:ウォレットを開設する

トークンを受け取るために、個人のウォレットも用意します。仮想通貨を保管するための財布となります。一般的には、MetaMaskやWallet Connectがおすすめです。使いやすさとセキュリティの高さを兼ね備えており、ユーザー数も多いです。なお、ウォレットの開設時に付与される秘密鍵を安全に保管しておきましょう。

STEP4:プレセールに参加する

ウォレットが準備できたら、仮想通貨のプレセールに参加します。事前にICOの公式サイトを訪れ、参加方法、必要な通貨の種類、送金アドレスなどの情報を確認してください。購入する通貨の量を決め、指定アドレスに仮想通貨を送金します。この際、送金先のアドレスを間違えないように細心の注意を払ってください。

STEP5:トークンを受け取る

公式セールが完了すると、あなたのウォレットにトークンが配布されます。その後、プロジェクトで利用したり、トークンの価値が高騰した後に売却したりすることができます。2024年現在、仮想通貨公式セールを行うプロジェクトも増えているため要注目です。

ICOの仕組み


ガッツポーズとラップトップPC

ICOの仕組みを解説します。まず、企業や団体が自らの仮想通貨を発行します。投資家は、活動内容や将来性を分析し、価値を感じた場合、コインやトークンを購入・保有します。その後に企業や団体が成長すれば、コインやトークンの価値も上昇し、投資家の資産価値も増加するという仕組みです。

ICOによって企業側は資金を調達でき、投資側は資産価値によるリターンを享受でき、双方にメリットがある仕組みとなっています。投資家が仮想通貨ICOに参加するには、一般的に以下のプロセスを踏みます。

  • プロジェクトの公式サイトへアクセスし、ICOに参加する
  • 公式サイトに表示されるトークン価格と交換に必要な通貨を確認する
  • プロジェクトチームからウォレットアドレスを提供される
  • 投資家側はトークン取得のために、必要な通貨を送金をする
  • 購入後のICOトークン受取のために、自分のウォレットアドレスを提供する

仮想通貨のウォレットと交換に必要な仮想通貨さえあれば、仮想通貨ICOは参加は可能です。

ICO・IPO・STO・IEOの違い


ICOに近しい用語として、IPO、STO、IEOがあります。ここでは、各用語を解説し、ICOとの違いを解説していきます。

IPOとは

IPO(イニシャル・パブリック・オファリング)は、企業が初めて株式を公開市場に売り出すことです。投資家から資金調達し、証券取引所に上場することができます。過去にはエイダコイン(ADA)などのさまざまな有名仮想通貨がICOを行いました。

ICOとIPOは、資金調達の方法において類似していますが、根本的な違いがあります。ICOは仮想通貨(暗号資産)トークンを発行して資金を集める方法で、国境を越えて迅速に資金調達できます。一方、IPOは証券取引所で株式を発行し、一般投資家に売り出す形式で、より厳格な規制と審査が伴います。

IPOでは株主に対する権利(株主優待、議決権など)が付与されますが、ICOでは通常これらの権利はありません。

STOとは

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)は、証券として扱われるセキュリティトークンを発行し、資金調達する仕組みです。政府の規制と法的枠組みの中で行われ、投資家にとっては一定の保護が提供されます。STOは、従来の金融市場の信頼性とブロックチェーン技術の透明性を組み合わせた仕組みと言えるでしょう。

STOはICOに比べて規制が厳しく、証券法の枠組みの中で運営されます。セキュリティトークンに基づいており、トークンは資産や収益の権利を表すことが一般的です。一方、ICOは規制が緩いものの、投資家保護が薄いという側面があります。

IEOとは

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)は、仮想通貨取引所を通じてトークンを販売する方法です。取引所は、発行するトークンやそのプロジェクトの審査を行い、一定の信頼性を担保します。

ICOとIEOの違いは、仮想通貨取引所が介在するか否かです。ICOはプロジェクト自体がトークンを直接発行し販売するため、投資家には高いリスクが伴います。一方で、IEOでは、取引所がトークンの信頼性を検証し、投資家への販売をサポートするため、リスクを軽減できます。IEOとしては日本アイドルトークンが有名です。

企業が仮想通貨ICOを行うメリット・デメリット


ビットコインと積み上げられた硬貨

企業側が仮想通貨ICOを行うメリット・デメリットを解説していきます。投資家の方でも、企業側のメリット・デメリットを理解しておくことは、非常に重要です。ぜひ目を通してみてください。

