柴犬コインの新たなライバルPoodl Inu、2024年に10,000%の成長となるか

Shunsuke S.
Shunsuke S. | 監修: Yamada
| 3 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

トップミームコインとのレースに参加するPOODL

Poodl Inu(POODL、プードル)は、2024年の注目ミームコインとして取り上げられる機会が増えています。Poodl Inuはプードルをテーマとしたミームコインですが、その強気で大胆なプロジェクトの姿勢がコミュニティを魅了。

このプロジェクトは可愛らしいプードルのイメージや、従来のミームコインの概念とはかけ離れ、独特の雰囲気を作り出しています。

本記事では、ドージコインや柴犬コイン、ボンクなどの人気が高い犬コイングループに、新しく加わったPoodle Inuコインについての概要とその魅力をお伝えします。

ドージコイン以来最高の犬であると主張するPOODL


ドージコインとの差別化を図るPOODL

Poodle Inuは、公式サイトで自らを「ドージコイン以来最高の犬(dopest dog since doge)」であると強気に主張しており、コミュニティを惹きつけています。

このようなPoodle Inuの発言は印象的であることから、次のミームコイン・ブームの火付け役になるかもしれないとする投資家も。

またPoodle Inuは、プロジェクトが提案する多様な性質を持ったエコシステムによって、投機的な熱狂を生み出すだけではなく、有機的なトークン需要を促しています。

このようなチームの戦略は、幅広い投資家層へPOODLをアピールすることを可能にし、市場が暴落するようなことがあってもPoodle Inuが回復できるように計画されています。

ミームコイン分野では、自信を持つことが重要とされているため、大胆で型破りな口調で宣伝するPOODLは、プレセールの短期間で脚光を浴びています。

https://twitter.com/poodlinu/status/1765761193548071069

Poodle Inuコミュニティ重視のトークノミクス


DEX(分散型取引所)での上場は、Poodl Inuのエコシステムにとって重要な要素の1つ。POODLはトレンドに敏感なミームコインですが、トークノミクスはコミュニティ重視の姿勢を取っており、大きな野心を抱いています。

Poodl Inuの目標はユーティリティ(実用性)を通して、投機的な取引を超えたトークン需要を確保することで、最初のFOMO(取り残されたりすることへの不安)が弱まった所で価格に大きな影響を与えることです。

投資家は新たな手段を模索していますが、ユーティリティ・インフラは市場におけるトークンの長期的な価値を支えていくでしょう。Poodl Inuのステーキングシステムも、トークンの価格パフォーマンスに貢献していくだろうと考えられます。

ステーキング報酬と実用的なアプリに対する需要を合わせると、Poodl Inuはミームコイン・チャートでトップ5のポジションを獲得できるポテンシャルを秘めているといえます。

Poodl Inuと柴犬コイン、どちらに投資するのが適切か?


POODLのロードマップ

柴犬コインは、つい最近のブルラン(強気相場)でベスト・パフォーマーの1つとして話題になりました。勢いのある柴犬コインの価格上昇により、投資家はここ数週間で大きな利益を獲得し、歓喜に沸いています。

ぺぺやボンク、ドッグウィフハットのようなトップ・ミームコインもまた、ビットコインの半減期前のラリーと仮想通貨市場への流入する投資家の増加が重なっていることから、今年は際立って好調な動きを見せています。

これらコインの高騰は、扱い方次第ではミームコインから莫大な利益を得られる可能性があることを証明。そのため、ボラティリティを上手く管理できる戦略的な投資家にとって、時価総額の低いミームコインはお宝となり得る資産となっています。

柴犬コインは現在、約150億ドルという大きな時価総額を誇っており、ミームコインコミュニティにおけるプロジェクトの強い信頼性が表れています。しかしながら、大きなリターンを狙う一部の投資家は、成長の余地が限られていると感じています。

柴犬コインの過去4年間における4119万6436.78%の急成長は、数字を見るとかなり印象的ですが、コインがすでに成長してしまっている以上、このような素晴らしい成績を再び叩き出すことは難しいかもしれません。

ここ数年のミームコイン市場のパフォーマンスに注目してみると、戦略的投資家が継続的に利益を得るためには、ポートフォリオの見直しが必要とされています。

実際に一部の投資家たちは、時価総額の高い仮想通貨から得た利益の一部を、指数関数的なリターンを狙って有望な新規通貨に再投資しています。新しいミームコインは、10倍から100倍に高騰する可能性を秘めているため、これは理にかなっているといえるでしょう。

したがって、リスクをとってより大きなリターンを狙いたい場合は、柴犬コインではなくPoodl Inuのようなトレンドの新しいコインを選択した方がいいかもしれません。

期間限定のPOODLプレセールが開催中


ここ最近でPOODLのプレセールへ投資家が殺到していることから、予定よりも早く販売終了となることが予想されています。POODLのステーキングは、プレセール段階から行うことができます。

次の大きな成長ポテンシャルを秘めているミームコインを探している投資家にとって、拡散力と実用性を備えているPOODLはいい選択肢となるかもしれません。

POODLが取引所へ上場すれば、数日で10倍から15倍の価格高騰を見せると考える投資家もいます。そのため、Poodl Inuプロジェクトに興味のある方は、公式サイトでプレセールをチェックし、早期参入を検討してみてはいかがでしょうか。