ChatGPT(チャットgpt)がおすすめする仮想通貨一覧【2024年】

根津栄作
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

集積回路上のビットコインロゴ

ミームコインの躍進が止まらない。ビットコインの最高値更新を受け、関連銘柄が軒並み値上がりしている。ドージコイン(DOGE)やシバイヌ(SHIB)などの主要コインはもちろん、Dogwifhat(WIF)などの新しいミーム通貨も人気だ。

資産価値が10億ドルに達した通貨も。PEPEも史上最高値を更新し、勢いは止まる所を知らない。今後の命運を占うため、ChatGPT(チャットgpt)におすすめ暗号資産(仮想通貨)プレセールを聞いてみた。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 以上
  • SOL送金でエアドロップ!新しいプレセール方式
  • 開始数分で売上50万ドル、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Solana
    Solana
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングで報酬を獲得可能
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツ永久アクセス権
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
AI
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • 銀行カード
    銀行カード
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • トークン所有者10万人、TVL330万ドル超
  • ソラナ史上最大の大型エアドロップ
  • 期間限定!10%割引で購入可能
プロジェクトローンチ
2024年2月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • Tether
    Tether
  • Solana
    Solana
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • ステーキングでビットコイン・マイニングに参加
  • プレセール資金調達額1200万ドルを達成
  • BTCMTXトークンのステーキングAPY90%超
プロジェクトローンチ
2023年9月
メタ
ビットコインマイニング
購入方法
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • 銀行カード
    銀行カード
  • +1 以上
  • 数量限定プレセール、売上1000万ドル突破
  • 大量報酬のイーサリアムステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値で販売
プロジェクトローンチ
2024年3月
メタ
ステーキング、ミーム
購入方法
  • ETH
    ETH
  • Tether
    Tether
  • 銀行カード
    銀行カード

ChatGPT(チャットgpt)がおすすめする仮想通貨一覧


2024年、投資家たちの間で急速に関心が高まっている仮想通貨(暗号資産)について、ChatGPT(チャットgpt)を用いて分析させてみた。プレセール仮想通貨の特徴、ロードマップ、将来性、価格予想などの情報を読み込まており、客観的な返答を提供してもらった。今後、投資判断をするうえでの参考にしてほしい。

  • Dogecoin20(DOGE20)– ドージコインの精神を受け継ぎつつ、新たなミームとして注目を集める仮想通貨。プレセール開始直後に大きな話題を呼び、驚異の300万ドルを売り上げた。
  • Slothana(SLOTH)– ソラナチェーンをベースにした、目を引くナマケモノのキャラクターが特徴の新しいトークン。プレセール開始わずか数分で50万ドルの売上を達成し、ChatGPTも高く評価している。
  • 5thScape(5SCAPE)– AR/VRゲームに特化した、ChatGPTが推薦するプロジェクト。メタバース投資が加速する中、プレセールで1500万ドルの資金調達を目指している。
  • Sponge V2(SPONGEV2)– ChatGPTが最注目するミームコイン第二弾で、ローンチ後の価値上昇が期待されている。新しいPlay-to-Earnモデルを通じて、市場価値1億ドルを目標に掲げている。
  • Smog Token(SMOG)– 購入やステーキングを通じてエアドロップが得られる、革新的な取り組みを導入したトークン。2024年の春節に合わせてローンチされ、ChatGPTがその将来性を期待している。
  • eTukTuk(TUK)– EVトゥクトゥクを通じて、交通と経済の変革を目指すSDGsに貢献する仮想通貨。プレセールで既に200万ドルの売上を記録している。
  • Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– 誰でも簡単にビットコインマイニングを始められるクラウドマイニングサービス。ChatGPTがマイニングの権利を得られるという新しいアプローチに注目している。

ChatGPT(チャットgpt)が推薦した仮想通貨は、当サイトCryotonews Japanも注目を置いているおすすめ仮想通貨ばかり。仮想通貨市場の未来を形作るこれらのプロジェクトを新たな投資先として検討してみてほしい。

ChatGPT(チャットgpt)による各仮想通貨の将来性予想【2024年】


仮想通貨の未来は予測が難しく、日々変動している。以下では、ChatGPT(チャットgpt)を使って、仮想通貨の将来性についてまとめた。各仮想通貨の買い方もまとめているため、ぜひ参考にしてほし。

