21 9月 2022 · 0 min read

イーサリアムオプションが強気バイアスを継続的に示すとき、ETHにDCAを導入する時なのか?

Source: Unsplash

イーサリアム(ETH)オプション市場は、スポット価格の下落にもかかわらず、トレーダーの間でETHに対する強気なベットに対する強い意欲が続いていることを示しています。問題は、これがスマートマネーが将来の上昇に向けてポジションをとっているサインなのか、そして今がETHにドルコスト平均法(DCA)を始める良いタイミングなのか、ということです。

ETHオプションの市場が驚くほど強気に偏っていることは、Glassnodeの最新のThe Week Onchainレポートで指摘されており、同社は2021年からコールオプションの発行残高の値が標準より高いままであることを指摘しています。

コールオプションは資産のスポット価格が上昇することに賭けるものであり、プットオプションは価格が下落することに賭けるものです。

Glassnodeによると、現在、ETHのコールオプションの未決済額は合計52億ドルで、昨年の標準的な水準より「はるかに高い」。同時に、プットオプションのポジションは、コールオプションのポジションよりも価値の下落が急激で、2億9400万ドルの純ポジション価値が決済されました。

「多くの点で、ETH市場は、-22%のETH価格補正にもかかわらず、依然として大きく利用され、レバを上げ、さらなる上昇を推測しているように見えます」と暗号通貨分析会社はレポートに書いています。

ETHにDCAを導入する時期

ETHオプション市場の強気バイアスが強いため、いわゆるドルコスト平均法(DCA)戦略によって、ETHにゆっくりと移行し始めるには今が良い時期かどうかを尋ねるのは当然のことでしょう。

DCA戦略は歴史的に主要な暗号資産のポジションを取るのに適した方法で、イーサリアムとビットコイン(BTC)のコミュニティでは、トップとボトムのタイミングを完璧に計ろうとせずに投資できる方法として人気がありますが、それを実現できる人はほとんどいません。

ETHのスポット価格がこれほど低くなっている今、ETHにDCAを始めることは長期的には利益をもたらす可能性があるように思われます。そして、マージはすでに過去のものとなり、広く成功とみなされているため、洗練されたオプショントレーダーがすでにラリーのためのポジションをとっていることは、本当に驚くべきことなのでしょうか?

ETH price year-to-date. Source: CoinGecko

Glassnodeが報告書の中で述べているように、

「イーサリアムマージは成功し、控えめに言っても歴史的なものでした。長年にわたる献身的な研究、開発、戦略が今、注目すべき工学的偉業を成し遂げました。」

市場もこのことに気づくのは時間の問題なのかもしれません。