ブラジルの仮想通貨詐欺会社がボルソナロ選挙キャンペーンに12万2000ドルを寄付と議員が報告

Yamada
| 2 min read

ブラジル国旗と投票箱

出典:vepar5/Adobe

ブラジルの仮想通貨ピラミッド疑惑の投資家が、「詐欺」の背後にある会社がジャイール・ボルソナロ元大統領の2018年選挙キャンペーンに12万2000ドル以上を寄付したと主張しました。

O Globo紙によると、この疑惑は最近の議会公聴会で明らかになったもので、国の議員たちがブラジルの仮想通貨ピラミッドが疑われる数々の有名な事件について調査を続けています。

同メディアは、仮想通貨ピラミッドとされるAtlas Quantumの「元投資家」であるMateus Mullerという人物による主張だと報じました。

Mullerは、この件に関する情報源はAtlasの前財務責任者であるCarolina de Almeida Costaだと語りました。

Mullerは、Carolina de Almeida Costaが、Atlasがボルソナロ陣営への献金疑惑を含む多くの「重要な」疑わしい取引をしたことを「証明する」メッセージを送ってきたと述べました。

さらに、この寄付は「弁護士やAtlas取締役会に関係する人々」を通じて行われたと付け加えました。

彼は公聴会の出席者にこう語りました。

「Carolina de Almeida Costaを召喚することを提案する。彼女はこの情報を提供した。彼女はAtlasの最高財務責任者だった。」

Mullerはまた、Atlas Quantumの共同設立者であるRodrigo Marquesの元妻、Ester Bragaを召喚すべきだと述べました。

彼はBragaが「会社の元上級幹部」だと主張しました。

そして、BragaとCarolina de Almeida Costaの両氏は、議員たちが興味を持つような「追加情報を持っているかもしれない」と述べました。

ボルソナロは2018年に当選し、翌年就任しました。

しかし、Francisco Costa議員(PT-PI)の質問に対し、Mullerは寄付は「2018年から2019年の間に」行われたと答えました。

さらに彼は、寄付金が「正式に登録されたかどうかはわからない」と付け加えました。

同メディアは、ボルソナロ氏が以前、2018年の選挙に向けて100万ドル弱の寄付を受けたと同国の最高選挙裁判所に伝えていたと指摘しました。

一人の寄付者が12万2000ドルを寄付したという記録はないようだ、とO Globoは書いています。

Mullerはさらに、Atlasを適切に調査しなかった警察当局の捜査官を非難し、警官が会社をかばうことに「加担 」していた可能性を示唆しました。

しかし、議員たちはMullerに異議を唱え、疑惑を裏付ける証拠を提出するよう要求しました。

過去12ヶ月のBRL価格とビットコインの比較

過去12ヶ月のBRL価格とビットコインの比較(出典:XE.com)

ブラジルの「仮想通貨ピラミッド」はいかにして投資家を惹きつけたのか?


Atlas Quantumは2018年にサンパウロで設立されました。

その創設者は、自動取引ボットが投資家に代わってビットコイン(BTC)取引を行い、「一定の」利益の流入を「保証する」と主張しました。

しかし、投資家たちは2018年後半から支払いを受けられないと不満を漏らし始めました。

翌年、正式な調査が開始されました。

国会議員たちはそれ以来、サッカーのスーパースターであるロナウジーニョのような人物を取り調べ、仮想通貨詐欺の容疑者を裁こうとしています。

7月、警察は、仮想通貨詐欺の疑いがあるもう一つの有名なBraiscompanyのオフィスを調査しました