企業側のメリット

企業側の仮想通貨ICOのメリットは、主に3つあります。

  • 資金調達の自由度と柔軟性が高い
  • グローバルな資金調達ができる
  • 手続きを簡素化できる

ICOは、銀行からの借入や従来の資金調達方法と比較して、自由度が高い傾向があります。返済義務がないため、調達した資金をビジネスの成長や開発に自由に使える点が大きなメリットです。

また、インターネットを通じて、国境を越えた資金調達が可能な点も大きなメリットです。特に新興企業や小規模なベンチャーにとって、広範な資金源を開拓するチャンスとなります。

従来の資金調達方法と比較して、ICOは手続きが簡単です。IPOなどに見られる複雑な審査や手続きが必要なく、迅速な資金調達が可能になります。

企業側のデメリット

企業側における仮想通貨ICOのデメリットは、以下の2つです。

  • 法律や規制に不確実性がある
  • 市場競争が激しい

現在、各国の法律や規制が未成熟なため、ICOに関する法的なリスクや不確実性が高くなっています。国によってはICOを禁止している場合もあり、国際的な事業展開を考える際には法的な注意が必要です。

また、資金調達のハードルが下がったことで、多くの企業がICO市場に参入しています。投資家の注目を引くための競争が激しくなっており、差別化と魅力的なトークンの提供が成功の鍵となるでしょう。

投資家がICO仮想通貨に投資するメリット・デメリット


串刺しになったビットコインとトレー

投資家がICO仮想通貨に投資するメリット・デメリットを解説していきます。投資家の方は、メリットだけでなくデメリット(リスク)を必ず頭に入れるようにしましょう。

投資家側のメリット

投資家側におけるICO仮想通貨のメリットは、以下の通りです。

  • 少額投資ができる
  • 高いリターンが見込める
  • 取引や手続きが簡単である

ICOは、株式投資などと比較して、少額からの投資が可能です。ハイリスク・ハイリターンの性質も持っており、価格が高騰することで大きな利益を得る可能性もあります。この柔軟性と投機性は、草コイン投資の初心者にとって魅力の一つになるでしょう。しかし、トークンの価値は市場の変動に大きく左右されるため、リスク管理が重要となります。

投資家側のデメリット

投資家側におけるICO仮想通貨のデメリットは、以下の通りです。

  • 資金を失うリスクがある
  • 詐欺被害に遭うリスクがある
  • 法的・規制的なリスクがある

ICOは、トークン価格の不安定性やプロジェクトの失敗により、資金を失うリスクがあります。また、ICO市場には、明確な規制がなく、詐欺などに巻き込まれるリスクも孕んでいます。各国でも法的な枠組みが確立していないため、投資家は法的保護が受けにくい状況です。

ICO仮想通貨に投資する場合は、適切なリサーチと検証をした上で、市場の変動性とプロジェクトの信頼性を理解することが重要となります。

おすすめのICO仮想通貨プロジェクトをレビュー


優れたICOは将来的に大きなリターンを生み出す可能性が高いですが、リスクもあります。そのリスクを軽減するためにも、おすすめ仮想通貨について詳細な情報を集め、適切な投資判断を下しましょう。ここからは、今回紹介するおすすめのICO仮想通貨ランキングを個別にレビューしていきます。

ICO仮想通貨ランキング1位:Pepe Unchained

Pepe Unchained(PEPU)は大人気ミーム「Pepe the Frog」から生まれた、最新のICO仮想通貨です。

最大の特徴は、イーサリアムの100倍もの速さで取引できること。レイヤー2ブロックチェーン技術のおかげで、スムーズな取引を実現しています。

速さだけじゃないのがPepe Unchained。ステーキングも取引も一瞬で完了し、ストレスフリーな体験を提供します。Pepeミームの親しみやすさや共感を活かし、幅広い層のユーザーにアピールできる可能性も秘めています。

もう一つの魅力は、その低コスト性にあります。イーサリアムとは別のネットワークを使うため、ガス代を大幅に節約できるのが大きな特徴です。

Pepe Unchainedは現在先行セール中で、将来性のあるプロジェクトに初期投資するチャンスとなっています。現在価格はわずか0.008ドルですが、段階的に価格が上昇していくため、今が最もお得に購入できるタイミング。

