トップ・ミームコインを目指すPoodl Inu、プレセール売上190万ドルを達成

Yamada
Yamada | 監修: Shunsuke S.
| 2 min read

POODLのプレセールページ

仮想通貨(暗号資産)市場には、数多くのミームコインが溢れていますが、最近投資家から注目されているのが、Poodl Inu(POODL、プードル)という型破りなミームコイン。

ユニークな個性を持つミームコインPOODLは、ニッチな分野でトップに踊り出ることが期待されています。

POODLが現在行っているプレセールでは、すでに190万ドル以上が調達されており、プレセール終了が間近に迫っていることから注目を浴びています。

本記事では、そのようなPOODLの魅力や、プレセールの最新情報についてお伝えします。

仮想通貨の投資家が注目すべきPoodl Inu


Poodlinuのロゴとプロジェクトの概要

Poodl Inuは犬のプードルをテーマとしたミームコインですが、外見からは想像できない強気でユニークなキャラクターを作り出しており、他のコインとは大きく異なっています。

Poodl Inuが発表されると瞬く間に熱狂的な議論が巻き起こり、プロジェクトのプレセールは大盛況。

「ドージコイン以来最高の犬(dopest dog since doge)」というコンセプトのもと、Poodl Inuはニッチなミームコインの分野でトップの座を奪い取ることを目指しています。

Poodl Inuの特徴は、魅力的なステーキング報酬や、コミュニティを重視する姿勢、ドージコインをも追い越そうとする明確な美学などです。

また、「IDGAF(そんなこと知るか)」という強気な姿勢と、「印象的な見た目」を持ち合わせているPoodl Inuを、チームは「4本足の大波(tidal wave on four legs)」であると表現しています。

投資家は、プレセールでPOODLトークンを購入した後すぐにステーキングを行い、報酬を獲得し始めることができます。

そうすることで投資家は、自分の資産から効率よく利益を得られるだけでなく、コミュニティーの発展や、POODLとその関連プロジェクトの盛り上がりにも貢献できます。

さらに、Poodl Inuは初期の時価総額が低いため、投資家へ莫大なリターンをもたらすことができる大きな成長余地があります。

投資家は次にトレンドとなるミームコインを模索していますが、プレセール後に急成長する犬コインとしてPoodl Inuが注目されています。

同プロジェクトは、追加上場によっても勢いが増すと考えられており、POODLに対する投資家の期待は高まっています。

マイルストーンを達成したPOODLのプレセール


Poodlプロジェクトのロードマップ

Poodl Inuのプレセールはすでに190万ドル以上の資金調達をしており、重要なマイルストーンを達成してコミュニティはさらに盛り上がっています。

チームは、プレセール後に市場へ大きな影響を与えるために、大規模なグローバル・マーケティングを開始する計画を立てています。

Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で稼働しているPOODLは、現在0.000885ドルで購入可能です。

POODLトークンの総供給量は69億となっており、トークノミクスでの配分は以下の通りです。

  • プレセール:50%
  • ステーキング:30%
  • DEX(分散型取引所)での流動性:10%
  • マーケティング:10%

また、プロジェクトが発表しているロードマップは3つのフェーズに分かれており、それぞれのフェーズで以下の内容が実施される予定です。

  • フェーズ1:POODLのプレセール・ステーキング(ユーザーへ魅力的な報酬を提供)
  • フェーズ2:活発なマーケティング活動・ステーキング報酬の追加・取引所へのPOODL上場
  • フェーズ3:エコシステムの成長・コミュニティの拡大・ミームコイン分野での優位性の確立

このように数多くの魅力を持ち合わせているPOODLには、現在の市場予測をはるかに上回る成長のポテンシャルがあります。

したがって、これまでのミームコインの爆上がりを見逃してしまったという投資家は、指数関数的な成長が期待できるミームコインとしてPOODLを検討してもいいかもしれません。

最後に


Poodl Inuは非常にユニークなプロジェクトとして登場し、仮想通貨コミュニティで大きな関心を集めています。

プレセールはまもなく終了する予定となっているため、POODLの購入を検討している方は早めの行動がおすすめです。

最新情報に関しては、Poodl Inuのソーシャルメディアをご確認ください。