香港で捜査が続く中、仮想通貨取引所JPEXは収益取引を停止

Yamada
| 2 min read

香港警察

出典:Getty Images

ドバイに本社を置く仮想通貨プラットフォームJPEXは、詐欺の疑いで香港警察と金融規制当局の調査を受けているため、業務の一部を停止すると報じられています。

同社は日曜日、2023年9月18日にEarn Tradingインターフェイスに関連するすべての取引を「停止」にすると発表しました。

「その時点で、ユーザーは新規のEarn注文を行うことができなくなります。現在進行中のEarn注文は、商品終了日まで継続して報酬を受け取ることができます。」

JPEX:香港での「不当な扱い」


JPEXは香港の関連機関が取引所に対して 「不公正な扱い」をしているとして指摘しました。同プラットフォームはまた、同社を取り巻くネガティブなニュースが第三者のマーケットメーカーに「悪意を持って」資金を凍結させたと述べました。

「彼らは交渉のためにプラットフォームからより多くの情報を要求し、我々の流動性を制限し、日々の営業コストを大幅に増加させ、経営難を招いた。」

さらに、同取引所は利用者の利益を守るため、流動性不足を解消するようマーケットメーカーと交渉しています。

JPEX「ラグ・プル」事件でネット・セレブを逮捕


JPEXプラットフォームに関連した別の捜査で、香港警察は、ラグ・プル仮想通貨取引所JPEXを宣伝した疑いで、人気インターネット有名人のLam Zuoを逮捕しました。

今回の逮捕は、香港の規制当局である証券先物委員会(SFC)が、「無認可」のJPEXがSNSのインフルエンサーや主要なオピニオンリーダー、店頭の仮想取引所ショップなどを通じて、商品やサービスを積極的に宣伝しているとの警告声明を発表した数日後に行われました。

月曜の地元ニュースによると、香港警察は一般市民への事件報告や問い合わせのためのホットラインを設置していました。「警察は後日、中環(セントラル)のクイーンズ・ロード・セントラルにある彼(ラム・ズオ)の会社を捜索する予定です。」と付け加えています。

規制当局は、「儲かる」と思われる機会に注意するよう警告しました。警告の後、数人のユーザーがオンライン口座から仮想通貨を引き出す際に問題が発生したと報告しました。彼らは、プラットフォームが高い引き出し手数料を請求していると訴えました。

同取引所は日曜日に、「出金手数料を徐々に通常の水準に戻していく」と約束しました。また、緊急の出金要請には専門の出金チームが対応すると付け加えました。

香港警察のRaymond Siu長官によると、JPEXに対する被害届は83件にのぼり、その総額は3400万香港ドル(約430万ドル)にのぼるといいます。

香港の役員はCyberportと連絡を取り合っており、特に8月に同社のファイル・ストレージ・サーバーに対するサイバー攻撃で犯人が400ギガバイトのデータを盗んだ後、サイバーセキュリティの保護について意見を述べました。