Pepe Unchainedの価格予想をみることで、その将来性が理解できるはずです。ぜひ、注目しておきましょう。、2025年末には現在の価格から大幅に上昇した0.0256ドルから0.04ドルの範囲に達する可能性があるとのこと。少しでも早くに早期セールに参加することで、より多くのリターンを得ることができます。

購入方法がわからない方は、Pepe Unchainedの購入方法をみながら、進めてみてください。期間限定のプレセールであるため、少しでも早めに参入しておきましょう。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
PEPUを見てみる

ICO仮想通貨ランキング2位:The Meme Games

The Meme Games (MGMES)は、2024年パリオリンピック・パラリンピックの熱狂をミームコインの世界で体感できるICO直近の仮想通貨プロジェクトです。人気ミームキャラクターを応援し、競技に参加することで、トークンボーナスを獲得できるという、今までにないゲームを体験できます。

MGMESは、明確なロードマップを掲げ、着実に成長を目指しています。

  • フェーズ1:WebサイトとSNSのローンチ
  • フェーズ2:初期セールとコミュニティビルディング
  • フェーズ3:プロジェクトの”閉会式”、そしてDEX、CoinMarketCap、CoinGeckoへの上場

2024年のパリオリンピック・パラリンピックは、MGMESにとって大きなチャンスとなっており、オリンピックの注目度とミームコインの人気上昇が重なるため、MGMESの価格が大きく跳ね上がる可能性が高いです。

The Meme Gamesの価格予想からも分かる通り、MGMESの将来価格は、様々な要因に左右されますが、2024年のオリンピック・パラリンピックの盛り上がりや、プレセール終了後の取引所上場など、価格上昇のチャンスは豊富にあります。現在のプレセール価格0.009ドルから、数十倍の価格になる可能性も秘めていると言えるでしょう。

The Meme Gamesの購入方法を見ながら、ミームとスポーツ、そしてICO仮想通貨投資が融合した、最新コインに投資を始めてみましょう。このチャンスを逃さず、ぜひものにしてみてください。

プレセール開始日 2024年7月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
MGMESを見てみる

ICO仮想通貨ランキング3位:WienerAI

WienerAI(WAI)は、2024年4月中旬にイーサリアムブロックチェーン上で誕生した、AIと犬とソーセージを融合させたICO仮想通貨。先行セール開始からわずか数分で125,000ドル以上の資金調達に成功し、今後さらなる値上がりが見込まれています。

さらに、ステーキングAPY(年間利回り)は驚異の1,241%と、投資家にとって非常に魅力的な報酬が用意されているため、大きな注目を集めています。

またAI技術を活用した最新型の仮想通貨プロジェクトであり、今後様々な革新的な機能が実装される予定とのこと。今後は大手の仮想通貨取引所への上場する可能性も高いため、流動性が大幅に向上し、価格上昇も期待でき流でしょう。

WienerAIは、まだ始まったばかりのプロジェクト。 今後の成長に期待が持てる仮想通貨を探している方は、ぜひWienerAIをチェックしてみてください。

WienerAI(WAI)価格予測によると、2024年には0.007ドル2025年には0.07ドルと予想されています。WienerAIの買い方を参考にしながら、下記セールに参加してみてください。

リリース日 2024年4月8日
購入方法 ETH、USDT、BNB、SOL、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
WAIを見てみる

ICO仮想通貨ランキング4位:PlayDoge

PlayDoge(PLAY)は、誰もが知る懐かしのデジタルペット「たまごっち」に、Web3技術とミーム文化の面白さを融合させた新感覚のICO仮想通貨であり、ブロックチェーンゲーム。

プレイヤーは、ピクセルアートで描かれた可愛いペットのお世話を通して、愛情と絆を育んでいきます。PlayDogeのユニークな点は、ペットと触れ合うほど、ミニゲームでPLAYトークンを獲得できるチャンスが増えること。これは、従来のミームコインとは一線を画す、Play-to-Earnの要素を取り入れたゲーム体験と言えるでしょう。

獲得したPLAYトークンは、他の仮想通貨に交換したり、PlayDogeの世界で様々なアイテムと交換したりすることが可能。つまり、愛情をかけてペットを育てるほど、仮想通貨報酬が手に入る仕組みになっています。PLAYトークンを手に入れる方法は、ペットのお世話だけではありません。ランキングシステムで上位に入れば、ボーナス報酬を獲得できるチャンスもあります。

先行販売開始からわずか数時間で20万ドル以上を調達したという事実が、PLAYトークンへの期待の高さを物語っています。現在、先行販売ではPLAYトークンが0.00451ドルというお得な価格で提供されていますが、段階的に価格が上昇していくため、早めの購入がおすすめ。

