BTC 1.08%
$67,873.47
ETH 0.19%
$3,515.71
SOL 4.47%
$181.24
BNB 0.92%
$601.11
XRP -1.07%
$0.59
DOGE 6.84%
$0.14
SHIB 0.84%
$0.000018
PEPE 1.47%
$0.000012
WienerAI(WAI)
限定セール中

新しいMessariレポートが示すCardano TVLが3ヶ月で170%増加したことによるCardano価格予測

Joel Frank
| 4 min read

積み重なったコイン

カルダノ 出典:Adobe

仮想通貨市場のネガティブな勢いは木曜日も続いており、カルダノ(ADA)は苦しんでいます。

スマートコントラクト対応のカルダノ・ブロックチェーンを駆動し、カルダノの分散型金融(DeFi)エコシステムの中心に位置するこの仮想通貨は、水曜日に6%以上下落した後、木曜日には2.5%強の下落を記録しました。

ADA/USDは、3月上旬に始まった上昇トレンドと21日移動平均線からのサポートを見つけ、0.40ドルのすぐ上で最後の取引を行っていました。

これは、今月初めに0.46ドル以上の数カ月ぶりの高値をつけた仮想通貨に対して、12.5%ほど低い水準にあることを意味します。

カルダノ価格チャート

ここ数日の急落にもかかわらず、カルダノはまだ年初来で65%以上上昇しており、時価総額で世界第7位の仮想通貨は、仮想通貨市場全体のポジティブな勢いの波に乗ったことになります。

仮想通貨は今年、米国のインフレ率の低下と経済の勢いの弱まりを背景に、FRBの引き締めサイクルの終了と短期的な引き下げの可能性への期待に加え、先月の米国の銀行「危機」後の従来の金融システムの安定性への懸念、そして昨年末に仮想通貨が十分に売り込まれた後に暴騰しています。

しかし、カルダノは、DeFiエコシステムの適切な成長からもサポートを得ているようです。

カルダノのDeFiエコシステムが堅調な伸びを示す


仮想通貨分析会社Messariが発表したレポートによると、カルダノブロックチェーンベースのスマートコントラクトでロックされた価値の総額(TVL)は、2023年第1四半期に170%上昇し、約1億4000万ドルになりました。

これは資産価格の上昇に起因するものですが、TVLの成長率はADAの四半期における54%の時価総額増加をはるかに上回っています。

Messari氏によると、ネットワーク上で発行されたステーブルコインの総額が261%急増したことが大きなきっかけとなり、IndigoのIUSDとDjedのDJEDの供給量が伸びたことを指摘しています。

Messari氏によれば「DeFiの要」であるステーブルコインは、2023年第1四半期以前はカルダノのエコシステムにはほとんど存在しませんでした。

投資家が仮想通貨でありながら安定した資産から利回りを得る新しい方法を提供する新しいステーブルコインが、今後数年間でカルダノのDeFiエコシステムに新しい資金流入をもたらすと多くの人が予想しています。

カルダノ(ADA)の価格予測


ADAは現在、過去の高値である0.41ドル付近のサポートを下回り、21DMAも下回っているため、3月上旬からの上昇トレンドを下回る可能性が高まっているようです。

0.40ドルを下回る状況が続くと、ADAの50DMAと100DMAの0.37ドルに向けて下落する可能性が出てきます。

カルダノ価格チャート

このエリアは、2022年6月まで遡る古いADAの下降トレンドと一致していることから、重要なサポートゾーンとなることが予想されます。

仮想通貨の強気相場が到来しているのであれば、ADAがこのような水準まで下落した場合、ディップバイヤー(押し目買いする人)が飛びつくのを待つことになりそうです。

マクロが概ね追い風であり続けると仮定すれば(つまり、市場がFRBの引き締めを再び長期化させることを想定し始めなければ)、ADAは

今後数週間から数ヶ月の間に最終的に0.50ドルを上回る可能性があります。

ADAは10ドルを達成できるか?


2018年の強気市場の最高値(1.31ドル)から2020年の弱気市場の最安値(0.02ドル以下)まで、ADAは98%以上の見事な負けを喫しました。

その後、170倍以上の回復を見せ、2021年の強気相場のピーク時に3.13ドルを超える史上最高値を更新しました。

昨年、ADAが0.24ドルを下回ったとき、2021年の高値から92%以上のドローダウンを記録しました。

もし歴史が繰り返され、ADAがこれらの安値から170倍の利益を上げるとしたら、それはADAの価格が40ドル以上に上昇することを意味します。

これは少し楽観的かもしれません。

仮想通貨市場全体とともに、カルダノは資産として成熟しつつあり、強気市場の高値と安値の間を行ったり来たりする揺れは、やがて安定していくことを意味しています。

しかし、ADAは2022年の安値に対して40倍の利益を上げ、今後の強気市場で1トークンあたり10ドルを達成することができるのでしょうか。

今後、ビットコインが1トークンあたり数十万ドル、イーサリアムが1万ドルを超えるようになれば、カルダノが強い指数関数的な利益を上げないわけがありません。

多くの強気派は、長期的な利益目標として10ドルを視野に入れていることでしょう。

カルダノを購入する

カルダノの代わり


カルダノ(ADA)の長期的な価格見通しは非常に強い可能性がありますが、それでも投資家は常に仮想通貨の保有資産を分散させることに気を配る必要があります。

ハイリスク・ハイリターンの投資戦略として、仮想通貨のプレセールに参加することを検討する投資家もいるかもしれません。

これは、投資家が新興の仮想通貨プロジェクトのトークンを購入し、その開発資金を援助するものです。

これらのトークンは非常に安く販売され、プリセールによって初期投資家に大きな、指数関数的利益をもたらした長い歴史があります。

これらのプロジェクトの多くは、素晴らしいチームを持ち、革命的な仮想通貨アプリケーション/プラットフォームを提供するという素晴らしいビジョンを持っています。

そのようなプロジェクトを見極めることができれば、投資家のプレセール投資のリスクとリターンは非常に良いものになります。

Cryptonewsのチームは、投資家を支援するために、プリセールプロジェクトを調べることに多くの時間を費やしています。

その中で、非常に高いポテンシャルを持つと判断したのが、Ecoterraです。

Ecoterraは、エコフレンドリーな行動を奨励するブロックチェーンで運営されるグリーンエコシステムのネイティブ仮想通貨です。

Ecoterraのエコシステムは、Recycle to Earn(R2E)プラットフォーム、カーボンオフセットマーケットプレイス、リサイクル素材のマーケットプレイス、インパクトプロフィールで構成されています。

グリーンweb3スタートアップのR2Eアプリは、リバースベンディングマシン(RVM)を使用している国であればどこでもサポートされており、巨大な市場であることを意味しています。

Ecoterraは、ECOTERRAトークンのプレセールの第4段階に入っており、トークンの価格は、現在わずか0.00625ドルです。

このプロジェクトは、200万ドル以上の資金を集めるという大きな節目を迎えたばかりです。

プレセール価格は0.007ドル、取引所への上場価格は0.01ドルと、現在の水準から60%上昇する予定であることを確認しておきましょう。

Ecoterraへ行く