①Dogecoin20(DOGE20)

Dogecoin20(DOGE20)は、愛らしい柴犬をモチーフにしたミームコイン。オンチェーンステーキング機能によるパッシブ報酬の獲得や、NFTゲームに匹敵する稼ぎ方が期待されている。

Dogecoin20のフェーズ別ロードマップには、プレセールの開始、マーケティング戦略の展開、早期ステーキングインセンティブの提供、UniswapでのDEXローンチなどが含まれている。これらの情報を踏まえて、ChatGPTにDogecoin20の将来性について聞いてみた。

Dogecoin20は、そのオンチェーンステーキング機能や、将来的に仮想通貨取引所への上場が期待される点で、大きなポテンシャルを秘めている。特に、2024年から2030年にかけてのDogecoin20の価格予想は、投資家にとって大きな希望となる。

Dogecoin20は、ミームコインに興味がある方、不労所得を目指す方、次世代の大ヒットコインを探している方におすすめ。興味を持った方は、Dogecoin20の買い方を参考にして、下記の公式サイトからDogecoin20のプレセールに参加してみてほしい。

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

②Slothana(SLOTH)

Slothana(SLOTH)はSolanaブロックチェーンを基盤とした新しいミームコイン。このコインは、従来のミームコインと一線を画し、シンプルかつ革新的なプレセールを通じて短時間で約50万ドルの資金を調達した。特に注目すべきは、その背後にSMOGチームが関与しているという噂があり、このチームは以前にも仮想通貨市場で大きな成功を収めた実績があることだ。

Slothanaのロードマップは、プレセールの成功に続き、バイナンスなどの主要な仮想通貨取引所への上場が計画されており、取引量の増加と価格の上昇が期待される。また、SLOTHの価格予想において、2025年には仮想通貨のブルランが予想されており、Slothanaはその波に乗る可能性が高いとされている。以上の内容を踏まえて、ChatGPTにSlothanaの将来性について聞いてみた。

Slothanaは独特なミームコインとして市場に位置づけられ、その革新的なエアドロッププレセールと将来の取引所上場計画により、将来性が非常に高いと考えられる。特に、Solanaブロックチェーンの技術を利用している点は、取引の高速性と低コストを実現し、仮想通貨投資家にとって魅力的な選択肢となる。

仮想通貨投資のチャンスを掴みたい方は、SLOTHの購入方法を参考にして、下記の公式サイトからプレセールに参加してみてほしい。

プレセール開始日 2024年3月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
最低購入額 1ドル

③5thScape(5SCAPE)

5thScapeは、イーサリアムブロックチェーンを基盤に、ARとVRコンテンツ提供に特化した革新的なプロジェクト。1月から始まったプレセールは、既に大きな成功を収め、メタバース仮想通貨市場での今後の動向に大いに期待が寄せられている。

5thScapeの価格予想では、2024年に0.01ドルでトークンを上場させる予定。VRゲームの発売と合わせて、年末までにはその価格が10倍に跳ね上がる可能性を秘めている。2025年以降も、更なるゲームコンテンツの追加やAR/VR開発環境の導入により、価格は着実に上昇すると見られている。ChatGPTは5thScapeの将来性を以下のように考えている。

AR/VR市場の成長と融合が進むことを考えれば、5thScapeはこの分野のリーダーとなり得る大きな可能性を秘めている。特に、独自のVRヘッドセット開発や開発者向けマーケットプレイスの立ち上げは、市場に新たな価値を提供する。仮想通貨という枠を超えて、実世界の技術革新に寄与するポテンシャルを持っているため、長期的な投資対象として非常に魅力的だ。

ChatGPTの言う通り、長期的な価値上昇を狙う投資家におすすめ。5thScape 買い方も簡単。下記の公式サイトからプレセールに参加してみてほしい。

プレセール開始日 2024年1月10日
購入方法 ETH、BNB、USDT、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最低購入額 1ドル

④Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2(SPONGEV2)は、初代スポンジボブトークン、Sponge V1の成功を受け継ぐ形で登場した新たなミームコイン。特に、ステーク・トゥ・ブリッジモデルの導入に成功し、初期投資家には仮想通貨プレセールへの優先アクセスが付与される点が注目されている。

Sponge V2のロードマップでは、初代トークンのステーキングによる報酬や強力なマーケティング戦略により、長期的な成長を促進することを目指している。ChatGPTが考えるSponge V2の将来性を下記にまとめる。