PlayDogeの将来性を見ても分かる通り、2024年中にプレセール価格の10倍以上となる0.05ドルまで上昇する可能性は十分に考えられるでしょう。

ぜひPlayDogeの買い方を参考にしながら、このお得な機会に投資しておきましょう。数量限定、期間限定のセールであるため、早めにチェックしておくのがベスト。サクッと以下の公式サイトから購入しておきましょう。

プレセール開始日 2024年5月28日
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 なし
PLAYを見てみる

ICO仮想通貨ランキング5位:Shiba Shootout

Shiba ShootOut(SHIBASHOOT)は、有名仮想通貨の柴犬コインに触発されたICO仮想通貨です。独特な世界観と投資家にとって魅力的な機能が、大きな注目を集めています。

Shiba Shootoutは既に48万ドル以上の資金調達に成功しており、その人気はますます高まっています。プレセール価格は段階的に上昇するため、早期投資家はより有利な価格で購入できるため、早めの参入がおすすめです。初期投資家になり、かつプロジェクトのローンチが成功すれば、大きな利益が期待できるでしょう。

Shiba Shootoutは、トークンガバナンス機能や「セービングサドルバッグ」機能など、多彩なユーティリティを提供しており、保有者はプロジェクトの意思決定に参加し、追加報酬を得ることも可能。長期的に価値が上がっていく設計にもなっているため、非常におすすめです。

Shiba Shootoutは、SNSとコミュニティエンゲージメントを最大限に活用した効果的なマーケティング戦略を展開しており、今後はますますShiba Shootoutの認知度が向上されていくでしょう。に大きく貢献するでしょう。Shiba Shootoutの価格予想によれば、プラットフォーム開発や大手取引所への上場計画も予定されているため、将来性にも期待が集まります。

ぜひShiba Shootoutの買い方をご覧になりつつ、今からの投資を検討してみてください。期間限定のセールであるため、サクッとお早めにチェックしておきましょう。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
SHIBASHOOTを見てみる

ICO仮想通貨ランキング6位:Base Dawgz

人気の犬ミームと、Baseチェーンの潜在力を融合させたBase Dawgz(DAWGZ)が、世界中の仮想通貨投資家の注目を集めています。Base Dawgzは、単なるミームコインではあなく、シェアするだけで報酬が得られる仕組みや、将来的なステーキング報酬など、最新機能を備えているのが特徴。

Baseチェーンはまだ新しいですが、同チェーンにおけるミームコイン市場の時価総額はすでに20億ドルを突破しており、今後は複数のチェーンとの相互運用も可能になります。

Base Dawgzを使えば、異なるブロックチェーン間を「Baseジャンプ」するよう資金を移動できるため、複数のチェーンを利用するトレーダーやユーザーにとってさらに魅力的な投資対象になるはずです。

現在、プレセール第1段階の価格で販売されており、非常に格安で購入できるチャンスです。ETH、SOL、BNB、AVAX、USDTで購入可能ですが、プレセール価格は段階的に5%ずつ上昇するため、ぜひBase Dawgzの買い方を参考にして早めにゲットしましょう。

DAWGZトークンの将来価格は、2024年末までに0.070ドルまで上昇する可能性もあると予測されています。ICO仮想通貨の中でも、将来性が高い銘柄であるため、ぜひ公式サイトから購入しておきましょう。

プレセール開始日 2024年6月
購入方法 USDT、ETHなど
ブロックチェーン Base
最低購入額 なし
DAWGZを見てみる

ICO仮想通貨ランキング7位:Mega Dice Token

近年、注目を集めているのが「テレグラムカジノ」と呼ばれる、Telegramを使った新しいオンラインカジノ。その中でも、Mega Dice Token(DICE)カジノは登場したばかりの新作カジノながら、世界中から熱い視線を浴びています。

Mega Diceカジノは、ビットコインやイーサリアムなどの人気仮想通貨をはじめ、様々な仮想通貨で入出金やプレイが可能となっており、仮想通貨保有者にとって、遊びやすい環境が整っているのが特徴。

スロット、テーブルゲーム、ライブカジノなど、定番のカジノゲームから、個性的なゲームまで、幅広いジャンルのゲームが揃っており、飽きることなく楽しめます。また カジノゲームだけでなく、スポーツベットにも対応。好きなチームや選手に賭けて、盛り上がることができるため、今後さらにユーザー数が加速度的に増えていくことが予想されています。

