ビットコインの半減期とは?過去のBTC価格動向一覧

Ichi Kawanaka
| 10 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

ビットコインを貫く光

ビットコイン(BTC)の半減期とは、マイニングによるビットコインの新規発行量が半分になる重要なイベントです。2024年4月20日の午前9時に、ビットコインの第4回半減期が発生し、多くの関心を集めました。

半減期イベントがビットコイン価格にどのような影響を与えるのか、多くの投資家が注目しています。そこで今回は、2024年4月の最新の状況を踏まえ、ビットコイン半減期の概念について説明します。ビットコイン半減期のタイミングで注目されている仮想通貨も紹介するので、気になる方は最後までご覧ください。

ビットコインの半減期とは?


ビットコインはマイニングと呼ばれるプロセスを通じて新規に発行されます。この作業はマイナーと呼ばれる参加者が行い、約10分ごとに1回、新しいブロックを生成することに成功した場合、新たに発行されるビットコインを報酬として受け取ることが可能です。

ビットコインのシステムは21万ブロックごとに、マイナーに与えられるビットコインの量が半分になるよう設計されており、これを半減期と呼びます。この現象はビットコインの供給量を制限し、インフレを防ぐための重要なメカニズムです。

ただし、ネットワークの計算能力やマイニングの難易度調整などの要因により、ブロック生成の速度は変動するため、半減期が厳密に4年ごとに起こるわけではありません。しかし、この周期はビットコインの経済モデルにおいて重要な役割を果たし、マイナーの報酬が徐々に減少することで、ビットコインの価値を維持するのに寄与しています。

このように、ビットコインの半減期は、マイニング報酬が半分になることを指し、ビットコインの持続可能な成長と価値の安定に不可欠な要素です。この仕組みにより、ビットコインの新規発行量は時間とともに減少し、最終的には発行上限に達することが予定されています。

ビットコイン半減期、初回から8回目までのデータ


ビットコイン半減期による価格上昇チャート

ビットコインの半減期第1回目〜第8回目までの半減期についてのデータ一覧は以下の通りです。

  • 2012年11月28日(1回目):25BTC
  • 2016年7月9日(2回目):12.5BTC
  • 2020年5月11日(3回目):6.25BTC
  • 2024年4月20日(4回目):3.125BTC
  • 2028年頃(5回目):1.5625BTC
  • 2032年頃(6回目):0.78125BTC
  • 2036年頃(7回目):0.39065BTC
  • 2040年頃(8回目):0.1953125BTC

ビットコインの将来の半減期についての予測は、ブロック生成の速度によって変わるため、正確な日付を特定することは難しいです。その結果、半減期が起こる予定の年だけが記されています。

また、未来の半減期における価格の最高値と最安値は、まだ未知数であるため、ここでは明記していません。

過去の半減期を見ると、それぞれの半減期の後に価格の大きな変動があったことがわかります。第4回目の半減期はまだ最近の出来事であり、価格の大きな変動はまだ起きていないため、ビットコインの今後に注目が集まっています。

ビットコイン強気派で知られる米投資会社アーク・インベストメント・マネジメントのキャシー・ウッドCEOは、2030年までにビットコイン価格は「100万ドルになる」と述べています。

ビットコイン半減期過去4回分のデータを詳しく解説


ビットコインの過去の歴史

ビットコインの半減期はマイナーに支払われる報酬が半分になる重要なイベントです。特に、2012年、2016年、2020年、そして2024年の各半減期は、ビットコイン市場における重要な時点として注目されています。これらの情報をもとに、今後のビットコインの価格変動に対する予測や戦略を立てることができるでしょう。

1回目:2012年のビットコイン半減期

2012年11月28日にビットコインのマイニング報酬は初めて25BTCに減少しました。この変更が行われた後の1年間で、ビットコインの価格は12ドルから1120ドルへと大幅に上昇し、その増加率は約92倍に達しました。この価格の大幅な上昇は、ビットコインの認知度が時間とともに高まり、より多くの人々がビットコインを価値ある投資と見なし始めたことを示しています。当初の安値は、ビットコインがまだ新しい概念であったことを反映していますが、その後の価格の急激な上昇は、デジタル通貨に対する関心の高まりを物語っています。

2回目:2016年のビットコイン半減期

2016年7月9日には、ビットコインのマイニングによる報酬が半分の25BTCに削減されました。この報酬の減少から1年後の2017年7月9日までの間に、ビットコインの価格は624ドルから2856ドルへと大幅に上昇し、約3.5倍を達成。