ChatGPTとしては、Sponge V2の将来性は非常に明るいと考えられる。特に、初代トークンが示した驚異的な成長率と、続投プロジェクトに対する強固なコミュニティの支持は、Sponge V2が仮想通貨市場で成功を収める強力な土台となるだろう。

ChatGPTが分析やSponge V2価格予想を踏まえたうえで、Sponge V2の買い方を参考にプレセールに参加してみてほしい。プレセールは下記の公式サイトからアクセスできる。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
最小購入金額 なし
最大購入金額 なし

⑤Smog Token(SMOG)

Smog Token(SMOG)は2024年、有力レイヤー1ブロックチェーンのSolana上でリリースされた最新ミームコイン。大型のエアドロップ企画や、フェアローンチの形式を採用していることで知られ、Smog Tokenの購入方法には新しいアプローチを導入している。

2024年から2030年にかけてのSMOGの価格予想では、始めのうちは急速な価格上昇が予想され、以降も緩やかながら安定した成長が見込まれている。ChatGPTが考えるこのコインの将来性は以下のとおり。

ChatGPTはSMOGに高い将来性を見ている。特に、エアドロップやマーケティング戦略が功を奏し、コミュニティの急速な拡大が予測される。また、仮想通貨取引所への上場や、フェアローンチの採用は、SMOGが持続可能な成長を遂げるための重要な要素となる。

SMOGは、ミームコイン投資に興味がある人や、長期的な受動収入を目指す人におすすめです。ChatGPTの見解を参考にしつつ、興味を持った方は、下記の公式サイトからSmog Tokenのプレセールに参加してみてほしい。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最低購入額 なし

⑥eTukTuk(TUK)

eTukTuk(TUK)は、省エネルギーで持続可能な運用が可能なレイヤー1チェーンBSC(バイナンス・スマート・チェーン)上で運用される仮想通貨。プロジェクトの目標は、発展途上国の交通インフラを刷新し、SDGs社会の実現に貢献すること。

2024年から2030年にかけてのeTukTukの価格予想を見ると、プロジェクト認知の拡大や大手取引所への仮想通貨上場、EV充電ステーションの設置やドライバーアプリの導入など、具体的な展開計画が予定されている。これらの計画を踏まえて、ChatGPTが考えるこの仮想通貨の将来性について以下にまとめる。

eTukTukが目指す持続可能な社会の実現というビジョンと、実用的なプロジェクト展開を高く評価している。特に、環境問題への貢献や発展途上国のインフラ改善は、将来的に大きな影響を与える要素である。これらの点から、TUKトークンには大きな将来性があると考えられる。

ChatGPTが示した将来性のとおり、eTukTukはプレセールでは既に230万ドルを調達し、注目の仮想通貨として名前が上がる。興味を持った方は、今がチャンス。eTukTukの買い方を見ながらプレセールに参加してみてほしい。

プレセール開始日 2023年11月
購入方法 BNB、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC
最低購入額 1ドル

⑦Bitcoin Minetrix(BTCMTX)

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、10ドルからビットコインマイニングに手軽に参加できるという特徴を持つアルトコイン。従来のビットコインマイニングは、高額なハードウェアやエネルギーのコストが障壁となっていたが、BTCMTXを通じて、これらの障壁を取り除く。

Bitcoin Minetrixの将来計画には、モバイルアプリの開発などが含まれている。投資の管理がさらに簡単になり、ユーザー体験が向上することが期待される。また、トークンの希少性や高い年率利回りなど、BTCMTXトークンには多くの利点がある。ChatGPTはBitcoin Minetrixについて以下のように予想している。

Bitcoin Minetrixの「ステーク・トゥ・マイン」方式は、仮想通貨マイニングへの参入障壁を大幅に下げることに成功している。これは、仮想通貨市場における新たなトレンドを生み出す可能性を持っている。さらに、プロジェクトの透明性とセキュリティの高さも投資家にとって魅力的なポイントだ。

Bitcoin Minetrixは今後のビットコインの動向にも影響を受けやすい。Bitcoin Minetrixの買い方とChatGPTの意見を参考に、プレセールに参加し、仮想通貨マイニングを始めてみてほしい。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
最低購入額 10ドル

