EigenLayer、EIGENエアドロ実施|予想価格は10ドル

Naoki Saito
| 0 min read

EIGENエアドロップを開始したEigenLayer

暗号資産(仮想通貨)のリステーキングを可能にするEigenLayerは11日、ネイティブトークンEIGENのエアドロップを開始した。

同エアドロップの対象者は、公式請求サイトからトークンの請求ができる。

EIGENトークンは当初、2024年9月30日まで譲渡できないが、EigenLayer上に構築されたセキュリティプロトコルであるEigenDAへステーキングすることができる。

仮想通貨の価格予想マーケットであるAevoなどでは、1トークンあたり約10ドル前後で取引可能となっている。

セキュリティ強化や運営分散化が目的


EigenLayerは、イーサリアム(ETH)のリステーキングを可能にするプロトコルであり、DeFiで2番目に大きい入金額(約140億ドル)を誇る。

同プロトコルは、「プールされたセキュリティ」 システムであるActively Validated Services(AVS)を提供しており、EigenLayerの入金力を利用したアプリケーションなどの構築が可能となる。

今回エアドロップされたEIGENトークンは、「Work token」として設計され、EigenLayerのセキュリティ強化や運営の分散化のために利用される。

EIGENトークンをAVSにステーキングすることで処理の検証力を高めることが可能になったり、投票トークンとして使ってもらうことで運営の分散化が可能になる。

大きな議論を呼ぶエアドロップ


EIGENトークンのエアドロップはこのほど、大きな議論を引き起こしていた。

譲渡できない期間が長いこと、一部の地域でトークン請求ができないこと、今回のエアドロップシーズン1に関連プロトコル(Pendleなど)利用者が含まれていないことなどが理由で投資家からの反発を受けていた。

これを受け同プロトコルは、シーズン1のエアドロップ枚数を一部ユーザー対象に追加した。

シーズン2のエアドロップ内容が、どのように変更されるかは不明。