eTukTukの買い方、購入方法を解説|TUKとは何か?

根津栄作
| 11 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

水色と白色の2色で彩られたトゥクトゥク

本記事では、暗号資産(仮想通貨)eTukTuk(TUK)の買い方を分かりやすく説明します。TUKトークンは2024年注目の省エネ仮想通貨。発展途上国で電動タクシーを普及させ、地球環境に貢献するのが目的です。

購入先や対応通貨など、暗号資産(仮想通貨)TUKの買い方・購入方法に関する情報をまとめました。環境クリーンなプレセール仮想通貨に投資したい人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。記事の後半では、eTukTukの将来性も分析しています。

eTukTukの買い方|2024年版


eTukTukの買い方を簡単にまとめました。ゼロから始める場合は【本人確認書類】【クレジットカード(デビットカード)】【トークン購入用の資金】が必須となります。パソコンとスマホのどちらでも購入可能で、暗号資産ウォレットはアプリとブラウザ拡張機能の両方が利用できます。

  • ステップ①|仮想通貨ウォレットを入手
  • ステップ②| ETH、BNB、または USDT トークンの購入
  • ステップ③|公式サイトから購入金額の入力→ウォレットの接続
  • ステップ④|TUKを購入

ステップ①|仮想通貨ウォレットを入手

メタマスクのホーム画面

まず、TUKトークンを購入して運用するのに必要なデジタル資産ウォレットを用意します。どれも無料でダウンロードできるほか、アプリとブラウザアドオンのどちらかを選択して利用できます。おすすめはMetaMaskで、eTukTukは他にもCoinbase WalletとWallet Connectに対応しています。

デスクトップを使う場合は、拡張機能をデバイスに追加、モバイルユーザーは、ウォレットのアプリをダウンロードして、アカウントを作成しましょう。

ステップ②| ETH、BNB、または USDT トークンの購入

プレセールでは、TUK と互換性のあるトークンとスワップすることが可能です。購入には、Ethereum (ETH)、BNB (BNB)、Tether (USDT) のいずれかが必要になるため、取引所で購入し、ウォレットに送金しましょう。クレカで直接購入することもできますが、その際は高額な手数料がかかりますので注意しましょう。対応通貨はイーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)などは、どれもおすすめ仮想通貨に名を連ねる有名コインです。

ステップ③|購入金額の入力→ウォレットの接続

etuktukのプレセール購入画面

ウォレットの準備と入金が完了したら、eTukTuk プレセールのサイトへアクセスしましょう。公式ページ右側の購入ウィジェットにて金額を入力後、「ウォレット接続」ボタンをクリック。お使いのウォレットを選択し、画面の指示に従ってプレセールウェブサイトに接続してください。

ステップ④|TUKを購入

ウォレットが接続されると、プラットフォーム上に購入注文ボックスが表示され、選択した通貨での取引金額が記載されています。

購入する準備が整ったら、「購入」ボタンをクリック。トークンは、プレセール終了後とロック期間が完了した後にウォレットに送付されます。

eTukTukとは?


eTukTukとは、タイやスリランカなどの発展途上国で二酸化炭素の削減に取り組むプロジェクト。現在はプレセール段階にあり、1TUK = 0.02775ドルで販売しています。

エコ系仮想通貨は他にもありますが、eTukTuk最大の特徴は目に見えた成果を上げているということ。すでにスイスはダボスで行われた環境フォーラムで紹介されており、スリランカ最大の企業グループであるCapital Maharaja Groupとの提携も発表されました。

  • 環境分野で注目を集めるグリーンな暗号資産
  • 国際会議で取り上げられた本格派プロジェクト
  • パートナーのキャピタル・マハラジャ・グループはスリランカ最大のコングロマリット

「イートゥクトゥク」という名前は、東南アジアはタイでの三輪自動車の通称(トゥクトゥク)に由来します。排気音(トゥクトゥク)に電動車のEをつけた名前は、化石燃料から電気エネルギーへの移行を象徴していると言えるでしょう。

独自開発のアプリを配布予定で、EVの利用者にトークンを還元する仕組みを構築しています。カーボンフットプリント削減の取り組みを民間に広める取り組みは、各国政府から支援が受けられる可能性も示唆。

EV市場が成長傾向にあるのも追い風となり、eTukTukは2024年に最も注目を集めるトークンのひとつとなっています。年平均で35%以上の成長を見込む電気自動車産業に根ざすことで、将来性ありと見込む投資家から多額の投資を確保。

TUKの詳細情報は、以下の項目から確認できます。仮想通貨の購入方法は、記事の後半部分をご覧ください。

TUKトークンの詳細情報


TUKは、eTukTukのネイティブトークン。ステーキングから不労所得が得られるほか、EV運転の報酬還元アプリで使用される通貨でもあります。

価格

0.02775ドル

目標調達額

5,693,500ドル

累計調達額

1,666,480ドル

総供給量

20億トークン

ブロックチェーン

バイナンススマートチェーン

購入方法

ETH、BNBUSDT、カード

eTukTuk購入方法は仮想通貨プレセールに限定されており、投資の際はバイナンスコイン(BNB)、リップル(USDT)、クレジットカードのいずれかが必須。仮想通貨ウォレットも必要となるため、分からない人は後半のTUK買い方の項目をご覧ください。

