仮想通貨アナリストが市場は強気に転じると予測

Yamada
| 2 min read

牛とチャート

出典:Adobe Stock

仮想通貨アナリストのJason Pizzino氏は、仮想通貨市場は強気相場のピークにあると示唆しました。

最近のYouTubeビデオでPizzino氏は、市場は以前のサイクルと同様の強さと成長の可能性を示していると主張しました。

「これは、前のサイクルやその前のサイクルと同じように、強気相場の始まりである。始まりはいつも明確であるとは限らない。」
同氏は、市場が明確になって個人投資家が飛び込めば、それは強気相場の終わりが始まることを意味すると強調しました。

「物事が明らかになれば、それで終わりだ。個人投資家が参入するのはその時だ。誰もが同じものを見ているので、全員が市場に参入するのに興奮しているときです。」

強気相場を確認するにはビットコインが28,500ドルを超える必要がある


Pizzino氏は、ビットコインが28,500ドルの重要なレベルを上回れば、強気相場サイクルの確認がより説得力を増すと主張しました。

同氏は、ビットコイン(BTC)が25,000ドルを下回っている時間はごくわずかであり、過去6ヶ月間、この水準より上のポジションを維持していると指摘しました。

しかし、Pizzino氏は、強気派にはまだやるべきことがあり、さらなる勢いを得るためには、26,550ドルを上回る終値を毎週コンスタントに確認する必要があると強調しました。

「28,500ドルの上に戻れば、それを実感できる。」と彼は述べています。

「ビットコインにとって、この水準は、32,000ドル突破を目指す上で、重要である。」

本稿執筆時点では、ビットコインは約26,600ドルで取引されており、過去7日間で約3%の上昇を示しています。

仮想通貨トレーダーはFOMC利上げ決定を待つ


Pizzino氏の分析は、仮想通貨市場参加者が来週の米国連邦準備制度理事会(FRB)による重要なマクロ経済イベントを心待ちにしていたときに行われました。

9月20日、米連邦公開市場委員会(FOMC)は基準金利を決定するが、市場では据え置きを予想する声が圧倒的でした。

CMEのFedWatchツールによると、8月の消費者物価指数が0.6%上昇し、月間で2023年以来最大の伸びを示したというデータが発表された後、一時停止の確率は97%に達しました。

「FOMCと金利決定で多少の変動は予想されるが、BTCは短期的には25,000~27,000ドルで取引され続けるだろう…」と人気トレーダー、Crypto SantaはX(旧ツイッター)の最近のコメントで述べています。

一方、仲間のトレーダーであるCrypto Tonyは、2万6000ドルがサポートとして維持されている状態で、2つの潜在的なシナリオを強調しました。

「私はまだ26,100ドルへの下落と長いトリガーのための跳ね返りを探しています」と彼はXのフォロワーに言いました

「もし26,600ドルの高値を更新するようなら、ロングを狙うつもりだ。」