SRMトークンが価値を高めた際、Sam Bankman-Fried氏はFTX従業員のためのルールを変更した:こちらが起きたことです

adobestock

画像引用先:Adobe/Ascannio

Sam Bankman-Fried氏は、FTX従業員たちが早期退職をするほどの暗号資産利益を得た際、ルールを変更せざるを得ませんでした。

Michael Lewis氏が彼のSBFに焦点を当てた著書『Going Infinite』によれば、Sam Bankman-Fried氏は従業員のSerum (SRM)保有を当初計画していた期間よりも7年間長く固定し、従業員が紙の利益を現金化することを許可しなかったということです。

「従業員向けのSerum契約の細則には、Serumの”jail time”(固定期間)を延長する権利を彼自身が保留しており、彼はそれを使って従業員全員のSerumを7年間固定しました」とLewis氏は書いています。さらに、彼は次のように付け加えています:

“彼が一度ルールを変更していたならば、再び変更する可能性があると彼らは理解しました。それにより彼らはSerumに対して以前ほど熱心でなくなりました”

Serumは、Bankman-Fried氏とFTXの両方と密接に関連していたSolana (SOL)上の分散型取引所(DEX)エコシステムでした。多くのトークンローンチと同様、暗号資産は市場でトラクションを得るとすぐに創設者が小売業者にコインを売り払うことがないよう、早期に補償として受け取った創設者や従業員に対する固定期間を含んでいました。

SRMは2021年9月に$13.70まで急騰し、前年の$1.70のローンチ価格でトークンが割り当てられた従業員は、Lewis氏によれば「ばかげたほどに裕福」となったといいます。

FTXで非流動なSerum


FTXが2022年11月に破産したとき、同社の投資資料は同社が約22億ドル相当のトークンを保有していることを明らかにしており、これは帳簿上の他のデジタル資産を上回っています。

もちろん、その数は実際のSRMの流通供給量を大幅に上回っており、ほとんどのトークンは価格を破壊することなく実際に販売できないことを意味します。CoinMarketCapによると、SRMは現在わずか0.04ドルで取引されています。

バイナンスは11月末までにSRMの取引ペアのほとんどを上場廃止にし、仮想通貨の限られた流動性を少数の中規模取引所が維持したままにしました。FTXの余波以来、プロジェクトの背後にあるチームは、崩壊した取引所の管理から距離を置くためにハードフォークを開始。

Lewis氏は著書の中で、2024年の再選に立候補しないためにSBFがDonald Trump前大統領に50億ドルを支払う計画だと述べました。

著者は仮想通貨業界や金融業界の声から、SBFを軽視しすぎであり、自身の詐欺疑惑の悪さを理解していなかったとして広く批判されました。そして、SBFの初公判が始まり、FTXに関連したいくつかの陰謀と詐欺の罪で起訴されています。