TUKトークンに投資する際のポイント


eTukTukは、ブロックチェーン技術を活用して、決済と取引の安全性を確保する、世界初の自動車プロジェクトです。eTukTukの主な目的は、発展途上国の都市部と郊外地域に電気自動車充電設備(EVSE)を設置すること。高速取引と低い手数料が特徴で、既存の決済方法(カードや電子マネーなど)に取って代わる次世代のペイメントシステムです。

  • 東南アジアのキャッシュレス化を促進
  • 途上国のインフラ整備に寄与
  • 活動家を中心に投資が相次いでいる
  • P2Eゲームの開発が本格化

将来性が高く評価された結果、TUKは現在までに160万ドル以上を売り上げています。リリース後3か月での大台突破は異例なことで、環境志向の投資家からの大口投資があった模様です。

120万ドル突破時点で、Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)ゲームの開発加速が発表されました。ゲームの詳細は、まもなく公式サイトで発表される予定。スリランカに続いてシンガポールでも展開する予定で、TukStation(報酬還元アプリ)も急ピッチで開発が進んでいます。

今年後半には、EV供給設備の候補地が発表される可能性も。実現すれば地元メディアで取り上げられることは間違いなく、国際的な知名度向上にも期待できます。現在はICO価格で提供中のTUKですが、プレセールは数日おきに値上がりするのが特徴。

上場時の価格は0.04ドル前後となる模様。現在価格から50%以上の値上がりで、現時点で投資した人は価格変動から利益を創出できる可能性大。イーサリアムの値段と比較しても、手が届きやすく低額で投資できるのが魅力です。

今はステージ13にあるeTukTukですが、数日後には次ステージ進出も予定されています。最新価格は、公式サイトで確認してみてください。

eTukTukとステーキング


eTukTukの説明

報酬還元アプリやP2Eゲームの提供予定もあるeTukTukですが、主な用途はステーキング(トークンの長期保有)による受動収入の創出となります。eTukTukの現在のAPY(年率利回り)は145%で、通常の株銘柄(最大10%程度)と比べて特段高いレートが魅力。

ステーキング報酬額は、次の3点によって決定します。

  1. 保有しているTUKトークンの数
  2. ステーキング期間(最低2か月)
  3. TUKの時価

このうち1と2は自身で決定することができ、より多くのトークンをより長期間にわたって保有した人に最大の報酬が与えられます。長期保有はトークン価格の安定化にも寄与するため、将来性ありと判断した仮想通貨銘柄は長期保有がおすすめです。

eTukTukは、ステーキング報酬の獲得条件として最低2か月のロック期間を設けています。現時点で明らかになっている情報を以下にまとめました。数字は常に変化する可能性があるため、最新情報は公式サイトで確認してみてください。

現在のAPY

145%

ステーキング済みトークン数

34,400,557トークン

現在の報酬額(BSCブロックごと)

4.75

最低報酬量

4,166,66620239月)

最高報酬量

79,999,99220268月)

3の「TUKの時価」に関しては、長期的な価格変動の影響を考慮する必要があります。アルトコインは価格変動が激しく、TUKも例外ではありません。ただし、現在のプレセール段階は同一ステージ内であれば価格が変化することはなく、次ステージ進出時には530%程度上昇することが確定しています。

現在のeTukTuk価格は0.02725ドルで、全ステージ終了後の取引所上場時には0.04ドルまで上昇することがほぼ確定しています。現時点でTUKを購入した人は、少なくともプレセール終了時までは価格面で損する可能性は低いと言えるでしょう。高額トークンは手が届かないという、ビットコインの初心者にもおすすめ。

ステーキング用として4億個以上のTUKが取りおかれており、上場価格換算で1600万ドル(20億円)の高額報酬が獲得可能です。ロック期間を経た人すべてが対象となりますので、少額だけ購入して低リスクで受動収入を得ることもできます。

eTukTukトークノミクスとプレセール


TUK は、20億トークンの総供給量を持ち、そのうち21.5%がステーキングを通じて提供、 ステークされたトークンによって流通供給量が減少するため、需要が急増すれば価格上昇が期待できる設計です。

トークン供給量の多くは、現在進行中のトークンプレセールに割り当てられていますが、 プレセール期間中は、合計3億トークンしか購入できません。本稿執筆時点では、プレセールラウンドでは1 TUK が 0.04ドルで販売中。

