Ethereum
Ethereum
ETH

Ethereum

イーサリアムトークン(イーサ、ETHとも呼ばれる)は、時価総額で2番目に大きい暗号通貨です。分散型アプリケーションやスマートコントラクトの最大のプラットフォームになることを野望している分散型Ethereumプラットフォームのネイティブトークンです。Ethereumトークンの主な用途は、プラットフォーム自体、特にスマートコントラクトや分散型アプリケーションの設計と実行に使用されます。1つはそれを受け入れる多くの商人を見つけることができるようにしかし、イーサリウムはまた、支払いの手段として使用することができます。また、それは市場で投機のために使用されるか、または投資する方法として、エーテルの価格が長期的に増加することを期待しています。ETHはまた、イニシャルコインの提供中に受け入れられている最も人気のある暗号通貨です。

時価総額 出来高 24h 現在の供給量
$194,576,775,298 $23,091,661,570.51 122364380.0 ETH

イーサは、2015年7月にICOを成功させた後、オリジナルのEthereumプロジェクトの資金調達に使用されました。プロジェクトに関わっているVitalik Buterin、Gavin Woodなどは、イーサリアムネットワーク上で行われている取引をパワーアップさせるデジタル燃料(「ガス」として知られている)としてエーテルとそのコインを設計しました。

イーサリアムの入手方法

イーサリアムコインを入手する方法としては、主にマイニングをするか購入するかの2つの方法があります。マイニングをするには特殊なハードウェアが必要になりますが、ETHを購入したいという場合は、これらのコインで取引するための法的なプラットフォームとして機能するHitBTCBinanceGDAXなどの仮想通貨交換所に行く方法を必ずとります。

さらに、LocalEthereumなどの非公式のピアツーピアプラットフォームを試すことができます。これにより、あなたのエリアの売り手に会うことができます。 コイン売り手の支払い方法は異なる場合がありますが、特にPaypalなどの人気のあるサービスを使用する場合は、ビットコインと一緒にこのコインを購入する方法が便利です。

イーサリアムの価格

取引を開始する前に、予測不可能な価格変動に備えておく必要があります。

2017年に戻り例をあげると、Ethereumの価格はわずか3ヶ月で1400%までの成長を記録し、2017年12月には時価総額700億米ドルに達したことを想像してみてください。それから1年足らずで、Ethereumの時価総額は約280億ドルにまで落ち込んだのです。

今後は規制の改善や市場の成熟化により、変動が少なくなると予想されます。それまでの間、トレーダーは、トレンドを注意深く監視することをお勧めしますが、Ethereum価格指数は関連性のあるチャート情報の助けを得ながら、毎日のように追跡する必要がありますが。

イーサリアムはビットコインとの表面的な類似性があるにもかかわらず、ブロックチェーン技術を背景に構築された全く異なるプロジェクトの派生形です。まず第一に、作成可能なビットコインの量は2100万に制限がありますが、ETHコインは少なくとも理論的には無限に作ることが可能です。

Ethereumは、そのベテランとしての地位から市場で最も成熟した技術となっていますが、ブロックチェーンプラットフォームの中でも、競合他社のシェアも持っています。

それにも関わらず、Zilliqa (ZIL)、EOS (EOS)、Neo (NEO)のような企業は、Ethereumの弱点を改善するための計画を持って、張り合っています。

そのうちの一つは、ハッカーの攻撃にさらされるスマートコントラクトの脆弱性と、プルーフオブワーク(PoW)システムの実行によって生成されるエネルギー需要です.

その対応策として、将来のイーサ技術では、プルーフオブステークのCasperコンセンサスメカニズムを追加します。これが導入されれば、イーサリアムの安全性とエネルギー効率の両方を向上させることが期待されます。

ClassicEthereumとEthereum Classicの違い

エーテルにはEthereum(ETH)とEthereum Classic(ETC)の2つの名前があります。Ethereum Classicは、2016年に発生したDAO(Decentralized Autonomous Organization)ハッキングを受けて発生したEthereumのハードフォークによるものです。

ETHとETCはどちらも、アプリケーションとスマートコントラクトの作成と利用に使用できます。 また、ETHとETCの両方を投機し、市場での価値の上昇により利益を得ることもできます。 2つのうち、ETHの方の人気があります。

イーサリアムのニュース

Ethereumの最新ニュースはこちらでフォローしてください。