Mixin Network創設者が2億ドルのハッキングに対処、ユーザー資産の半分しか安全でないと発表

Yamada
| 1 min read

コードの羅列

出典:Pexels

Mixin Networkの創設者であるFeng Xiaodong氏は、ライブストリームで2億ドルのハッキングに対処し、当初はユーザーの資産の半分のセキュリティしか確保できなかったと述べました。

Mixin Networkは本日未明、同社のクラウド・サービス・プロバイダーのデータベースが大規模なハッキングを受け、2億ドル相当のユーザー資産が流出したことを明らかにしました。

「ビットコインであれイーサリアムであれ、私たちはその半分が影響を受けないようにします。漏洩した資金を回収する方法を見つけようとしていますが、それは非常に困難です」とFeng氏は述べました。

Feng氏はさらに、被害を受けた資産は主にビットコインのコア資産であり、BOXやXINといった資産には影響がなかったことを明らかにしました。

Mixin Networkが「ボンド・トークン」の発行を検討中


Mixin Networkは、違反の影響を受けた残りの資産について、ユーザーが請求できる「ボンド・トークン」の発行を考えており、将来的にはそれを買い戻す計画です。

さらに、同社はユーザー資産をホストする新しいシステムを構築する予定であり、おそらくセキュリティ対策が強化されているものと思われます。

ハッキングを受け、Mixin Networkは一時的に入出金サービスを停止しました。

この事態を受け、ブロックチェーンセキュリティ企業のSlowMistが調査に協力しました。

SlowMistは、この攻撃がMixin Networkのクラウドサービス・プロバイダー・データベースを標的にしていたことを明らかにしました

これらの動きは、MixinのネイティブトークンであるXINに影響を与え、過去24時間で9%の下落を経験し、CoinGeckoのデータによると、本稿執筆時点で193ドルで取引されています。

Mixin Network がセキュリティ侵害の余波と格闘を続けている中、ユーザーは自分の資産を保護し、プラットフォームのセキュリティ対策に対する信頼を回復するためのアップデートや解決策に注目しています。