イーサリアムのマージ前最後のテストは「混乱」にもかかわらず「かなり良好」だった

出典: Adobe/Dennis

 

ブロックチェーンが現在のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)メカニズムからプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行する前の、イーサリアム(ETH)にとって3回目で最後のテストネットマージであるGoerliテストネットマージは、表向きは成功したことになっています。

マージは本日1:45 USD (日本時間) 頃に実行されました。テストネットマージでは、GoerliテストネットがPoSビーコンチェーンであるPraterテストネットとマージされ、実際のマージが行われる前の最後のテスト実行を意味するものです。

マージとは、現在のイーサリアムメインネットがビーコンチェーンPoSシステムとマージする際の、イーサリアム待望のバージョンアップのことです。過去2回のテストネットマージであるRopstenとSepoliaはほぼ成功しており、Goerliも成功しそうです

暗号情報企業Coin MetricsのR&D責任者であるLucas Nuzzi氏は、「マージが来月起こる確率が(私の意見では)かなり上がっただけだ」と述べました

最終的なPoSへの移行は、9月20日頃とされています。

しかし、Goerliのテストネットマージはなかなかシームレスではありませんでした。イーサリアム開発者のMarius van der Wijden氏は、開発者がGoerliを早く最終化しなかったのは、「2つの異なるターミナルブロックと多くの非更新ノードのためにネットワーク上で多少の混乱があった」と述べています。しかし、今のところ、「かなり良さそうだ」と付け加えました。

Wijden氏は、2つのターミナルブロックについて、また、テストネットではなくメインネットであった場合、マージにどのような影響を与えたかについて質問され、理論的には起こりうることであり、「2つのターミナルブロックを処理するコードを持っている」と答えました。また、これがメインネットであれば、マージは成功しただろうと述べています。

Ethereum Foundationによると、Goerliマージは、メインネット移行前にユーザーがPoSバリデーターを正しく設定するための最後の機会でなのだといいます。

午前6時15分(UTC)現在、イーサリアムは1,896米ドルで取引されており、1日で13%、1週間で17%上昇しています。また、価格は1カ月で73%上昇し、年間損失は40%未満に縮小しました。
____
詳しくはこちら: 
- The Merge’s Long Term Impact on Ethereum
- EthereumPoW Fork Won't 'Significantly' Harm Ethereum - Vitalik Buterin

- Major Bitcoin & Crypto Companies Warn of 'Extreme' Risk in Proof-of-Stake Systems
- Hayes Asks ‘Forgiveness’ for Calling Ethereum a Shitcoin, Doubles Down on ETH

- The Compromises and Benefits of Ethereum Switching to a Proof-of-Stake Network
- Vitalik Buterin says The Merge is Not 'Priced in' as Investor Promises to Fork Ethereum