4億ドルの資金洗浄に関与したOneCoin弁護士が再審理を拒否される

Yamada
| 2 min read

OneCoin

出典:Svetoslav Radkov/Adobe

2019年にOneCoin仮想通貨詐欺で4億ドルの資金洗浄を行なった罪に問われている弁護士、Mark Scott氏は、新たな裁判を拒否されました。

Bloombergの報道によると、被告側は原審での虚偽証言などいくつかの法的ミスを挙げていたにもかかわらず、再審請求は裁判所によって却下されました。

Scott氏は、OneCoinの創始者であるRuja「Cryptoqueen」Ignatovが広めた詐欺スキームで4億ドルを洗浄する計画で、この弁護士が5,000万ドルを稼いだと検察が申し立てた後、2019年に銀行詐欺の共謀とマネーロンダリングで有罪となりました。

彼はさらに、詐欺で得た不正な収益を、高級住宅、ヨット、3台のポルシェなどの購入に充てたとして告発されました。

彼の申し立てによると、政府証人を含む検察側証人は原審で偽証したと主張しています。

Runa Ignatov氏の弟で政府側証人のKonstantin Ignatov氏は証言台で嘘をついたと言われていますが、Edgardo Ramos連邦地裁判事は「無実の人間が有罪判決を受けた可能性がある」と述べ、再審請求に反対しました。

一方、Scottの弁護団は、最近の事実が明らかになるなか、彼らのクライアントが再び裁判の機会を奪われたとして、判決に失望を表明しています。

政府の唯一の協力証人が偽証したという議論の余地のない証拠があるにもかかわらず、裁判所が再審を認めなかったことに失望している。」と述べています。

OneCoin: 過去を振り返る


2014年に開始されたOneCoinは、投資家に高収益を約束するビットコインの潜在的なライバルとして注目されました。しかし、現在では最大のマルチ商法の一つとして有名です。

350万人以上が騙され、40億ドル以上を巻き上げました。衝撃的な事実は、このコインが世界の投資家向けに販売され、実際の価値はなかったことです。

9月12日、OneCoinの共同設立者であるKarl Greenwood氏は、OneCoinの取引で5%の手数料を儲けていたとして、3億ドルの罰金を含む20年の禁固刑を言い渡されました。

彼はタイから身柄を引き渡され、罪を認めた後、2018年から拘留されています。

「Cryptoqueen」は追跡不可能なまま


crypto queenと呼ばれるRuja Ignatov氏は、OneCoinのメルトダウンの余波で逃亡を続けています。

彼女は2017年10月にギリシャ行きの飛行機に搭乗して以来消息不明で、10万ドルの内部告発報奨金とともにFBIの10大最重要指名手配リストに掲載されたままです。

最近、ロンドンにある物件との関連が報じられたが、彼女の死去が伝えられています。

彼女は現在も逃走中ですが、Greenwood氏、法務部の元責任者Irina Dilkinska氏、「crypto queen」の同僚Christopher Hamilton氏など、複数の共謀者が逮捕されています。