主要メディア、FTX破産事件における顧客データのさらなる書き換えに反対

Yamada
| 2 min read

FTX

出典:AdobeStock / Rafael Henrique

Bloomberg、 Dow Jones & Company、The New York Times、The Financial Timesなどの著名メディアが、FTX破産事件におけるデータのさらなる編集を求める債務者と無担保債権者公式委員会の共同申し立てに異議を唱えました。

この申し立てでは、顧客である企業や機関債権者を含む、債務者のすべての顧客の氏名、住所、Eメールアドレスを対象に、顧客機密情報の編集をさらに90日間延長する許可を求めました。

メディア各社、債務者の顧客情報修正申し立てに異議申し立て


メディア参加者は裁判所への提出書類で反対を表明し、顧客データの編集が継続されることへの懸念を強調しました。

彼らは、この申し立てには修正期限の延長を支持する実質的な証拠がないと主張しました。

メディア各社は、延長の理由として第三者と協議中であることを挙げましたが、正当化には不十分であると強調しました。

これらの異議申し立ては、メディア各社とFTX Trading Ltdとの間の、法廷提出書類における顧客名の修正に関する、より大きな法廷闘争の一部です。

2022年12月、メディア参加者は、法廷文書におけるFTX債権者の名前の修正に反対するため、破産訴訟への参加に成功しました。彼らの介入は裁判所によって認められました。

メディア参加者の反対にもかかわらず、2023年6月15日、裁判所は債務者と無担保債権者公式委員会の共同申し立てを部分的に認め、一定期間、顧客データの一定の編集を許可しました。

メディア参加者はこの判決を不服として直ちに控訴し、現在デラウェア州連邦地方裁判所で係争中となっています。

透明性よりプライバシー


現在進行中の法的紛争は、破産手続きにおけるプライバシーへの懸念と透明性の間のバランスを浮き彫りにしています。

債務者と公的無担保債権者委員会が顧客データの保護を求める一方で、メディア参加者は法廷提出書類の開示と透明性の向上を主張しています。

裁判所は今後、この複雑な訴訟におけるメディア参加者の異議申し立てを検討することになりますが、その結果は、破産事件における顧客データの取り扱いに影響を与える可能性があり、この分野における将来の紛争の前例となる可能性があります。