同時に、投資家はライブコミュニティセールを通じて、0.024 という40%割引価格で TUK を購入することもできます。そして、プレセール開始以来、 すでに「4分の1以上」のトークンが配布されており、時間と共に供給量が減っています。もし興味のある方はプレセールが終了する前に、プレセールに参加してみることをオススメします。

eTukTuk のホワイトペーパーによると、大手仮想通貨取引所に上場されたときに伴い、トークン流動性維持に活用され、トークン供給量の7%が割り当てられるとのこと。また、eTukTuk チームには、トークン供給量の9%が割り当てられています。

eTukTukとロードマップ


Ken Nizamのプロフィール(出典:フォーブス)

Ken Nizamのプロフィール(フォーブス

仮想通貨の将来性を見極めるには、ロードマップ(将来計画)の精査が欠かせません。eTukTukの買い方を説明したところで、TUKの今後の予定について見ていきます。eTukTukは4つのフェーズからなるロードマップを掲げており、それぞれのフェーズは以下のように名付けられています。

  1. 概念化(Conception)・・・プロジェクトの基本的な枠組みが策定される段階です。すでに終了しており、この段階で国際会議での紹介や各種企業との連携が発表されました。ホワイトペーパーを起草する期間でもあり、完成したホワイトペーパーは公式サイトからダウンロード可能。
  2. プレセール(Presale)・・・現在の段階で、eTukTukの購入方法やプロジェクト詳細の周知が行われます。販売状況はメディアを通じて発表されるため、継続して話題を提供する手段としても優れています。レイヤー2のサイドチェーンとしてopBNBが発表されており、ドライバーアプリ(Tuk Station)の開発も開始される予定。目標ユーザー数は8万人としています。
  3. ローンチ(Launch)・・・ローンチフェーズは、トークン請求と報酬獲得が可能になる段階。仮想通貨の上場予定一覧にも名を連ねており、上場後はeTukTuk購入方法も一気に増加する予定。上場時点での売り注文を回避するため、スリランカでの充電ステーション設置、地元政府との協力関係の発表など、話題性抜群の予定が多数計画されています。
  4. 成長(Growth)・・・プロジェクトが軌道に乗り、トークン価格が継続して上昇する段階。アプリのリリース、充電ポイント数が200を突破を経て、独自のEV車両を年末までに6000台生産することが目標です。その後は第二の参入国が発表される予定で、太陽光ステーション設置による他事業化の可能性も仄めかしています。

凄腕の運営メンバー

野心的な計画を多数掲げるeTukTukですが、成功の可否は運営チームの手腕にもよると言えます。TUKチームを支えるのは凄腕経済アナリストで事業家のMohit Ahuja。その他にもアジアトークンファンドグループの創設者でCEOのKen Nizamなど、実績付きのWeb3.0専門家が勢ぞろい。

豪華メンバーを強調したマーケティング文もあり、eTukTukの信頼性を大きく向上させていると言えるでしょう。米経済紙『フォーブス』で紹介されるような大物の存在により、TUKのマイルストーン達成は現実味を帯びています。

eTukTuk買い方|よくある質問


eTukTukの買い方に関して、よくある質問をまとめました。

Q1:eTukTukの上場先は?

eTukTukは、買い方が公式サイトのみに限定されている上場前の暗号資産です。販売終了後はCEX、DEX両方に上場する予定です。上場時の価格は0.04ドルとなる見込みで、現在の購入可能価格(0.02725ドル)から50%値上がりする模様です。

Q2:eTukTukに将来性はある?

eTukTukは、成長市場で勢いを増す注目資産です。政府・企業とのパートナーシップを重視しており、ローンチ前から実績のある数少ない銘柄のひとつでもあります。TUKは160万ドル以上を調達しており、将来性ありと見る投資家が多いようです。また、ビットコインの予想が楽観的なことからも明らかなとおり、景況感に恵まれているのもポイントです。

Q3:eTukTukの購入方法は?

以下の手順で購入可能です。

  • ステップ①|仮想通貨ウォレットを入手
  • ステップ②|ETH、BNB、または USDT トークンの購入
  • ステップ③|公式サイトから購入金額の入力→ウォレットの接続
  • ステップ④|TUKを購入

なお、クレカで直接購入も可能で、購入にはデジタル資産に対応したウォレットが必須。爆上げ仮想通貨TUKの詳しい買い方は、本記事の購入方法の項目をご覧ください。

まとめ|eTukTukの購入方法


本記事では、eTukTukの買い方、購入方法を解説について解説しました。eTukTukは、ブロックチェーン技術を活用して、決済と取引の安全性を確保する、世界初の自動車プロジェクトで、発展途上国の都市部と郊外地域に電気自動車充電設備(EVSE)を設置することを目的にしています。

ユーティリティトークンとしての側面を持ちつつ、高いAPYから高額のステーキング報酬も獲得可能。プレセール期間中は、合計3億トークンしかを購入することができず、執筆時点では、プレセールラウンドでは1 TUK が 0.04ドルで販売中です。

東南アジアや発展途上国などで普及していくEV事業と仮想通貨を組み合わせた画期的なプロジェクトなので、TUKの価格予想でも爆益リターンを狙っていける仮想通貨として期待されています。また、競合コインが気になるという人は、2024年ミームコインまとめもご覧ください。