この時期におけるビットコインの価格上昇は、半減期が市場価格に与える影響についての認識が広まったことが一因とされています。

3回目:2020年のビットコイン半減期

2020年5月11日にビットコインのマイニング報酬は半減し、25BTCになりました。この変更から1年間でビットコインの価格は9446ドルから58763ドルへと大きく上昇し、約5倍の増加を記録しました。

この価格上昇は、ビットコイン市場が新規供給の減少に敏感であること、そしてビットコインが投資としての地位を確立し続けていることを示唆しています。特に、3回目の半減期後の価格の大幅な上昇は、市場がどのように供給の変化に反応するかを明確に示しています。

4回目:2024年のビットコイン半減期

2024年に入り、現物ビットコインETF(上場投資信託)が米国証券取引委員会(SEC)によって承認されたことが、機関投資家からの資金流入を促進しました。この動きは4月20日に予定されていたビットコインの4回目の半減期に先立ち、価格が1,000万円の大台に達する原動力となりました。

過去の半減期の例を見ると、価格上昇が一般的な傾向であるため、2024年の半減期後も同様の動きが期待されています。このため、ビットコインや他のドージコインなどの暗号資産への投資を検討している方々は、取引所での口座開設、市場分析ツールの利用、アプリのダウンロード、情報収集などの準備を事前に行うことが推奨されます。

ビットコイン半減期の終わりの日はいつ?


ビットコインの半減期に関する予測では、2140年頃にはすべての半減期が完了し、ビットコインの発行枚数が設定された上限に達するとされています。これはビットコインが合計33回の半減期を経て、新たなビットコインの発行が終了することを意味します。

すべてのビットコインの発行が終了した=ビットコインが市場に完全に流通している状態です。マイニング作業は続けられますが、2140年以降は新規のマイニング報酬は発生せず、マイナーはトランザクション手数料を収益源とすることになります。

ビットコインが発行上限に達した後の価格動向については、様々な見解があります。ビットコインの希少性が高まることで価格が上昇するという予測や価格が安定し、より使いやすい通貨となるという意見などがあります。

どちらの予測が現実となるかは未来の市場の動き次第ですが、ビットコインの経済モデルは、その希少性と価値の維持に大きく依存していることは間違いありません。ビットコインの税金は高いですが、将来性が明るいことには変わりはありません。

ビットコイン半減期に向けてやっておくべきこと


ビットコイン半減期までにやっておくこと

ビットコイン(bitcoin)半減期は4年に1度のビッグイベントです。ここではビットコイン半減期に向けて、やっておくべきこと3つをご紹介します。

  • 半減期前後の値動きをチェックする
  • 暗号資産取引所の口座を開設する
  • ビットコイン以外のコインに注目しておく

1.値動きをチェックしておく

ビットコインの半減期に際しては、価格の変動に注意を払うことが重要です。歴史的なデータによると、半減期の前後には価格が大きく動く傾向があります。そのため、半減期が近づくにつれて、価格の動きを頻繁に確認することをおすすめします。

特に、半減期直前にはICO仮想通貨のように価格が急騰した後に急落することがあります。このような状況に備えるために、価格が特定の範囲に達した際に通知を受け取るよう設定することが有効です。これにより、予期せぬ価格変動から資産を守ることができるでしょう。ビットコインの市場は非常に変動が激しいため、半減期の期間中は特に慎重な対応が求められます。

2.暗号資産取引所の口座を開設する

ビットコインの半減期が近づくにつれて、取引をスムーズに行うためにはいくつかの準備が必要となります。特に重要なのは仮想通貨取引所での口座開設です。半減期の前後にビットコインを買う予定がある場合、取引所での口座を早めに設けておきましょう。

なぜなら、取引所によっては身分証明書の確認に時間がかかることがあり、そのプロセスを待っている間に取引の機会を逃す可能性があるからです。仮想通貨の買い方を参考にしつつ、余裕をもって事前に手続きを進めることを推奨します。メタバース仮想通貨なども含め、今のうちから時代を先取りして購入しておきましょう。

3.ビットコイン以外のコインに注目する

ビットコイン半減期は、市場全体に影響を及ぼします。ビットコイン半減期によって、ビットコインのマイニング報酬が減少すると、マイナーは収益確保のためにアルトコインのマイニングにシフトする可能性があるためです。

また、投資家もビットコイン価格上昇が期待しにくくなったと判断した場合、アルトコインへの投資に資金を振り替える可能性があります。

イーサリアムに代表されるアルトコインは、ビットコインの影響を受けやすい傾向があります。そのため、ビットコイン以外のおすすめ仮想通貨にも注目しておくべきでしょう。

ビットコイン半減期に注目すべき仮想通貨:99 Bitcoins


ビットコイン半減期にあたり、コインの中で注目すべき1000倍仮想通貨として99 Bitcoinsが挙げられます。99Bitcoinsは「ラーン・トゥ・アーン(Learn-to-Earn)」モデルを取り入れた革新的なWeb3.0仮想通貨教育プラットフォームです。

