ミームコイン市場で注目されている新しい仮想通貨Poodl Inu、投資家が期待しているそのプレセールとは?

Shunsuke S.
Shunsuke S. | 監修: Yamada
| 2 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

新しいミームコインPoodl Inuのロゴと説明

仮想通貨(暗号資産)市場には多種多様なプロジェクトがあり、興味深く新しいものが毎週のように発表されています。そのような中で、投資家が最近注目しているのがPoodl Inu(POODL、プードル)という新しいプロジェクト。

Poodl Inuは一風変わったミームコインとして登場し、仮想通貨コミュニティで急速に人気を集めています。本記事では、その特徴や全体的な設計、好調な滑り出しとなっているプレセールについてお伝えします。

数多くあるミームコインの中で際立つPoodl INU


強気な姿勢で個性の強いPoodlINUたち

Poodl INUは、多様な個性を持つミームコインで溢れている市場で目立つことのできる、力強さと独特さを兼ね備えたキャラクターを作り上げています。プロジェクトの狙い通り、このコインは熱狂的な議論を巻き起こし大きな注目を集めました。

Poodl INUは、「ドージコイン以来最高の犬(dopest dog since doge)」と自らを称しており、ニッチな分野で急成長できる大きなポテンシャルを秘めていると考えられています。Poodl INUの特徴には、魅力的なステーキング報酬や、結束力の強いコミュニティ、ユニークな美学などがあり、強敵であるドージコインを追い越すことを目標にしています。

チームは「IDGAF(そんなこと知るか)」という強気な姿勢を示しており、「堂々とした美しさ」を持つPoodl Inuを「4本足の大波(tidal wave on four legs)」に例えています。

POODLトークンを獲得した投資家は、すぐにステーキングおよび報酬の獲得が可能。Poodl Inuのコミュニティ拡大へ積極的に貢献し、POODLトークンやプロジェクト全体に関連する話題を創出しながらも、自らの資産を活用して利益を得ることができます。

Poodl INUを際立たせている要素は主に3つあり、初期の時価総額が低いこと、大きな成長のポテンシャルがあること、犬のミームコインのトレンドを再び活性化させることのできる先駆者としての役割を担っていることです。

ここ数ヶ月の間、色々なミームコインが注目を浴びていますが、Poodl INUはそのようなコインの1つであり、それは最近のプレセールの盛り上がりを見ても明らかとなっています。

大盛況なPOODLのプレセール


POODLのトークノミクス一覧

Poodl INUは2月16日にプレセールを開始したばかりですが、チームはプロジェクトの知名度をさらに高めるため、グローバル・マーケティングのための準備を進めています。POODLトークンの現在価格は、0.000243ドル。

イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたPOODLトークンの総供給量69億のうち、50%がプレセールへ、30%はステーキングへ、10%はDEX(分散型取引所)での流動性へ、残りの10%はマーケティング活動へ充てられています。

また、プロジェクトは3つの異なるフェーズからなる包括的なロードマップを発表。

  1. フェーズ1では、POODLのプレセールとステーキングが中心に行われ、ユーザーには魅力的な報酬が提供されます。
  2. フェーズ2では、強力なマーケティング活動とステーキング・インセンティブの強化が行われ、取引所への上場を目指します。
  3. フェーズ3では、エコシステムの成長とコミュニティの拡大を促進し、Poodl INUがミームコイン分野を先導することが目標とされています。

POODLは、現在行われている予測を超える成長余地があるため、今後の展開に期待できるプロジェクトであるといえるでしょう。昨年のミームコインブームを逃した投資家は、Poodl INUについて詳しく調査を行った上で参入を検討してもいいかもしれません。

最後に


Poodl INUは、娯楽要素を強く取り入れた非常にユニークなプロジェクトとなっており、仮想通貨コミュニティで注目を集めています。X(旧Twitter)Telegramなどのソーシャル・チャンネルでは、プロジェクトの詳細や最新情報についての情報が共有されています。興味のある方は、ぜひ一度ご確認ください。