ドージコインの再来を狙う最新ミームコインPoodl Inu(POODL)とは?

Naoki Saito
| 0 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

最新ミームコインPoodl Inu(POODL)のロゴと説明書き

暗号資産(仮想通貨)市場ではあらゆる種類のプロジェクトが日々生まれています。なかでもミームコインは、価格面や思想面、ユニークさにおいて魅力的です。とりわけPoodl INUPOODL)は現在、大きな期待を集めるミームコインです

仮想通貨POODLは2月中旬からプレセールを開始したところ、早速17万ドルの資金調達に成功。本記事では、なぜ仮想通貨POODLが注目すべきミームコインであるか見ていきます。

最新ミームコインPoodl Inu(POODL)とは?


ドージ以来のドープな犬を目指す仮想通貨POODL

Poodl INUは、仮想通貨の中でもミームコインに分類されます。ですが、他の多くのミームコインとは大きな違いがあります。それは自身を「ドージコイン(DOGE)以来のドープな犬」と位置づけていること。

ドージコインDOGEとは、千葉県佐倉市在住の柴犬「かぼすちゃん」をモチーフにしたミームコイン。過去に価格が高騰し、今や時価総額トップ10位に入る仮想通貨となっています。

Poodl INUもドージコインの成功に倣い、ミームコインから有名コインへの成長を目論んでいます。同プロジェクトでは、ステーキング報酬、強力なコミュニティ焦点、ドージコイン以来の最大のミームコインを目指す明確なデザインを特徴としています。

投資家は、POODLを入手すると、ステーキングに参加し報酬を獲得することができます。また、トークン保有者は保有枚数に応じてガバナンス投票権を利用可能。コミュニティ運営に関わることもできます。

POODLは、初期のプレセール販売価格が非常に低いことや、ここ数ヶ月で目立ったミームコインが登場していないことを考えると、大きな成長を遂げる可能性があります。POODLプレセールが今後さらに盛り上がるのではと注目が集まっています。

POODLプレセールのトークノミクス解説


まもなくプレセールを開催する仮想通貨POODL

Poodl Inuのプレセールは、2月中旬に開始後、早速17万ドルの資金調達に成功しています。運営チームは現在、市場を盛り上げるべくマーケティングキャンペーンに向けた準備を進めています。

仮想通貨POODLは、イーサリアム(Ethereum)をブロックチェーン基盤として採用。総供給量は69億枚で、トークノミクスは以下の通りです。

  • 50%:プレセール用
  • 30%:ステーキング報酬
  • 10%DEXの流動性
  • 10%:マーケティング用

チームはすでに詳細なロードマップも掲げており、今後3つのフェーズに分けられています。最初は、POODLプレセールとステーキングに焦点を当てています。第2段階では、取引所でトークンがリリースされ、第3段階は、エコシステムとコミュニティの成長に焦点を当てています。

将来的な成長の余地を考え、投資家は近日行われるプレセールに目を光らせています。

ミームコインの先駆者を目指すPOODL

プロジェクトは、プレセール、ステーキング報酬の提供、取引所リリース、マーケティング活動を含む詳細なロードマップを持っており、ミームコインの先駆者となることを目指しています。

プレセールに参加することで、今後大きな成長が期待される仮想通貨POODLを、いち早くゲットできます。POODLプレセールに興味のある方は、ソーシャルチャンネルでプロジェクトの最新情報をチェックし、参加してみましょう。

 

TwitterTelegram