ゲーム要素を取り入れた学習モジュール、チュートリアルなどを用意。楽しみながら新しい仮想通貨について学ぶことができます。

将来的には、Bitcoinブロックチェーン上で動作する新しいトークン規格であるBRC-20トークンに移行する予定。99Bitcoinsの主な特徴は以下の通りです。

  • 楽しみながら学べる「Learn-to-Earn」モデル
  • 高額な利回りを得られるステーキング報酬
  • コミュニティ貢献で報酬を獲得できるコミュニティ報酬
  • 現在実施中の9万9999ドル相当のBTCエアドロップキャンペーン
  • 仮想通貨プレセールは1トークンあたり0.001ドル

仮想通貨の基礎から学びたい初心者にとって、99Bitcoinsは理想的な学習環境を提供しているといえます。楽しく学びながら報酬を得ることができるシステムは、仮想通貨やミームコイン市場への参入を考えている方々にとって、大きなメリットとなるでしょう。

エアドロップキャンペーンやプレセールに関する詳細は、99Bitcoinsのウェブサイトで確認することができます。興味がある方は99Bitcoinsの買い方から購入してみてください。ビットコインの次に流行るものとしても注目されているため、ぜひです。

ビットコイン半減期に関するQ&A


ここではビットコインの半減期に関してよくあるQ&Aをまとめました。

Q1.ビットコイン半減期ってなに?

ビットコインの希少価値を維持し、マイニングの採算性を確保するために、約4年ごとに報酬を半減するイベントのこと。ビットコイン対応のECストアも増えていることからも、その需要が伺えます。

Q2.ビットコイン半減期2024年はいつ?

ビットコインの半減期はビットコインネットワーク上で約21万ブロックがマイニングされるごとに訪れるイベント。約4年の周期で起こり、2024年の4月20日にビットコイン半減期を迎えました。半減期が来るたびに仮想通貨の億り人が次々と生まれることで、多くの投資家が注目するイベントです。次回のビットコイン半減期は2028年になると見込まれています。

Q3.過去のビットコイン半減期の日付を教えてください

これまで4度訪れた半減期の日付は以下の通りです。

  • 1回目:2012年11月28日
  • 2回目:2016年7月9日
  • 3回目:2020年5月11日
  • 4回目:2024年4月20日

Q4.ビットコイン半減期が終わるのはいつ?

ビットコインの半減期は発行枚数が2100万枚に達する2140年頃まで継続的に発生します。つまり、「終わる」という概念ではなく、33回繰り返されると表現するのがより正確です。

Q5.ビットコイン半減期がすべて終わったらどうなる?

ビットコインの全半減期が完了した際の影響については、複数のシナリオが考えられますが、確実な予測はできません。以下に3つの考えられる影響を示します。

1.希少性の増大と価格の大幅な変動

すべての半減期が終わると、新たなビットコインの発行は停止されます。これにより、ビットコインの希少性がさらに増し、価格が上昇する可能性があります。一方で、供給量の固定化により、価格の変動がより激しくなるとも考えられます。

2.マイニング報酬の減少と新しい収益源の探求

半減期がすべて終了した後、マイニングによる報酬は大きく減少します。その結果、マイナーは取引手数料の増加やマイニング機器のレンタル、広告収入など、新しい収益源を見つける必要が出てくるでしょう。

3.技術の進歩と新しい使用例の登場

ビットコインは技術の進歩に伴い進化を続けており、半減期が終了した後も新しい技術や使用例が登場することが期待されます。決済手段としてのさらなる普及やスマートコントラクトの活用、NFTゲームなど。また分散型金融(DeFi)の発展などが挙げられます。

Q6.ビットコイン半減期後はなぜ価格が上がる?

マイニング報酬が半減することで、新規発行されるビットコインの量が減少し、希少価値が高まるため、価格上昇の可能性が期待されます。

しかし、必ずしも価格が上昇するとは限りません。市場心理や経済状況など様々な要因が複雑に絡み合い、価格動向は左右されます。

ビットコイン半減期のまとめ


ビットコインの半減期は4年に一度の大きなイベントです。価格上昇が見込まれるイベントのため、まだローンチ仮想通貨を購入したことがない方が参入する良い機会ともいえます。

ビットコイン半減期はビットコインだけでなく、関連するアルトコインやビットコインカジノにも影響を及ぼします。今回ご紹介した99Bitcoinsに興味がある方は99Bitcoinsの買い方から購入してみてください。ビットコインの成功者に近づいていくはずです。