Axie InfinityのRonin Bridgeがハッキング後に再開、ロックされた資金も返還へ

Fredrik Vold
| 1 min read
Source: AdobeStock / arkanto

 

プレイ・トゥ・アーンのゲーム「Axie InfinityAXS)」専用に作られたイーサリアム(ETH)サイドチェーンのRonin(ロン)は、今年3月の大規模ハッキング事件を受けて停止していた、チェーンへの資産移転に使われるブリッジを近く再開する予定です。

ローニンの木曜日のツイートによると、アップグレードされて再設計されたブリッジは、6月28日にオープンする予定です。さらに、ロックされていたユーザーの資金はすべて返却されると、同ツイートは述べています。

また、ブリッジを再開するにはハードフォークが必要であり、そのためにはすべてのノードオペレーターがソフトウェアを更新する必要があると付け加えています。

ネットワーク上でバリデーターとして機能するノードは、取るべき手順についてすでに通知されているとRoninは述べ、一方で、バリデーターではないノードは、どのように進めるかについて特定の指示に従う必要があると付け加えています。

Roninからの最新のアップデートは、今週火曜日にチームが再設計されたブリッジが暗号資産セキュリティ企業Certikからの監査に合格したと発表した後に行われました。

「我々は、Certikの監査がマイナーな提案で戻ってきたことを報告するために満足している」とチームは書き、彼らがCertikの改善勧告を実装し始めたことを追加しました。

ブリッジの再開は、これまで何度か延期されてきました。当初、ブリッジは4月にオープンすると言われていましたが、5月下旬に延期されました

Roninチームがブリッジをダウンさせるきっかけとなった今年初めのハッキング事件は、これまであらゆる暗号資産プロジェクトを襲った中で最大級のものです。当時の市場価格からすると、攻撃者は5億米ドルをはるかに超えるETHとUSDCトークンを持ち逃げしたことになります。

____

詳しくはこちら: 
Axie Infinity’s Ronin Hack Exposes Risks of Proof-of-Stake and Centralization – Analysts
North Korea’s Lazarus Group Behind Axie Infinity’s Ronin Hack, Say US Treasury, FBI

ONE Drops as Harmony’s Bridge Hacked for Almost USD 100M
Not Enough Liquidity for Celsius to Sell Staked Ethereum in Open Market – Analyst

Ethereum Steps on Another Delay Bomb
Vitalik Buterin Confirms Post-Merge Ethereum Centralization Concerns, Urges Not to ‘Overly Catastrophize’ It