OndoとAxelarがOndo Bridgeのために力を合わせる

Yamada
| 1 min read

OndoとAxelarがOndo Bridgeのために力

トークン化されたセキュアノートを発行するOndo FinanceとWeb3クロスチェーンプラットフォームのAxelarは11月13日(月)、ブロックチェーン間でのOndoトークンの移動を容易にするために設計されたクロスチェーンメカニズムであるOndo Bridgeを発表しました。

より安全で優れた利回りを生むステーブルコイン


「より優れたステーブルコインへの需要は高まっており、それは単一のWeb3エコシステムに限定されるものではありません。」とOndoの創設者兼CEOであるNathan Allman氏は述べています。「Ondo Bridgeにより、どこにその需要が存在しても、優れた安全な収益を生み出すステーブルコインで応えることができます。」

2023年4月、Ondo FinanceはUSDYをリリースしましたが、これは「米国債と銀行預金を担保とする世界初のトークン化された債券」です。

「仮想通貨はすべての人のための金融包摂に関するものであり、成熟した金融構造と投資家保護を備えた収益性のある商品を個人投資家と機関投資家の両方に提供できることにわくわくしています」と、債券発行時にOndo FinanceのCEOであるNathan Allman氏は述べました。「USDYは、収益を共有し、従来のステーブルコインよりも改善された透明性とセキュリティを提供することにより、よりグローバルでデジタルネイティブな方法で貯蓄し、支出を求める投資家の世界を拡大します。」

Ondo Bridgeは、これらの収益性のあるトークンの発行をサポートし、流動性を促進しながら価格の安定を保証します。

実世界の資産を安全かつ効率的に


さらに、Ondo Bridgeには「焼却と鋳造」システムが備わっており、従来の包括的資産からのリスクを軽減するという革新的な戦略を提供します。

「私たちはAxelarと提携し、最先端のマルチチェーン通信の基本原則と革新的なOndoリスク管理レイヤーを組み合わせることで、Ondoトークン保有者が安全かつ効率的な方法で実世界資産(RWAs)をブリッジできるよう支援します」とOndo Financeのウェブサイトには記載されています。

「Axelarのプログラマブルなクロスチェーンプラットフォームにより、OndoはUSDY供給を容易かつ自動的に管理できるようになり、あるチェーン上での実世界資産(RWAs)のトークン化された表現を焼却して、別のチェーン上でそれらを鋳造することができます」と、新技術に関するプレスリリースで読むことが可能です。

ユーザーにより良い製品を提供するためのツール


CircleのCross-Chain Transfer Protocolにインスパイアされたこのプログラムは、セキュリティの強化と価格の安定を約束しています。50以上のブロックチェーンネットワークをサポートするWeb3プラットフォームは、ブリッジをサポートするために独自のクロスチェーン流動性ルーターであるSquidを利用します。

DefiLlamaによると、Ondo Financedの評価額は2億ドルを超えています。また、現在USDYは3,500万ドル以上で評価されています。

「ネイティブステーブルコインは包括的なバージョンよりも好まれますが、複数のチェーンにわたる供給を管理することは複雑です」とAxelarのCEO兼共同創設者であるSergey Gorbunov氏は発言。「AxelarとOndoは一緒になって、ステーブルコインの革新者がユーザーにより良い製品を提供するためのツールを実現するソリューションを先導しています。」