復活のミームコイン


ミームコインは「オワコン」とも言われていた。2021年のトレンド入り後、長期的な弱気市場が訪れたためだ。多くの銘柄で大幅下落を記録し、過去の産物に成り下がったと見なす人が多かった。

2024年のミームコイン復活は、ジャンルの根強い人気を裏付けるものだ。用途を持たないネタ通貨であるのにも関わらず、市場最大の銘柄群のひとつとなっている。

14日現在、ミームコインは市場価値ランキングのトップ11に2銘柄を送り込んでいる(ドージコインと芝犬コイン)。新しいコインの中では、Scotty the AIやSmogが好調だ。

仮想通貨の市場価値ランキング(Coinmarketcap)

市場価値ランキング(Coinmarketcap)

ミームコインは価格予想が難しいのも特徴だ。景況感に影響を受けやすく、自力で価格上昇を達成するのが難しい。投資の際は、市場指標を包括的に分析したデータ主導のアプローチが必須となる。

そこで今回、ChatGPT(チャットgpt)に最も買い時のミームコインを聞いてみた。意外な回答からは、困難を極める投資判断への最適解が見えてくる。

ChatGPT「SPONGE V2は上場後に爆上げの可能性」


ChatGPT(チャットgpt)によると、SPONGE V2は最もリターンの大きなミームコインのひとつだ。ローンチ(上場)後に急激な価格上昇が見込めるとし、数々の指標が将来性の高さを物語っているとした。

指標のひとつに挙げられるのが、上昇を続ける市場価値だ。先代のSPONGEトークンは1億5000万ドルまで上昇しており、史上最高値を更新し続けている。

SpongeV2プレセール

続編のV2トークンは、熱狂的なファンの多いSPONGEコミュニティに支えられている。コミュニティメンバーは3万人を超えており、先代同様の価格上昇に期待が募る。

SPONGE V2は、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn)ゲームもローンチ予定だ。V1にない用途を付加することで、差別化と長期的な価格安定が可能と見られる。

ChatGPTが「SPONGEV2買い」と判断したのは、こうした好調な市場指標が原因だ。主要取引所への上場も間近に迫っており、バイナンス上場予定も期待されている。

実現すれば、時価総額で10億ドルに達する可能性も。SPONGE V2は公式サイトで販売されており、今購入した人は数十倍単位のリターンが見込める。

Scotty the AIも人気


SPONGE V2と並んで人気のコインもある。Scotty the AI(SCOTTY)はAI系アルトコインの急先鋒で、ここ数週間で売り上げを倍増させている。ミームコインと人工知能を結びつけるプロジェクトは珍しく、詳細な将来設計も高い評価を得ている。

AIは成長分野で、SCOTTYは市場拡大による自然発生的な投資に期待できる。仮想通貨ICOは最終段階に突入しており、仮想通貨取引所上場へのカウントダウンも始まった。

現在、1日当たり100万ドル近くのSCOTTYが販売されている。目標調達額は750万ドル。すでに650万ドル近くを調達しており、販売終了は間近だ。

Scotty the AIが人気なのは、人工知能を活用した取引分析機能があるため。スマートコントラクトを分析し、詐欺の早期発見を可能にする。

トークンスワップ機能やコミュニティ向けのチャットボット機能も搭載。年間収益率(APY)の高いステーキングも魅力だ。一定期間トークンをホールドすると、保有数に応じて高いリターンが得られる。

上場時は10〜15倍の価格成長を見込む。購入はカードか暗号資産で、公式サイトで販売状況が確認できる。

まとめ:ChatGPT(チャットgpt)による仮想通貨予想も参考に


仮想通貨の今後や市場動向を予想する際、ChatGPT(チャットgpt)のようなAI技術を参考にすることは有益である。ChatGPT(チャットgpt)は、大量のデータから学習し、その情報を基に市場の動きやトレンドを分析する能力を持っているからだ。投資家や市場分析者はより精度の高い予測を立てることが可能になり、投資戦略を練る上での有力な支援を得ることができる。

しかし、AIによる予想も完璧ではないため、これを一つのツールとして利用し、爆上げ仮想通貨に対して多角的な分析を行うことが重要である。当サイトCryotonews Japanは暗号資産(仮想通貨)の専門家が分析した情報や知見を共有している。ぜひブックマークの上、日頃の情報収集に役立ててほしい。