Mega Diceカジノには、独自トークン「DICE」があり、DICEトークンを保有することで、様々な特典を受けることが可能。カジノの利益の一部がDICE保有者に分配、また DICEをステーキングすることで、さらに多くの報酬を獲得することもできます。

Mega Diceカジノは、仮想通貨特化型で豊富なゲーム、高還元率、日本語サポートなど、魅力的な特徴を持つ最新型オンラインカジノ。Mega Dice Tokenの購入方法をみながら、ぜひ期間限定セールに参加してみましょう。

Mega Dice Token価格予測によれば、2024年〜2025年にかけて高リターンを狙えるとのこと。サクッと以下の公式サイトから購入しておくのがおすすめです。

リリース日 2024年4月
購入方法 SOL、ETH、BNB
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 なし
DICEを見てみる

ICO仮想通貨ランキング8位:99Bitcoins

学びながら稼ぐLearn-to-Ean/L2Eという斬新なコンセプトで投資家から大きな注目を集めているのが、99Bitcoins(99BTC)というICO仮想通貨です。99Bitcoinsは、仮想通貨やブロックチェーンに関する教育を提供し、ユーザーは学びながら報酬を得ることができます。

一大ブームを巻き起こしたPlay-to-Earn/P2E、Move-to-Earn/M2Eの次に来る新しいモデルとして、期待値が高まっています。99Bitcoinsは2024年4月10日にICOを開始してから、1週間ほどで49万ドルを超える資金調達を完了しました。

99Bitcoinsは、あらゆる仮想通貨投資家にとっての知識ハブと報酬エコシステムを構築することを目指しています。コミュニティ運営にも力を入れており、99Bitcoinsのトークンホルダーは、同じ価値観の人と楽しく学びながら、収益を得ることが可能なのです。

99Bitcoinsは、現在もICO中の仮想通貨として資金を集めています。初期の投資家にはビットコインエアドロップへの参加券など特典も用意されているので、興味がある方は早めの参加をおすすめします。

99Bitcoinsの購入方法はシンプルで、公式サイトからイーサリアムチェーンのウォレット(MetaMaskやTrust Walletなど)を接続し、金額を入力すれば完了です。ICO銘柄で爆益を狙いたい方は、ぜひプレセールに参加してみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
99BTCを見てみる

ICO仮想通貨ランキング9位:Sponge V2

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年に大きな注目を集めたミームコインSponge(SPONGE)の第2弾。Sponge V1では、ピーク時に時価総額1億ドルを達成しました。マーケティングやコミュニティ作りにも力を入れており、しばしば主要メディアで大きく取り上げられます。

そのSpongeが、新しいロードマップを発表。これには、V1からV2への移行を容易にする「Stake-to-Bridge」という新たなステーキングシステム、早期移行者への特別ボーナスなどが含まれています。また、新たなプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームの導入も予告されています。

Sponge V2は、V1を超えるICO仮想通貨として注目が集まっています。Sponge V2価格予想では、今後1年間で100倍の投資リターンになるという予測もあります。ステーキングのAPY(年間収益率)も最低40%を4年間も提供し、長期保有を奨励しています。

格安で購入できるチャンスは今しかありません。気になる方は、Sponge V2トークンの買い方を参考にして、下記の公式サイトから購入してみてください。

リリース日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 なし
SPONGEV2を見てみる

まとめ:ICO仮想通貨も投資先の候補に


本記事では、2024年に投資すべきおすすめのICO仮想通貨からICOの基礎、メリット・デメリット、詳しい買い方までを解説してきました。ICO仮想通貨は仮想通貨の億り人になれる可能性が期待できる一方で、リスクも伴います。投資を進める前に、リストに掲載されている様々なプロジェクトをじっくりと研究することが大切です。

今回紹介したICO仮想通貨一覧から、将来価値が1000倍になるコインや将来話題になるコインが出てくるかもしれません。エルフトークンのようなメタバースやNFT、NFTゲームに関心がある人は、ICO仮想通貨をチェックしておくと良いでしょう。仮想通貨の次にくるWeb3ゲームもオススメです。

2024年は仮想通貨(暗号資産)市場が大いに盛り上がる年と言われています。仮想通貨は税金が高いですが、それでも今のうちに購入するのがおすすめ。当メディアではDeFiの最新動向なども取り扱っているため、興味がある方はぜひご覧ください。