Sam Bankman-Friedの父親が民主党ダークマネー・ネットワークへの関与疑惑で批判にさらされる

Yamada
| 2 min read

FTX

出典:AdobeStock

元仮想通貨企業家Sam Bankman-Friedの父親であるJoseph Bankmanが、著名な民主党のダークマネー・ネットワークで顧問の地位にあることが報じられました。Watchdogsは、この取り決めは徹底的な調査が必要だと指摘しています。

この疑惑は、Bankman-Fried氏の元会社であるFTXが、彼の両親を相手取って起こした訴訟の後に浮上しました。

デラウェア州の連邦裁判所に提出されたこの訴訟は、スタンフォード大学で長年法学教授を務めるJoe Bankman氏とBarbara Fried氏が、FTX社内のコネを利用して数百万ドルもの金銭的利益を得たとしています。

FTXの弁護団によると、Bankman氏とFried氏は、息子から1000万ドルの現金と、FTXが本社を置き、取引所が購入したバハマにある1640万ドルの家を贈られたといいます。

この訴訟ではまた、Bankman氏が息子の会社の元弁護士からの苦情を隠す役割を果たしたこと、Fried氏が政治献金の情報開示義務を逃れるためにBankman-Fried氏ともう一人のFTX幹部に指導を行ったことも主張されています。

訴訟では、夫妻は「息子であるBankman-Fried氏と他のFTXのインサイダーが莫大な詐欺スキームを画策していることを知っていた」と主張しています。

Bankman-Fried氏の父親とArabella Advisorsの関係疑惑が浮上


Joseph Bankman氏は、ワシントンD.C.のコンサルティング会社Arabella Advisorsで顧問を務め、左派系団体を支援する非営利ネットワークを監督していたという疑惑が最近浮上しました。

このネットワークは、 New Venture Fund、Sixteen Thirty Fund、Windward Fund、Hopewell Fundなどの重要なファンドを管理し、合わせて毎年10億ドル以上の匿名寄付金を取り扱い、全国のリベラルな活動やイニシアチブに分配しています。

Americans for Public TrustのCaitlin Sutherland事務局長は、この取り決めを徹底的に調査することの重要性を強調しました。特に、Sam Bankman-Fried氏がこの影響力のあるリベラル派のダークマネー・ネットワークを通じて、どの程度政治的影響力を行使したかを理解することが重要です。

「この取り決めは、特にSBFがアメリカで最も強力なリベラル派のダークマネー・ネットワークを通じて彼の政治的影響力を活用しようとした度合いについては、重大な精査に値します。」

しかし、Arabella Advisorsの広報担当Steve Sampson氏は、Bankman氏の関与を激しく否定しました。

同氏は、FTXが以前にArabellaが運用するNew Venture Fundに800万ドルを送金していたことを指摘し、Joseph Bankman氏とその妻Barbara Fried氏に対する訴訟を担当するFTXの弁護士が、同氏がArabella Advisorsで顧問職を務めていると誤って示唆したようだと述べました。

New Venture Fundの広報担当者は、FTX財団と協力し、特定の助成金授与活動のための管理サービスを提供していることを明らかにしました。

Joseph Bankman氏の役割は、同社に所属しながらも独立して運営されているプロジェクトに関連していました。

ファンドの広報担当者は次のように述べています。

「2022年初頭、NVFはバンクマン氏が顧問を務め、FTX財団と提携するプロジェクトから助成金を発行し、そのすべてが環境問題や飢餓に取り組む慈善団体を慎重に審査するために使われた。」

Sam Bankman-Fried氏の両親に対する訴訟の申し立てによれば、両親は財政難に陥った息子の仮想通貨ベンチャーから多大な利益を得ており、Arabellaを通じてリベラル派に未公表の資金を流した可能性があるとのことで、スタンフォード大学の法学教授である2人は共謀罪、

銀行法、選挙法違反に関連する罪に問われる可能性があるという意見もあります。
しかし、これらの主張が実質的な根拠を持つものなのか、それとも単なる根拠のない言いがかりなのかは、現時点ではまだわかりません。